拝借 させ て いただく。 二重敬語についての質問です。拝借させていただける、という...

「拝見」の意味と使い方・例文・敬語・類語|拝見させていただく

拝借 させ て いただく

【スポンサードリンク】 「お知恵を拝借したい」 困った事態に協力を仰ぐとき 使われる一言です。 「部長、ご多用中申し訳ないのですが 〇〇の件でお知恵を拝借できますか?」 「〇〇の件でどうしても答えが出せず 先輩のお知恵を拝借したいのですが」 普段、何気なく使っている言葉が 相手に誤解を与えていたり 自分の意思とは違って 伝わっていることがあります。 自分だけではやり方がわからない、 自分だけでは解決の糸口すら掴めない。 そんなときに、 先輩や上司に助けを求めるとしたら どんな言葉が良いのでしょうか。 課題にぶつかったとき、 「わかりません、私には無理です」 新米時代、 私は良くこの言葉を口にしてしまい 先輩や上司から叱咤されました。 これでは、 とりつく島がありませんよね。 「ちょっと教えてもらえませんか?」 これは目上に頼む 言葉遣いとしては失礼です。 では、 どのような表現が適切なのでしょう。 このようなとき、目上の相手から 助言や手助けを請う場合に最適なのが 冒頭に書いた 「お知恵を拝借」です。 目上の方やお客様には 良く使う言葉のひとつですが、 使い方には注意も必要です。 今回は「お知恵を拝借」の 意味や使い方を考えてみたいと思います。 「お知恵を拝借」の意味 「拝借」の意味からみていきましょう。 「拝」は「おがむ」 「借」は「かりる」 という意味です。 「拝」という字は尊敬を表し、 「拝授」「拝読」などと ビジネスシーンでも使われます。 ここでは、 借りることに対して「拝」するので、 「借りること」を へりくだった表現になります。 「拝借」とはつつしんで 借りるを表す敬語表現です。 つまり、 「お知恵を拝借」は 相手の知恵を借りること、 平たく言えば 「教えてもらうこと」 「困った事態に知恵で協力を仰ぐこと」 このような意味と 押さえておくと良いでしょう。 「お知恵を拝借」の使い方 「お知恵を拝借」は人の知恵、 助けを借りるときに、 便利な敬語表現です。 口頭で目の前の相手にも使えますし、 ビジネスメールのやりとりを している相手に対して お願いをするときにも使えます。 なにかアドバイスを求めるときに、 失礼のない形でお願いする表現なので、 是非身に着けておきましょう。 特に、 自分では解決策がなく万策尽きたときや、 自社、知り合いのつてなどでは 良い方法がみつからないとき などにも使えます。 また、知恵を貸してくれた相手に対して、 拝借させていただくことへの お礼を丁寧に伝える表現なため、 上司や先輩にも使えます。 「お知恵を拝借したい」のNG例 お知恵を拝借させていただきたく訪問させていただきました。 ありがたくお知恵を拝借させていただきとう存じます。 貴重なお知恵を拝借いたします。 弊社の資料から遠慮なくお知恵を拝借ください。 この書籍から必要なお知恵を拝借ください。 お困りでしたら私がお知恵を拝借いたしましょうか。 社長は顧問弁護士の武田先生からお知恵を拝借されたようだ。 これらはNG例となります。 「お知恵を拝借させていただく」 「拝借いたします」は二重敬語 注意していただきたいのが、 「拝借させていただく」 「拝借いたします」 は二重敬語と呼ばれ 基本的には使うべきでありません。 丁寧さを伝えたいあまり、 「いただく」「いたします」 を付けてしまいがちなのですが、 実は間違いなのです。 現代においては定着しつつあるのですが、 上記の理由から 使うのは控えるのが無難です。 会話の相手や目上の人に使うのは避ける 「お知恵を拝借」は 自分をへりくだる表現です。 「どうぞ、こちらの図書からお知恵を拝借ください」 「社長が〇〇様からお知恵を拝借されました」 「〇〇様のために私がお知恵を拝借しましょうか」 このように、 会話の相手や目上の人に 用いるべきではありません。 