ヨークシャテリア 性格。 ヨークシャー・テリアの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

ヨークシャーテリアの性格は?特徴と平均寿命、飼う時の注意点とは?

ヨークシャテリア 性格

皆さんは 「ヨークシャーテリア」という犬種をご存知でしょうか? 光沢のある美しい被毛から「動く宝石」とも呼ばれるほどの美しさと明るい性格で、世界的にも大人気のヨークシャーテリアですが、どのような性格や特徴があるのでしょうか? ヨークシャーテリアを飼いたいとお考えの方は、性格や特徴だけでなく、お迎えの方法や飼い方のコツ・注意点なども気になりますよね。 そこで今回の記事では、ヨークシャーテリアについて• ヨークシャーテリアの性格や特徴• お迎え・購入方法や価格• 飼い方のコツや注意点、しつけ方の解説• 寿命やかかりやすい病気とペット保険の補償について 以上のことを中心にご説明していきます。 この記事を読んでいただければ、ヨークシャーテリアの性格や特徴について理解することができ、ヨークシャーテリアをもっと好きになることでしょう。 ぜひ、最後までご覧ください。 ヨークシャーテリアは、19世紀中ごろにイギリスで誕生しました。 ヨークシャー地方の炭鉱や繊維工場で、 ネズミを駆除するために作出されました。 ヨークシャーテリアが誕生した当時は、様々な犬種が交配に用いられていたため、現在のような小柄で美しい被毛ではなく、ぼさぼさしたワイヤーヘアや体重5kg以上ある個体もいました。 主に交配に使われた犬種は、 スカイテリアや マンチェスターテリア、 ウォータサイドテリア、 マルチーズなどでした。 そして、交配をしていく中で今のような小柄で美しい毛並みになりました。 元々は、作物や食べ物を荒らすネズミ捕りのために作出されたため、主に労働者階級の家庭に飼われていましたが、その小ささと被毛の美しさ、明るく活発な性格が評判となり、徐々に上流階級の家庭でも飼われるようになりました。 また、日本でヨークシャーテリアが飼われるようになったのは、戦後あたりからだと言われています。 見た目が小さくてとってもかわいらしく、またビロードのような美しい毛並みを持っているヨークシャーテリア。 姿を見ただけで思わず微笑みたくなります。 一体、性格はどんなでしょうか? 毎日一緒に暮らしていくペットとなると、性格を把握しておくとスキンシップが上手くいきます。 もちろん、ヨークシャーテリアだから性格はこうだ!という絶対的なものはありません。 人間だって、血液型4種類で性格が違うし、家族の中でも性格が反対というケースがあります。 ですからあくまで 「ヨークシャーテリアの性格の傾向」としてお話しします。 見た目の可愛らしさとは違い、先ほどお伝えした通り、元々はネズミ捕りのための犬でしたので、 エネルギーが溢れ 勇敢です。 しかし、私を見て見て!という、自己主張型のわがままなところがあったり 甘えん坊なところもあります。 人間が大好きなのです。 また、性別によっても性格の差がありますので次にお伝えします。 ヨークシャーテリアは、 賢く勇敢な性格の持ち主です。 明るく元気いっぱいで、飼い主には深い信頼を寄せ思いっきり甘えてくれます。 膝の上に乗ったり抱っこされたがったりと スキンシップも大好きで、飼い主と一緒にいる時間を好みます。 また、ネズミ捕りだったルーツから負けん気も強く、体は小さいですが 番犬にも適しています。 そんなヨークシャーテリアですが、オスとメスによっても性格に違いがあります。 オスの性格:甘えん坊で好奇心旺盛 オスのヨークシャーテリアは、メスと比べて甘えん坊な性格の個体が多いといわれています。 好奇心も旺盛で飼い主にはとてもよく懐きますが、初対面の人には強い警戒心を示します。 メスの性格:落ち着いていて社交的 子犬のときは、オスと同様に甘えん坊で好奇心旺盛な性格ですが、年齢を重ねるにつれて落ち着いた性格へと変化します。 また、情緒豊かで相手を選ばず誰とでも触れ合える社交的な性格も持ち合わせています。 さて、お手入れの方法やその頻度はどのくらいが良いのでしょうか? 頻度ですが、 被毛をいつもきれいに保つためには、ブラッシングは 「毎日」、 被毛のカットは 「1、2か月に1回定期的」に必要になります。 なぜなら、被毛を伸ばしっぱなしにすると、目に毛が入って眼病になったりします。 