テストステロン 性欲。 年齢を感じさせないカラダに!テストステロン補充療法の効果と副作用

テストステロンを上げるためには○○とクレアチン

テストステロン 性欲

セックスレスが問題視される反面、いくつになっても絶倫という人もいる。 単なる本能とは割り切れない、性欲にまつわるあれこれ。 本記事では、ヒトの性欲の成り立ちを、「ホルモン」「外的刺激」「大脳皮質」「記憶」「自律神経」「視床下部」という6つのファクターに沿ってお教えします。 性欲は3大本能のひとつとされている。 自然に与えられた欲望で決して抗えないもの、と。 でも果たして本当にそうなのか? 日本家族計画協会理事長・北村邦夫さんは、この考えに待ったをかける。 「自分の性的欲求が満たされることを期待する精神状態が性欲。 欧米では性衝動と言います。 人間にはそれがない。 単純に本能とは言えない部分があるのです」 1. ホルモン 性欲の基本条件は男性ホルモンの一種、テストステロン まずはホルモン。 男性ホルモンのひとつ、が性欲や精子の生成に関わっている。 といっても、アンチエイジングの専門医、銀座上符メディカルクリニック院長・上符正志さんによれば、 「厳密に言うと、テストステロンの変化体、ジヒドロテストステロン(DHT)が性欲亢進の本体です。 筋肉を強くしたり男らしい決断力を高めるというプラスの面がある一方、髪の毛を薄くしたり前立腺を肥大させるという側面もあります」 DHTはテストステロンが酵素によって変化したもの。 その大元のテストステロンの分泌量は年齢によって減っていく。 テストステロンはSHBGというタンパク質にくっついてしまうと機能できない。 年齢を追うごとにSHBGの量が増え、遊離男性ホルモンの量は減っていく。 資料提供/上符正志 「テストステロンの総量は20代をピークに40代くらいから急激に低下します。 ただしこれはあくまで総合男性ホルモン量。 こちらはもっと早い20代から右肩下がりになっていきます」 生物としての性欲のベースは男性ホルモンにある。 それが30代から減っていくとしたら、これは一大事? 2. 外的刺激 視る、触る、嗅ぐ、五感を介した情報が性欲の引き金に 男性ホルモンが性欲を亢進させるのは事実。 でもそれだけで性行動が支配されているとしたら、40代、50代の男性は、もう枯れ果てたおじいちゃんってことになる。 ところが実際にそうならないのにはいくつか理由があって、そのひとつが「外的刺激」だと北村さんは言う。 「外的刺激はパートナーと接触する、アダルトサイトを見る、電車の中で女性のいい匂いを嗅ぐといった五感を介した刺激のこと。 なかでも視覚による外的刺激に敏感なのは男性だけといわれていました。 男も女もどの外的刺激に反応するかは、竹を割ったように分けられない部分があるのです」 3. 大脳皮質 外的刺激の受け皿、大脳皮質が欲望を膨らませる では、さまざまな外的刺激はどこで情報処理されるかというと、ご想像の通り、脳。 しかも、思考や創造、生きていくための意欲を司る脳の最高中枢である大脳皮質の前頭前野だ。 動物と異なり、ヒトのセックスは単なる生殖活動に留まらない。 非常にメンタルな精神活動としての営みと言ってもいい。 どうしてそうなるかといえば、五感から受け取った情報が前頭前野で集約されて処理され、このとき大いなるイマジネーションが働くからだ。 その一方、セックスに関する外的刺激が溢れている現代社会で、人々がのべつまくなしに性欲に駆られずに済むのも前頭前野が理性を働かせているおかげ。 場所やタイミングを不適切と捉えればストップがかかる。 男性の中には風俗にまったく興味を示さないというタイプもいる。 彼の脳の中の前頭前野が、愛情のないセックスに価値を見いだしていないという可能性は高いのだ。 記憶 過去の性的体験がホルモンと無関係に性欲を生み出す 性欲は外的刺激を前頭葉が受け取って視床下部に情報を与えることで生じ、さらに自律神経の働きで実際の性行為が可能になる。 かようにヒトのセックスは、とても高次のシステムによって支えられている。 それもこれも、ベースとなる性欲亢進の本体、テストステロンがあってこその話。 「とはいえ、男性ホルモンだけで解決できない問題もあります。 たとえばホルモンを分泌する精巣を摘出した男性がみな性欲を失うわけではないからです。 