森永 甘酒 cm。 関ジャニ∞ 丸山隆平・横山裕が雪の中で熱唱、森永製菓「甘酒」新CM「甘酒bros.冬」篇|食品産業新聞社ニュースWEB

『森永甘酒』のおいしいヒミツは2つのアレ!

森永 甘酒 cm

冬」篇を、「元気とキレイ」をキャッチコピーとして放映開始する。 森永製菓の「甘酒」は、1969年にびんで登場し、1974年に缶で発売したロングセラー商品。 現在、190g缶 税別115円 のほかに、1000mlの大容量パック 税別450円 などを展開している。 丸山隆平さんと横山裕さんは、2019年の夏から「甘酒」のイメージキャラクターを務めている。 夏のCMで、2人は涼しげな浴衣を着て、境内の木にもたれかかりながら「冷やし甘酒」の歌を歌ったが、今回の新CM「甘酒bros. 冬」篇では、雪の降る中、マフラーを巻き「甘酒」柄のどてらを着て登場。 かまくらの前で「甘酒」の歌を歌う。 カメラが2人に近づくにつれ、歌のテンポは徐々に早まり、最後は畳み掛けるようなラップ調で「甘酒~と言ったら、日本で一番売れてる甘酒。 森永の甘酒」と熱唱する。 森永製菓によると、新CM「甘酒bros. 冬」篇の見どころは「耳に残る歌と、後半の畳み掛けるようなラップ調の歌詞を、真顔で歌いあげるシーン」だという。 なお、撮影終了後に行われたインタビューでは、丸山さんが「甘酒」の食レポに挑戦。 」とベタ過ぎるコメントをした丸山さんに、横山さんは爆笑。 丸山さんは「甘酒で温まって貰おう言うてんのに、僕が皆さんの心を冷ましてしまいました・・・」と恥ずかしそうに自らオチをつけた。 冬」篇CM動画は12月16日10時公開 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

丸山隆平&横山裕、森永甘酒の新CMに出演「心も温まりますね!」

森永 甘酒 cm

美容と健康に良いとされる甘酒は女性にも人気の飲み物です。 「飲む点滴」といわれるほど栄養価が高いので、毎日の習慣にしているという方も多いでしょう。 でも、「甘酒」と言うからには、気になってくるのがアルコールの問題です。 特に車に乗る前は、飲酒運転にならないかどうかが心配ですよね。 調べてみると甘酒には、アルコールを含む酒粕からできているものと、アルコールを含まない米麹からできる甘酒がある事が分かりました。 どちらのタイプなのかは、原材料を見ればすぐに分かります! 米麹の甘酒はアルコールを含んでいませんので、お酒の苦手な方も安心して飲む事ができますし、飲酒運転を気にすることもありません。 こうなってくると、「米麹の甘酒」と「酒粕の甘酒」の違いも気になりますね。 今回は、気になる甘酒の秘密をさらに詳しく調べてみました。 スポンサーリンク 甘酒を飲んで運転してもいい?よいか? 甘酒を飲んだ後は、運転しても大丈夫なのでしょうか?答えは、「米麹」の甘酒であるならOKです! 米麹の甘酒は、米麹に米と水を加えて発酵させたものです。 この工程にはアルコールはいっさい発生しません。 したがって、アルコールに敏感な方でも安心して飲む事ができ、運転にも差し支えありません。 しかも、発酵することにより、米のでんぷんがオリゴ糖に変わって、自然な甘みも生まれます。 最近、健康飲料としても注目されているのが納得できますよね。 一方、「酒粕」から作られる甘酒の方も、栄養価が高く美味しいものですが、飲んだ後に運転するとなると、注意が必要です。 その理由は、酒粕が日本酒を造る工程で搾り取られた「かす」だからです。 「お酒」から出た副産物ですから、当然アルコールは含まれています。 酒粕の甘酒は、酒粕に水と砂糖を加えたものですが、いったん加熱をしてから飲むのが一般的です。 酒粕の甘酒でも、沸騰させればアルコールは飛んでしまうのでは?と思いがちですが、 たとえ、よく沸騰させたとしても、アルコールを完全に飛ばすことはできません。 以上の事から、酒粕で作った甘酒の場合、運転前に飲むのはやめた方が良いという事になります。 これで2つの甘酒の違いが分かりましたが、私は色々気になったので、さらにスーパーに行って、缶入り甘酒のいくつかの原材料をチェックしてみました。 すると、「酒粕」と書いてあるのに、「お酒」ではなく「清涼飲料水」という表示で販売されているものがあります。 甘酒製造の森永に聞きました! さらに、森永製菓(株)さんに、甘酒とアルコールについて質問してみました! まず、主力商品の缶入りの甘酒については、 弊社「甘酒」は、法律上は酒類ではなく「清涼飲料水」ですが、商品によっては、ご存知のように酒粕由来のアルコールが含まれます。 (森永乳業回答) という事でした。 次に、アルコールについての疑問をお聞きしました! Q. どのくらい前であれば、飲んで運転しても良いかのか? A. アルコールを分解する能力は、体質によって異なりますので検証できず、回答することが出来かねます。 警察の飲酒検査でどのくらいの量を飲んだら、ひっかかるものなのでしょうか? A. 同じく、アルコールを分解する能力には個人差がありますので、具体的な量についてはご案内いたしかねます。 アルコール1%未満の清涼飲料水ではございますが、ご体質によってはアルコールに敏感な方もいらっしゃるので、弊社としては、運転前にはお控えいただくようお勧めいたしております。 ということでした。 沸騰させたとしてもアルコールは残りますので、運転前に飲んだ場合、普通のお酒同様、飲酒運転になる可能性があります。 飲酒運転による道路交通法の罰則は、「酒気帯び運転」と「酒酔い運転」の2種類があります。 「酒気帯び運転」 呼気1リットル中に含まれるアルコール濃度が、0. 15mg以上検出された場合の罰則• 「酒酔い運転」 歩行が困難、正しい受け答えが難しいなど、客観的に見て酔っているとわかる状態 このように、たとえ酒気帯び運転の検査で、呼気から検出されたアルコール濃度が基準値を下回ったとしても、実際に見て酔った状態であれば罰則を受けることになってしまいます。 スポンサーリンク 甘酒でも酒粕と米麹がある!アルコール度数の違いは? 「酒粕」の甘酒は、酒粕に水と砂糖を加えたもので、酒粕は、日本酒を造る際にできる副産物でアルコールを含みます。 一方、米麹の甘酒は、米麹に米と水を加えて発酵させたもので、アルコールをいっさい含みません。 — 2019年 9月月11日午前3時43分PDT どうして酒粕の甘酒だけが、アルコールを含んでいるのか、具体的にご説明しましょう。 それは、両者が製造される工程を知れば分かります! 実は米麹の甘酒も日本酒の酒粕も、途中まで工程はまったく同じで、まず米麹に米と水を加えて発酵させることから始まります。 そうすると出来上がるのが米麹の甘酒ですが、日本酒の場合は、これに「酵母」というものをさらに添加して、ダブルの力で発酵させていきます。 酵母を添加することで、日本酒にはアルコールが発生します。 こうしてできたものを醪(もろみ)と呼び、醪(もろみ)を搾ったものが日本酒になります。 そして、その醪(もろみ)の搾りかすが「酒粕」と言われるものになるのです。 また、酒蔵などで機械搾りではない酒粕を買うと、もっと濃度が高い場合もあります。 酒粕の甘酒は、鍋で沸騰させてもアルコールが残るので、ご家庭で作る場合は注意が必要ですね。 私は、手搾りの柔らかい酒粕で甘酒を作って、すっかり酔ってしまった事がありますので、皆さんも気をつけて下さいね! まとめ 日本古来の麹から作られる甘酒は、意外ですが俳句の夏の季語にもなっています。 きっと、その栄養価から、夏バテなどの疲労回復にも役立っていたんですね。 でも、酒酔い運転にはくれぐれも注意したいですね! こちらもよく読まれています!.

