東京喰種 あらすじ。 映画『東京喰種トーキョーグール』実写キャスト・あらすじ【気になる評価感想もネタバレなしで紹介】

映画「東京喰種 トーキョーグール S 」ネタバレあらすじと結末/君のすべてを食べたい

東京喰種 あらすじ

スポンサーリンク 映画「東京喰種トーキョーグール」あらすじ 映画東京喰種トーキョーグール公開まで後1ヶ月!! 一足早く「映画東京喰種トーキョーグール」の世界に浸りたい!! まだまだ応援していきます!! — まあさ masasama8814 ここでは 映画「東京喰種トーキョーグール」の あらすじをまとめていきます! 普通の大学生活を送るカネキは、人間と変わらぬ姿をしている喰種 グール が潜んでいるとされる東京に住んでいました。 喰種とは人を喰らう怪人でした。 カネキはある日事故にあってしまい、リゼという喰種の臓器を移植され、カネキ自身も半喰種になってしまいました。 悩み苦しむカネキは、喰種が密かに集まる 喫茶店「あんていく」で働き始めます。 カネキは喰種である喫茶店アルバイトの女子高生トーカや他の喰種たちから、喰種にも守るべき大切な人たちがいることを知ります。 そんな中、人間と喰種の熾烈な戦いが起こり、カネキは巻き込まれていきます。 人と喰種との勝負はいったいどうなるのでしょうか。 カネキがどのように生きていこうとするのか、人間と喰種との戦いの行方、とても気になる映画ですね。 窪田正孝も、観る前は金木くんなんてできるの?と思ってたけどバッチリだった。 ほんとすごかった。 遠い昔、東京で確認されていた、水とコーヒーと人間だけしか口にできない 「喰種」という存在がいました。 国家の喰種対策局の手で、喰種たちは絶滅したと思われていました。 しかし、なんとか逃げ延びた生き残りもいました。 そんな世界が舞台となります。 内気な普通の大学生カネキは、友人のヒデと共にいきつけの喫茶店「あんていく」に入店しました。 そこにカネキが一目ぼれしているリゼという女性が来店します。 カネキとリゼは今度デートをすることを決めました。 デート当日、リゼが静かなところが好きと言ったため人気のない所に行きます。 カネキは周りに人がいないため、ドキドキしていました。 しかしリゼは突然カネキに噛みつきます。 リゼの正体は喰種だったのです。 必死に逃げようとするカネキですが、リゼに捕まったと思った時、頭上から大量の鉄骨が落ちてきて、リゼは即死してしまいました。 カネキは重症をおい、病院に運び込まれます。 そこでリゼの臓器を移植され、カネキは半喰種となってしまいました。 その頃、CCG 喰種対策局 では捜査員の真戸と亜門がとある武器を作ります。 その武器とは「クインケ」と呼ばれる武器で、喰種の赫子に似せたものです。 カネキは無事退院しますが、食べ物を身体が受け付けません。 カネキは空腹が我慢できず、夜の街を出歩きます。 そこに、食欲をそそる美味しそうな匂いが漂ってきて、その匂いの方に足が進みます。 その匂いの正体は、喰種の西尾が食事をしている匂いでした。 カネキは西尾に襲われます。 しかし、喫茶店「あんていく」のアルバイト、トーカが現れ、西尾を撃退してくれました。 悩み苦しんでいたカネキはトーカに救いを求め、「あんていく」に連れていかれます。 そこでカネキは喰種のリゼから臓器を移植され、半分人間、半分喰種になってしまったことを知ります。 喫茶店「あんていく」は喰種が集うお店でした。 店に笛口リョーコとヒナミの母娘がいます。 「あんていく」のオーナー芳村はその母娘に食料を提供していました。 カネキは自宅に帰り、「あんていく」に分けてもらった食料を躊躇いながら食べました。 カネキは翌日大学に顔を出すと、ヒデに会い、先輩のデータ整理を手伝ってくれと言われます。 カネキはヒデを手伝うため、一緒に先輩のもとに行きます。 