過去に非常に活発な性行動をしていた人は、その記憶によって性行動が維持されることが分かっています」(北村さん) 記憶を司っているのは、むろん脳。 やはり、ヒトの性欲というのは複雑かつ極めて高次元の代物だ。 自律神経 勃起、湿潤、射精。 すべては自律神経のなせる業 セックスは下半身が勝手に行うものではなく、脳の中枢神経でコントロールされている行動。 だが、それだけではない。 全身の末梢に至る自律神経もまた、重要な役割を果たしている。 自律神経は交感神経と副交感神経の2種類があり、そのコントロールタワーはやはり、視床下部。 前者は主にアクティブな行動を支え、後者はカラダを休息モードにもっていく働きをする。 上のイラストのように、両者は独自の神経ルートで視床下部から各臓器に至っている。 交感神経が優位になると、心臓の鼓動はバクバク速まり、血管はキュッと収縮した戦闘状態になる。 一方、副交感神経が優位になると、腸の働きが活発になり、血管は弛緩してリラックスモードとなる。 セックスに関していうと、副交感神経が優位な状態では、血液が性器周辺に集まって男性の勃起や女性の湿潤が促される。 なので、リラックスモードでないと、男女とも互いにその気にならない。 行為が始まって男性が射精するときには、今度は交感神経が優位になって射精が促されるという仕組み。 視床下部 性欲中枢の正体は視床下部にある性的二型核 外的刺激が前頭前野に入力され、「セックスをしたい」という情動が高まると、今度は深部にある脳、間脳の一部である視床下部に情報が伝わる。 視床下部は体温や血圧のコントロール、食欲や睡眠などの本能行動を司る、人の生命活動になくてはならない非常に重要な中枢器官。 性欲の中枢もまた、ここに存在している。 「視床下部の性欲中枢の中心は、性欲を駆り立てる内側視索前野と性欲を抑制する外側視索前野。 性欲のベースとなるテストステロンの分泌を促す指令を出すのも、この部位。 ということはつまり、視床下部がセックスのゴーかストップかを決めるキーステーションであることは間違いなさそう。 ちなみに、女性に比べて男性の性的二型核の大きさは、およそ倍。 概して女より男の方が性欲旺盛なのも頷ける。

次の

筋トレは、性欲維持にも効くらしい。テストステロン減少食い止め計画11か条

テストステロン 性欲

こんにちは。 精力回復の旅を続けている男、「精力仮面」です。 あなたは性欲が薄かったり、性欲はあるけど勃起が持続できなくてセックスが上手くいかなかった経験はありますか? もしかして、その原因は テストステロンの低下かもしれません。 テストステロンとは、数種類ある男性ホルモンの中で最も分泌量が多い性ホルモンです。 簡単に言えば、男を男らしくするホルモンで、性欲や勃起などセックスに関わること以外にも重要な働きを担っています。 男性ホルモンと言い換えられることもありますが、このページではテストステロンと呼んでいきます。 テストステロンが低下したままだと、性欲は衰え、勃起や硬くならず、放っておくと 重度のED(勃起不全)になってしまうことも… チャージしといてよ! テストステロンが低いと勃起が弱くなるのはペニスに血流が行かないから 性欲はあるのに勃起できないのは、テストステロンが少ないことで血管内皮から NO(一酸化窒素)という気体が放出されづらくなっているからです。 ペニスの筋肉を緩めて血流を海綿体に集める方向に作用するのがNO(一酸化窒素)です。 テストステロンが正常に分泌されていれば、NO(一酸化窒素)が血管内皮から正常に放出され、ペニスの筋肉を緩めることで血流が海綿体に集まり勃起ができる仕組になっているのです。 勃起持続ができないのも、NO(一酸化窒素)が十分に放出されていないからですが、NO(一酸化窒素)が放出されないのは テストステロンが低いからです。 NO(一酸化窒素)と勃起の関係について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。 このなんらかの理由ってなに? テストステロンが減る1番の原因はストレスだった! ストレスがかかると脳からテストステロンを出すなという指令が出てしまうことは、性欲が湧かない理由でお話しましたが、ストレスがかかっていると、自立神経の交感神経が優位の状態が体の中で続いてしまうからです。 