また、被毛の毛玉は皮膚病につながり、犬の健康に良くありません。 そこでお手入れが大事となります。 お手入れ方法は次の4つです。 ブラッシングする• シャンプーする• ラッピングする• カットする ヨークシャーテリアの被毛は「シングルコート」と言って一重構造の生え方をしています。 そのため、毛替えがなく、抜け毛が少ないですが、 被毛が毛玉になりやすい特徴があります。 毛玉を防ぐためには毎日の ブラッシングが必要です。 ヨークシャーテリアの毛は長いので、毛にゴミや食べ物、オシッコなどがついていて衛生的によくありません。 シャンプーをすることによって、美しさを保つ事ができます。 ロングな被毛の場合は、リボンなどで ラッピングしてあげましょう。 目に被毛が入らないようにする工夫も必要です。 そして、定期的に カットして、被毛が長くなりすぎないようにする事も大切です。 お迎え準備 ヨークシャーテリアのお迎えする時に準備するものは、• ゲージ(犬の安息の場所として絶対に必要)• トイレシート• トレー• ドッグフード• おもちゃ などです。 次に購入方法について解説します。 ブリーダーから直接迎え入れる 血統を重視される方や 健康状態の良いヨークシャーテリアを引き取りたい方は、ブリーダーから直接購入することをおすすめします。 ブリーダーショップでは、両親や兄弟も直接確認できますし、繁殖者から直接話を聞くこともできるので、将来像がイメージしやすいのもポイントです。 最近では、インターネットでもブリーダーショップや犬を検索して事前に情報収集ができます。 しかし、利益だけを目的としたブリーダーショップも少なくはないので、 ネットの情報だけを見て購入を決めることは危険です。 メールや電話でやりとりをして、直接ブリーダーと話したり犬と触れ合ったりして、家族として迎え入れるかどうかを検討しましょう。 ペットショップで購入する この方法が、ヨークシャーテリアを迎える方法として 最も身近であるといえるでしょう。 ペットショップで販売されている子犬は、早期に母犬と離されている場合が多いので、母乳からの栄養や免疫を十分に得られていないこともあります。 また、ペットショップは、ブリーダーから引き取った犬を販売しているため、 値段も高くなりがちです。 里親制度を利用して引き取る 血統を特に重視しない方や 費用をできるだけ抑えたい方におすすめなのが、里親制度です。 里親制度とは、何かしらの理由でペットを飼い続けることができなくなってしまった飼い主が、新しい飼い主を探すための制度です。 里親制度を利用する場合、引き取ること自体は無料ですが、ワクチン接種代などの諸費用が掛かる場合があります。 いずれにせよ、費用面では ブリーダーやペットショップよりも抑えられるでしょう。 ヨークシャーテリアの子犬の値段 ヨークシャテリアの値段は、 150,000〜250,000円程が相場といわれています。 もしペットショップなどで購入する際に、相場よりも大幅に安かったり高かったりする場合は、その理由をきちんと確認しておきましょう。 ヨークシャーテリアを迎えるにあたって、費用をできるだけ抑えたい方は 里親制度を利用することも選択肢のひとつです。 里親は、ワクチン接種代などの実費負担のみで、譲り受けること自体は無償です。 ヨークシャーテリアの子犬の選び方 ヨークシャーテリアは、その可愛らしい小ささが魅力のひとつでもありますが、小さければ良いというものではありません。 他の子と比べて極端に小さかったり、月齢の平均体重を大きく下回っていたりする場合は、 健康状態に何かしらの問題があるかもしれません。 また、好みの毛色で選ぶ方もいらっしゃると思いますが、ヨークシャーテリアは子犬から成犬になるにつれて、毛色が大きく変化します。 そのことを念頭に置いて、 毛色の変化も楽しむという気持ちを持つようにしましょう。 選び方のポイントとして、性別も参考にすると良いでしょう。 前述したような オスとメスでの性格の違いの他に、 オスの方が体格が大きくなることもあります。 避妊・去勢手術を行わない場合は、オスのマーキングやマウンティング、メスの発情出血(年2回)などがありますので、そちらも踏まえてご検討ください。 ヨークシャーテリアの飼い方のコツは何でしょうか? やはり 「運動」が大事です。 ヨークシャーテリアはチワワに次ぐ小型犬です。 