いわゆる いわば 違い。 いわばの意味とは?例文もご紹介

いわゆる「ディスコ」と「クラブ」の違いとは? 曲でダンスする場所だから同じじゃないの?|にゃんこ大魔神のブログ

いわゆる いわば 違い

「 iwayuru 」 ・ aru koto ga ra kangae , meidai , imidzuke , etc. ga , seken de mitome rare te iru joukyou de tsukawa reru. ・ aru syutai ningen dake no kojin teki na omoi kangae de ha nai. 「 iwaba 」 ・ aru koto ga ra kangae , meidai , imidzuke , etc. ga , seken de mitome rare te iru joukyou de tsukawa reru. mata , ・ aru syutai ningen no kojin teki na omoi kangae de aru toki ni mo tsukawa reru. desyo u ka. ika ha , 「 iwayuru 」 to 「 iwaba 」 no sankou saito desu. ) が 、 せけん で みとめ られ て いる じょうきょう で つかわ れる。 ・ ある しゅたい ( にんげん ) だけ の こじん てき な おもい ( かんがえ ) で は ない。 「 いわば 」 ・ ある こと が ら ( かんがえ 、 めいだい 、 いみづけ 、 etc. ) が 、 せけん で みとめ られ て いる じょうきょう で つかわ れる。 また 、 ・ ある しゅたい ( にんげん ) の こじん てき な おもい ( かんがえ ) で ある とき に も つかわ れる。 でしょ う か。 いか は 、 「 いわゆる 」 と 「 いわば 」 の さんこう さいと です。