自立神経とは循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間働き続けている神経で緊張状態のときに優位になる 交感神経と、リラックス状態の時に優位になる 副交感神経の2種類があります。 勃起するには、リラックス状態(副交感神経優位)が必要なので、ストレスによって交感神経が優位になっているときは、脳から勃起命令が出されずに勃起ができないのです。 ストレス社会の現代では若くして男性ホルモンが減少し 30代~40代でEDになる人もいるほど。 テストステロンが減る原因は、結婚、子育て、急な禁煙にもあった! テストステロンが低下するのはストレスだけが原因ではありません。 結婚、子育て、急な禁煙、たべるものでも低下してしまうのです。 なぜ、 結婚すると男性のテストステロンは低下するのか? 男性は同じ女性といると徐々に興味がなくなり、別の女性に関心がいく生き物です。 それは、遺伝子を残すために生まれつき備わった男性の脳に組み込まれたプログラムがあるからです。 なぜ、 子育てするとテストステロンが低下するのか? その昔、男性が生きるためには獲物を獲ってくることを必要とされていた時代がありました。 男性にはもともと、狩猟に出かけて獲物を獲ってくることを想定してテストステロンが作用しています。 子育ては女性が担うものとして、エストロゲン(女性ホルモン)が作用していました。 男女の役割として性ホルモンが作用したなごりか、男性が長時間の育児にあたるとテストステロンが低下してしまうのです。 最近では、長期の育児休暇制度のある企業も増えてきましたが、テストステロンにとっては少し迷惑な話しなのかもしれません。 1日3時間以上子育てに関わっている男性は、そうでない男性よりテストステロン値が下がっていたという研究データや、赤ちゃんの泣き声を聞くとテストステロン値がさがるという報告もあります。 なぜ、 急な禁煙はテストステロンを低下させるのか? たばこを急にやめると、脂肪組織でエストロゲンを作っている酵素(アロマターゼ)が急稼働してテストステロンをエストロゲンに変えてしまうからです。 エストロゲンは女性ホルモンとも呼ばれ女性らしい丸みを帯びた体をつくったり姙娠、出産に必要になるホルモンです。 まだまだある、テストステロンが低下する原因 食事の偏り(栄養不足) テストステロンの減量はコレステロールです。 極端なダイエットを続けると原料のコレステロールが不足して男性ホルモンのテストステロンの分泌が減ることになってしまうのです。 肉を一切たべなかったり、脂質を一切とらないことで体重が落ちるのと一緒にテストステロンも落ちてしまいます。 ビタミン、ミネラル、必須アミノ酸、食物繊維など、バランスのよい食事をしてテストステロンを正常に保ち、低下を防ぐことが食事には求められます。 運動不足 テストステロンは骨や筋肉の強度の維持をする役割を持ちます。 筋肉を使うことで、筋肉を増やそうとテストステロンは分泌されるのですが、運動不足によって筋肉が使われないと、テストステロンの分泌量が低下してしまうのです。 睡眠の質が悪い テストステロンは主に睡眠中につくられます。 大事なのは睡眠時間より 睡眠の質。 睡眠時間がバラバラだったり、起きる時間がバラバラだとテストステロンが復活してこない可能性があります。 1週間も睡眠不足が続くと、男性ホルモンは10~14%も減少するというデータもあります。 ビールを飲む ビールに含まれるホップには、フィストロゲンをいう女性ホルモンと構造がよく似た物質が含まれていて、毎日ビールを飲むことで体内の男性ホルモンレベルを大きく変化させる可能性があるのです。 また、冷えたビールを飲むことで体を冷やしすぎが男性ホルモンの低下にもつながってしまいます。 深酒 眠れないからと寝酒をするのは危険です。 なぜなら、深酒は眠りを浅くしテストステロンも下がってしまうからです。 トンカットアリ• ソフォン• クラチャイダム 亜鉛 亜鉛は別名セックスミネラルと言われていて、精子形成に関わっているので精子や精液を元気にするイメージがありますが、男性ホルモンの分泌の生成を促す働きがあります。 