小型犬なので、運動量は家の中を走り回るだけでも十分な運動になっています。 しかし、やはり外へ出て運動する事は大事です。 日の光を浴びて外の空気を吸う事は、人間同様、ストレス解消につながります。 そして、外の世界を知る事で、他の犬との関わりも出来、 犬の社会性もできてくるのです。 ですから1日に2回、10分程度のお散歩でいいですから、是非、毎日お散歩させてくださいね。 また、ヨークシャーテリアは基本的に室内で飼う犬なので、家で遊ばせるのですが、 その際 床が滑らないように気をつけてあげてください。 ヨークシャーテリアは小さくて関節も丈夫ではありません。 フローリングの場合は、すべりにくくするためにカーペットを敷くなどの工夫をしましょう。 ヨークシャーテリアを飼う上での注意点に 「温度管理をしっかりとすること」があります。 ヨークシャーテリアは、小型犬ですから大型犬のような体力はありません。 小さいが故に地面との距離も近く、暑い夏には照り返しなどの影響を直接身体に受けてしまいます。 また、シングルコートなので、体温調節、特に「寒さ」がとても苦手なのです。 ヨークシャーテリアは「毛替え」がないのは体温調節にとって大きなデメリットとなっています。 そこで、 散歩に行く時間を工夫しましょう。 夏は涼しい時間帯の早朝と夜。 冬は暖かい日中。 冬は冬用のワンちゃん用の洋服を着せて散歩するのもよいでしょう。 風邪を引かせないように、十分温度管理は気をつけてください。 ヨークシャーテリアは頭の良い犬です。 ですから小さな頃から上手にしつけをするとちゃんと言う事を聞いてくれます。 犬は、 リーダーの言う事には従います。 「 指示に従うようになったら褒める。 」この関係性が大事です。 その上でしつけをしていきましょう。 ヨークシャーテリアのしつけ方は主に次の3つです。 トイレを教える• 無駄吠えをやめさせる• 噛みグセをやめさせる ヨークシャーテリアは室内犬ですから、家の中の トイレのしつけは重要です。 トイレに行きたくなったら連れていき、トイレを認識させます。 出来たらたくさん褒めてあげましょう。 無駄吠えの中で、何かが欲しくて吠えている時があります。 そのような時は無視してその場にいないようにしましょう。 来客などに吠える場合は、人に慣れさせていく事や、チャイムの音が鳴るとお菓子がもらえるとか、良い事があると教えるのもひとつの手です。 また、ヨークシャーテリアは、 噛みグセがある犬です。 噛まれたら、大げさなくらい痛いという素振りをするのも良いでしょう。 噛むオモチャを与えたり、時には無視も必要です。 噛みグセはなかなか直りませんので、根気よく対処して行きましょう。 ヨークシャーテリアの寿命 ヨークシャーテリアの 平均寿命は12~16歳といわれています。 超小型種でありながら、その中でも比較的長生きする犬種だといえます。 ヨークシャーテリアがかかりやすい病気 ヨークシャーテリアがかかりやすいといわれている病気は下記のとおりです。 先天性門脈体静脈短絡(先天性門脈シャント)• 腸リンパ管拡張症• 膝蓋骨脱臼• 大腿骨頭無菌性壊死(レッグ・ペルテス• 水頭症• 環軸亜脱臼• 白内障• 尿石症(シュウ酸カルシウム)/尿酸塩• 停留精巣(陰睾)• 気管虚脱• 急性膵炎• 壊死性髄膜脳炎• 壊死性白質脳炎• 淡色被毛脱毛症• 乾性角結膜炎 そのうち、特にかかりやすいとされている病気の症状と治療費についてご紹介します。 ここまで、ヨークシャーテリアの性格や特徴、飼い方のコツなどをお伝えしてきました。 今回の記事でお伝えしてきたことは以下の通りです。 ヨークシャーテリアの性格は勇敢で甘えん坊、オスとメスでは性格が違う。 シングルコートで毛色は7回変化し、被毛が長いので、カットは定期的に、ブラッシングは毎日のお手入れが必要。 ヨークシャーテリアの飼い方のコツは、室内犬だけれど散歩も必要、骨折をしないような室内の工夫も必要。 体温調整が難しいので温度管理も大切。 ヨークシャーテリアのしつけは、小さいうちから主従関係を築き、トイレ、無駄吠え、噛みグセをやめさせるようにする。 ヨークシャーテリアは比較的長生きだが、かかりやすい病気があるのでペット保険の加入も考えること。 ヨークシャーテリアの性格を把握してしつけをしっかりとし、おしゃれで可愛らしい風体を守るため、お手入れである「美容」にも気をつけて、ヨークシャーテリアとの楽しい毎日をお過ごし下さいね!.

