レース カーテン。 ミラーレースカーテンが実際どのくらい見えにくいのかの写真

レースカーテンの通販|ベルメゾンネット

レース カーテン

オーダーカーテンの値段に驚愕 マイホーム購入計画も進み、いよいよインテリアコーディネートの段階。 担当者からカーテンのお打ち合わせはどうしましょうか?との問い。 もちろんカーテンがなければ室内が丸見えで生活できないのでお願いをすることに。 「参考までに値段はどのくらいになるんでしょうか?」 「この数ですとおおむね30万円くらいかと思います。 」 「考えさせてください。 」 と即答。 いやいや、カーテンに30万円って嘘でしょ?もうお金ないんですけど、と思いながらネットで色々と検索をしてみると、グーグルさんから 「およそ30万円」 との回答。 嘘ですよね?今まで何度かカーテンを買ったことはありますが、そんな高額じゃなかったですけども?カーテン業界だけバブル経済に入ったのでしょうか? で、いろいろと調べてみた結果、私が検索しているのは「オーダーカーテン」であったことが判明しました。 あまりの値段に一時は驚愕したのですが、我が家の窓は全部一般的なサイズなのでわざわざオーダーしてまで作る必要なし。 デザインも無地で壁紙と同系色と決めていたので、「既製品のカーテン」で十分と判明し安心したのです。 また、ハウスメーカーの担当者も別にかまをかけたわけではなく、注文住宅のマイホームにはさまざまな形状の窓があるのでオーダーカーテンにするかたも多いそうです。 私はカーテンにこだわれるほどの身分ではないので早速ネットで既製品のカーテンを探しました。 ニトリでお手頃な値段のカーテンを発見! ネットでカーテンを探すと種類が多すぎるので、製品の質やアフターサービスなどを考えて「」のサイトに絞って検索をしました。 素晴らしいですね、いいものを発見しました。 カーテンレール 999円• カーテン 4490円• レース 1790円• セット合計 7279円 という宝物を発見しました。 恐ろしく安くありませんか? 30万円が、5万円です。 25万円もコストカットすることができました。 使ってしばらく経ちますが、性能も十分でなんの問題もなく大満足しています。 と、この性能に泣かされる日が来るとは…。 ニトリの遮像ミラーレースカーテンの性能が良すぎて後悔した話 さて、ここから後悔した話です。 もしもこの記事を読んで「ニトリのカーテンありじゃん」と思っている方は是非最後までお付き合いください。 カーテンの性能 これまで私はカーテンの性能として• 形状記憶 などは聞いたことがありました。 以前、飲食で勤務していた時は昼間に寝ることも多かったため、カーテンの性能には詳しく、とくに「遮光」カーテンには助けられました。 そんな私でも「遮像」という性能は初めて聞いたものでした。 遮像カーテンとは? 遮像カーテンとは、ニトリの公式の表現をそのままお借りしますと、「外から室内がみえにくい加工をしています。 」とのことです。 さらに、私が購入したミラーレースカーテンは「昼間だけでなく、夜間も室内が見えにくい効果があります。 (シルエットは写ります)光沢糸を編みこみ、光を反射することで、日中外から見えにくいミラー効果があります。 」とのことです。 遮像ミラーレースカーテンの性能がわかる画像 それでは、実際に我が家の遮像性能がついたミラーレースカーテンの性能・実力を画像で紹介します。 まずは晴れた日の外から見た様子。 まったく室内が見えません。 もう少し実験です。 室内に目立つピンク色のティッシュを置いてみました。 やはり、まったく見えません。 ただこれは、明るい室外から暗い室内を見ているので当然です。 では、暗い室内から明るい外を見てみましょう。 わかりやすいようにオレンジの洗濯物干しを被せてみましたが、ご覧の通りうっすらと透けて見える程度です。 同様に、夜に外から室内を見た場合にもかなりの性能を発揮します。 使用した感じはもう少し透け感はありますが、かなり十分なレベルで室内を見えなくしてくれます。 このレースカーテン、すごい、すごすぎるのです。 で、こんないい商品を購入して何が後悔かと言いますと、 普通のカーテン買わなくて良かったと後悔 もう、この一言です。 普通のカーテン買わなくても、遮像ミラーレースカーテンの性能で十分だったじゃん…。 特に、最近のハウスメーカーは一階部分の窓やサッシにはシャッターが標準装備です。 「夜間」には防犯のためにシャッターを閉めますからレースどころかカーテンそのものが不要です。 「日中」は光を入れつつ室内を見えなくしたいのでレースカーテンだけをします。 おわかりでしょうか? 普通のカーテンの出番が全くないのです。 窓の両サイドで半永久的にスタンバイし、かさばり、時に床のホコリをかき集めては掃除機で吸い込まれるだけの存在なのです。 シャッターがない2階のLDKにおいても、2階なので周囲の目はほぼ気にならない上に、室内がほぼ見えない遮像性能の付いたミラーレースカーテンなので、はっきりいって普通のカーテンがなくても問題ありません。 寝るだけのために使う寝室なんてもっての他です。 それでいて、普通のカーテンの方がレースカーテンの倍以上のお値段。 ということで、これからニトリのミラーレースカーテン遮像性能付きを購入予定の方は、よっぽど人目が気になる部屋以外は一度「普通のカーテンなし」の性能を試してみてからでもいいと思います。 「」の商品を、信じてみてください。 それでは。