亜鉛は人間にとって必要なミネラルで、体内でつくることができないため外からの摂取が必要なミネラルです。 マカ マカは主にペルーに自生するアブラナ科の植物です。 別名天然バイアグラや完全食と言われ男性にとっては精力増強として有名な精力サプリですが、マカも男性ホルモンの生成を促す働きがあります。 マカの研究結果では性欲やEDの改善も見られることがわかっています。 トンカットアリ トンカットアリは、マレーシア、インドシナ半島、スマトラ島、ボルネオ島の熱帯雨林に中に自生するニガキ科の植物です。 男性ホルモンの生成を促す働きがあり近年では研究もすすめられています。 ソフォン ソフォンは別名(赤ガウクルア)とも言われ、タイのメコン川流域に自生するマメ科の植物です。 男性ホルモンの生成を促す他、疲労回復、ED改善も期待されています。 クラチャイダム クラチャイダムはビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富なうえ、抗酸化作用の強い17種類のフラボノイドを含んでいます。 抗酸化作用のあるサプリを摂取することによってテストステロン値があがったという研究データもあります。 この中で僕が実際に飲んだことがあるのが亜鉛、マカ、クラチャイダム、間接的にトンカットアリでした。 を写真付きで公開しています。 食事改善もを摂り入れてテストステロン増加! テストステロンは食事からも増やすことが可能です。 テストステロンを増やす食材をご紹介していきます。 女性ホルモンを抑制しテストステロンの促進を助ける食材 キャベツ、かいわれ大根、カブ、カリフラワー、クレソン、ケール、小松菜、 良質なタンパク質を摂ることで、 テストステロンを増やすことが可能です。 その他、万能な食材として 玉ねぎがあります。 玉ねぎは硫化アリルという包丁で玉ねぎを切るときに目に染みる成分です。 硫化アリルは、テストステロンの増加効果があることがわかっています。 継続しやすいウォーキングでテストステロンを増やす テストステロンを増やすためには、継続できる運動が効果的です。 とくにウォーキングはテンポよく、リズミカルに歩くことで自律神経をコントロールして、テストステロンの働きをサポートします。 趣味など好きなことに没頭してテストステロン増加! 自分の時間を確保して好きなことをすると気分転換になり、テストステロンを増やすことにつながります。 趣味はあるけど、仕事が忙しいあまり封印していたり、お金がかかってしまうからと我慢していることがあるなら、テストステロンを増やすために1度、解放してみてはいかがでしょうか? 質の良い睡眠でテストステロンを増やす テストステロンの分泌を増やすためには、睡眠の質が重要です。 生活リズムが崩れてたりするとテストステロンは減少してしまうので、できるだけ寝る時間、起きる時間を一定にすることが望ましいと言われています。 質のよい睡眠をとるためには最低限やっておきたいこと 寝る前に、PCやスマホを見ない PCやスマホの強い光は、動物にはありえない光の強さ交感神経が優位な状態になり、質のよい睡眠がとれません。 寝る3時間前までに食事を済ます 睡眠時に胃の中に食べ物が残っていると、睡眠中に食べ物を消化することにエネルギーが使われてしまい、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を妨げてしまう恐れがあります。 朝起きたら、日光を浴びる 朝、日光を浴びることは、体内時計を整えることにつながります。 夜になると自然と眠くなるのは、体内時計が正常に働いている証拠です。 テストステロンが増えるとなぜいいのか? 精力的なことでいいますと、テストステロンはNO(一酸化窒素)の放出を働きかけ、性欲や性機能の維持、精子の形成にも関わっています。 精力をアップする=テストステロンをアップすると言っても過言ではありません。 テストステロンは性欲から勃起までを立ち上げるスイッチとも言われているくらいです。 あなたのテストステロンはどのくらい高い・低いのでしょうか? どうも1日がダラ〜っと終わってしまうんだよな〜 挿入開始2〜3分で折れること多いし… 勃起が弱い原因は、テストステロン分泌が減少してきたから… そう薄々感づいてるあなたへ。 