はたらく 細胞 black。 「はたらく細胞BLACK」、2021年1月TVアニメ化決定!

はたらく細胞BLACK

はたらく 細胞 black

はたらく細胞(漫画原作)• はたらかない細胞• はたらく細菌• はたらく細胞black(ブラック) 本家大元の「はたらく細胞」は「月刊少年シリウス」で連載されている少年漫画。 この中でもはたらく細胞black(ブラック)は「週刊モーニング」掲載の 青年漫画のため、はたらく細胞本編では連載できないような内容がガンガン出てきます。 性病、飲酒、喫煙・・・。 moae. でも大きく違うのはそのからだは「不健康な大人」のからだなんです。 (推定30〜40代男性!) 当然不健康な大人なので、疲労蓄積、睡眠不足、暴飲暴食・・・。 さらには酒や性病まで! 本家「はたらく細胞」では起こり得ないようなトラブル続きで住んでいる細胞たちも殺伐としています笑 「はたらく細胞」と同様主人公はちょっと情けない新人の男の子「赤血球」。 不健康でボコボコの血管を通り、細菌やトラブルに教われながら「ブラック」な労働環境で酸素を運び続けます。 本家の「はたらく細胞」では主人公の赤血球を白血球のイケメンが守ってくれますが、はたらく細胞black(ブラック)ではその逆。 お色気のお姉さん白血球が、ちょっと情けない赤血球をピンチから救ってくれます。 1話:喫煙、細菌、終わりの始まり。 2話:肝臓、アルコール、誇り。 3話:勃起、射精、虚無。 4話:淋病、襲来。 5話:過重労働、錯乱、脱毛。 はたらく細胞black(ブラック)のからだの持ち主はストレスのため10数年ぶりにタバコを吸い、お酒に溺れ、風俗で病気をもらってしまい、挙句に毛が抜けてしまうとう悪循環・・・。 当然からだの中の細胞たちも危機に追いやられてしまいます。 はたらく細胞black(ブラック)第一話は「喫煙、細菌、終わりの始まり。 」 「喫煙」がテーマのお話になっています。 からだの持ち主が10数年ぶりにタバコを吸ってしまうことが発端で、一酸化炭素がからだの中に侵入。 一酸化炭素を取り込んでしまった「赤血球」たちがどうなってしまって、からだの内部がどうタバコに侵されて行くのかが描かれています。 第一話とだけあって、ブラックな労働環境やキャラクター紹介などがよくわかるよう紹介されています。 美人のお色気お姉さん、白血球や本家にもよく出てくるおなじみの細菌なども出てきて同じ世界観なんだな〜って感じる一話になっています。 本家の「はたらく細胞」と同じような設定なのに、細胞たちの労働環境が不健康というだけで変わるんだなと感想いうのが正直な感想です。 はたらく細胞black(ブラック)2話の感想ネタバレ はたらく細胞black(ブラック)第二話の感想はこちら! ネタバレ感想も含まれるので嫌な方は注意してくださいね。 はたらく細胞black(ブラック)第二話は「肝臓、アルコール、誇り。 」 飲酒がテーマになっています。 なんと舞台はキャバクラ(肝臓)! 飲酒で摂取したアルコールを分解している時にどうなるかというお話なのです。 今回のからだの中ではスプリンクラーでアルコールが振りまかれ、赤血球たちが酔っ払ってしまいます。 酔っ払った赤血球たちが向かった先は、キャバクラ(肝臓)! そこで肝細胞(キャバ嬢)たちに酵素(お酒)を振舞われ、癒されながら酔いを冷ます赤血球たち。 ネタバレ感想も含まれるので嫌な方は注意してくださいね。 はたらく細胞black(ブラック)第三話は「勃起、射精、虚無。 」 もう題名見ただけで内容がわかってしまいますね笑 男性がそういった行為をした時に、からだの中がどのようになっているのかが描かれています笑 そういった行為の時は男性は下半身に血が集まるわけで、血液の流れに乗っている赤血球たちも大忙し。 「精子ちゃん」を「卵子ちゃん」に無事会わせるべく、赤血球たちが奮闘します。