次の

レースカーテン|カーテン通販専門店インズ|カーテン専門のインテリアショップ

レース カーテン

出典: 網目の詰まったミラーレースカーテンよりさらに生地の目を細くすることで、1日中レースカーテンのみでも過ごせるようになったのが遮像レースカーテンです。 女性の一人暮らしや、道路沿いに住んでいて人目が気になるけど、外の光を部屋に取り入れたいという方に最適です。 ドレープドカーテンを使用しなくても1枚でプライバシーを保護できるので、カーテンの閉め忘れも防ぐことができます。 窓にあったサイズを選ぶ カーテンのサイズを採寸する場合、まずはレールの幅を測定します。 腰窓の場合はランナーから窓枠の下にプラス15〜20cm足します。 斜めから入る日差しを遮るためです。 掃き出し窓の場合や出窓の場合、ランナーから窓台を測りマイナス1cmします。 裾のほつれ防止や床について引きずってしまうとホコリが付いてしまいます。 素材もポイントのひとつ ポリエステル カーテン素材の主流であるポリエステルはナイロンの次に強度が高く、摩擦、耐久性、光沢感、耐薬品性、手触りとトータル的に優れています。 一方静電気に弱く価格は高めです。 アクリル ウールに似ていて柔らかく暖かみがあるのが特徴的です。 強度や光沢性、耐薬品性に優れています。 毛羽立ちや熱に弱いというデメリットがありますが、防災加工したものもあります。 レーヨン ポリエステル同様カーテンの主流なのがレーヨンです。 再生繊維と呼ばれ、吸収性、放湿性、光沢感に優れています。 摩擦に弱くシワになりやすいうえ、水に弱い特徴があるので洗濯はドライクリーニングが必要です。 麻 ナチュラル素材として人気の高い麻は、使い込むほどガーゼのように柔らかく部屋に馴染じみます。 独特な雰囲気と落ち着きがあり、湿気を呼吸し調質します。 また汚れを吸着せず静電気にも強いのが特徴です。 ただ価格が高めでシワになりやすいという特徴もあります。 機能性で選ぶ 遮熱・保温 夏場に外からの熱を遮断し、冷房をつけたときは、冷やした空気を逃がしません。 また、冬場には日中暖かい光を取り入れ、日が落ちてからカーテンを閉めることで室内を保温します。 節電対策になり、光熱費を抑えることができます。 機密性が高いものほど効果が高くなり、1年を通して快適に過ごせます。 遮熱や断熱効果のあるレースカーテンにも、色や透け感の違いなど種類はたくさんあります。 UVカット シミやそばかすの原因になる強い紫外線や、家具が日焼けしてしまう日差しを遮ることができるのが、UVカットレースカーテンです。 レースなので明るい光は取り込みながら、ダメージを防ぐことができます。 数字が大きい方が紫外線をカットできますが、紫外線を反射させることで侵入を防ぐので、レースの透け感が少なくなります。 防災 燃えやすい素材でできているカーテンやソファーなど、一度家事が起こると一気に部屋中を火の海にしてしまいます。 しかし防災カーテンは、火がついたとき、燃えにくい加工を施しています。 燃えないわけではありませんが、未加工のものと比べると燃え広がるまで5〜8分の猶予があり、避難する時間を稼いでくれます。 防災カーテンは消防法により病院やホテル、飲食店、地上31m以上の建築物に防災カーテンの使用が義務付けられています。 不特定多数の人が出入りする場所や、高層マンションなど、火事が起きたら避難が難しい場所に被害を拡大させません。 インテリアにあったデザインを選ぶ.