自分が知恵や力を借りる場合に 「こちらを拝借させてください」 と表現するのが 「拝借」の正しい使い方です。 目上の人に使う場合は 「お借りになる」を使って 「社長が〇〇様からお知恵をお借りになりました」 と表現するのが正しい表現です。 「お知恵を拝借したい」を使ったメール例文 「お知恵を拝借したい」は口頭のみでなくメールでも使えます。 以下例文をあげておきましょう。 前略 先日はご多用な中、貴重な お知恵を拝借しまして 本当にありがとうございました。 おかげさまで大変参考になり、仕事の方も無事終了しました。 本来であればお伺いしお礼を申し上げたいところなのですが、 メールにて失礼させていただきます。 まずは取り急ぎお礼まで。 早々 先日は突然のお願いにもかかわらず、 高野様の お知恵を拝借しまして誠にありがとうございました。 おかげさまでようやく資料をまとめることができました。 一人では出せない答えでしたので本当に助かりました。 本日、心ばかりの品を別送いたしました。 これからもお世話になることと存じますが、 どうかよろしくお願い申し上げます。 拝啓 初冬の候、窪田様にはお元気でご活躍のことと存じます。 さて、突然のお願いで恐縮ですが、〇〇が課題で悩んでおります。 窪田様の お知恵を拝借したく、メールさせていただきました。 他にお願いできる心当たりもなく、ご迷惑は重々承知で窪田様に お願い申し上げる次第です。 日時は可能な限り合わせる所存です。 事情を御賢察の上、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 敬具 明後日〇〇社のプレゼンを控え準備中です。 自分なりに最善は尽くしたつもりなのですが 経験も浅いため不安は尽きません。 このような案件を得意とし経験豊富な 大野先輩の お知恵を拝借したいのですが お時間をいただけないでしょうか。 「お知恵を拝借したい」のお勧め文例30選 1、「ご多用中大変恐縮ですが、桜庭様のお知恵を拝借してよろしいでしょうか。 」 2、「ありがたくお知恵拝借します。 」 3、「この度は、貴重なお知恵を拝借する機会を頂戴し、誠にありがとうございました。 」 4、「申し訳ございません、どうしても私にはわからずお知恵を拝借したいのですが。 」 5、「白石様のお知恵を拝借したことで、無事納期に間に合わせることができました。 」 6、「お知恵を拝借したことで、良い製品づくりが出来そうです。 ありがとうございました。 」 7、「以前、拝借しましたお知恵、大変参考になっております。 」 8、「貴重なお知恵を拝借し、感謝申し上げます。 」 9、「ご多忙中にも関わらず恐縮ですが、堀田課長のお知恵を拝借したく存じます。 」 10、「有森様のお知恵を拝借したことで、無事プロジェクトが完遂できました。 」 11、「新製品開発にあたり壁にぶつかっております。 先生のお知恵を拝借できれば幸甚です。 」 12、「取引先で相続に関してのトラブルが持ち上がっております。 相続に詳しく経験と人脈をお持ちの山口様に是非とも、お知恵を拝借したく連絡させていただきました。 」 13、「我々の知見が浅い点について、専門家である吉木様にお知恵を拝借したいと思いました。 」 14、「法人開拓のご経験が豊富な鈴木さんから、是非ともお知恵を拝借したいのです。 」 15、「WEB集客と言えば中村さんはこの道20年の大ベテランだから、一度お知恵を拝借したいと思っているんですが。 」 16、「決算対策に詳しくないので、税理士の木村先生のお知恵を拝借したいのですが、ご多忙の様子でなかなかお時間をとっていただけずにいるのです。 」 17、「新プロジェクト展開に先駆けて市場調査をしたいのですが経験がなく難儀しております。 この分野で経験豊富な真野様からお知恵を拝借させていただければと思い連絡を差し上げました。 