マクドナルド モバイル オーダー 支払い。 マクドナルド「モバイルオーダー」が超絶便利!密を避けるためにも利用しない手はない

マックのモバイルオーダーではクーポンが使える!並ばずスマホで注文

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

モバイルオーダーに必要なのは下記2点のみ。 iPhoneかAndroidスマートフォン• クレジットカードかLINE Pay マクドナルドモバイルオーダーの注文方法• まずはiPhoneならAppStoreから、AndroidならGooglePlayから専用アプリをダウンロードします。 続いて会員情報の設定をします。 続いてクレジットカード情報の設定をします。 実際のオーダー手順は以下のとおりです。 マクドナルドモバイルオーダーの対象店舗 一部の店舗を除き、全国の店舗でご利用いただけます。 アプリの店舗検索でお近くのマクドナルド店舗をお探しください。 マクドナルドモバイルオーダーの受付時間 受付時間は5:00~24:00になります。 その中で各店舗の営業時間が短い場合は営業時間に準じます。 マクドナルドモバイルオーダーで注文できる商品 該当店舗でご注文可能な全メニューを対象としていますが、一部販売していない場合もあります。 ご注文する際にメニューでご確認ください。 現時点では、• ピクルス抜き• フライドポテトの塩なし などのカスタマイズは受け付けていません。 マクドナルドモバイルオーダーで注文した商品の受け取り方法 専用アプリで注文作成後、該当店舗に到着したら、受け取り方法を選択してください。 「お店で食べる」と「テイクアウト」の選択が可能です。 「お店で食べる」を選択した場合 「カウンター」もしくは「お席」で受け取ることが可能です。 「カウンター」で受け取る場合には、決済確定後、受取番号がアプリに表示されますので、店内のピックアップカウンターでお受け取りください。 「お席」で受け取る場合には、事前に席を確保いただき、専用アプリで注文の際に、確保したテーブルの番号を入力してください。 決済確定後、クルーがお席まで商品をお届けいたします。 「テイクアウト」を選択した場合 決済確定後、受取番号がアプリに表示されますので、店内のピックアップカウンターでお受け取りください。 ドライブスルーでのお受け取りには対応しておりません。 また、決済を確定しますと、すぐに商品を作り始めますので、決済の確定は受け取りできる状態になってから行ってください。 マクドナルドモバイルオーダーで利用できる支払方法 マクドナルドモバイルオーダーで利用できる支払方法は下記の2つです。 クレジットカード払い(VISA、Mastercard、JCB、Dinersのみ)• LINE Pay 現金でのお支払いはできません。 クレジットカードは3つまで登録することができます。 マクドナルドモバイルオーダーではクーポンが使えるのか マクドナルドモバイルオーダーではモバイルオーダー画面に表示されているクーポンのみ使用できます。 それ以外のクーポンは使用できないのでご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーは楽天ポイントが使えるのか 楽天ポイントサービスはご利用いただけません。 また、アプリ上の注文は「ポイント貯める」の対象になりませんので、ご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーはdポイントが使えるのか dポイントサービスはご利用いただけません。 また、アプリ上の注文は「ポイント貯める」の対象になりませんので、ご注意ください。 マクドナルドモバイルオーダーはドライブスルーで受け取れるのか マクドナルドモバイルオーダーはドライブスルーでは受け取れません。 店頭での受け取りのテイクアウトか、席での食事になります。 実際、僕が利用した際に、• グラン ベーコンチーズ• サイドサラダ が無くなってしまい、受け取りに行った際に在庫切れを告げられ他の商品に替えることになってしまいました。 店頭の在庫情報とモバイルオーダーのデータベースにタイムラグがあるようです。 結構積み上げると良い金額になるクーポンはできるだけ使いたいですよね。 通常のマクドナルドアプリで対象商品のクーポンが多くある場合は、モバイルオーダーではなく通常注文でクーポンを使用したほうがお得になれます。 まとめ マクドナルドモバイルオーダーの使い方とデメリットをご紹介しました。 実際、デメリットはいくつかありましたが、• レジに並ばなくて良い• 店頭では受け取りのみ という、新型コロナウイルス対策の濃厚接触と飛沫感染を防ぐためには、モバイルオーダーは最適です。 また、マクドナルドの複雑なメニューもゆっくり選べて注文できるので、注文で間違えることはありません。 メニューは写真付きで選べるのでわかりやすいところも良いですね。 まだマクドナルドモバイルオーダーを使っていない人はお試しください。

次の

マクドナルドの「モバイルオーダー」「テーブルデリバリー」を使ってみよう!

