五行 相性。 五行の「相性」と「相克」が分かれば風水が分かる!

知ると楽しい陰陽五行説の体と心の関係!相性もわかります!!

五行 相性

何故あの人はあの様な考え方をするのだろう、 あの人とは馬が合わない、 あの人といると何だか心が安らぐ、 好きなあの人に好かれるにはどうしたら良いだろうか、 成功するために多くの人に好かれたい、 何をやっても上手く行かないがどうしたら良いのか分からない、 過去の偉人は何故成功したのだろうか、 体調が悪いけどどの様に治療すれば良いのだろうか… 多くの人は見える情報から 知識的に物事を見ようといたしますが、 その解釈は 所詮知識の域を出ることはできません。 知識の及ぶ範囲は知識の枠の中でしか戦えず、 智恵の域にまでその思慮が及ぶことありません。 だから多くの方は、 日常生活で悩み、 人間関係で悩み、 恋愛で悩み惑わされるわけです。 その悩みを減らすためには、 物事の本質を知り、 世の中の理を理解することが大切です。 五行思想は、そんな貴方の人生を 成功に導き、 悩みを減らし、 より豊かに彩るために存在しております。 また、その 5元素は互いに影響を与え合い、 その 相互作用によって天地万物が変化し循環する、 という考えにつながります。 外側の円の関係です。 矢印の先のものはエネルギーを受け取ることができるので、 自身を強化するために矢印元の要素を活かせるというわけです。 星型の関係です。 矢印の元のものは矢印の先のものからエネルギーを受け取ることができるので、 自身を強化するために活かせるというわけです。 ・木は土から栄養を吸い取り ・土は水の流れをせきとめて汚し ・水は火を消しとめ ・火は金属を溶かし ・金属は木を傷つける 相生と相剋のバランス 一般に相生は相性の良い組み合わせ、 相剋は相性が悪い組み合わせとされますが、 相生と相剋は陽と陰の関係であり、 両者が存在してこそ バランスが成り立ちます。 エネルギーは高ければいいというわけではありません。 時には抑えることも必要でしょう。 例えば、五行思想では 五臓・五腑・五官なども 対応している各要素がありますので、 各臓器の調子が悪いとなれば必要に応じて その機能を抑えることが重要です。 そうすることによって、ダメージを受けている臓器の悪い状態の機能を抑え、 回復を早めるわけです。 五行思想を使うと、 気の足りないところに 相生の効果を与えたり、 気が暴走しているところに 相剋の効果を与えたりする目安になります。

次の

「相生・相剋」とは?

