新幹線 早割。 【広島・岡山⇔熊本・鹿児島】一番格安な新幹線は?スーパー早特きっぷはお得?

新幹線の「早割」チケット・きっぷ全リスト|新幹線旅行研究所

新幹線 早割

学割以外にも割引を探してみると、いろいろな割引があることに気づきます。 団体割引・往復割引・乗継割引などもありますが、一つ気になるのが「早割」。 ところが、「早割」という割引制度は、JRにはありません。 飛行機のチケットは「早割」は当然で、買う時期が早ければ早いほど安いのですが、新幹線の場合、普通の切符はどんなに前に買っても料金は同じ。 通常の切符に「早割」という制度はないのです。 しかし、JRでも区間を限定して、「」などの名称でいろいろな格安きっぷを販売しています。 この中に「早く買えば安くなるきっぷ」があり、新幹線の場合はこれが「早割」に該当します。 このような切符を早割と呼ぶとして、早割と学割にはどんな違いがあるのか、一覧にして比べてみましょう。 比較項目 学割 早割 対象 学割証の発行を受けた学生のみ 誰でも購入可能 購入時期 いつでも買える 購入期間が決まっている 使える時期 年中使用可 切符によって制限あり 料金 運賃の2割引 切符によって違うが安い 使用目的 何でもOK 利用範囲 全国のJRで使える 区間が決まっている 途中下車 OK 不可 このように、元々の制度としての学割と、特別に販売している早割では、それぞれの条件で違いがあります。 学割は学割証さえ学校に発行してもらえれば、全国の新幹線に学割料金で乗ることができます。 使用する時期も、正月であろうとゴールデンウィークであろうと、必ず割引が効きます。 有効期間内であれば、途中下車も途中乗車もできます。 それに対して、早割のきっぷは誰でも購入できますが、正月には使えないものもあります。 利用できる区間は切符ごとに決められ、新幹線を乗り継いで料金が安くなるものはほとんどありません。 (東海道・山陽新幹線と九州新幹線のみ例外) 有効期間内であろうと、途中下車ができる早割の切符はまずありません。 学割の場合は、学割証を発行してもらえば利用上の自由度は高く、料金もかなり安くなります。 早割の場合は、料金は安いのですが、設定区間や使用条件に制限が多いです。 学生の方が新幹線に乗る時は、条件をクリアできていれば、どちらかを利用することができます。 早割と学割は、料金や条件を比べて購入するといいですね。 関連ページ 新幹線の学割(学生割引)とお得なきっぷの併用について。 新幹線のお得なきっぷに学割は適用されるのか? 卒業式後で入学前の3月中の新幹線の学割(学生割引)についての解説。 卒業式後の受験や引越しで新幹線を使う時、学割を使うことはできるのか? 新幹線で学割(学生割引)使用時の途中下車についての解説。 途中下車する場合に学割証は2枚必要なのか? 新幹線の学割(学生割引)の料金について。 学割と「ぷらっとこだま」の料金を比較。 お得なのはどちらか? 新幹線の学割(学生割引)の当日購入について。 新幹線の学割切符は出発当日でも買えるのか?購入に必要なものは? 予備校生の鉄道・新幹線の学割(学生割引)について。 予備校に通う生徒は学割は使えるのか? 新幹線の学割の料金について、金券ショップの新幹線格安チケットと学割の料金を比較。 安いのはどちらなのか? 新幹線に乗るには学割(学生割引)とモバイルSuica特急券とどちらが安いか?料金を比較。 新幹線の学割(学生割引)と「えきねっと」の料金比較。 料金が安いのは学割か「トクだ値」か? 新幹線の学割(学生割引)で乗れる座席について。 学割を利用して新幹線に乗る時、座席は指定席・自由席・グリーン車のどこでも乗れるのか? エクスプレス予約と新幹線の学割(学生割引)の併用について。 エクスプレス予約のe特急券と学割を併用した料金は?プラスEXでは?往復割引との併用は?.