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

・VISA ・Mastercard ・JCB ・Diners 国内で多く発行されているクレジットカードの多くは、これらのブランドの決済機能がついているように感じます。 クレジットカードは3枚まで登録できるので、そのたびに選んで使うことも可能です。 また変更もできます。 アメックスや銀聯などを利用している方は、カードを使うことができませんのでご注意ください。 LINE Pay 以前はiOSしか対応していませんでしたが、androidでもアプリが使えるようになりました。 若い方にはこちらが便利かもしれません。 筆者はモバイルオーダーで初めて使ったほど、実は初心者です。 QRコードやバーコード決済ではなく、残高から引き落とされる方式です。 ここではチャージ方法を確認していきたいと思います。 LINEアプリを見るとチャージ方法が並んでいます。 ・銀行口座 ・セブン銀行ATM ・QRコード/バーコードチャージ ・LINE Payカード ・Famiポート ・LINE Pocket Money ・オートチャージ たくさんチャージ方法がありますね。 実は知りませんでした。 やはり皆さんの方が、より詳しいことと思われます。 皆さんがどの方法を使っていらっしゃるかわかりませんが、残高さえあればモバイルオーダーを使用できます。 残高不足だとチャージしてから改めて注文になりますので、しっかり確認してからオーダーしましょう。 利用レポートにも利用サービスと金額が保存されますので、カテゴリー別に把握ができます。 食べすぎ抑制効果も発揮してくれるかもしれませんね。 ちなみに筆者の項目には「食費が多いです」と書いてありました・・。 モバイルオーダーの支払い方法!他の注意点 アプリからの注文となります。 最新の状態にしてご利用ください。 タブレットは大丈夫ですが、パソコンからは注文できません。 他にも支払い方法で認識違いが発生しそうな存在があるので、まとめてみます。 しかしモバイルオーダーでは使えません。 マックカードはマックデリバリーと通常の注文時に、株主優待券は店舗でお使いください。 ですが、モバイルオーダーでは使うこともためることもできませんのでご了承ください。 これ以外のクーポンは対応していません。 紙のクーポンとは金額に違いがある可能性がありますが、公式アプリとは同じクーポンですので、安心して注文してください。 モバイルオーダーの支払い方法はクレジットカードとLINE Payだけで現金はできないの?【まとめ】 モバイルオーダーの支払い方法をお話してきました。 支払い方法が2種類しかないので選択の余地はありませんが、幅広い世代に使っていただけるよう工夫されていると感じました。 店内で注文し、客席まで持ってきてくれるサービスは体験していませんが、小さなお子様がいらっしゃるご家族にはありがたいのではないでしょうか。 筆者の母のようにキャッシュレス決済に不慣れな方は、使いすぎることもあるかもしれません。 各社ページで利用状況をご確認いただき、計画的に楽しくご利用いただきたいものです。 余談ですが、モバイルオーダー専用アプリもありますが、マクドナルド公式アプリでもオーダーすることができます。 ですので、ひとつダウンロードすれば十分です。 ぜひモバイルオーダーで待ち時間を有意義に使ってください。