次の

同意表現集の詳細解説:いわゆる

いわゆる いわば 違い

3 です。 「いわゆる(所謂)」については、元々が、言うの未然形(いわ)+受け身の助動詞「ゆ」の連体形「ゆる」がつながったもので、「世間で言われているような」という意味があります。 あと、たとえや説明を導く、「言ってみれば。 たとえて言えば。 別のことばで言えば」という用法の言葉としては、「言わば」というものがあります。 これは、「言う」の(文語の)未然形「言わ」+接続助詞「ば」の組合せでできたものです。 接続助詞「ば」は、まだ実現していないものが実現したと仮定する意味があります。 全体で、言わば=「まだ言わなかったけれど、言うとすれば」という意味が生まれ、「言ってみれば。 たとえて言えば。 別のことばで言えば」という意味として成立しました。 まとめると ・すなわち(則ち):全く等しいものへの言い換え ・いわゆる(所謂):世間で言われているような言葉への言い換え(ただし、「世間ではこういう」ということで、「本当は同じものではない」というニュアンスが含まれることもある) ・いわば(言わば):別の言葉で言い換えて詳しく説明する というような使い分けになります。 『大辞泉』の解釈を引くと、 【すなわち】 前に述べた事を別の言葉で説明しなおすときに用いる。 言いかえれば。 つまり。 前に述べた事と次に述べる事とが、まったく同じであることを表す。 とりもなおさず。 まさしく。 【いわゆる】 世間一般に言われる。 俗に言う。 よく言う。 【いわば】 言ってみれば。 たとえて言えば。 と記されています。 両者は、置かれた状況によって、どちらの表現も可能だと思います。 「いわゆる」を使う場合は、 最初の用語である「現場」について、話し手と聞き手との間で状況の共通認識がないときではないかと思います。 単に「現場」だけでは、どんな現場なのか分かりません。 それを説明する意味があります。 仕事をする「現場」には、いろいろの場所が考えられます。 製造業者の生産現場もあれば、この例のように、商品の小売業における販売現場もあります。 「現場」だけではそのあたりの実態が分からないため、 「現場」の中でも具体的には小売販売店の売り場のことだよとはっきりさせるために「いわゆる」を使うのです。 「すなわち」は、逆に話し手と聞き手の間に基本的背景(両者とも販売店での話だと分かっているとき)のように共通認識が既にある場合に、 「現場」すなわち「売り場」のことだけど、という意味あいが含まれた表現になるのではないでしょうか。 A ベストアンサー 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか? ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、 私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。 「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。 これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。 1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。 」 2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。 」 1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。 2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。 1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。 」 2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。 」 これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。 2は素直な人が話しているなら単なる並列。 ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。 とまあ、こんなところです。 前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。 色々な回答がつくといいですね。 「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。 「~やら~やら」には意味が二つあります。 1 名詞の並列 例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。 2 どちらか決めがたいことをあらわす。 例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。 それに対して「~とか~とか」には、 1の名詞の並列の意味しかありません。 それでは 「スーパーでパンやら牛乳やら買った。 」 と 「スーパーでパンとか牛乳とか買った。 」 は完全に同じ意味でしょうか?... Q 私は中国人で、日本語を勉強中です。 「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。 皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。 中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。 疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。 また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。 「を通じて」の「一年を通じて」、「一生を通じて」、「生涯を通じて」のような使い方はさておき。 「を通じて」 1.秘書を通じて社長との面会を乞う。 2.学生会を通じて、学校側に意見を出した。 3.テレビを通じて広告をする。 4.問題があると、民主的論議を通じて解決する。 「を通して」 1.書物を通して世界を知る。 2.両国の文化交流を通して、相互理解を深める。 3.仲人を通して娘の縁談を進める。 4.臨床実践を通して治療経験を積み重ねる。 また、質問文に不自然な箇所がありましたら、併せてご指摘いただけますと幸いです。 どうか、よろしくお願い致します。 私は中国人で、日本語を勉強中です。 「を通じて」と「を通して」は形的にも意味的にも非常に似ています。 皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。 中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。 疑問に感じるのですが、下記の例文の中の「を通じて」と「を通して」とお互いに交換できるでしょうか。 