五行 相性

五行占い 五行占いとは、五行説を用いて人や物事の流れや性格、方向等を診断する占いです。 ここでは五行占いの自動計算と、五行占いの概要をご紹介します。 五行とは何か 古代中国の考え方にあるもので、万物を創造し、天と地の間にあるものとされたものです。 「木」「火」「土」「金」「水」の5つからなる元素がそれにあたります。 天ではそれぞれ「木星」「火星」「土星」「金星」「水星」で表されています。 この考えでは人間も同じように五行からなるものと考えられています。 この考えを基に、自然や政治など全ての事柄を見るという思想が五行説です。 これに陰陽思想(いんようしそう)を組み合わせて、それぞれの属性を陰と陽とで分けたものを陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)と呼びます。 この五行説・陰陽五行思想を用いた五行占いは宇宙という壮大なものから、明日の出来事まで様々な占いにも用いられ、現代も受け継がれてきています。 五行占いとは何か 先程記載した様に五行占いは五行説を用いて人や物事の流れや性格、方向等を占います。 陰陽師というと分かりやすいと思いますが、五行占いは今の政治機関に当たる仕事の一部とされていたこともあります。 その人の属性を導き出し、その人に合った属性を持つ人や方向、仕事などを占います。 五行占いにおいての属性の調べ方は何年に生まれたか、何月に生まれたかなどで出すことができます。 生まれ年の数字の1から0までにそれぞれ属性があります。 例えば1972年3月6日生まれならば、干支は子であり生まれ月は27、そして生まれた日の6を足して33となります。 その下一桁の数字で決まります。 1ならば甲 きのえ で陽の木、2ならば乙 きのと で陰の木となり、上に書いた生年月日ならば丙 ひのえ 陽の火となります。 陽の火は太陽のようなというイメージとなり、情熱的であるけれど飽きっぽく楽天的であるとなります。 また方向にも属性はあり、東は木になり、西ならば金になります。 属性や方向の属性にもやはり様々な特徴がありますので、一度調べてみるのも面白いのではないでしょうか。 そして、それぞれには相性があります。 火の属性には木の属性や土の属性が合うとされています。 火の属性を持つ人間は、木の属性を持つ人を良い意味で燃え上がらせるとされており、やる気を出したり何かを継続する力になるなど捉え方もまた多様にあります。 また土は暖まるといった意味や、燃えて灰になり土に還るといった事によって相性が良いとされています。 この場合の燃えて灰になるというのはマイナスには捉えられません。 五行ごとの性質 五行における各エレメントにはそれぞれの性質や相性があります。 エレメント名 性質 相性が良いエレメント 相性が悪いエレメント 木 万物を成長させる。 愛情深く優しい性質。 水、火 金、土 火 万物を興隆させる。 好奇心が旺盛な性質。 木、土 金、水 土 万物を育て腐敗させる。 冷静で客観的に見られる性質。 金、火 木、水 金 行動力があり負けず嫌いな性質。 土、水 木、火 水 おおらかな性質。 木、土 金、水 4. 五行の相性 五行には相性が存在します。 金の属性を持つ人間には水の属性と土の属性が合います。 逆に悪い相性というものも存在しており、金の属性を持つ人間には火の属性と木の属性を持つそれぞれの人間が合わないと考えられています。 金は火で溶けてしまいますので失業や火事などで無くなるといったり、また金を加工して木を切り倒してしまうので更地になる、何も無くなるという考えからです。 金の属性に対して相性が良いとされているのは水の属性と土の属性です。 鉱物の周りには水が存在しますのが、つまりは水がないと力を発揮できない、大きくなれないといった事が考えられ、また好物は土の中にあるので存在するための場所であったり育つ場所などといったことからです。 そして草記が育つためには水と土が必要となるのでそれぞれの属性と相性が良いという考え方もあります。 このように、それぞれ5つの属性に相性の良いものと悪いものが存在します。 詳しくはをご覧ください。 五行を基にした四柱推命 四柱推命(しちゅうすいめい)という占いをご存知でしょうか。 五行を基にした占いでであり、これも中国が発祥となります。 ですが、この四柱推命という呼び名は日本発祥ですので、中国ではほとんど知られていない呼び名です。 おそらくは中国で四柱推命と言っても通じないのではないでしょうか。 この四柱推命という占いは今でもよく見かける生年月日や干支などを基に占われるものです。 朝のテレビや雑誌などの占いコーナーでもおなじみですね。 占いの中では1番ポピュラーなものです。 この四柱推命の基となったのが五行占いですので、こうした占いの原点とも言うべき占いと言えます。 五行占いをしてみよう 五行を元にした占いは四柱推命以外にも実は多くあり、この他には五行易、風水なども同じ五行から派生した占いです。 五行の5つにも、それぞれ色がありますが、一つの色だけではないので自分の色や求める事柄の色を見つけてみてください。 そして五行は現代社会の中にも当たり前のように普通に存在します。 カレンダーがそれに当たります。 暦、干支、曜日、季節に関する立春や立秋など、そして土用の丑の日もそうです。 カレンダーだけでなく、探してみると他にもいろいろな所に五行は含まれていたりします。 意外と身近にある五行占いを是非お試しください。 陰陽五行早見表 年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1956年 3 34 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 1957年 9 40 8 39 9 40 10 41 12 42 13 43 1958年 14 45 13 44 14 45 15 46 17 47 18 48 1959年 19 50 18 49 19 50 20 51 22 52 23 53 1960年 24 55 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 1961年 30 1 29 60 30 1 31 2 33 3 34 4 1962年 35 6 34 5 35 6 36 7 38 8 39 9 1963年 40 11 39 10 40 11 41 12 43 13 44 14 1964年 45 16 45 16 46 17 47 18 49 19 50 20 1965年 51 22 50 21 51 22 52 23 54 24 55 25 1966年 56 27 55 26 56 27 57 28 59 29 60 30 1967年 1 32 0 31 1 32 2 33 4 34 5 35 1968年 6 37 6 37 7 38 8 39 10 40 11 41 1969年 12 43 11 42 12 43 13 44 15 45 16 46 1970年 17 48 16 47 17 48 18 49 20 50 21 51 1971年 22 53 21 52 22 53 23 54 25 55 26 56 1972年 27 58 27 58 28 59 29 0 31 1 32 2 1973年 33 4 32 3 33 4 34 5 36 6 37 7 1974年 38 9 37 8 38 9 39 10 41 11 42 12 1975年 43 14 42 13 43 14 44 15 46 16 47 17 1976年 48 19 48 19 49 20 50 21 52 22 53 23 1977年 54 25 53 24 54 25 55 26 57 27 58 28 1978年 59 30 58 29 59 30 0 31 2 32 3 33 1979年 4 35 3 34 4 35 5 36 7 37 8 38 1980年 9 40 9 40 10 41 11 42 13 43 14 44 1981年 15 46 14 45 15 46 16 47 18 48 19 49 1982年 20 51 19 50 20 51 21 52 23 53 24 54 1983年 25 56 24 55 25 56 26 57 28 58 29 59 1984年 30 1 30 1 31 2 32 3 34 4 35 5 1985年 36 7 35 6 36 7 37 8 39 9 40 10 1986年 41 12 40 11 41 12 42 13 44 14 45 15 1987年 46 17 45 16 46 17 47 18 49 19 50 20 1988年 51 22 51 22 52 23 53 24 55 25 56 26 1989年 57 28 56 27 57 28 58 29 0 30 1 31 1990年 2 33 1 32 2 33 3 34 5 35 6 36 1991年 7 38 6 37 7 38 8 39 10 40 11 41 1992年 12 43 12 43 13 44 14 45 16 46 17 47 1993年 18 49 17 48 28 49 19 50 21 51 22 52 1994年 23 54 22 53 23 54 24 55 26 56 27 57 1995年 28 59 27 58 28 59 29 60 31 1 32 2 1996年 33 4 33 4 34 5 35 6 37 7 38 8 1997年 39 10 38 9 39 10 40 11 42 12 43 13 1998年 44 15 43 14 44 15 45 16 57 17 48 18 1999年 49 20 48 19 49 20 50 21 52 22 53 23 2000年 54 25 54 25 55 26 56 27 58 28 59 29 2001年 0 31 59 30 60 31 1 32 3 33 4 34 2002年 5 36 4 35 5 36 6 37 8 38 9 39 2003年 15 46 15 46 16 47 17 48 19 49 20 50 2004年 10 41 9 40 10 41 11 42 13 43 14 44 2005年 15 46 15 46 16 47 17 48 19 19 20 50 2006年 26 57 25 56 26 57 27 58 29 59 30 60 2007年 31 2 30 1 31 2 32 3 34 4 35 5.

