未来のミライ 声優 ひどい。 未来のミライは声優が下手で酷い!声に違和感がありすぎて映画に集中できないと話題!

未来のミライ

未来のミライ 声優 ひどい

では、映画「未来のミライ」がつまらないし面白くないと感じる理由や意見、 声優がひどい下手くそだといった評価・感想をツイッター上の声とともに紹介していきましょう。 日本アカデミー賞の長編アニメーション部門でノミネートされたことも、つまらないと感じた人の気持ちに拍車をかけているようです。 タイムスリップする理由が意味不明で面白くない 今更ながら細田監督の「未来のミライ」を見た。 つまらない。 主役の声優が下手、タイムスリップする意味(仕掛け)が不明、だからどうした?というストーリー。 特にそのタイムスリップに意味があるわけでもなく、なんのための設定なのか理解ができないと感じてしまいます。 せっかく家族の日常を描くなら、すべて日常に寄り添った上で壁を越えていくストーリーにすべきだったのではないでしょうか? 細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない 未来のミライ今までの作品と違うのね😃 子供いる人ならすげーあるあるがつまってるけど 今までの作品が好きな人とか子供いない人にはつまらないと思う。 — bbd bbd52158776 バケモノの子やサマーウォーズなどで有名な細田守監督といえば、分かりやすい作品づくりが魅力でもあります。 シンプルにかっこいい、感動すると思える作品に惹かれて映画「未来のミライ」を見てしまうと、あまりのギャップに失望してしまいます。 日本人にとっては家族の日常をいまさら長編アニメ映画で見させられることに必要性を感じられませんが、日本に興味のある外国人にとっては「普通の日本」を知ることができるという意味でも評価が高いのかもしれません。 ただし「普通の日本の家族」の描写に対しても批判的な意見も多くあります。 主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない 未来のミライつまらない。 すごいわだいになったから期待してたんだけどなー。 なにより主人公っぽい男の子の見た目と声のギャップが違和感しかない。 男の子なのに声が女すぎるわ。 努力はしているのでしょうが、違和感が強いため作品にも集中できなくなるほどひどいです。 声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない なんか昔から細田守監督の作品に違和感を感じてたんだけど、飛行機で「未来のミライ」を見て決定的になった。 自分の好み的にはすっごい苦手な映画だったし、女性観がやっぱ他の作品を含めても違和感。 絵は綺麗だったけどね。 でも終始イライラするし、声もダメすぎた。 多分自分には合わないんだな! — ポリちん porichinmayu 主人公の「くんちゃん」だけでなく、脇を固めるキャラクターもほとんど俳優です。 黒木華、福山雅治、星野源などが主なキャラクターの声優を務めており、話題作りのために本職の声優ではなく俳優や著名人を起用するやり方にうんざりしている人たちにとっては特につまらないと感じるポイントの一つです。 映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人 映画「未来のミライ」についてつまらないし面白くないといった意見を紹介してきましたが、面白いと感じる人たちもいます。 どういった人たちが映画「未来のミライ」を楽しめるのか見ていきましょう。 あのおうちは私の理想。 — にあ Niea722 「なんで?」という理屈ではなく、自分自身の想像力で補うことが得意な人にとっては楽しむことができる作品のようです。 また、主人公「くんちゃん」の住む普通の家に魅力を感じる人にとっては、そこでの暮らしぶりに想像が膨らみ、より一層面白いと感じられます。 兄弟や子供がいる人は面白いと感じる 『未来のミライ』を観た。 日常を微細に描くことをつまらないと捉えるか、現実味があると捉えるかは人それぞれだし、個人的に後半の展開は悪くないかなって思った。 兄弟、子供のいる方は共感できる作品。 — 出来 良磨 Ryoma Deki LegoRyoura1 兄弟との思い出を振り返り「自分にもこういった経験があったな」と思いを馳せたり、子育てをしていて経験した「あるあるネタ」として共感できる人にとっては面白いと感じることができます。 懐かしい日々を思い返したいという人には打ってつけの作品と言えそうです。 まとめ ・映画「未来のミライ」のあらすじは? 映画「未来のミライ」は家族の日常を描いた作品で、ごく当たり前な家族の普通な日々の中にある葛藤や感動に焦点を当てています。 ・映画「未来のミライ」の評価・感想|つまらないし面白くないと感じる理由• 何が言いたいのか意味不明でつまらないし面白くない• タイムスリップする理由が意味不明で面白くない• 細田守作品が好きな人にはつまらないし面白くない• 日本の家庭が見たい外国人は面白いと感じる• 主人公くんちゃんの声優がひどい下手くそでつまらない• 声優が俳優だらけでひどい下手で面白くない ・映画「未来のミライ」を面白いし楽しいと感じるのはこんな人• 想像力がある人は面白くて楽しいと感じる• 兄弟や子供がいる人は面白いと感じる いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

