ウミガメ の スープ ゲーム。 [B! 増田] ウミガメのスープ(水平思考ゲーム)でよくある勘違いをただす

「ウミガメのスープ」というゲームの発祥を探しています。いった…

ウミガメ の スープ ゲーム

『ウミガメのスープ』ってなに? ウミガメのスープとは、出題者が出した問題に対して参加者がYESかNOの2択で答えられるような質問を投げかけ、規定数以内の質問数で正解が出せたら成功!っていうゲーム。 …って言っても難しいので、タイトルになった『ウミガメのスープ』っていう問題の流れを見ていくね。 問題 男がレストランで、ウミガメのスープを注文した。 一口それを口にした男はウエイターを呼び、「これは確かにウミガメのスープかね」と聞いた。 ウエイターは「さようでございます」と答えた。 その夜、男は自殺した。 なぜか? これだけだと全然答えが見えないので、回答者(挑戦者)はいくつか質問をしていく。 出題者はそれにYESかNOで答えていく。 このYES・NOには「いい質問です!」などのヒントをつけてよし。 ある日、男の乗る船が遭難してしまった。 数人の仲間の船員と共に救難ボートで難を逃れたが、広い海を当てもなく漂流することになってしまう。 やがて、飢えた人たちは死んでいった者たちの肉を食べ始めた。 だが男は「仲間を食べることなどできない」と言い、みるみる痩せ衰えていった。 仲間は何とか彼を生き延びさせようと「これはウミガメのスープだから安心して食え」といい、仲間の肉を食べさせた。 やがて救助が来て、男たちは助かった。 数年後、訪れたレストランで男は「ウミガメのスープ」を飲んだ。 しかし、それは極限状態で食べたあの忘れられないスープの味ではない…。 男は全てを悟り、罪悪感から命を絶った。 こんな感じ! ストーリーの背景を探らないといけないので、かなりクイズとしては難易度が高いんだけど、実際にやってみるとこれが面白い。 さて、いくつかおすすめの面白い問題を紹介するよー。 スポンサーリンク おすすめの『ウミガメのスープ』 なるほど!と納得してしまう良問。 『雑誌の付録』 その雑誌は、今月は特別付録つきだった。 Aさんは、今までその雑誌を買ったことはなかったが、 付録がついているのを見て、その日初めて買って帰った。 しかし、Aさんはその付録を一度も使うことがなかった。 なぜだろう? これは思わず「んん、うまい。 」って言ってしまった。 回答はでどうぞ。 心がちょっとあたたかくなる良問。 『僕のリコーダーを聴いて』 クラスメイトのカメコを見かけたカメオは、 突然リコーダーを取り出し、吹いた。 何故? ん゛ん゛、可愛い。 物語性があって楽しい。 回答はで。 想像力があれば簡単?『シンプルな広告』 ある広告を見かけた男は、その広告を出した企業に電話をして その広告を引き下げさせた。 しかしその広告は、不適切な表現が使われていると 人々に感じさせるようなものではなかったらしい。 なぜ男はその企業に電話したのだろう? これも『雑誌の付録』同様、日常をうまく切り取った良問。 思いつく人はすぐわかるのでは? 回答はで。 『ウミガメのスープ』おもしろいでしょ? いかがでしたでしょーか!! 何度か出てきたラテシンさんは、ウミガメのスープ専門サイトというなんとも独特なおもしろサイトさんで、リアルタイムに問題が出題されているページもあるので 気になった人はぜひぜひチャレンジしてみてねー!! おもしろい問題を見つけたら、ぜひぜひ狐にも教えてください! ではでは、マッスルマッスル! スポンサーリンク.

次の

昔から「ウミガメのスープ」って本についてずっとモヤモヤしてるこ...