次の

【広島・岡山⇔熊本・鹿児島】一番格安な新幹線は?スーパー早特きっぷはお得?

新幹線 早割

新幹線には早割チケットがたくさんあります。 早く予約すれば安くなります。 割引率が高いのはやはり早割チケットです。 早割を利用すれば、15%〜30%はもちろん最大50%割引になるような格安チケットもあります。 「早特きっぷ」「早特商品」、呼び方は色々ですが、「早割」「早割ケット」が最も一般的なので、ここではそう記載します。 ここでは、お得な新幹線の早割チケットを紹介していきます。 新幹線の早割チケット・早特きっぷの仕組みと制約 新幹線の早割がどういうものか、ポイントを簡単に解説しておきます。 早割は「早期割引」、早ければ早いほど割引率も高い 新幹線の「早割チケット」は、早期購入で新幹線料金が大幅に割引になるチケットです。 もちろん、 早ければ早いほど割引率も高いのが基本です。 旅行会社が販売する早割もある JRだけでなく、日本旅行やJTBといった旅行会社が販売する旅行商品もたいてい早割です。 旅行会社経由で当日買える新幹線チケットはないです。 有名なところで言えば、東京への新幹線が格安な「トーキョーブックマーク」や、宿と新幹線のセットがお得な「新幹線パック」などがあります。 これらも3日〜5日前までの予約が必要な早割です。 (詳細後述) 早割はほとんどがネット予約 新幹線の早割はほとんどがネット予約です。 それほどネット予約が主流です。 早割を使いたい人は、まずはJR各社のネット予約会員に登録しましょう。 区間限定• 人数限定• 列車限定(時間帯制約)• 変更不可• 乗り遅れた場合に、後続の列車に乗車できない また、予約変更に柔軟なエクスプレス予約・スマートEXの早特商品でも「EXのぞみファミリー早特」のように「二人以上」という縛りがあったり、「EXグリーン早特」のように「のぞみは早朝便だけ」といった時間帯縛りなどもあります。 制約条件は早割チケットより様々ですので、予約前にしっかりと調べた方が良いでしょう。 新幹線の早割チケット・早特きっぷの種類 新幹線の早割にはどんなものがあるか、新幹線の路線別に具体的に紹介します。 東海道新幹線で利用できる早割チケット 残念ながら、 東海道新幹線には早割チケットはほとんどありません。 エクスプレス予約・スマートEXの早特商品くらいです。 東京〜新大阪間は乗車率も高くドル箱路線なので、あえて早割チケットを増やす必要もないのでしょう。 エクスプレス予約・スマートEX(JR東海):東海道・山陽新幹線• e5489(JR西日本・四国):山陽・九州・北陸新幹線• JR九州インターネット列車予約(JR九州):九州新幹線• えきねっと(JR東日本・北海道):北海道・東北・秋田・山形・上越・北陸新幹線 旅行会社の早割チケットもネット予約が普通です。 上記JR各社の4つのインターネット予約サービスの早割と、旅行会社の早割を1つずつ以降で詳しく解説していきます。 エクスプレス予約・スマートEX(JR東海)の早割 JR東海の会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」「スマートEX」を利用すると東海道・山陽新幹線の早割チケットを予約できます。 エクスプレス予約は有料(年会費1,100円)、スマートEXは無料です。 6つの早割は用途や希望によって使い分けます。 EX早特21だけ21日前の早割で、他5つは3日前までです。 平日と土休日の料金が異なり、休日料金はさらにおトクになるので、 遠方の旅行にピッタリな商品です。 旅行や結婚式など、 前から予定が決まっているときにおすすめです。 2名以上が条件ですが、こども用の設定もあるので、 週末の家族旅行などにおすすめです。 1人での利用はできません。 2名以上でご利用でき、こども用の設定もあるので、 家族・友人と一緒におトクに旅行したい方におすすめです。 グリーン車で快適に過ごしたい方におすすめです。 おトクにかつグリーン車で快適に過ごしたい方におすすめです。 6つの早割はGW・お盆・年末年始は使えない 上記の6つの全ての早割には、設定除外日(使えない日)があります。 GW・お盆・年末年始の混雑期には利用できません。 「エクスプレス予約」と「スマートEX」どちらも共通で早割とりようできますが、設定除外日は「スマートEX」の方が多いです。 e5489の早割 JR西日本の会員制ネット予約サービス「e5489」を利用すると山陽新幹線を中心に九州新幹線、北陸新幹線の早割チケットを予約できます。 e5489はJ-WESTネット会員とJ-WESTカード会員が利用できます。 J-WESTカード会員であればe5489の全サービスを受けることができて、割引率の高い「e早特」「e早特1」なども購入できます。 九州ネット早特3• 九州ネット早特7• 九州ネット早特14• つばめ限定!