次の

ヨーキー(ヨークシャー・テリア)の性格は?可愛過ぎるヨーキーの飼い方を徹底紹介!

ヨークシャテリア 性格

この記事の目次• ヨークシャーテリアの性格は? ヨークシャーテリアは、通称ヨーキーと呼ばれますが、美しいシルクのような毛並みから「動く宝石」ともいわれる犬種で、世界中の人から愛玩犬として愛されています。 では、ヨークシャーテリアはどんな性格の犬なのか、主な特徴をみていきましょう。 賢く勇敢である ヨークシャーテリアは、かつてネズミを追いかけ、捕まえるために作り出された犬種なので、体は小さくてもとても賢く、好奇心旺盛で勇敢な面のある犬種です。 テリア系の犬は気が強いといわれますが、ヨークシャーテリアも名前の通り、テリアの気質を受け継いでいるので、知らない人にも果敢に吠えたり、ときに攻撃的な一面をみせることがあります。 また、頭が良いので、飼い主さんが甘やかしてしまうとわがままになってしまうことがあるので、子犬の頃からしつけをしっかり行うことが大切です。 社交的である ヨークシャーテリアは、社交的で甘えん坊な性格の愛玩犬なので、子犬の頃から社会化を行なっているのであれば、人懐っこさから、多くの人に可愛がってもらうことができるでしょう。 ただし、社会化ができなかった場合や、いつも抱っこされている機会が多い場合は、人間や犬に対して吠えたり攻撃的になる可能性があるので注意が必要です。 頑固な一面もある テリア系はプライドが高くて気が強く、頑固な性格といわれますが、ヨークシャーテリアもこの頑固な一面を持っています。 ヨークシャーテリアのオスとメスの違いは? ヨークシャーテリアはオスとメスで若干の性格の違いがあるといわれています。 オスは甘えん坊で、好奇心旺盛 オスのヨークシャーテリアは、メスよりも飼い主さんにべったりで甘えん坊な傾向があります。 また好奇心旺盛で、警戒心が強い部分もあるので、来客時に吠えたり、興奮しやすいです。 メスは思慮深く、落ち着いている メスのヨークシャーテリアは、頑固な部分はありますが、オスに比べると、情緒が安定していて、飼いやすい傾向があります。 ヨークシャーテリアは飼いやすい? 小型犬のヨークシャーテリアは、可愛がるだけでなくしつけをきちんと行えば、基本的に飼いやすい犬種です。 テリア気質で飼いにくい面も ヨークシャーテリアは、テリア気質の気が強くプライドの高い性格から、子犬の頃の社会化やしつけをきちんと行わないと、わがままで吠える、攻撃するといった問題行動を抱えることもあります。 頭の良い犬種なので、しっかりしつけをすれば、大きな問題になることはないでしょう。 ヨークシャーテリアを飼う上での注意点は? ヨークシャーテリアを家族に迎える際には、いくつか注意するべきことがあります。 室温調整を行う 体が小さなヨークシャーテリアは、毛質がシングルコートになっていて、暑さにも寒さにも弱い犬種なので、室内の温度調整を行う必要があります。 こういった理由から、外で飼うのは犬に負担が大きくかかるのでおすすめできません。 夏の暑い季節には、エアコンやひんやりマット、冬の寒い季節には、暖房の使用と暖かい寝床、ペットヒーター、犬服などを使用してあげるとよいでしょう。 しつけや散歩をしっかり行う ヨークシャーテリアを飼うには、子犬の頃から「社会化」を積極的に行い、性格的に安定していて、みんなから愛される社交的なヨーキーになるように、たくさんの経験をさせてあげましょう。 基本的なしつけを早い時期から行い、飼い主さんの指示に従うとよいことがある、楽しいことがあるということを1つ1つ根気よく、確実に学習させてあげることが大切です。 ヨークシャーテリアに多い頑固な面や吠え癖が強くならないように、良いことと悪いことをはっきり伝え、飼い主さんと愛犬の信頼関係を築きながらしつけを行うと、より飼いやすい犬になります。 また、小型犬だからといって、お散歩に行かなくてもよいという訳ではありません。 外の空気を吸って、草や他の犬のニオイを嗅ぎながらお散歩することは、犬のストレス発散や情報収集の時間でもあります。 ヨークシャーテリアのお散歩は、長い距離や長時間歩かせるためでなく、健康を維持させることや、気分をリフレッシュさせるために必要であることを理解しておきましょう。 偏食やムラ食いに気をつける 全てのヨークシャーテリアに当てはまる訳ではありませんが、中には食が細い犬や、食にあまり興味のない犬もいます。 また、ある日突然いつものドッグフードを食べなくなるような偏食やムラ食いをする犬もいます。 なんとか食べて欲しいとトッピングをしたり、興味を引くニオイの食材を加えたり工夫をしても、また食べなくなってしまうというケースもあります。 このため、食べなくなった時にいくつかの候補となるフードを見つけておくか、その子にあった偏食対策を立てておくとよいでしょう。 まとめ 社交的で勇敢な一面も持つヨークシャーテリアは、愛玩犬として人気のある犬種です。 気の許した人には甘え上手で、膝の上から離れないでずっと寝ていることもあるでしょう。 初めてヨークシャーテリアを飼う際に、オスとメスで迷ったら、メス犬の方が飼いやすい傾向があるのでおすすめです。 今回は、ヨークシャーテリアの性格についてご紹介しました。