ウミガメ の スープ ゲーム

水平思考クイズ(ウミガメのスープ問題)の一覧 「ウミガメのスープ」で有名な水平思考クイズの一覧です。 簡単なものから難問までオリジナルの良問を追加し続けています。 問題一覧(随時新作を追加中) ルール 水平思考クイズは本来は2人以上で行うものです。 出題者は最初にあるシチュエーションについて全体の一部分のみを伝えます。 回答者は「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしながら核心に迫っていきます。 鋭い質問であればすぐに答えに辿りつくことができますが的外れなことを聞いてしまうといつまでも全体像が見えてきません。 そこが面白いところでもあります。 水平思考クイズとは 「水平思考」とは既成の理論や概念にとらわれず創造的なアイデアを生み出す方法のことです。 1967年に医師で心理学者のエドワード・デボノによって提唱されました。 この能力を遊びながら鍛えることのできるゲームが「水平思考クイズ」です。 論理や想像力を働かせながら多面的にものごとを考える習慣をつけることができます。 「クイズ」と名がついてはいますが厳密にはパズルの一種です。 「シチュエーションパズル」などと呼ばれることもあります。 爆発的に広まるきっかけとなったのは『ポール・スローンのウミガメのスープ』という本です。 この本に出てくる次の問題がネット上で広まり他の水平思考クイズもどんどん生み出されるようになりました。 船乗りはかつて航海中に嵐に巻き込まれ仲間とともに無人島に漂着しました。 やがて食糧が底をつき餓死する者も出てきました。 そして残った仲間は生き延びるために仲間の死肉を食べました。 しかし問題の船乗りだけはどうしてもそれを食べませんでした。 そんなある日のこと他の仲間がウミガメを捕まえたからスープを作ったといって男に飲ませました。 それはとても美味しいものでした。 やがて捜索船に発見され無事に国に帰ることのできた船乗りはあのウミガメのスープをまた飲みたいと思いレストランにいきました。 しかしそこで出てきたスープはかつて無人島で飲んだものとは全く違う味でした。 そして全てを悟った男は自ら命を絶ってしまいました。 このサイトではオリジナルの水平思考クイズを随時更新していきますのでぜひ挑戦してみてください。

次の

水平思考クイズの『ウミガメのスープ』って何? 飛躍的な思考を身に付けよう!