九州ネット早特7 九州ネット早特14が最も割引率は高いですが、クレジットカード「JQ CARD」会員限定です。 JQ CARD会員になると、「e早特」「スーパー早特きっぷ」といった九州〜関西を繋ぐ早割チケットが、JR九州インターネット列車予約からも予約できるようになります。 えきねっとの早割 えきねっとは、東北・上越・北陸・秋田・山形・北海道新幹線の各区間の早割チケットを予約できます。 会員登録は無料です。 便利でお得な「お先にとくダ値」は人気 えきねっとの早割の代表格は「お先にとくダ値」です。 無料会員登録するだけで誰でも利用できるので使いやすい早割です。 「お先にとくダ値」は購入できる列車・席数は限定されていることもあり、週末便などは早めに売り切れてしまいます。 特に「お先にトクだ値スペシャル」は発売開始直後に完売になるケースもあります。 旅行会社の早割 JRの早割は新幹線料金だけの割引ですが、旅行会社の早割はJRではありえない割引率や、お得な特典が付いてくることもあります。 具体的には、新幹線とホテルがセットで大幅割引になったり、買い物クーポンや観光の割引チケットが付いてきます。 JRの早割より割引率がはるかに高くなることも多いので、選択肢の一つとして検討してください。 東京旅行の早割「トーキョーブックマーク」 「トーキョーブックマーク」は東京観光に最適な新幹線の早割ツアー商品です。 大阪・京都・名古屋から東京への新幹線旅行の料金が格安で人気の旅行商品です。 格安な往復新幹線と東京観光のおトクな特典が最大の魅力です。 日帰り、宿泊どちらのプランもあり、料金は東京行きの新幹線としては最安。 他のチケットとの料金比較は以下の通りです。 新大阪ー東京 片道 往復 トーキョー ブックマーク 18,600円 EXこだま ファミリー早特 10,080円 20,160円 ぷらっとこだま 10,700円 21,400円 EX早特21 11,200円 22,400円 EXのぞみ ファミリー早特 12,570円 25,140円 EX予約 13,620円 27,240円 回数券 13,940円 27,880円 のぞみ 14,720円 29,440円 上述のエクスプレス予約の早特商品やこだまの格安チケット「ぷらっとこだま」などと比較しても、圧倒的に格安なのがわかります。 予約は3日前まで。 トーキョーブックマークについて、詳細はこちらでまとめています。 関連ページ: こだまの格安チケット「バリ得こだま」「ぷらっとこだま」 旅行会社が販売する 新幹線こだまの格安チケットを利用すると、料金が通常の半額以下になることもあります。 東海道新幹線なら「ぷらっとこだま」、山陽新幹線なら「バリ得こだま」が代表的な早割です。 例えば「バリ得こだま」を例にとり、新大阪ー博多の料金を比較してみると以下の通りです。 新大阪ー博多 片道 往復 バリ得こだま 7,600円 15,200円 こだまスーパー 早特きっぷ 8,660円 17,320円 スーパー早特 きっぷ 10,480円 20,960円 EX早特 (土休日) 11,200円 22,400円 EX早特 (平日) 12,000円 24,000円 EX予約 13,490円 24,620円 e特急券 13,490円 25,020円 スマートEX 15,400円 28,840円 通常料金 15,600円 29,240円 上述のエクスプレス予約の早特商品、e5489の早割「スーパー早特きっぷ」「こだまスーパー早特きっぷ」などと比較しても、圧倒的に格安なのがわかります。 予約は区間によりますが、3〜5日前まで。 バリ得こだまについて、詳細はこちらでまとめています。 関連ページ: 新幹線パック 最後に、宿泊旅行の際にもっとも割安になる早割が「新幹線パック」です。 旅行・出張などで宿泊する場合は、新幹線パックを最優先で検討することをおすすめします。 新幹線チケットと宿がセットで大幅割安料金になるので、トータルのコストでみると新幹線パックの方が大抵の場合安くなります。 例えば、東京ー広島の新幹線料金で「新幹線パック」がどれほどお得かみてみます。 東京ー広島 片道 往復 新幹線パック 25,400円〜 EX早特21 14,260円 28,520円 EX早特 (土休日) 15,790円 31,580円 EX早特 (平日) 16,190円 32,380円 EX予約 17,990円 33,200円 e特急券 17,990円 33,600円 スマートEX 19,240円 36,100円 通常料金 19,440円 36,500円 ご覧の通り、新幹線パックが圧倒的に格安です。 しかも上の掲載料金は、新幹線パックだけ1泊宿代込みの料金です。 他は単純に往復の新幹線料金だけです。 新幹線パックも時期やホテルのグレードによって料金は変動しますが、全国各地への宿泊旅行の際はほとんどのケースで最安となります。 予約は3日前まで。