」 18、「ややこしいクレームだったが課長に知恵を借りて何とか切り抜けることが出来た。 」 19、「谷村君に知恵を借りて本当に助かった。 君が一体いなかったらどうなっていたか。 」 20、「わからないことがあったら遠慮なく先輩達に聞いてください。 知恵を拝借することで今まで全く見えてこなかった解決の糸口が見えてくるものです。 」 21、「一人で悩まないで誰かに相談して知恵を拝借すると良い。 ひとつひとつかたずけていけば必ず解決できるから。 」 22、「知恵を拝借することをあなたはどう思っているのか。 あなたが何を提供できるかを良く考える必要がある。 」 23、「職場での人間関係で悩んでいます。 良いお知恵を拝借できないでしょうか。 」 24、先日は失礼もかえりみず貴重なお時間とお知恵を拝借いたしましたこと、深く御礼申し上げます。 」 25、若輩者ではございますが、皆さまのお力とお知恵を拝借し、社業の発展に全力を尽くしたいと存じます。 」 26、「〇〇社提案の件なのですが、あいにくライバルのB社と競合になっております。 つきましては部長のお知恵を拝借したいのですが今日か明日お時間頂くことは可能でしょうか。 」 27、「お客様から契約のご意向のお返事はいただけたのですが、強い値引き交渉にあっております。 課長のお知恵を拝借の上、再度交渉に臨みたいと思っております。 」 28、「どなかたのお知恵を拝借したいのですが、社会保険、特に健康保険に詳しい方いらっやいますでしょうか。 」 29、「せっかくマネージャーからお知恵を拝借しましたのに成約には至りませんでした。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 」 30、「この度は業界に詳しい相沢様のお知恵を拝借したく失礼をかえりみずお手紙をさせて頂きました。 」 「お知恵を拝借したい」(知恵を借りる)の類義語 「お知恵を拝借したい」は 良い案があったら教えて欲しい と相談するとの意味です。 言い換えや類義語も抑えておくと 何かと便利でしょう。 ・相談する ・意見を伺う ・教示を受ける ・教えを請う ・教えてもらう ・相談をする ・ご意見を伺う ・意見をもらう 「お知恵を拝借したい」一辺倒でなく 相手やシーンによって使い分けて下さい。 営業マンは「お知恵を拝借したい」をどう使う 仕事とは一人ではできないものです。 また、一人では必ず行き詰ります。 一人では解決できない壁には 必ずぶつかります。 そんなとき 先達の知恵を借りることは必須でしょう。 関係にもよるのですが、 「わからないから教えてください」 これだと失礼にあたったり 相手の気持ちを損なうことも多いです。 そんなときに役に立つのが 「お知恵を拝借したい」です。 私の在籍した業界では開拓ノウハウなどは 安易に他人に教えないのが慣例でした。 なかなか知りたくても知れない情報を 「お知恵を拝借したいのですが…」 を使い聞き出せたことが何度もあります。 賢い人には「お知恵を拝借したい」とお願いすると良い 経験上、賢い人、知恵者、頭のいい人に 協力をお願いする必要がある場合は、 「お知恵を拝借したい」 を使うと良いでしょう。 理由は、賢い人、頭のいい人は、 「お知恵を拝借したい」と言われたら、 プライドが保てますし 優越感が持て良い気分になるからです。 自分の知識と知恵に ものすごい自信をもっていますから、 「では、協力してやろう」 と手を貸してくれることが多いのです。 賢い人、頭のいい人、 その業界のトップレベルの人ほど、 知恵者であるということを 尊敬・尊重すると意外なくらい 協力してくれる傾向にあります。 他人の意見をよく聞いて 他人の意見に振りまわされない。 これが伸びる人の要素のひとつです。 但し、 知恵を拝借した恩を忘れてはいけません。 拝借したものは何らかのカタチで返す。 この姿勢を忘れないでください。 【スポンサードリンク】.