次の

ヨークシャーテリアの性格は?特徴と平均寿命、飼う時の注意点とは?

ヨークシャテリア 性格

ヨークシャー・テリア• 原産国:イギリス• サイズ:小型犬• 標準体重:~3. 1kg• JKC登録犬数:11,108(2016年) ヨークシャー・テリアの特徴 その美しい被毛から「動く宝石」とも呼ばれる人気犬種であるヨークシャー・テリア。 かつては、そのシルクのような美しい毛並みを生かしたスタイルが多く見られましたが、近年ではヨーキーの愛称で、あまり被毛を長くせずに可愛らしさを強調させたスタイルに人気が集まっているようです。 ヨークシャー・テリアのその気品あふれる容姿からは想像がつきませんが、もともとはイギリスのヨークシャー地方の工業地帯でネズミを捕る働きをして活躍していた歴史があります。 時代とともに愛玩犬としてのニーズが高まり、次第にサイズもより小さくなっていきました。 テリアの賢さと、愛玩犬ならではの愛くるしさを併せ持ち、世界中で高い人気を誇っています。 ヨークシャー・テリアの性格 ヨーキーはテリアの血筋を持っており、用心深く、知的で勇敢な性格です。 粘り強く、頑固な性格も同時に持ち合わせています。 精神的には安定しており、無駄吠えも少ないと言われています。 一方で、用心深さの度合いが過ぎると臆病で神経質な性格の一面が目立ってしまうこともあります。 ヨーキーは明るくやんちゃで活動的な一面もあり、見た目の美しさとそのしぐさのエネルギッシュな愛らしさのギャップに多くの人々が魅了されています。 ヨークシャー・テリアの毛色の種類 ヨーキーの毛色は子犬の頃は、全身黒が基調で頭部から顔、胸にかけて褐色のタンが入ったブラック&タンが主流ですが、成長するにつれてその色合いは、深みのあるゴールドカラーが美しいブラック&ゴールド、艶のある青みをもったブルー&タンなどへ変化していきます。 シルキーで柔らかく細い直毛タイプと、毛流れにうねりのあるウーリータイプがあります。 成長に応じた毛色の変化を楽しめることもヨークシャー・テリアならではの特徴です。

次の