【動画フル】未来のミライはクソつまらないし声優がひどい!【感想】

未来のミライ 声優 ひどい

NET CINRANET 本名:上白石萌歌 生年月日:2002年2月28日 18歳 出身地:鹿児島県鹿児島市 身長:162センチメートル 血液型:A型 所属事務所:東宝芸能 姉は同じく女優で歌手の上白石萌音 10歳 小学校5年生 であった2011年に、 東宝と東宝芸能が実施する 女優オーディションである、 第七回東宝シンデレラオーディションに応募、 44,120人の中からグランプリに選ばれました。 その後ファッション雑誌「ピチレモン」の 専属モデルとして活躍。 2012年には女優として、 ドラマ「分身」でデビュー、 さらに2015年にはCDデビューも 果たしています。 2018年には映画「羊と鋼の森」で 初めて姉の上白石萌音と共演をして、 第42回日本アカデミー賞の新人俳優賞 を受賞しました。 スポンサーリンク 上白石萌歌は声優として本当に下手なのか 未来のミライで、主役のくんちゃんを 演じている上白石萌歌ですが、 本当に話題となっている通り 下手なのでしょうか。 実際に映画を見た人の感想では、 主人公の声に違和感があった と言う感想を述べている人が 多いようです。 Twitterなどのネット上の口コミでも、 くんちゃんは4歳の幼児なのですが、 「子供の声に聞こえない」 「若い女性がしゃべっている ように聞こえる」 といった口コミが目立ちました。 もともと上白石萌歌は声優ではなく女優で、 今回の未来のミライのくんちゃんが、 初めての声優初挑戦となるので、 声優としては初心者といえます。 したがってこのような評価となるのは、 仕方がないことなのかもしれません。 上白石萌歌がくんちゃんに選ばれた理由とは? 未来のミライは、「時をかける少女」、 「サマーウォーズ」などで、 国内だけでなく国外でも注目される アニメーション映画監督である 細田守監督の最新作です。 上白石萌歌はもともとは、 妹のミライちゃん役の声優として、 オーディションに参加していました。 細田守監督は最初はくんちゃん役は、 小さな男の子がベテランの女性に、 演じてもらおうと想定していました。 しかしながら上白石萌歌の 演技を見てぴんときたのだとか。 言ってみれば細田守監督の、 インスピレーションのようなものが 働いたのかもしれません。 ちなみに上白石萌歌の姉である、 上白石萌音は劇場アニメの「君の名。 」で、 ヒロインの宮水三葉を演じて、 第11回声優アワードの主演女優賞を 受賞しています。 もしかするとこのようなことも、 上白石萌歌の抜擢に影響したのかも しれません。 細田守監督作品の声優起用の特徴 細田守監督は本業の声優ではなく、 俳優やタレントをよく起用をすることで 知られています。 今回の未来のミライでも、上白石萌歌以外に 俳優の福山雅治や役所広司、 女優の宮崎美子やさらには歌手の星野源なども 起用して話題になっています。 これらの俳優の演技は、 味があって良いとする人もいれば、 アニメを見なれた人の中には、 やはり違和感を感じてしまう と言う人もいるようです。 ちなみに同じように本業の声優を 起用しない監督として有名なのが 宮崎駿監督です。 細田守監督は一時は宮崎駿の スタジオジブリへの入社を 希望したほどなので、 影響を受けているのかもしれません。 まとめ 「未来のミライ」は、素晴らしいアニメ映画だと 評価されている一方で、 声優の演技に違和感がある言う声も よく聞かれる映画です。 今回アニメ界のアカデミー賞と言われる アニー賞を受賞したわけですが、 審査員は日本語の分からない、 外国人が中心になっていたのかもしれません。 だから映画の評価としては、 声優の違和感と言うのは、 今回の受賞にはあまり 影響していないのかもしれません。