次の

「拝見」の意味と使い方・例文・敬語・類語|拝見させていただく

拝借 させ て いただく

「拝聴」の読み方・意味 「拝聴」の読み方は「はいちょう」 「拝聴」は、 「はいちょう」と読みます。 「拝聴」の意味は「聞く」の謙譲語 「拝聴」は 「聞く」の謙譲語で、「つつしんで聞く」という意味です。 「拝」は音読みだと「ハイ」、訓読みだと「おがむ」と読みます。 「拝」には「頭を下げて礼をする」「あがめる」「ありがたく受ける」という意味があります。 「聴」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「きく」と読みます。 「聴」には「耳をすまして聞く」「聞き入れる」という意味があります。 また「拝」は「拝む(おがむ)」ことを表す言葉なので、謙遜の気持ちを表すときによく使います。 つまり「拝聴する」は、 「ありがたく聞くこと」を表しています。 「拝聴する」「拝聴します」が正しい表現 「拝聴します」は「聞く」の謙譲語「拝聴する」+丁寧語「ます」が組み合わさっています。 敬語としても正しい表現であり、相手に丁寧な印象を与えることになります。 例としては、「いつもラジオを拝聴しています」などと使うことができます。 「拝聴しています」は「今聞いている」とかではなく、 「前々から聞き続けていること」を表すときに使用します。 また「テレビを拝聴しています」という使い方は不適切になります。 テレビは「聞く」と言うよりも、「見る」ものと認識されています。 そのため「テレビを拝聴しています」よりかは「テレビを拝見しています」の方が適切な表現になります。 「拝聴しております」の「〜しております」は、行動が継続・進行している様子を表します。 「拝聴しています」より「拝聴しております」の方が丁寧な表現になります。 「拝聴」を使う上での注意点 「拝聴」は他人の聞く行為には使用しない 「拝聴」は「聞く」ことの謙譲語です。 謙譲語は「自分を低くしながらも相手に敬意を示す敬語」です。 謙譲語は自分を低くするため、自分のことを表す時に用います。 謙譲語からわかるように「拝聴」は「自分が聞くこと」を伝えたいときに使用するので、他人が「聞くこと」を表すときは使用しません。 例えば「この案件について拝聴しましたか」と相手に聞くことは間違いになります。 目上の相手には下記で紹介する尊敬語を用います。 他人が聞く場合は「お聞きになる」を使う 「聞く」の尊敬語は、 「お聞きになる」「聞かれる」になります。 「尊敬語」とは、相手を立てるときに使う敬語になります。 目上の相手に敬意を示す時に使用します。 「お聞きになられる」は、尊敬語「〜れる・られる」と受身・可能の「〜れる・られる」と間違えられやすいのであまり使用しません。 ・課長はプロジェクトの件について聞かれましたか。 ・もしよろしければ、一度お聞きになってください。 「ご拝聴」などは過剰な敬語表現になる 例えば「ぜひお話をご拝聴したいです」、この使い方は間違いになります。 なぜなら「拝聴」にはすでに謙譲の意味が含まれているため、「ご~する」という謙譲表現を足す必要があないからです。 「ご拝聴」だと二重敬語になってしまいます。 この場合であったら、「ぜひお話を拝聴したいです」が適切になります。 丁寧な表現にしようとして、過剰に敬語を付け加えてしまうと、かえって相手に失礼な印象を与えてしまいます。 「拝聴」は「ご」をつけずにそのまま使って問題ないので気をつけましょう。 「拝聴いたします」は二重表現 「拝聴いたします」はよく使われる言葉ですが、文法的に正しい使い方ではありません。 「拝聴いたします」は「聞く」の謙譲語「拝聴する」+「する」の謙譲語「いたす」になるため、 二重敬語になってしまいます。 二重敬語は回りくどい印象を与えてしまうため良くないとされていますが、ビジネスシーンで「拝聴いたします」「拝聴いたしました」は頻繁に使用されています。 文法的には正しくありませんが慣習的によく使う表現なので、違和感のある表現ではありません。 しかし、しかし、慇懃無礼だと相手にくどい印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。 「拝見させていただきます」も二重表現 「拝聴させていただきます」は、「聞く」の謙譲語「拝聴する」+「〜してもらう」の謙譲語「いただく」なので、 二重敬語になります。 「〜させていただく」は、相手から許可をもらい何かをして、それを敬語で報告する表現です。 