テストステロンの高い低いってどうやって判断すればいいの? そんな疑問を持ったことありませんか? テストステロン値を数値で計測するにはクリニックでの血液検査が必要ですが、自分、または相手のテストステロンが高いか?低いか? 簡単ににチェックできる傾向があります。 チェックしてみると、意外と当たってる部分多いかもしれませんよ。 その後に、クリニックでの費用などについて掲載しています。 テストステロン値が気になっていたら、ぜひ下へスクロールしてみてくださいね。 テストステロン値が高い人はこんな人• 加齢臭がある• 奥さんに邪魔扱いされる• やる気がない• 根気がない• 集中力がない• 元気がない• 記憶力が低下したと思う• うつ症状がある• 太りすぎている• 引きこもりがち• 争いごとをしない クリニックでテストステロン値を測るには 費用はどのくらい? 2つのクリニックと実際にテストステロン測定をした男性の3つの価格を掲載します。 価格 大阪のクリニックA 4,500円(税込) 東京のクリニックB 10,800円(税込) 検査した男性 5,000円前後 ヤフー知恵袋に掲載されていたテストステロン値(血液検査)を受けた男性の回答 私は30代後半の男性で、男性更年期の治療中です。 初めにテストステロンの値も血液検査で調べましたが、確か5千円前後だったかと思います。 代官山の病院だったので、病院によってはもっと安いかと思います。 その後、治療となるとホルモンの注射を2-3週に1回で、各4千円弱。 漢方薬を飲むなら、漢方薬代が2-3週分で3千円くらいだったかと思います。 あまり正確に覚えていなくて済みません。 引用元:Yahoo知恵袋 テストステロン値の測定の費用は、4,500円〜10,800円と幅がありました。 検査内容にもよると思いまが、安くても4,500円〜高ければ10,000円を超えると言えるでしょう。 検査結果はどのくらいかかるの? 結果が出るまでには、10日〜14日ほどかかるようです。 テストステロンの豆知識 テストステロンは奥が深い! テストステロンのことについて、面白い情報がありましたので掲載しておきますね。 テストステロンは1日の中でも変動する テストステロン値は、1日中一定ではありません。 朝が高く夕方の15時頃が最も低いと言われています。 会社の会議が午前中に行われることが多いことや、大変な作業は午前中に終わらせたほうが能率がよいと言われるのは、ひょっとしたらテストステロン値も関係しているのではないかと思います。 テストステロンに対する面白い実験・研究 ドイツのボン大学で行われた研究 91人の若い男性を2つのグループにわけてテストステロンが入った塗り薬を塗りました。 (ただし、2つのグループのうち1グループには薬効のない塗りくすりを塗っていました。 ) 【実験】 振ったサイコロの目の大きさに比例した金額を賞金として出すこととし、振ったサイコロの目は申告(嘘をつける)としました。 【わかったこと】 テストステロンを塗ったグループは、うそをつける状況なのにうそをつかなかった。 テストステロン値が高いと、公平、公正の意識が高くなる 科学雑誌ネイチャーに発表された研究によると… テストステロン値が高くなると、震災などの被災地でのボランティア活動や恵まれない人への寄付行為など、弱者を助けようという気持ちが湧いてくる傾向がある。 男を男らしくするホルモンだけあって、弱者を助けるヒーロー的な気持ちになるって素晴らしいですね。 テストステロンは社会性のホルモンと言われる テストステロン値が高い人は、他人との協調性が高く、チーム・仲間や社会との関係を大事にする傾向にあります。 逆にテストステロン値が低い人は、協調性がなく引き込みリがち、内に閉じこもってしまう傾向があります。 テストステロンが増えるとモテる男、セックスの強い男になれる! テストステロンは性欲から勃起までのスイッチを立ち上げる役目を持っていたり、仕事のパフォーマンスをあげる認知能力やチャレンジ精神にも働き、女性を惹きつける力さえもあります。 いかがでしたか? 性欲がないのも、勃起力が弱いのも、あなたのせいではなく、テストステロンの低下が原因かもしれません。 仕事のパフォーマンスやセックスの強さに影響が出てしまうテストステロンの低下は、手遅れになる前に増やす努力をしておきましょう。