次の

未来のミライの声優星野源・上白石萌歌は評判ひどい?吹き替えの評価は? | 金曜ロードショー情報局

未来のミライ 声優 ひどい

Contents• 未来のミライあらすじ くんちゃんは妹が生まれたばかり で、お母さんが退院してくるのを 心待ちにしていた。 ついに退院してきたお母さん。 赤ちゃんとも対面して、なんだか 落ち着かない。 さっそくお母さんに甘えるくん ちゃんだが、 妹の世話で全く 相手にしてもらえない。 代わりにお父さんが頑張っている けれど、なかなか上手くいかず。 妹の名前は「 未来(ミライ)」 やっぱりくんちゃんは、未来が 受け入れられない。 意地悪しては、叱られてしまう。 ふてくされて庭に出ると、 見知ら ぬ男が声をかけてきた。 くんちゃんの思いをすべてわかっ ているかのように話す。 「 あなた(くんちゃん)が生まれ る前にこの家の王子だった」と 言う。 飼い犬である ユッコがいつも遊ん でいるおもちゃが落ちた。 くんちゃんがそれを投げると、男 は走って取りに行き、くんちゃん にまた渡す。 その男はユッコだった。 人間の姿になったユッコも不満を 漏らし、くんちゃん相手に安物の ドッグフードばかりだと 愚痴を 言う。 お父さんとお母さんにユッコの 不満を話すと、いつもより良い ドッグフードを買ってくれた。 ひなまつりの日。 ジイジとバアバがお祝いにやって 来た。 未来の右手の平に大きなアザが あることを指摘していた。 バアバとお母さんが 雛人形を早く しまわないと、お嫁に行くのが 遅れる、という言い伝えについて 話していた。 お母さんが仕事に行く前に、お父 さんに 雛人形を今日中にしまうよ う頼んでいた。 しかしお父さんは仕事に没頭して しまい、そんなことはすっかり 忘れてしまう。 かまってくれないお父さんを よそに、くんちゃんは庭へ。 女子中学生がくんちゃんに向かっ て「 お兄ちゃん」と声をかけてき た。 手のひらのアザを見て、それが 未来だと気づくくんちゃん。 未来からやってきたミライだった。 未来は 雛人形を早くしまってくれ ないことを気にかけていた。 くんちゃんと未来、ユッコの3人 で、手分けしてこっそり雛人形を 片付けることに成功! 安心した未来とユッコは、現実の 世界へ戻る。 自転車がほしいとねだるくんちゃ んだが、おもちゃを片付けない ため、お母さんに聞き入れてくれ もらえない。 おもちゃを捨てる!と脅され、 泣いていると、また知らない世界 へ引き込まれていた。 そこで泣いている少女に出会う。 少女時代のお母さんだった。 くんちゃんはお母さんと、 家中の ものを目一杯散らかして遊んでい た。 バアバが帰ってくると、くんちゃ んは家を追い出される。 お母さんはバアバに怒られて泣い ていた。 片付けられないくんちゃんを怒る お母さんも、子供の頃は片付けが できなかったのだ。 くんちゃんはついに自転車を買っ てもらった。 公園で乗っていると、補助輪なし で乗っている男の子たちが気にな った。 くんちゃんも 補助なしで乗る、と 躍起になるが、上手くいかない。 ついに怖くなってしまい、 自転車 に乗りたくなくなる。 ふと気づくとまた知らない場所へ 来ていたくんちゃん。 古い作りの バイクを整備している 男性と出会う。 男性はくんちゃんを連れ出し、馬 やバイクに乗せて、自分がかつて 働いていた場所へ走っていった。 