また、これらの例文は中国人の著者が作った例文なので、不自然のところがありましたら、ご指摘いただけますと幸いです。 「を通じて」の「一年を... A ベストアンサー 他の方(No. 4の方)にもお答えいただいて、よかったです。 私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。 2でも少し書きましたし、No. という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に) 意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。 (でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど不自然な文ではないです。 ) なぜそう思うのかはよくわからないのですが、以下の理由があると思います。 ・「臨床実践」という言葉を聞き慣れない。 医学の世界ではどうか知らないが、普通の日本人が使うような言葉ではない( 4のご回答でも指摘がある。 ) ・「臨床実践」「治療経験」・・・四字の漢語が二つもあって、重苦しい印象を受ける。 更に「積み重ねる」があることによってごてごてした印象を受ける。 私なら、もっと軽い感じに、 「実践的な臨床経験を積み重ねる。 」 「臨床経験を積み重ねる。 」 「臨床の経験を重ねる。 」 「臨床の実践経験を積む。 」 などなどでもよさそうに思います。 4の方もおっしゃっている通り、質問の例文に関しては、 2と 4は、似ているようです。 改めて、いくつか意見を述べておきます。 一つ目は、 「民主的論議」「文化交流」などの長めの漢語があると「をつうじて」で、 「仲人」というような和語だと「をとおして」の傾向があるのではないか、 ということです。 (短めの漢語は、中間。 ) 二つ目は、 「を通じて」というのが、何か形式的な印象を与える、ということです。 「仲人をつうじて」とはあまり言わないような気がしますが、 もし「仲人をつうじて」と言えば、何か仲人を(人ではなくて)道具のように扱っている感じがします。 三つ目は、 「を通じて」は、二つのものの間に「何かが挟まっている」が、その間に挟まっているものそのもの(秘書、書物、・・・)を重要視せず、二つのものの関係を重要視している。 「をとおして」は、「間に挟まっているもの」を重要視している、ということです。 四つ目は、 「を通じて」という表現は、公式であり外向きであるが、 「をとおして」という表現が、ややくだけた表現だということです。 これらは、「まあそんな気がするかな」程度の意見なので、きちんと詳しく検討する必要があるだろうと思います。 改めて考えても、 2 3も、 4のご回答も、みんな正しいような気がするのです。 4では >「通して」という場合,文字通り「それを通り道にして」という意味があるように思います.(q304さんの 3のご意見と矛盾してしまうのですが...あくまで私の個人的印象です.) とのご指摘がありますが、必ずしも矛盾とまでは言えず、別のご指摘かもしれません。 3では >「秘書を通じて」というのは、秘書を、単にそういう地位とか役割のようにとらえていて、 >(秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている。 ) >具体的な人を思い浮かべていないんじゃないかな、 >ということです。 の 「秘書を単なる「とおりみち」のようにとらえている」 というのは、"単なる" に意味の重点があって、 「秘書に重きをおかない」という意味です。 ところで、質問では、 「皆様はどのように使い分けをするのでしょうか。 中国人の著者が書く参考書で調べてみたのですが、使い分けの説明が付かずに例文しか並んでいません。 」 とありますが、 この著者自身、本当に使い分けすべきと考えているのでしょうか。 他の方(No. 4の方)にもお答えいただいて、よかったです。 私の自信のない(誤っているかもしれない)回答で、質問者の方が誤解したまま終わってしまうようなことがあったらいけないですから。 2でも少し書きましたし、No. という文は、(「通して」「通じて」の問題以前に) 意味がわかりにくく、何か読みにくいような、くどいような、自然でない印象を受けます。 (でも、「日本人はこんな文は書かない」と言えるほど... A ベストアンサー 格助詞「に」と「と」の違いですね。 この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。 「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。 「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」 「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。 「すったもんだの末、結局彼が村長となった。 また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。 html A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 幾つかのポイントを立てて考えてみました。 1.こもる(自動詞) 隠もる 中に入って出ないでいる 、籠もる(社寺に泊まって祈念する)。 2.こめる(他動詞) 籠める(集めて中に入れる)、罩める(霧などで辺りが一杯になる)、込める(入れ物などに詰める)。 3.こむ(古語) 「こもる」と「こめる」の意味を担って、「こむ」には、自動詞と他動詞、また活用も四段と下二段の四通りに拡大し、「籠む」の他に、「進む意味を表わすシンニョウに、入を加えて、積極的に物を入れることを表わす」 「角川 漢和中辞典」 ための国字 和製漢字 「込」が用いられるようになった。 4.…こむ(接尾語的用法) 多くの動詞の連用形に付いて、様々な複合動詞として用いられる。 5.込み…(補助動詞を伴う) 他の動詞を補助的に伴って複合動詞を作る。 以上、ざっと見たとおり、「込む」という動詞は極めて多様な役割を持って来ています。 6.ラッシュアワーの訳語 "rush hour"という英語は、1898年 明治31年 に出現しているようです。 「ランダムハウス英和大辞典」 角川小辞典「外来語の語源」によれば、この邦訳語は田中一郎編「新しい外来語の辞典」に「混み合い時間」として、英語出現の26年後である1924年 大正13年 に現れています。 では何故「込み合い」という字を使わず、「混み合い」という、当時の辞書にはない用法を採用したのか。 こみあふ【込合】直 ヒタ ト群ガル。 雑 マザ リ集マル。 大槻文彦「言海」 ここで、小学館「国語大辞典」の「込み合う」の項の 三 に、「異性に手を出す/ちょっかいをかける」という意味が出ています。 例文「宿屋の女にこみやふ位は大目に見てくれてもいい訳だ」 歌舞伎綴合「新著膝栗毛」。 もしかすると、ちょうど「待ち合い」にもそのような意味があるように、当時はまだそのへんの意味も生きていたので、あえて造語風に「混み合い」という、いわば無機的な意味をのせたのではないでしょうか。 