次の

テストステロン

テストステロン 性欲

「顔や見た目もよくないし、口下手だし、そもそも自分に自信を持てない。 そんな僕にも楽して簡単にモテるようになる方法はありますか?」 と、言われると 「グダグダ言ってないで行動してください」といいたくなる気持ちはありますが、それはあまりにも突き放すような感じになってしまいますので 「あります!」と言っておきましょう。 しかも、今から説明する内容は、今現状で女性にモテている人も、もっとモテるようになることです。 それはずばり「テストステロンをもっと分泌しましょう」ということです。 テストステロンとは、体内で分泌されるホルモン物質のひとつであり、てこのテストステロンというホルモン物質こそ 「女性にモテること」に対して大きく効果を発揮することが科学的にも証明されています。 このテストステロンがもたらす効果を知れば、何もしなくても今よりは女性にモテるようになるというのは理解いただけると思います。 この記事の目次• テストステロンがもたらす驚きの効果 テストステロンがもたらす効果は、肉体面でも精神面の両方にあります。 【身体面】 筋肉量を増やし、骨格を増大させる テストステロンがもたらす一番大きな効用としては、筋肉量の増加や骨格を太くたくましいものへ変化させる効果があります。 早い話が、男らしくたくましい身体になるためには必須のホルモンとも言えます。 もともとこのテストステロンの分泌量が多い人と、少ない人が同じメニューの筋肉トレーニングを実施して、得られる結果に大きな差があるのも事実です。 脂肪燃焼 テストロテンには血管の状態を正常に保つ一酸化窒素の分泌を促す効果があります。 これにより、血管や身体の中から老廃物を取り除き、有害な不純物が身体に溜まりにくくなるために肥満の予防にもなると言われています。 もちろん、ただ身体に不純物が溜まりにくくなるだけではなく、前途のように筋肉量が多くなるため常にカロリーを消費し続ける体質にもなるため、2重の効果でメタボを防ぐことができるわけです。 性欲を維持し、精力を増加させる テストステロンと精力・性欲は非常に密接な関係があります。 それはテストステロンの95%が男性の精巣で作られているからです。 つまり、テストステロンの分泌が多いと、精子の数が増量するこちにもなり、結果的に性欲も精力も増強するということになります。 また、日本には様々な精力を増大させるサプリがありますが、これらのサプリの主な効果としてはこのテストステロンの分泌量を増やして精力を増大させる感じです。 老化防止の効果があり、見た目的にも若々しく見える テストステロンには男性にとっても嬉しい、若返りの効果や老化防止の効果があります。 なぜなら血行を良くすることで新陳代謝を促し、髪や肌をイキイキさせることができるからです。 実年齢よりも年老いて見える青年や、実年齢よりも若く見える老人だっているでしょう。 とくに実年齢よりも若く見える老人は、性格的にも活動的にも非常に活発な人が多く、それもテストステロンの分泌量が多いことが容易にわかるかと思います。 とくに歳を取るごとにこのテストステロンの分泌量が減っていくので、逆に年をとっても若く見える人というのはテストステロンをその年になっても分泌しているということでもあります。 【精神面】 何事にも対してやる気アップ テストステロンには肉体面の増強だけではなく、精神面でも男性として生きていく上で非常に多くの効果をもたらしてくれます。 そのひとつが、「ヤル気向上」という分野です。 ヤル気やモチベーションを高めるために必要な成分に「ドーパミン」というこうふん物質がありますが、テストステロンにはそのドーパミンを急激に向上させる効果もあります。 ポジティブになり、鬱病などの予防にもなる(ドーパミン) 前途のヤル気アップの効果と似ていますが、テストロテンにはマイナス思考やストレスと言った精神的なネガティブ感情を抑制する効果もあると言われています。 つまり、性格や物事に対してポジティブな性格になれるということになります。 逆に言えば、男でありながらしょっちゅうネガティブになったり暗い気持ちになったりする人の多くは、このテストステロンが足りていないということでもあります。 