遠くを見て走る、と教えられた くんちゃんは、現実に戻るとすん なり自転車に乗れるように。 お母さんたちとアルバムを見てい ると、その男性の写真があった。 それは、くんちゃんのひいジイジ。 バアバの家へ行くことになってい るのに、黄色いズボンが良いと グズるくんちゃん。 黄色いズボンは洗濯中で履けない のだ。 それをわかっていながら、わがま まを言う。 怒って 別の部屋に隠れてしまった。 しばらくしても見に来てくれない お母さん。 リビングに戻ると 誰もいなかった。 慌てて一人で家を飛び出す。 電車に乗って駅に着くが、 迷子に なってしまった。 そこでもまた、不思議な体験を することになる・・・ 未来のミライ感想 細田守監督らしい作品だな、と 思いました。 下にきょうだいができて、構って もらえなくなって 寂しいあまり わがままになる、というのは子供 ならよくあること。 くんちゃんの不思議な体験が くんちゃんを成長させていきます。 お父さんは自宅で仕事をしていて お母さんは働きに出る、という 今どきな夫婦。 そしてお父さんがメインで子供の 面倒を見ています。 これは「 イクメン」を意識した 設定でしょうかね。 これはちょっとネタバレになる のですが、くんちゃんの 自宅の 庭にある樹木が、ストーリーの 鍵を握っています。 過去や未来の人たちに出会うと いうのは、よくある展開です。 犬のユッコが人間化していたのは なぜなんでしょう? 思っていることがわかるように させるため?ですかね。 人間ユッコの登場シーンは結構 好きです。 見た目はいいおっさんなのに 犬用のおもちゃには忠実(笑) しっぽが取り外し式なのが謎 ですけど(笑) 声優をチェック! 押井守作品は、ジブリのように 声優には俳優、女優を起用して います。 声優一覧• 上白石萌歌• 黒木華• 星野源• 麻生久美子• 吉原光夫• 宮崎美子• 役所広司• 男の子の声としては、私はあまり 合ってないように思えていました。 これだったら子役を使ったほうが 良かった気もします。 未来(ミライ)役は黒木華さん。 黒木さんは上手かったです。 演技も自然だし、違和感なし。 ストーリーの鍵を握る存在なので 落ち着いた声が活きてましたね。 お父さん役は星野源さん。 星野さんの声は特徴があるので すぐわかりましたね。 若いお父さんらしい演技、良かっ たです。 お母さん役は麻生久美子さん。 鼻にかかった声なので、最初は 鶴田真由さんかと思ってました (笑)。 麻生さんってこんな声だったっけ と私は思ったんですよ。 麻生さんも実際お子さんがいる お母さんなので、リアルな感じが 出てたかも。 謎の男(人間版ユッコ)は 吉原光夫さん。 「美女と野獣」でも声優(吹替) をしてましたね。 声の良さはさすが! アニメ作品の出演は今回が初めて とのことです。 バアバは宮崎美子さん。 ジイジは役所広司さん。 お2人とも出番は少ないですが さすがベテラン。 ある 青年(若い頃のひいジイジ) は 福山雅治さん。 これは気づかなかったです。 良い声なので声優さんなのかと 思っていたら、福山さん! 方言で話す役なので、まったく 福山さんっぽさは出ていません。 ルックスもカッコいい青年なので 福山さんのイケメン声はぴったり でしたね。 エンディングは山下さんの歌で 美しく締まります。

次の