「拝聴いたします」と同様で文法的には正しくありませんが、ビジネスシーンでは「拝聴させていただきます」や「拝聴させていただきました」がよく使われています。 しかし「拝見いたします」と同様に、慇懃無礼だと相手にくどい印象を与えてしまう場合もありますので注意しましょう。 「拝聴」に似た敬語表現 「拝見」は「見る」の謙譲語 「拝見」は <はいけん>と読みます。 「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝見する」はメールや書類を「見る」「読む」「目を通す」という意味になります。 「内容や目的を理解した」というニュアンスも含まれています。 「拝見」は「拝見します」という形でよく使われます。 例えば、目上の相手に「見せていただいてもよろしいでしょうか」だとくどい言い方になりますが、 「拝見してもよろしいでしょうか」と言い換えることでスマートな印象を与えられます。 「拝見いたします」「拝見させていただきます」は二重敬語になりますが、ビジネスシーンでは慣習的によく使う表現なので、ほとんどの人にとってそこまで違和感のある表現ではありません。 例文 ・教授が出版された本を拝見しました。 ・御社の求人広告を拝見して、メールをお送りいたしました。 ・参考文献を送ってくださりありがとうございます。 さっそく拝見しました。 ・企画書を拝見しました。 とても素晴らしい内容だと思います。 「拝読」は「読む」の謙譲語 「拝読」は <はいどく>と読みます。 「読む」の謙譲語で、自分が読む動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝読する」は「メールや書類を読んだ」という意味になります。 例えば目上の相手に「こちらの資料は拝読されましたか?」と聞くと、逆に相手を下げて自分を高めているという表現になってしまいます。 「拝読」はその読み物を書いた本人に対してへりくだる意味があります。 例えば上司からのメールは「拝読しました」と言いますが、 上司から借りた本を上司に「拝読しました」と伝えるのは、上司に敬意を払っていないことになります。 「拝読」はメールや手紙、資料を読んだことを、相手に伝えるときに使うのが一般的です。 「拝読しました」「拝読します」といったように使うことができます。 ・先ほど頂いた資料を拝読したところ、間違いがあったのでご報告いたします。 ・同窓会の案内状を拝読する。 ・企画書を拝読したところ、お尋ねしたい点があったので連絡いたしました。 「拝借」は「借りる」の謙譲語 「拝借」は <はいしゃく>と読みます。 「借りる」の謙譲語で、自分が借りる動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「お手を拝借!」と聞いたことがある方もいると思います。 また「借りる」の謙譲表現には 「恩借(おんしゃく)」という言葉もあります。 「恩借」の意味は「人の好意によって金銭や品物を借り受けること。 また、その金品」になります。 「恩借」は「経営難や借金などで知人や親族などに金を借りる」という意味で使われることが多いです。 「拝借」と「恩借」では意味が全く違うので間違わないように注意しましょう。 ・失礼をもかえりみず貴重なお時間を拝借いたしましたこと、お詫び申し上げます。 ・貴重なお時間を拝借いたしましたこと、伏してお詫び申し上げます。 ・お手洗いを拝借したいのですが、どちらにありますか? 「拝覧」は「見る(主に観覧)」の謙譲語 「拝覧」は <はいらん>と読みます。 「拝覧」は、 「見る」の謙譲語で、自分が見る動作をへりくだって言うときに使う言葉です。 「拝覧」は「拝見」と同義語になります。 「拝見」は見ること全般に使うことができる言葉です。 一方「拝覧」は主として宗教関係の建物や美術品などを観覧・鑑賞する場合に使用します。 「拝覧」は基本的にはあまり使わない表現で、「拝覧」と「拝見」では「拝見」の方が多く使われます。 ・博物館では最古の写本を拝覧することができました。 「拝聴」の類語 拝聞(はいぶん) 「拝聞」は、 「聞く」の謙譲語で、「謹んで聞く」という意味です。 「拝聴」と同じ意味ですが、「拝聴」よりも使用頻度が少ない言葉になります。 「清聴」は講演などで、相手が自分の発表・演説を聴いてくれたことや自分の話を聞いてくれることに対して用いることが多いです。 講演やスピーチの最後に「私の話を聞いてくれてありがとうございます」という意味を込めて「ご清聴ありがとうございました」と言うことができます。 