次の

はたらく細胞BLACK

はたらく 細胞 black

「はたらく細胞」は、月刊少年シリウス(講談社)にて連載中の清水茜さんによる漫画作品。 白血球、赤血球、血小板など、体の中で休むことなく働いている細胞たちのドラマを描いた体内細胞擬人化ファンタジーだ。 2018年7月よりTVアニメが放映され、第2期の制作も決定している。 今回TVアニメ化が発表された「はたらく細胞BLACK」は、「はたらく細胞」のスピンオフ作品で、「飲酒」「喫煙」「睡眠不足」などの重なる不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく、細胞たちの過酷な労働環境を描いた作品だ。 アニメ化に際し、監督は「ストライク・ザ・ブラッド」などを手がけた山本秀世さんが務め、アニメーション制作はライデンフィルムが担当することが発表された。 そしてメインキャストとして、赤血球役に榎木淳弥さん、白血球 好中球 役に日笠陽子さん、そしてナレーションを津田健次郎さんが担当することが発表された。 TVアニメは2021年1月放送開始となるので、ぜひTVアニメ第2期「はたらく細胞!! 」とあわせてチェックしていただきたい。 最後に、スタッフ&キャストからコメントが到着したので紹介する。 おかげでタバコもやめ生活も見直しました。 この作品の広がりが世の中年の体をBLACKな環境から救うきっかけになればと思います。 めちゃめちゃ嬉しいっ!これは筆が乗る!そして脂ものる!? みなさん、ぜひ健康診断に行きましょう! そして、健康体だった方は穏やかな心で、不健康だった方は自分を重ねて、「はたらく細胞BLACK」ぜひご覧ください。 この作品に出会い自分の生活が細胞達にだいぶご迷惑をおかけしていると知りました。 生まれながらのこのBLACKな身体に鞭を打ち頑張りたい。 はたらく細胞BLACK、観て下さい。