なんとその先輩は昨夜襲ってきた西尾だったのです。 カネキはヒデを守るため、一方的に攻撃を受け、もうダメかと思ったその時、カネキの腰から赫子が出て、西尾に突き刺さりました。 西尾は逃げていき、カネキはヒデに駆け寄り、ヒデを舐めていました。 カネキは鏡に映った自分を見て、我に返り意識を失いました。 意識が戻ったカネキは病院に運ばれたヒデに会いに行こうとしますが、四方という男から「お前は友人を喰おうとしたのだから、二度と会うな」と言われてしまいました。 カネキは喰種のことを知るために「あんていく」で働き始めました。 「あんていく」には喰種たちが集まってきます。 自分で食料調達ができない喰種たちは、「あんていく」で人肉をもらっていました。 「あんていく」で出している人肉は自ら命を落とした人のものでした。 ある日、ヒナミが「あんていく」のコーヒー豆を父のお墓に供えたいと言い出します。 お墓といってもお墓はないため、駆逐現場がお墓代わりとなるので、カネキが代わりにコーヒー豆を供えに行くことにしました。 その現場でカネキはCCGの捜査官の1人に見つかってしまい、リョーコたちの居場所が知られてしまいます。 リョーコたちは雨が降ってきたため雨宿りをしていました。 その前にCCGの捜査官、真戸と亜門が姿を出します。 母親であるリョーコは必死に戦い、ヒナミを守ろうとしますが、ヒナミの前で残念な結果となってしまいます。 そこにカネキが現れ、ヒナミを連れて「あんていく」に帰還しました。 喰種の存在は奥が深いですね。 ただ単に人を喰らう怪人ではないと思うと、悲しい気持ちになってしまいます。 スポンサーリンク 映画「東京喰種トーキョーグール」結末ラストシーンをネタバレ! 🎬 東京喰種 トーキョーグール 2013 鑑賞 人の姿をし人間の肉を喰う怪人の話 人間しか食べれず人間が食べる物は食べれないのは人間界で生きていくには生きにくい環境。 捕食することに罪悪感を持って葛藤する姿と変貌した主人公の演技が凄かった。 食物連鎖の頂点はどちらなのだろうか。 — 🌼🦋ぷらこ🦋🌼 pppprako ここでは 映画「東京喰種トーキョーグール」の 結末ラストシーンのネタバレを書いていきます。 真戸と亜門は、ヒナミが来るようリョーコの腕の匂いを使います。 ヒナミだけではなく、トーカもその匂いに気付き、その場所に向かいました。 トーカは真戸と戦います。 しかし、真戸のクインケに倒されそうになっているとき、ヒナミが覚醒し一緒に戦ってくれます。 トーカとヒナミの2人力を合わせ、真戸を倒し、トーカがとどめを刺しました。 同じ頃、カネキと亜門も勝負していました。 カネキはトーカから戦い方を教わり、まだ未熟な赫子を使い、亜門を追い詰めます。 とどめを刺そうとしたとき、カネキは躊躇します。 「あなた達が信じているこんな世界は間違っている。 僕を人殺しにしないで」と言い、その場から去りました。 トーカたちのもとにたどり着いたカネキはヒナミから「生きてていいのかな」と尋ねられます。 カネキはヒナミに「母親のリョーコが最後に言いたかった言葉は生きてだったと思うよ」と告げます。 自分の存在を悩んでいたカネキは運命を受け入れ、生きていこうと決めたのでした。 勝負は喰種たちが勝ちましたが、生きていくことを悩んでしまったりと、人間と同じ考えである喰種たちがせつなく思えました。 人間と変わらない生活を送れることを祈りたいですね。 最初、喰種たちは人を喰う悪者だと思ってしまいましたが、喰種たちにも守るべきものがいるところを見て、人間とそんなに変わらないなと思いました。 逆に喰種だからと駆逐しようとする人間の方が怖いのではないかと思ってしまう映画でした。 続編も出ている人気映画となっていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