ウミガメ の スープ ゲーム

いったいなぜ?• ウミガメのプロ 自称 の俺が一瞬で当ててやろう。 ほう、どうぞ。 夏祭りで買った焼きそばが食べきれず余ったので、次の日私が食べようとしたら、「さすがに腐ってるから食べてはいけない」と言ってやめさせた。 だろ?• NOです。 そんな納得感の低すぎる問題は出しません。 (サーセン……)• でも「やきそば」ってのは、夏祭りのやきそばのことだろ?• NOです。 NOなのかよ!ミスリードを誘う良い問題だな!!• 視点がガラっと変わるのがウミガメのスープの面白いところです。 恵那っていうのは人の名前だよな?• YES。 恵那と私は知り合い?• ん~「知り合い」という言葉を広く捉えてYESですかね…• (お?なんか含みを持たせてるぞ…?もしかして…)• 恵那と私は家族?• YESです!• 恵那は子ども?• YES!• 「私」が母親で、「恵那」は娘?• YESです。 関係が分かって1歩進みましたね。 私と恵那以外に登場人物はいる?(安定のあるある質問)• NOです。 私と恵那は昨日2人で夏祭りに行った?• YES。 祭りの屋台は関係ある?• (ん~屋台も関係無いのか…)• でも良いですよ、夏祭りから連想されるものからどんどん絞りましょう。 浴衣は関係ある?• NOです。 ん~、 花火とか?• YES!良い質問です。 (キタコレ!てきとうに言ったら当たったやつ…!!)• (でも、花火とやきそばって、まるで繋がらんな…) ~悩んで別の角度から攻めるふっくん~• やきそばは、夏祭りの日に食べた?• NOです。 夏祭りの翌日に食べた?• YESです。 やきそばは、自分で作った?• YESです。 あっ…やきそばって、 カップ焼きそば?• YESです!良いワードに気づきましたね。 私がカップ焼きそばを食べようとしたら恵那に止められた?• YESです!• 恵那は小学生?• YESで問題ないですが、話が成り立つとしたら低学年ですかね。 6歳ぐらいだと思ってください。 (むむむ…) ここまでの整理• 私と恵那は親子関係。 私は夏祭りの次の日にカップ焼きそばを食べようとしたところを恵那に止められた。 昨日の夏祭りの「花火」がとても重要。 ちなみになんだが、 「カップ焼きそば」が「カップラーメン」だった場合は話は成り立たないのか?• NOです!どちらでも成り立ちます。 いい質問です。 (なるほど…どっちでもいいのか…つまり、どっちにも共通している何か…)• お湯は関係ある?• カップやきそばに入れるものは関係ある?• YES!!• 恵那は、私がカップ焼きそばを作っている途中に止めた?• YESです。 (あっ…もしかして…)• 恵那は私がカップ焼きそばに何かを入れようとしているのを見て止めた?• YESです。 夏祭りで花火を見たときに、私と恵那は会話をした?• YESです。 会話の内容は、打ち上げ花火に関すること?• YES!• (やっぱり…!!! 話がつながったぞ…!! ) ふっくんは、私と恵那が夏祭りで打ち上げ花火に関して会話をしたこと、そして私がカップ焼きそばに何かを入れようとしたことで共通点を見出し、答えに気づいたようです。 先生、それ逆じゃない? どういうことなの?• 世界が…反転した…• NOです(真顔)• テストってのは、ペーパーテストのこと?• YESです。 YESです。 (正しく答えたのに不正解って意味わからん…)• NOです。 テストの内容は重要?• YESです。 この内容だからこそ成り立ちます。 テストは、学校のテスト?• YESです。 数学の「0」は関係ある?• NOです。 関係ないです。 ~悩むふっくん~• 無回答でも〇なんだよね?• そうです。 じゃあ、無回答の人は「無回答で〇が貰えるぜ!」って確信しながら何も書かなかったってこと?• YES!良い視点ですね。 (無回答が〇になるテストってなんだよ…そんなテストやったことねえよ)• 答えが無い問題だから、無回答が正解になるとか?• NOです。 「間違いを答えた生徒や」とあるので、無回答だけが正解じゃないのです。 たしかに…でも余計わからん…• 教科は特定の教科?• YES!• 教科を絞れば進みそうだな• 数学?• 国語?• 理科?• 社会?• 英語?• え、じゃあ保健体育とか?• あ、音楽か!• あ~じゃあ美術か• は????????? ~数撃ちゃ当たらないふっくん~• 一般的な教科なのか?• 必修科目ですよ。 ただ、私は今年43歳になりますが、私が学生のときには無かったですね…おっと。 (昔は無かった…?)• あっ… 情報?• YESです!• 情報の授業で習ったことをペーパーテストしたのか?• YESです!あとは、なぜ正しいことを書いたら不正解になるのか…そこが分かれば答えです。 ふっ…なるほどな、わかっちまったぜ ここまでの整理 どういうことだろうか?• 今回最後のウミガメです。 なかなか難しいので頑張ってください。 外出しようとしたけど、日光が苦手な引きこもりだから、ため息をついた?• …NOです。 冗談は置いといてそろそろ本気だすか…• 登場人物は私以外にいる?• NOです。 空っていうのは本物の空?• NOです、良い質問ですね。 おっ…本物ではない…• その空は写真?• ん~捉え方によりますが、YESでいいでしょう。 ただしミスリード注意です。 つまり、本物の空を見てるわけではなく、空の写真を見てるってことだな• YESです!• 私は室内にいる?• YES。 それは自室?• YES。 (自室で空の写真を眺めている…ただミスリード注意とも言っていたから視点を変えていかないとな)• その空の写真を撮ったのは私?• 購入したもの?• YES!• (ん~雲があったほうが良い理由に全然結びつかない…)• 1つヒントです。 先ほどは「写真」という表現をしていましたが、「絵」でも問題ありません。 なるほどな。 だからミスリード注意ってわけか ここまでの整理• 「空」というのは本物ではなく、「写真」もしくは「絵」である• 私はそれを購入した。 私はそれを、外ではなく自室で見ていた。 雲があったほうが私は得をする?• 「得」という表現が答えづらいですね。 ただ「良いこと」と広く捉えればYESです。 お金で得をするとか?• それはNOです。 自室に私一人しか居ないんだよね?• YES。 ちょっとシミュレーションしてみるか…• (自室で空の写真を見ながら)「はぁ…もう少し雲あれば良いのにな~雲があったら良いことあるのにな~」• (……わからん)• えっと、その写真は壁に掛けてある?• NOです。 ということは手に持ってる?• それもNOです。 (え?どこにあるんだよ…)• 床に置いてあるとか?• YESです!良い質問です• (うお!てきとう大作戦きたこれ)• 私は何か作業をしている?• YESです。 あっ…絵を描いている?• NOです。 仕事が関係ある?• NOです。 趣味とか?• YES!良い質問です。 ということは…何かの遊び…?• YES!それは何の遊びでしょう。 それが答えです。 ……あっ…..!!! ふっくんは気づいたようです。 ここまでの整理.

次の