その5年後 1928年 昭和3年 には、「混雑時間」 竹野長次監修「音引正解 近代新用語辞典」 や「混雑する通勤時間」 国語研究会編「新外来語辞典」 など「混雑」という言葉の用いられ方が現れています。 日本で電車が運行を開始したのは1909年 明治41年 からであり、この年末には内閣鉄道院が設置され、いわゆる院電(後の省線電車)が走り出します。 やがて、サラリーマン 月給取 (大正13年)、ホワイトカラー 職人階級以上の人 昭和6年 といった新用語も生まれています。 以上のようにして、おそらく院電(省線電車)関係者か、時のサラリーマン通勤者、もしくはそのラッシュアワーの酷さを報道するマスコミにおいて、「混み合う」という新用語や「混雑」の新たな用法が広まって行ったと見てはいかがでしょう。 言い換えれば、交通機関 電車や道路 や集合場所(広場や浴場)「混雑」「混み合う」以外では、これまでの辞書用例どおり、「込む」で十分なのではないでしょうか。 電車に人がどんどん乗り込み、ますます込んでくると、もはや身動き取れないほどに中は混み合ってしまって、息もできないほどだ。 幾つかのポイントを立てて考えてみました。 1.こもる(自動詞) 隠もる 中に入って出ないでいる 、籠もる(社寺に泊まって祈念する)。 2.こめる(他動詞) 籠める(集めて中に入れる)、罩める(霧などで辺りが一杯になる)、込める(入れ物などに詰める)。 3.こむ(古語) 「こもる」と「こめる」の意味を担って、「こむ」には、自動詞と他動詞、また活用も四段と下二段の四通りに拡大し、「籠む」の他に、「進む意味を表わすシンニョウに、入を加えて、積極的に物を入れることを表わす」 「角川... A ベストアンサー 異論は当然あるものと思いますが、《感動》と《感激》、それぞれに対して私が持っているイメージを書き出してみました。 《感動》 ・「包まれるもの、じんわりと浸るもの、外側 五感 から内側 心 へ向かうもの」 「ゆっくりと心の中に入り込むもの、しみじみとしたもの」 というイメージがある。 ・自然と心の中から湧き上がる暖かな思い。 ・出来事を通して、もともと自分の中に備わっていた感性が呼び起されたり、 自分にはないと思っていた感性が備わっていたということに気付かされたりする 心の動きで、「発見や再生という感情が好ましい方向に揺れ動くこと」。 《感激》 ・直接的に感じ取ること、突然心の中に飛び込んで来る思いのことで、 熱い感情を伴うもの。 ・好ましい出来事に遭遇したり、好ましい感情を注がれたことに反応して、 舞い上がったようになること。 ・対象に対して何らかの力を感じて心が突き動かされること。 *** 以上のことを踏まえて、《感動》と《感激》のニュアンスにはどんな違いがあるのか、例文を使って考察したいと思います。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1)雄大な風景に思わず《感動》した。 雄大な風景に思わず《感激》した。 2)この雄大な風景を私に見せてくれた彼の心配りに《感激》した。 この雄大な風景を私に見せてくれた彼の心配りに《感動》した。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 《感動》と《感激》それぞれ1回ずつしか使えず、1と2の例文の《 》を埋めるという条件付きの問題があったとしたら、私はそれぞれ上の文章を選択します。 2の例文を喧嘩中の友人同士や恋人同士に当てはめて考えるとイメージしやすいと思いますが、《感動》と《感激》を比べると、《感動》するのには何のお膳立ても必要ないけれど、《感激》するのには、ときとしてシチュエーションを要することがあるのではないかと思います。 異論は当然あるものと思いますが、《感動》と《感激》、それぞれに対して私が持っているイメージを書き出してみました。 《感動》 ・「包まれるもの、じんわりと浸るもの、外側 五感 から内側 心 へ向かうもの」 「ゆっくりと心の中に入り込むもの、しみじみとしたもの」 というイメージがある。 ・自然と心の中から湧き上がる暖かな思い。 ・出来事を通して、もともと自分の中に備わっていた感性が呼び起されたり、 自分にはないと思っていた感性が備わっていたということに気付かされたりする... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... Q 本を読んでいたらわからなくなったので教えてください。 それに併せて「地方自治」と言う言葉も出てきます。 でも よく 「地方自治体」って 言葉も耳にします。 ところが 私の持っているちょっと古い(平成6年版)小六法には 索引に「地方自治体」って載っていません。 あと 私は 法律に興味がある素人で 法学など習ったことはありませんので できるだけ簡単に教えてくださいね。 よろしくお願いします。

次の

「所謂」の意味と使い方・例文・「いわば」との違い。新聞記者歴29年の筆者が解説!

いわゆる いわば 違い

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 3• 研究社 新和英中辞典 10• Eゲイト英和辞典 1• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 7• 日本語WordNet 16• EDR日英対訳辞書 6• Tanaka Corpus 49• Python 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 137• 官公庁発表資料• 金融庁 87• 財務省 12• 特許庁 2• 特許庁 192• 経済産業省 60• 厚生労働省 7• 書籍・作品• Ian Johnston『科学のカリキュラムで創造説?』 1• JULES VERNE『80日間世界一周』 2• Wells『タイムマシン』 2• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 1• Virginia Woolf『弦楽四重奏』 1• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• James Joyce『死者たち』 1• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 1• John Stuart Mill『自由について』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 7• Chesterton『少年の心』 1• Melville Davisson Post『罪体』 1• Michael Faraday『ロウソクの科学』 4• 電網聖書• 使徒行伝 1• This applies worldwide. (「この版権表示を残す」んだから、「禁無断複製」とかいうのはダメだぞ) プロジェクト杉田玄白 正式参加作品。 genpaku.

次の