例文 ・本日のご清聴に感謝申し上げます。 ・ただいまより始まりますのでご清聴をお願いいたします。 謹聴(きんちょう) 「謹聴」は、 「謹んで聞くこと」を意味しています。 「謹聴」は「拝聴」と「拝聞」と同じ意味になります。 ただ「謹聴」は 演説会などで、「静かに聞く」の意で聴衆が発する語でもあります。 相手に「謹聴」と言うことによって「静かに聞いてください」ということを伝えられます。 例文 ・彼の演説が始まると観客は謹聴した ・間も無く講演が始まるので謹聴してください。 伺う 「伺う」は 「聞く」の謙譲語になります。 「伺う」は「拝聴」と同じ意味になります。 「伺う」は「聞く」という意味の他に「誰かから伝え聞く」という意味で「伺っております」と使うこともできます。 例文 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 承る 「承る」は「聞く」の他にも、「受ける」「伝え聞く」「引き受ける」の謙譲語で、「謹んで聞く」「謹んで受ける」という意味になります。 「承」漢字一字には、「前のものを引き継ぐ」「相手の意向・意図を受け入れる」といった意味があります。 つまり「承る」は、相手の話を「しっかり聞いた」「引き受けた」「対応した」という意味になります。 「承る」は「伺う」よりも敬意が強い表現になります。 例文 ・ご依頼いただきました件について、承りました。 ・ご注文承りました。 明日までにはお送りいたします。 傾聴(けいちょう) 「傾聴」は 「耳を傾けて、熱心に聞くこと」を意味しています。 元々「傾聴」はカウンセリングにおける技法で、相手の気持ちに寄り添って、注意深く共感的に「聞く」ことを意味しています。 ちなみに「傾聴」は敬語ではありません。 例文 ・私は彼の話に傾聴していた。 ・彼女は口を挟まずに傾聴していた。

次の

「販売させていただきます」に違和感かんじませんか

拝借 させ て いただく

【スポンサードリンク】 「お知恵を拝借したい」 困った事態に協力を仰ぐとき 使われる一言です。 「部長、ご多用中申し訳ないのですが 〇〇の件でお知恵を拝借できますか?」 「〇〇の件でどうしても答えが出せず 先輩のお知恵を拝借したいのですが」 普段、何気なく使っている言葉が 相手に誤解を与えていたり 自分の意思とは違って 伝わっていることがあります。 自分だけではやり方がわからない、 自分だけでは解決の糸口すら掴めない。 そんなときに、 先輩や上司に助けを求めるとしたら どんな言葉が良いのでしょうか。 課題にぶつかったとき、 「わかりません、私には無理です」 新米時代、 私は良くこの言葉を口にしてしまい 先輩や上司から叱咤されました。 これでは、 とりつく島がありませんよね。 「ちょっと教えてもらえませんか?」 これは目上に頼む 言葉遣いとしては失礼です。 では、 どのような表現が適切なのでしょう。 このようなとき、目上の相手から 助言や手助けを請う場合に最適なのが 冒頭に書いた 「お知恵を拝借」です。 目上の方やお客様には 良く使う言葉のひとつですが、 使い方には注意も必要です。 今回は「お知恵を拝借」の 意味や使い方を考えてみたいと思います。 「お知恵を拝借」の意味 「拝借」の意味からみていきましょう。 「拝」は「おがむ」 「借」は「かりる」 という意味です。 「拝」という字は尊敬を表し、 「拝授」「拝読」などと ビジネスシーンでも使われます。 ここでは、 借りることに対して「拝」するので、 「借りること」を へりくだった表現になります。 「拝借」とはつつしんで 借りるを表す敬語表現です。 つまり、 「お知恵を拝借」は 相手の知恵を借りること、 平たく言えば 「教えてもらうこと」 「困った事態に知恵で協力を仰ぐこと」 このような意味と 押さえておくと良いでしょう。 「お知恵を拝借」の使い方 「お知恵を拝借」は人の知恵、 助けを借りるときに、 便利な敬語表現です。 口頭で目の前の相手にも使えますし、 ビジネスメールのやりとりを している相手に対して お願いをするときにも使えます。 なにかアドバイスを求めるときに、 失礼のない形でお願いする表現なので、 是非身に着けておきましょう。 特に、 自分では解決策がなく万策尽きたときや、 自社、知り合いのつてなどでは 良い方法がみつからないとき などにも使えます。 また、知恵を貸してくれた相手に対して、 拝借させていただくことへの お礼を丁寧に伝える表現なため、 上司や先輩にも使えます。 