攻撃的になり闘争心が燃え上がる これはメリットなのかデメリットとも言えるのか人によりけりですが、とにかくテストステロンの分泌量が多いと闘争的本能が湧き上がったり、性格が攻撃的になります。 良く言えば性格が「男らしくなる」「気が強くなる」という感じで、まさに生命的に「雄」という存在になります。 年をとって性格が丸くなったというのは、このテストステロンの分泌が減少したというのもありますし、逆に常にエネルギッシュなガッツリ社長などはこのテストステロンの分泌量が多いということでもあります。 つまり全て「女にモテる」ことに直結する! 以上がテストステロンによる男としてのメリットでした。 ざっくりいうと、• 筋肉量増加• 肥満防止• 老化防止• 精力増強• 男らしくポジティブな性格になる これらの、要素を一言で言うと「デキる男」になる。 もっと言うと、「女にモテる」ようになるということです。 (テストステロンは別名「モテホルモン」とも言われています) そりゃそうです。 筋肉量もあって肉体的にも生命力に溢れ、ポジティブで何事にもヤル気のある精神的生命力。 見た目も中身も「かっこいい男」になるのですから、モテないわけがありません。 何よりも、そういった身体面での強さと精神面での強さの両方を手に入れることができたのであれば、女性にモテることに大きく直結する根本的な部分である 「自分への自信」というものを自ずと手に入れることができるわけです。 そして、実はテストステロンの分泌を多くすることで得られる効果が総合的に女性にモテるようになるというだけではなく、実はこのテストステロンそのものが女性を引きつけるフェロモン効果があるのです。 ある実験ではオスのラットにこのテストステロン注射したところ、これまで寄ってこなかったメスのラットが一気に寄ってくるようになったという実験結果があります。 そういった部分で、このテストステロンには女性を本能的な部分で惹き付ける男性特有のフェロモン効果もあるのです。 そこにはきっとテストステロンは精子の数を増やす効果があり、精巣で作られるホルモンというのと関係しているものだと思います。 テストステロンによる心身における変化でモテるようになる• テストステロンそのものによる女性を惹き付けるフェロモン効果でモテる という2重のモテ効果が相乗して、次々とモテるようになるということです。 逆にテストステロンの分泌量が少ない男性像 テストステロンの分泌量が多いと言うだけで、いかに女性にモテる男性像であるかが分かってもらえたと思います。 また、その逆にテストステロンの分泌量が少ない男性像というのもすぐに想像できると思います。 デブ、もしくはひょろひょろ• 見た目よりも悪い意味で老けて見える• 覇気がない• 性格的に暗い• 女性に対して消極的 ね?どれも明らかに女性にモテない要素のひとつでしょう。 見た目的にも女性ウケが悪く、中身も草食系男子で陰キャラです。 またイケメンでも無いし、話も大して面白くないのに妙に女性にモテる男があなたの周りにも1人はいるかもしれませんが、それももしかしたらこのテストステロンの分泌量が多い男性であるかもしれません。 もし、どれかに当てはまったりしていた場合はテストステロンというホルモンが足りていないはずですし、このホルモン物質に意識を傾けることで今より女性にモテるようになるのは間違いありません。 テストステロンを増やす方法 筋トレ テストステロンを増やすためのもっとも代表的な方法であるのが、この筋力トレーニングです。 筋トレと言うからには、ランニングなどの有酸素運動ではなく、筋力アップを目的とした無酸素運動のほうです。 さらにどのような筋トレがいいかというと、全力で限界まで身体に負荷をかけるようなハードな筋トレがいいそうです。 もっといえば、身体の一部分だけではなく、スクワットや腕立て伏せと言った身体にある全体的な筋肉を増強させるようなメニューがいいのです。 質のいい睡眠をとる 質のいい睡眠を十分にとっている男性は、睡眠不足気味の男性に比べてテストステロンの数値が高かったというのが、アメリカのシカゴ大学の研究で明らかにされています。 十分な睡眠時間も大切なのですが、それ以上に疲れも取れて朝スッキリ起きれるというような睡眠の質こそが大切です。 