次の

映画「東京喰種 トーキョーグール S 」ネタバレあらすじと結末/君のすべてを食べたい

東京喰種 あらすじ

12月20日生まれのいて座。 血液型AB型。 愛称は「カネキ」。 上井大学文学部国文科二年生で、20区内のマンションで一人暮らしをしていた。 喰種のリゼに捕食されかけ瀕死の重傷を負うものの、リゼの頭上より鉄骨が落下してきたことにより九死に一生を得る。 搬送された病院でリゼの臓器を移植されて生き延びるが、その代償として半喰種となり、喰種の世界に関わることになる。 ヒロイン「霧嶋董香」 本作のヒロイン。 清巳高等学校普通科二年生。 7月1日生まれのかに座。 血液型O型。 愛称は「トーカ」。 右眼を前髪で隠している。 あんていくでアルバイトをしており、カネキの先輩店員にあたる。 ウサギのマスコットを好み、マスクもそれに合わせていることから、CCGからは「ラビット」の呼称が付けられている。 親友である依子の手料理を度々口にしているため、ほとんどの場面で戦闘能力を十全に発揮できず、それに加えて赫包の発達度もあまり高くないため、赫子は左肩からしか出せない。 霧嶋絢都 霧嶋董香の弟である喰種。 喰種集団「アオギリの樹」の幹部。 アオギリに一時的に参入していた喰種ニコも認める美形で、姉と似た中性的なイケメン。 幼少時は父である霧嶋新と姉の三人暮らしで人間社会に溶け込んで暮らしていたが、 父を喰種捜査官に捕捉され、親しくもしていた近隣住民に恐怖心と共に疑われ、 彼らも姉弟ともども喰種対策局に殺されかける。 この経験から人間に対し、侮蔑と憎悪を抱き、 人間に対するスタンスの違いから姉と袂を分かつ。 亜門鋼太朗 CCG本局所属の喰種捜査官。 初登場当初は一等捜査官だったが、アオギリの騒乱後からは上等捜査官に昇進する。 「re」では、最終的に特等捜査官の階級になったと判明。 人間側の主人公的立場の人物。 アカデミーを首席で卒業するほどの秀才だが、身長191cm、体重94kgの偉丈夫で常にトレーニングで体を鍛えており、クインケなしでも力の無い喰種が相手であれば対処できるほどの格闘能力を持つ。 その実力は、周囲に「装備さえ整えば特等並」と言わしめるほど。 実力は申し分ないが善悪の判断に乏しく、異常な嗜虐性を見せる事がある。 ボサボサの髪と首や右腕の縫い目が目立つが、「まるで人形じゃないか」等と言われるほどに整った、中性的な顔立ちの少年。 語尾に「です~」や「よ~」をよくつける。 隻眼の梟 SSSレートの喰種。 「梟」と呼ばれる存在は二体存在しており、一体は『隻眼の梟』と呼ばれる半喰種であり、カネキと同じく片眼の赫眼「隻眼」の持ち主。 あんていく掃討戦の最中に突如出現し、CCGに甚大な被害を与えたうえで『梟』を飲み込み逃走した。 好戦的な喰種集団「アオギリの樹」のアジトでは、アオギリと「CCG(喰種対策局)」、そして「あんていく」の面々が激戦を繰り広げていた。 CCGの篠原幸紀、黒磐巌らはSSSレートの喰種「梟」と戦い苦戦。 また、あんていく側のウタ、四方蓮示、月山習の3人はアオギリの幹部・ノロと対決。 一方、自らの弟・絢都と対峙する霧嶋董香は、アヤトの圧倒的な力の前に追い込まれていた。 そして、最後の一撃がトーカを襲おうとしたその時…。 第2話「舞花」 アオギリとの戦いを終え、半喰種の青年・金木 研は「あんていく」から去っていった。 トーカは現実を忘れようと受験勉強に打ち込み始める。 その頃、アオギリ戦で大きな損害を出したCCGは、「アオギリの樹」を完全に殲滅するため、再び動き出していた。 その最中、10年前の対「梟」戦を経験している黒磐は、アオギリ戦での「梟」の違和感に気づく。 第3話「吊人」 CCGの護送車が、「アオギリの樹」に襲撃された。 