「お知恵を拝借したい」のNG例 お知恵を拝借させていただきたく訪問させていただきました。 ありがたくお知恵を拝借させていただきとう存じます。 貴重なお知恵を拝借いたします。 弊社の資料から遠慮なくお知恵を拝借ください。 この書籍から必要なお知恵を拝借ください。 お困りでしたら私がお知恵を拝借いたしましょうか。 社長は顧問弁護士の武田先生からお知恵を拝借されたようだ。 これらはNG例となります。 「お知恵を拝借させていただく」 「拝借いたします」は二重敬語 注意していただきたいのが、 「拝借させていただく」 「拝借いたします」 は二重敬語と呼ばれ 基本的には使うべきでありません。 丁寧さを伝えたいあまり、 「いただく」「いたします」 を付けてしまいがちなのですが、 実は間違いなのです。 現代においては定着しつつあるのですが、 上記の理由から 使うのは控えるのが無難です。 会話の相手や目上の人に使うのは避ける 「お知恵を拝借」は 自分をへりくだる表現です。 「どうぞ、こちらの図書からお知恵を拝借ください」 「社長が〇〇様からお知恵を拝借されました」 「〇〇様のために私がお知恵を拝借しましょうか」 このように、 会話の相手や目上の人に 用いるべきではありません。 自分が知恵や力を借りる場合に 「こちらを拝借させてください」 と表現するのが 「拝借」の正しい使い方です。 目上の人に使う場合は 「お借りになる」を使って 「社長が〇〇様からお知恵をお借りになりました」 と表現するのが正しい表現です。 「お知恵を拝借したい」を使ったメール例文 「お知恵を拝借したい」は口頭のみでなくメールでも使えます。 以下例文をあげておきましょう。 前略 先日はご多用な中、貴重な お知恵を拝借しまして 本当にありがとうございました。 おかげさまで大変参考になり、仕事の方も無事終了しました。 本来であればお伺いしお礼を申し上げたいところなのですが、 メールにて失礼させていただきます。 まずは取り急ぎお礼まで。 早々 先日は突然のお願いにもかかわらず、 高野様の お知恵を拝借しまして誠にありがとうございました。 おかげさまでようやく資料をまとめることができました。 一人では出せない答えでしたので本当に助かりました。 本日、心ばかりの品を別送いたしました。 これからもお世話になることと存じますが、 どうかよろしくお願い申し上げます。 拝啓 初冬の候、窪田様にはお元気でご活躍のことと存じます。 さて、突然のお願いで恐縮ですが、〇〇が課題で悩んでおります。 窪田様の お知恵を拝借したく、メールさせていただきました。 他にお願いできる心当たりもなく、ご迷惑は重々承知で窪田様に お願い申し上げる次第です。 日時は可能な限り合わせる所存です。 事情を御賢察の上、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 敬具 明後日〇〇社のプレゼンを控え準備中です。 自分なりに最善は尽くしたつもりなのですが 経験も浅いため不安は尽きません。 このような案件を得意とし経験豊富な 大野先輩の お知恵を拝借したいのですが お時間をいただけないでしょうか。 「お知恵を拝借したい」のお勧め文例30選 1、「ご多用中大変恐縮ですが、桜庭様のお知恵を拝借してよろしいでしょうか。 」 2、「ありがたくお知恵拝借します。 」 3、「この度は、貴重なお知恵を拝借する機会を頂戴し、誠にありがとうございました。 」 4、「申し訳ございません、どうしても私にはわからずお知恵を拝借したいのですが。 」 5、「白石様のお知恵を拝借したことで、無事納期に間に合わせることができました。 」 6、「お知恵を拝借したことで、良い製品づくりが出来そうです。 ありがとうございました。 」 7、「以前、拝借しましたお知恵、大変参考になっております。 」 8、「貴重なお知恵を拝借し、感謝申し上げます。 」 9、「ご多忙中にも関わらず恐縮ですが、堀田課長のお知恵を拝借したく存じます。 」 10、「有森様のお知恵を拝借したことで、無事プロジェクトが完遂できました。 」 11、「新製品開発にあたり壁にぶつかっております。 先生のお知恵を拝借できれば幸甚です。 」 12、「取引先で相続に関してのトラブルが持ち上がっております。 相続に詳しく経験と人脈をお持ちの山口様に是非とも、お知恵を拝借したく連絡させていただきました。 」 13、「我々の知見が浅い点について、専門家である吉木様にお知恵を拝借したいと思いました。 