やはり睡眠中に男性ホルモンを多く分泌することが出来ますし、その結果としてテストステロンの分泌量も多くなるということです。 寝る前のスマホやPC作業を控え、カフェインのとりすぎにも注意し、寝具にもこだわって質の高い睡眠を心がけましょう。 ニンニクと肉(タンパク質)を一緒に使う食事を摂る テストステロンは体内物質であるため、当然のことながら人間を形成する食事や栄養素にも大きく左右されます。 テストステロンを増やすための食事として代表的なものが、ニンニクや生姜、玉ねぎに加えお肉などの脂質やタンパク質の食べ合わせです。 いわゆる「スタミナ料理」と呼ばれる食事が最もテストステロンを増やす食事であるとされています。 また、その逆に糖質などの炭水化物類は、血糖値を急激に高めてしまう性質があり、テストステロンを減少させてしまう働きがあるそうなので、糖質制限がてらに糖質の摂取量を減らすようにもしていきたいところです。 また、お酒のアルコールなども、コルチゾールという筋肉を分解する物質が出てしまうために、テストステロンの分泌を抑えてしまうことになりますので、お酒などもできるだけ控えたほうが良さそうです。 オナ禁 意外なところでテストステロンを増やすにあたって大事なことが、オナニーをやめるということ、つまりオナ禁するということです。 もっと言えば、オナニーしている最中はテストステロン値が急激に向上しており、射精を堺に一気に急降下するそうです。 テストステロンと精子は密接な関係がありますし、賢者タイムという、性欲も無ければ何もかもが面倒になるというのは、このテストステロンの急降下とは無関係では無さそうですね。 その他にも、オナニーで生殖処理をすることで 「女を手に入れる」という男の生殖本能が働かせる必要がなくなり、結果的に男のホルモンであるテストロテンが減少するということでもあります。 また、オナ禁と言っても、オナ禁を開始して8日目以降は再びテストステロン値が徐々に下がり始めるそうなので、1週間に一度のオナニーは悪くないそうです。 テストステロンを激増させる最も簡単な方法 テストステロンを増やすと言っても、なんだかんだで急激に増やすことは難しいですし、それ相応の努力は必要になります。 ハードな筋力トレーニング• 食事制限• オナニー禁止 などなど、生活の都合でなかなか行えなかったり、食事やオナニーをひとつの楽しみにしているのであればそれを犠牲にする必要もあります。 だったら、サプリメントで手っ取り早くテストステロンを生成させるというのも一つの手です。 そこで、サプリメント大国アメリカで生まれた、まさにテストステロン増加だけを目的に作られたようなサプリメントである 「メガマックスマッスル」がおすすめです。 サプリメントを飲むだけで、テストステロンを体内で増加させることができ、筋肉量も増えて気持ちも前向きに男らしくなる。 そしてテストステロンのフェロモン効果で何もせずとも女の本能が反応してモテやすくなるという。 まさにメガマックスマッスルは「男のモテ薬、惚れ薬」と言っても過言ではないでしょう! もちろん、これを飲むだけではなく多少の筋トレや食事制限なども必要ですが、少なくとも今よりは心身ともに男としてレベルアップするのは間違いありませんので、女性を惹きつけやすい体質にもなります。 とくに、身体の中から溢れる 「自分への自信」というものを手に入れることができるのは、非常にあなたの恋愛活動を有利に働かせてくれるのは間違いありません。 顔は変えることは出来ませんし、女性との会話力をアップさせるにも相手が必要になるのですぐには高めることは出来ませんし、恋愛テクニックを習得してもそれを使う場面にならなければ意味がありません。 しかし、テストステロンという男性ホルモンを増やすことは自宅で一人でも行うことが出来ます。 恋愛マニュアルを一生懸命読んでいるのに、なかなか思うようにモテない。 それは、テストステロンという基本パラメータが低いという原因もあるはずです。 だからこそ、テストステロンという男としての基本パラメーターを上げてください。 このメガマックスマッスルは、まさにモテ力のドーピング剤、男のモテ薬です。 筋肉量増加• 何事にもヤル気に満ちた男になれる• 精力増加• モテフェロモンの放出量増加 などなど、その効果は凄まじく、男としていい事ずくめです。

次の