次の

びっくりカーテンのデザインレースカーテン特集

レース カーテン

オーダーカーテンの値段に驚愕 マイホーム購入計画も進み、いよいよインテリアコーディネートの段階。 担当者からカーテンのお打ち合わせはどうしましょうか?との問い。 もちろんカーテンがなければ室内が丸見えで生活できないのでお願いをすることに。 「参考までに値段はどのくらいになるんでしょうか?」 「この数ですとおおむね30万円くらいかと思います。 」 「考えさせてください。 」 と即答。 いやいや、カーテンに30万円って嘘でしょ?もうお金ないんですけど、と思いながらネットで色々と検索をしてみると、グーグルさんから 「およそ30万円」 との回答。 嘘ですよね?今まで何度かカーテンを買ったことはありますが、そんな高額じゃなかったですけども?カーテン業界だけバブル経済に入ったのでしょうか? で、いろいろと調べてみた結果、私が検索しているのは「オーダーカーテン」であったことが判明しました。 あまりの値段に一時は驚愕したのですが、我が家の窓は全部一般的なサイズなのでわざわざオーダーしてまで作る必要なし。 デザインも無地で壁紙と同系色と決めていたので、「既製品のカーテン」で十分と判明し安心したのです。 また、ハウスメーカーの担当者も別にかまをかけたわけではなく、注文住宅のマイホームにはさまざまな形状の窓があるのでオーダーカーテンにするかたも多いそうです。 私はカーテンにこだわれるほどの身分ではないので早速ネットで既製品のカーテンを探しました。 ニトリでお手頃な値段のカーテンを発見! ネットでカーテンを探すと種類が多すぎるので、製品の質やアフターサービスなどを考えて「」のサイトに絞って検索をしました。 素晴らしいですね、いいものを発見しました。 カーテンレール 999円• カーテン 4490円• レース 1790円• セット合計 7279円 という宝物を発見しました。 恐ろしく安くありませんか? 30万円が、5万円です。 25万円もコストカットすることができました。 使ってしばらく経ちますが、性能も十分でなんの問題もなく大満足しています。 と、この性能に泣かされる日が来るとは…。 ニトリの遮像ミラーレースカーテンの性能が良すぎて後悔した話 さて、ここから後悔した話です。 もしもこの記事を読んで「ニトリのカーテンありじゃん」と思っている方は是非最後までお付き合いください。 カーテンの性能 これまで私はカーテンの性能として• 形状記憶 などは聞いたことがありました。 以前、飲食で勤務していた時は昼間に寝ることも多かったため、カーテンの性能には詳しく、とくに「遮光」カーテンには助けられました。 そんな私でも「遮像」という性能は初めて聞いたものでした。 遮像カーテンとは? 遮像カーテンとは、ニトリの公式の表現をそのままお借りしますと、「外から室内がみえにくい加工をしています。 」とのことです。 さらに、私が購入したミラーレースカーテンは「昼間だけでなく、夜間も室内が見えにくい効果があります。 (シルエットは写ります)光沢糸を編みこみ、光を反射することで、日中外から見えにくいミラー効果があります。 」とのことです。 遮像ミラーレースカーテンの性能がわかる画像 それでは、実際に我が家の遮像性能がついたミラーレースカーテンの性能・実力を画像で紹介します。 まずは晴れた日の外から見た様子。 まったく室内が見えません。 もう少し実験です。 室内に目立つピンク色のティッシュを置いてみました。 やはり、まったく見えません。 ただこれは、明るい室外から暗い室内を見ているので当然です。 では、暗い室内から明るい外を見てみましょう。 わかりやすいようにオレンジの洗濯物干しを被せてみましたが、ご覧の通りうっすらと透けて見える程度です。 同様に、夜に外から室内を見た場合にもかなりの性能を発揮します。 使用した感じはもう少し透け感はありますが、かなり十分なレベルで室内を見えなくしてくれます。 このレースカーテン、すごい、すごすぎるのです。 で、こんないい商品を購入して何が後悔かと言いますと、 普通のカーテン買わなくて良かったと後悔 もう、この一言です。 普通のカーテン買わなくても、遮像ミラーレースカーテンの性能で十分だったじゃん…。 特に、最近のハウスメーカーは一階部分の窓やサッシにはシャッターが標準装備です。 「夜間」には防犯のためにシャッターを閉めますからレースどころかカーテンそのものが不要です。 「日中」は光を入れつつ室内を見えなくしたいのでレースカーテンだけをします。 おわかりでしょうか? 普通のカーテンの出番が全くないのです。 窓の両サイドで半永久的にスタンバイし、かさばり、時に床のホコリをかき集めては掃除機で吸い込まれるだけの存在なのです。 シャッターがない2階のLDKにおいても、2階なので周囲の目はほぼ気にならない上に、室内がほぼ見えない遮像性能の付いたミラーレースカーテンなので、はっきりいって普通のカーテンがなくても問題ありません。 寝るだけのために使う寝室なんてもっての他です。 それでいて、普通のカーテンの方がレースカーテンの倍以上のお値段。 ということで、これからニトリのミラーレースカーテン遮像性能付きを購入予定の方は、よっぽど人目が気になる部屋以外は一度「普通のカーテンなし」の性能を試してみてからでもいいと思います。 「」の商品を、信じてみてください。 それでは。

次の