次の

EX早特21|エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約

新幹線 早割

こども用の設定はありません。 利用期間• 繁忙時期(GW、お盆、年末年始)には設定除外日があります。 2020年度は、4月27日(月)~5月6日(水)、8月10日(月)~8月19日(水)、12月28日(月)~1月6日(水)はご利用いただけません。 発売期間 乗車日の1ヵ月前(10:00)から21日前(23:30)まで購入できます。 対象列車・対象設備 乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の「のぞみ」普通車指定席• 指定列車以外への乗車はできません。 「のぞみ」が停車しない新尾道・三原・東広島・新岩国の各駅を発着とする区間は、一部区間「ひかり」「こだま」を乗り継ぎます。 詳細は• 席数限定の商品です。 乗車券と特急券が一体となった東海道・山陽新幹線専用の商品です。 新幹線乗車駅まで(降車駅から)在来線をご利用の場合は、別に在来線の運賃等が必要になります。 途中下車はできません。 途中駅で下車された場合は、乗車しなかった区間は無効となり、再度乗車することができません。 予約後に他の商品に手数料無料で変更できます。 他の割引との併用はできません。 乗継割引は適用されません。 会員様本人1名でご利用の場合は交通系ICカードで乗車できます。 交通系ICカードを未登録の場合、2名以上や会員様以外の1名が利用する場合などは、指定席券売機等で「きっぷ」を受け取って乗車できます。 きっぷ受取後は、予約の変更はできませんので、ご注意ください。 予約の列車・設備に限り有効です(同一列車内の他の設備には乗車できません。 他の列車には自由席も含め乗車できません)。 同一列車内の他の設備、他の列車にご乗車になる場合は、改めて所定の特急料金、グリーン料金をお支払いいただくなど、別途、必要なきっぷを購入いただく必要がありますので、ご注意ください。 ご利用いただける席数には、列車毎に限りがあります。 そのため、希望の列車に空席がある場合でも、予約できない場合があります。 予約の変更は予約変更時点で21日以上先となる乗車日の列車に変更する場合、この商品の設定条件を満たし、かつ座席があれば「EX早特21」として変更が可能です。 変更時点で購入可能な、その他の商品への変更も可能です(差額は必要です)。 また、予約変更時点から20日以内となる乗車日の列車に変更する場合、「スマートEXサービス」等の別商品への変更となります(差額は必要です)。 予約の人数を減らす場合は、払戻手数料(1名あたり320円)がかかります。

次の