次の

五行占い 無料自動計算(2020年版) 陰陽五行占いであなたの五行属性を診断

五行 相性

陰陽五行思想 木火土金水 五行の相性「五行の相生(そうしょう)と相剋(そうこく)について」 五行の木・火・土・金・水には、それぞれ関係性があり、お互いの相性があります。 相性の良いのを相生(そうしょう)といい、相性の悪いのを相剋(そうこく)といいます。 相生五行の関係 簡単にいいますと、相性のいい関係です。 木を燃やせば火を生じ、 火が燃えた後は土が残り、 土を掘れば金属が出て、 金属の表面には水滴がたまり、 水が木を成長させる。 木は火を生じ (木生火・もくしょうか ) 火は土を生じ (火生土・かしょうど ) 土は金を生じ (土生金・どしょうきん ) 金は水を生じ (金生水・きんしょうすい) 水は木を生じる(水生木・すいしょうもく) 木の両隣は、火と水です。 木の人は、火と水の人が相性が良いです。 火の両隣は、木と土です。 火の人は、木と土の人が相性が良いです。 土の両隣は、火と金です。 土の人は、火と金の人が相性が良いです。 金の両隣は、土と水です。 金の人は、土と水の人が相性が良いです。 水の両隣は、金と木です。 水の人は、金と木の人が相性が良いです。 比和(ひわ)五行の関係 簡単にいいますと、同じ性質で親しい間柄という関係です。 相性も中吉で、程よい関係を保つことができます。 相剋五行の関係 簡単にいいますと、相性が悪い関係です。 木は土を傷つけ、土は木に傷つけられる。 火は金を傷つけ、金は火に傷つけられる。 土は水を傷つけ、水は土に傷つけられる。 金は木を傷つけ、木は金に傷つけられる。 水は火を傷つけ、火は水に傷つけられる。 傷つける関係にあるものを「死気小吉(しきしょうきち)」 傷つけられる関係を「殺気大凶(さつきだいきょう)」といいます。 両隣の人は、相性が良いのですが、 その向こうにある五行は相性が悪くなります。 互いの存在を主張し互いの良いところを消してしまいます。 広告 五行.

次の