次の

『はたらく細胞BLACK』TVアニメ化決定!PV&キービジュアル&メインスタッフ・キャストを一挙公開

はたらく 細胞 black

『疲労蓄積、、暴飲… 今、この身体は過度のにされている! このを乗り越えられるかは、君たちにかかっている を運んで運んで運びまくれ! 働け!ども!!』 -さいぼう とは、『』の作品である。 概要 重・初嘉屋一生。 『』の著者・も監修に携わっている。 誌「モーニング」27号から36・合併号にて第1が連載、同年号から第2が連載開始。 飲・・など様々な不摂生でになった体内が。 病原体の侵入さえなければ であるの人体とは異なり、はでのもままならず、によりが充満し、過度のでTがする過酷なである。 モーニング連載のため、よりも・描写が多い。 また、ではまだ描かれていない生殖に関する描写も第1巻から登場している。 には版が放送開始。 版第2期『』と同時期に放送される。 注意:この先、のが含まれます。 登場人物 「」 作品のである人体。 本作の「」は、過度のと飲という不な生活を送っており、たちは労働を強いられている。 と異なり、性別とおおよその年齢が判明している。 陰茎や精が存在することからであり、飲・・ セス生殖行為をしている様子があることから成人と考えられる。 第1の第1話で10年振りにしたということなので、飲もが原因であり、もしかしたら「」も労働なのかもしれない。 第2開始となる第11話からは、より劣悪な体内を持つ「」が登場する。 はたらく細胞たち 装などは、基本的にと共通する。 しかし、一部の性別がと逆だったり、があったりする。 血球 とを運搬する血球。 本作ではほとんどがである。 の運搬がだが、内は不法投棄されたで塞がれてまともに通れず、思うように運べないでいる。 そのため要臓器にを優先せざるを得ず、回してもらえないにしょっちゅうを入れられている。 病原体の侵入などで率が低い。 に触れるとし、しばらくを運べなくなる。 3 : 本作では、の個体がを務める。 過酷なの中職務を果たすが、その中で散り続け 時には職務に忠実に「」するたちや崩壊寸前の「」の中で、自分の働く意味を自問自答し続けている。 好中球 : 血球さん 本作の好中球は。 細菌など、体内異物の駆除が。 が低下した人体の中で苦戦を強いられており、致死率も高い。 第1では、の好中球をそのまましたような個体が。 大胆に開いた胸元とあふれるが特徴。 通称: 血球さん。 よりも寡黙だが、過酷な労働にめげず職務を果たす血球に敬意を抱いている。 第2からは +という、の好球を幼くしたような容姿を持つ新たな好中球が登場。 通称: 血球ちゃん。 体表面や膜にできた傷口を塞ぎ、出血を食い止める血球。 と同様、の姿をしているが、の様な邪気さは。 本作では、潰瘍で破壊された膜の修復などの危険なに就いている。 また、ぼかされてはいるが、この体に起こった最大のを誘引してもいる。 L 低密度リポ。 いわゆる悪玉。 動脈のに取り込まれるとの原因となる。 ではないのだが本作ではされている。 を内に不法投棄し、コブをつくるために血球の通行を阻しており、忌み嫌われる存在。 パーT Tに出動命を下す。 の落ち着いた印とは異なり、軍義の将校のような性格。 過剰なにより 「病原体の可性のあるものはすべて排除する」という恐怖を敷いており、「が速い からの可性がある 」という理由で毛の攻撃を示。 円形脱毛症を引き起こす。 T パーTの示で異物を攻撃するT。 しいのせいか、のTよりムキムキであり、体は傷だらけである。 パーTのにより彼らもし、であるはずの毛を攻撃する。 肝 ので、体内の栄を蓄え、素をする。 未登場だが、本作ではキャバ嬢のような姿をしている。 を浴びた血球たちに酵素 A やデヒド酵素 AH を飲ませ、した。 大量の飲によりしきれなくなったアデヒドが体を蝕んでおり、具合が悪い。 ー 内の類洞に存在するージの一種。 他のージと同じく貪食作用があるが、の役割は内素の化や古い血球を貪食し、胆汁色素にすることがである。 本作では丸出しののような姿で登場。 登場なんですか の血球をに誘った老人血球がを迎えたため、最期を看取った。 精原はの中でトリに育てられ、 精 へ成長する。 本作では、精原はののような姿をしているが、は 「なに頭がついただけ」という潔すぎるである。 EDというに見舞われながらもされた。 その後のは不明だが、にたどり着くまでののりも過酷であり、の元にたどり着けるのは 通常 1個だけである。 トリ 精原に栄養やなどを供給する。 本作では、のような姿で描かれている。 毛 毛根を構成し、毛を作るたち。 と同じく毛のような頭巾をかぶった姿。 したTの襲撃を受けて行動になったため、円形脱毛症を起こしてしまう。 色素 や肌の色を作るニンを生成する。 同じくTの攻撃を受けてになっている。 もし毛が抜けていなければ、彼がしたことによりが生えていたものと思われる。 の一般はほぼ若々しいちゃんたちという貌だが、こちらのは様々な年齢層の一般がおり、のは中年太りしていかにも不摂生な出で立ちをしている。 要臓器にが優先されたことによりの運搬が滞っており「自分たちにはっていうのか!」と血球に罵を浴びせている。 おそらく彼らの貌はのその部位における体年齢を表しているのだろう。 病原体たち 本作は生活習慣病や性疾患を扱うことが多いため、より病原体の出番は少ない。 肺炎球菌 肺炎を引き起こす細菌。 本作でもと同じ姿で登場。 ろくすっぽ出番のないまま好中球に駆除される。 菌 性感染症の一つ「病」を引き起こす細菌。 感染するとに強い炎症と痛みを生じさせ、から膿が流れ落ちる。 この様から「」病と名付けられた 「」はここでは「ポタポタとしたたり落ちる」の意。 のような姿をしており、「シイ…シイ…」とつぶやきながら と同じく 数の繊毛を活発に動かし、好中球たちを多数葬った。 血球の貪食よりもが速いため治癒は望めず、負け戦だったが、最終的にはの作用により殲滅された。 薬剤たち と同じく、のような姿で描かれている。 の「」は並大抵のなら自己の作用で治してしまうが、本作の「」は荒れた生活によりが低下しているため、たびたびお世話になっている。 そのためか、と異なり、たちが剤の存在をある程度知っている。 シルデナ 商品名「アグラ」など。 もとはの治療という来歴を持つ。 D5の働きを抑え、Pを増加させることでしやすくさせる剤。 本作では、重度のでEDに陥った「」が投入。 再に成功したが…? 「の弾丸」と呼ばれたの剤・の元祖。 の合成を阻する作用がある。 はと菌類のみが持っているため、細菌は一掃されるがはほとんど傷つけず、つまりがほとんどないという優れた性質を持つ。 菌の襲撃により血球が多数犠牲となっていた陰茎深動脈に投入され、菌たちのに成功。 ちなみにはその利便性により、かつては出してうというで利用されてきた。 その結果、近頃は多耐性細菌という新たな脅威が発生している。 自己疾患の原因となったを軒並み攻撃し、炎症を抑える剤。 本作では、円形脱毛症の原因となったTとパーTを制圧した。 テレビアニメ 上記通り、より放送開始。 はのとは異なり「」の。 は「」の秀世が担当。 には「」を手掛けた、に安英二、をがそれぞれ担当する。 により、版同様にが追加された。 担当は。 スタッフ• :重・初嘉屋一生・(「モーニング」連載)• :秀世• :安英二• : 関連商品 原作コミック 関連Twitter 関連リンク• 関連項目•

次の