次の

【体験レポート】マクドナルドの「モバイルオーダー」の支払い方法は? 便利なの?お得なの? |やだオスカルWEB

マクドナルド モバイル オーダー 支払い

いつも多くの人がレジに並んで行列ができているスターバックスコーヒーやマクドナルド。 お昼時や週末はすごいですよね!注文するためにあの列で待つにはなかなか体力と時間を消耗します。 そこで活用したいのが、スマホアプリから利用できる「 モバイルオーダー」という注文方法。 スターバックスコーヒーやマクドナルドで行列に並ばずに商品が買えて、これが本当に便利なんです! モバイルオーダーを活用すれば時間の節約になりますし、今回はこれを丁寧に解説したいと思います。 モバイルオーダーとは ご存知ない方のために説明すると、 モバイルオーダーとは専用のスマホアプリで注文から決済まで完了し、レジでの支払い不要で商品を受け取れる便利サービスです。 すべてスマホで済ませられるので、お店のレジに並んで注文の順番を待つ面倒がなく、店頭でお会計を済ませる必要もありません。 また、ほぼ待たずに商品を受け取れるなど、モバイルオーダーの利用には 時間的なメリットが多いと言えます。 モバイルオーダーに必要なもの• スマートフォン• モバイルオーダー専用アプリ(/)• クレジットカード(もしくは電子マネー) 実際に筆者はマクドナルドとスタバのモバイルオーダーを利用していて、お店に着いてから待ち時間なくバーガーやコーヒーを受け取れるのでめちゃくちゃ重宝していますよ。 手数料もかかりません。 マクドナルドのモバイルオーダー 注文〜受取の5ステップ 今回は、2020年1月下旬から全国で始まったマクドナルドを例に、モバイルオーダーの使い方を解説したいと思います!• 初期設定• 店舗とメニューを選ぶ• 店舗に着いてから受取方法を選ぶ(店内/持ち帰り)• 支払い(スマホでオンライン決済)• アプリはiPhone版・Android版をご利用のスマホに合わせてダウンロードし、新規登録してください。 マクドナルド モバイルオーダー専用アプリ / すでに「マクドナルド公式アプリ」を使っている人は新規登録不要です。 同じID・パスワードでログインしましょう。 ログインしたら支払い用のクレジットカードも登録しておくとスムーズに注文できます。 商品を受け取るマクドナルド店舗を選びます。 店舗を選択したら、メニューも選びましょう。 価格やメニューは通常のマクドナルドと同じで、手数料もなし。 店内で食べる場合、選択肢は2つ。 商品をレジ横の受け取りカウンターで受け取るか、店員さんに客席まで運んでもらうか、です。 店内で食べる• [受け取りカウンターで受け取る]• [客席まで運んでもらう]• 持ち帰り 客席まで運んでもらえる店舗は限られており、対応店舗は客席テーブルに番号シールが貼ってあります。 注文時にこの番号を入力することで客席まで持ってきてもらえます。 ちなみに、マクドナルド豊洲駅前店やイオン東雲店では客席まで運んでもらうサービスは対象外。 クレジットカード(VISA・マスター・JCB・ダイナース)とLINE Payでの決済に対応。 なお、支払いに使うクレジットカードを1度登録しておけば次回以降は入力不要で決済できます。 クレジットカードは複数枚を登録可能。 現金のやり取りなくハンバーガーやドリンクが買えるのは嬉しい限りです。 前述のとおり、客席へ運んでもらえるお店では客席での受け取りも可能です。 豊洲駅前店での利用レポート 豊洲に唯一あるマクドナルドは豊洲駅前店。 筆者はよくを利用していたのですが、もちろん店頭だとクーポンが使えますし、配送料も不要なのでおトクですね! さて、実際のレポートです。 筆者はモバイルオーダーを利用する前にあらかじめ自宅で初期設定を済ませておきました。 マクドナルド豊洲駅前店に着いてレジの長い行列をスルーして店内に入ると、店内はガラガラに空いているのを見てビックリ。 外はすごく並んでいるのに。。。 客席に座り、席からモバイルオーダーを実行。 残念ながら豊洲駅前店では店員さんに客席まで運んでもらうサービスが対象外だったので、受け取りカウンターでの受取りを指定して注文しました。 すると注文番号「M49」がスマホに表示されます。 この時点で注文が確定となります。 あとは商品を受け取るだけ。 ちなみに、マクドナルドのモバイルオーダーは事前に店舗やメニューを選んでおくことはできるものの、受取方法の選択は店頭に到着してから確定させます。 店内で食べようと思っていたけど客席が満席なのでやっぱりテイクアウトにしよう、といった万が一のシーンでも安心です。 早い! 自分が「M49」であることを証明するためスマホ画面を店員に見せ、商品を受け取ります。 これで完了。 店舗に着いた際、店前にはレジを待つ長い行列ができていました。 これまでなら列に並ぶのも躊躇してたのですが、モバイルオーダーを利用すればこんな行列は関係ありません。 マクドナルドのキッチンは注文を受けた順に調理するので、いかに早く注文するかが鍵になってきます。 11時50分に行列に並び始めて12時00分にレジで注文した人よりも、11時55分に来て11時56分にモバイルオーダーした人の方が早く商品を受け取れるというわけです。 今後もモバイルオーダーを導入する飲食店は増えていくことでしょう。

次の