「あんていく」のトーカと笛口雛実は、その襲撃事件にカネキが関わっている事を知り、それぞれに心を痛めていた。 そんな中、ヒナミはカネキも愛読していた作家・高槻 泉のサイン会に、トーカに迷惑をかけまいと一人で出かけていく。 一方、トーカは志望校の「上井大学」を見学に訪れ、そこでカネキの親友・永近英良と再会する。 第4話「深層」 「梟」の情報を得るため、CCGの亜門鋼太朗とそのパートナーで、かつての上司・真戸呉緒の娘である真戸 暁は、生きたまま捕獲された喰種の収容所・コクリアを訪れていた。 23区にあるこの施設には、かつて孤児院で亜門の父親代わりだったSSレートの喰種、ドナート・ポルポラが収容されている。 彼から情報を聞き出そうとする亜門たち。 しかしその時、コクリアに「アオギリの樹」が急襲してくる。 第5話「裂目」 安久クロナとナシロ、そして鈴屋什造は、かつては共にCCGの児童養護施設で暮らしていた。 その後、嘉納教授の手で半喰種となったクロナとナシロ、CCGの二等捜査官となった什造は、コクリアで敵として対峙する。 だが、什造の躊躇のない一方的な攻撃に、クロナとナシロは追い詰められて行き…。 一方、自身の父「アラタ」をクインケとして装着した篠原と戦うアヤトもまた、苦戦を強いられていた。 第6話「千路」 アオギリによるコクリア襲撃から数週間。 「眼帯」ことカネキは、共喰いを繰り返し「半赫者」となっていた。 コクリアでのアオギリとの戦いでカネキと交戦し、苦戦を強いられた篠原は、カネキを「危険だ」と感じ、亜門にそのことを告げる。 一方、その頃、アオギリのアジトに戻ったカネキは……。 第7話「透過」 月山が「あんていく」にやってきた。 月山は、カネキが共喰いを繰り返し「赫者」になろうとしていると芳村に報告する。 そんなカネキを心配するヒナミは月山に誘われ、とある喫茶店を訪れるが、そこで高槻泉と再会する。 カネキの事を相談するヒナミに、高槻は連絡先を渡し立ち去る。 一方その頃、「あんていく」の芳村の元にカネキが訪れていた。 第8話「旧九」 かつて功善という名の喰種がいた。 人を、喰種を殺し続けた功善は、孤独な日々を過ごしていた。 やがてその能力を買われ、ある組織と手を組むようになるが、孤独感は癒えないままだった。 そんな時、功善は通っていた古い喫茶店で憂那というひとりの人間の女性と出会う。 ふたりはやがて愛し合うようになるが…。 第9話「街望」 CCG・「和修常吉」総議長より「梟討伐作戦」の決行の断が下された。 対象の居所は…「あんていく」。 大規模な作戦になることから、選ばれたCCGの捜査官たちは遺書を書かされ、それぞれが死と向き合う。 そしてついに20区がCCGによって封鎖。 「あんていく」は梟討伐部隊に包囲される。 その一報を耳にしたカネキ、そしてトーカは…。 第10話「終雨」 「あんていく」とCCGの激しい攻防は続いていた。 芳村は篠原・黒磐と、「魔猿(まえん)」こと古間円児は田中丸望元特等捜査官と戦う。 一方、鉢川忠准特等捜査官たちと戦う入見カヤは、逃げ遅れた老婆を庇って負傷。 民間人を巻き添えにしてでも攻撃をしかけてくる鉢川たちの前に、ついに死を覚悟するが…。 第11話「溢花」 梟の攻撃から什造を庇って、篠原が倒れた。 時を同じくして、アオギリがCCGとの戦いに乱入、アオギリ兵たちの猛攻にCCGは次第に形勢不利となっていく。 一方、カネキはあんていくへの道を封鎖する亜門と対峙していた。 互いに一歩も譲らない戦いの中、ついに決着の時が訪れる…。 第12話「研」 アオギリ兵たちが撤退し、「あんていく」での激しい戦いは終焉を迎えようとしていた。 その最中、カネキたちの身を案じて「あんていく」への道をひた走るトーカ。 人間と喰種、それぞれの想いが交錯する中、崩壊間近のあんていく店内でカネキが選んだ答えは…。