」 14、「法人開拓のご経験が豊富な鈴木さんから、是非ともお知恵を拝借したいのです。 」 15、「WEB集客と言えば中村さんはこの道20年の大ベテランだから、一度お知恵を拝借したいと思っているんですが。 」 16、「決算対策に詳しくないので、税理士の木村先生のお知恵を拝借したいのですが、ご多忙の様子でなかなかお時間をとっていただけずにいるのです。 」 17、「新プロジェクト展開に先駆けて市場調査をしたいのですが経験がなく難儀しております。 この分野で経験豊富な真野様からお知恵を拝借させていただければと思い連絡を差し上げました。 」 18、「ややこしいクレームだったが課長に知恵を借りて何とか切り抜けることが出来た。 」 19、「谷村君に知恵を借りて本当に助かった。 君が一体いなかったらどうなっていたか。 」 20、「わからないことがあったら遠慮なく先輩達に聞いてください。 知恵を拝借することで今まで全く見えてこなかった解決の糸口が見えてくるものです。 」 21、「一人で悩まないで誰かに相談して知恵を拝借すると良い。 ひとつひとつかたずけていけば必ず解決できるから。 」 22、「知恵を拝借することをあなたはどう思っているのか。 あなたが何を提供できるかを良く考える必要がある。 」 23、「職場での人間関係で悩んでいます。 良いお知恵を拝借できないでしょうか。 」 24、先日は失礼もかえりみず貴重なお時間とお知恵を拝借いたしましたこと、深く御礼申し上げます。 」 25、若輩者ではございますが、皆さまのお力とお知恵を拝借し、社業の発展に全力を尽くしたいと存じます。 」 26、「〇〇社提案の件なのですが、あいにくライバルのB社と競合になっております。 つきましては部長のお知恵を拝借したいのですが今日か明日お時間頂くことは可能でしょうか。 」 27、「お客様から契約のご意向のお返事はいただけたのですが、強い値引き交渉にあっております。 課長のお知恵を拝借の上、再度交渉に臨みたいと思っております。 」 28、「どなかたのお知恵を拝借したいのですが、社会保険、特に健康保険に詳しい方いらっやいますでしょうか。 」 29、「せっかくマネージャーからお知恵を拝借しましたのに成約には至りませんでした。 ご期待に沿えず申し訳ありません。 」 30、「この度は業界に詳しい相沢様のお知恵を拝借したく失礼をかえりみずお手紙をさせて頂きました。 」 「お知恵を拝借したい」(知恵を借りる)の類義語 「お知恵を拝借したい」は 良い案があったら教えて欲しい と相談するとの意味です。 言い換えや類義語も抑えておくと 何かと便利でしょう。 ・相談する ・意見を伺う ・教示を受ける ・教えを請う ・教えてもらう ・相談をする ・ご意見を伺う ・意見をもらう 「お知恵を拝借したい」一辺倒でなく 相手やシーンによって使い分けて下さい。 営業マンは「お知恵を拝借したい」をどう使う 仕事とは一人ではできないものです。 また、一人では必ず行き詰ります。 一人では解決できない壁には 必ずぶつかります。 そんなとき 先達の知恵を借りることは必須でしょう。 関係にもよるのですが、 「わからないから教えてください」 これだと失礼にあたったり 相手の気持ちを損なうことも多いです。 そんなときに役に立つのが 「お知恵を拝借したい」です。 私の在籍した業界では開拓ノウハウなどは 安易に他人に教えないのが慣例でした。 なかなか知りたくても知れない情報を 「お知恵を拝借したいのですが…」 を使い聞き出せたことが何度もあります。 賢い人には「お知恵を拝借したい」とお願いすると良い 経験上、賢い人、知恵者、頭のいい人に 協力をお願いする必要がある場合は、 「お知恵を拝借したい」 を使うと良いでしょう。 理由は、賢い人、頭のいい人は、 「お知恵を拝借したい」と言われたら、 プライドが保てますし 優越感が持て良い気分になるからです。 自分の知識と知恵に ものすごい自信をもっていますから、 「では、協力してやろう」 と手を貸してくれることが多いのです。 賢い人、頭のいい人、 その業界のトップレベルの人ほど、 知恵者であるということを 尊敬・尊重すると意外なくらい 協力してくれる傾向にあります。 他人の意見をよく聞いて 他人の意見に振りまわされない。 これが伸びる人の要素のひとつです。 但し、 知恵を拝借した恩を忘れてはいけません。 拝借したものは何らかのカタチで返す。 この姿勢を忘れないでください。 【スポンサードリンク】.

次の