次の

『森永甘酒』のおいしいヒミツは2つのアレ!

森永 甘酒 cm

冬 15秒篇』が12月16日(月)より全国放送される。 丸山と横山は、2019年夏より森永製菓「甘酒」のイメージキャラクターを務めている。 今回のCMで、ふたりは「甘酒」柄のどてらを着て、雪が降るかまくらの前で、ムード歌謡調の甘酒の歌を力強く熱唱。 夏に放送された「冷やし甘酒」のCMに引き続き、商品を紹介する。 撮影は特殊な装置を使い、実際に雪を降らせて行われた。 丸山と横山は降りかかる雪を互いにさりげなくさりげなく払い、その気遣いと仲の良さで、周囲のスタッフを和ませた。 また、撮影終了後に行われたインタビューでは食レポにも挑戦。 ありますか? あるんですか? 丸山:ありますよ、もちろん。 横山:あるんですか!? 丸山:たくさん笑うことです。 それと同時に、みんなと一緒に僕も笑う。 そしたらキレイになっていくんですよ。 横山:今、焦ってますよね(笑) 丸山:な~んにも焦ってませんよ。 横山:焦ってませんか? 丸山:バレてます? 横山:バレてると思います。 丸山:相当焦ってます(笑)。 いくつか考えたんですけどね。 横山:でも、丸ちゃん肌キレイやん。 丸山:まぁまぁ、半身浴したり、汗かいたりとかね。 あと、冬になったらリアルに粕汁を作るんですよ。 で、酒粕って美容にも良かったりするんで、そういう意味でも、身体もあったまるし、代謝もあがるしって意味で、今回この甘酒はですね、相当お肌にも影響が。 横山:いいですよね、酒粕も入ってるし。 丸山:そうなんですよ。 横山:しかも、米麹ですから、めちゃくちゃお肌にいいんですよ。 丸山:クマとか、毛穴のたるみとかにもいいって情報もありますんで。 是非とも、これを習慣にして、甘酒を飲んで頂いて、身体も温めて頂ければと思います。 横山:本当に飲む美容液って言われてますからね。 丸山:そうですか~。 横山:甘酒本当にお肌にいいですから、是非ともお試しになって頂ければと思いますけど。 丸山:キレイになって会いに来いよ! 横山:(笑)あの~、というわけで、関ジャニの件は無しということで良いですね? 丸山さん:大丈夫です(笑)。 いい感じにカットして頂ければ(笑)。 横山:あ~美味しいですね。 やっぱ冬に欲しくなる味です。 丸山:そうね。 丸山:震えますわ、身体が。 横山:(スタッフの方を見て)全然大人が笑わへんもん(笑) 丸山:これ、甘酒で温まって貰おう言うてんのに、僕が皆さんの心を冷ましてしまいました。 横山:お、良いこと言うんじゃない!? いや、良いこと言うんじゃない、もおかしいか。 丸山:これで温まったらね、リアルな頬紅がね。 みなさん、浮かび上がりますから。 横山:本当にお肌にいいですから。 丸山:キレイになると思います。 横山:これ、お通じにもいいんですよ。 丸山:そうね、発酵飲料でもありますからね。 米麹と酒粕が入ってますから、ダブルで発酵素材なんで。 横山:いや~、美味しいわ、シンプルに。 こんなに美味しいのにお肌もキレイになれるということですから。 是非とも皆さん試してみてください。 宜しくお願いします。

次の