次の

実写版『東京喰種【S】』、あらすじ・キャスト・公開日【7月19日更新】

東京喰種 あらすじ

の紹介:2017年日本映画。 ヤングジャンプで大人気連載中の石田スイによるダークファンタジー漫画を原作とする実写映画化作品。 ヒトとして生きてきた主人公の金木研が半喰種(グール)となって生きていく事になった悲しくそして苦悩を抱ききながら人間とグールの共存を考えながら戦っていく物語である。 2019年7月には続編となる東京喰種トーキョーグール2が公開となる。 東京喰種 トーキョーグールは原作者のデビュー作でありながら世界で発行部数3000万部を誇る大人気漫画。 映画「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ:起 ごく普通の人間という生き物の他に存在し、人に紛れて生活をするもう1つの生き物「喰種(グール)」という生き物が存在する世界がこの物語の舞台である。 見た目は全く人間と変わりはしない姿で人間世界に紛れて生活する彼らだが見破れる方法が1つだけあり、それが人間が食べるものが食べられないという事だ。 水とコーヒー以外に食せるのは人間の体のみというグールが暮らす街に住んでいる金木研/カネキ(窪田正孝)。 ある日、カネキは友人のヒデと一緒に来ていた「あんていく」という喫茶店で出会った神代利世/リゼ(蒼井優)という女性に一目惚れをしてしまうが、その女性の正体は「大食い」と呼ばれるグールだった。 食われそうになった時にリゼの頭上から大量の鉄骨が落ちてきたせいでリゼは死亡、カネキはなんとか生き延びることはできるが、リゼに襲われて瀕死の状態だった為、リゼの臓器を移植されカネキは半喰種になってしまう。 映画「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ:承 今まで食べていたもの全てが食べられなくなり、人の肉に食欲をそそられるようになってしまったカネキはどうしたらいいか分からなくなってしまうが、突如香ってきた匂いに、ようやく食べられると匂いを辿っていく。 そこには人間の肉を今まさに食べている最中のグールの姿があった。 グールが最も苦しいとも言われているのが「飢え」なのだが、既に限界まできていたカネキは我を失ってしまう。 実はトーカを含むあんていくの店員全てがグールだと知り、助けを求めて、あんていくに向かう。 喰種グールが唯一口にできるもの「珈琲」は一時的に空腹を抑えることはできるが、人肉を取り入れなければ餓死してしまう。 全てのグールが自分で餌をとりに行ける者たちばかりではなかった…。 映画「東京喰種 トーキョーグール」のネタバレあらすじ:転 あんていくはそんな救いを求めるグールたちが集う場所だと知ったカネキは、常連だと聞いていた笛口親子の娘ヒナミと少しずつ仲良くなっていく。 しかしグールたちを殺そうと動いてる組織:CCG喰種捜査官もまた笛口親子を狙っていた。 喰種捜査官である真戸(大泉洋)と亜門(鈴木伸之)はグールであるヒナミの父親を殺し、母親であるリョーコ(相田翔子)を、ヒナミが見ている前で殺してしまう。 その場はカネキが駆け付けたため、捜査官からヒナミを逃がすことはできたが、唯一の家族だった母親を失ったヒナミは酷く落ち込んでしまう。 悲しみに暮れるヒナミだったが、ある日外から香ってきた匂いに、外へ飛び出し匂いの元へ向かうとそこにあったのは切り落とされた母親:リョーコの手だった。 映画「東京喰種 トーキョーグール」の結末 しかしリョーコの手は、真戸と亜門がヒナミをおびき寄せるために置いたもので、本当の目的はヒナミを駆逐することだった。 駆け付けたカネキは亜門と、トーカは真戸とそれぞれ戦い、リョーコの仇を打つのだが、そう簡単に倒せるわけもなく苦戦する。 カネキの方はトーカから訓練されていたおかげもあって動きも戦い方も問題なく戦えたことと、自我を失いグールとして覚醒した事でなんとか亜門に勝つが、殺す寸前で自我を取り戻しトーカの元へ急ぐ。 トーカの方もまたボロボロな状態ではあったが真戸を殺し勝つことができたのだった。 戦いは終わり、あんていくで働く日常生活風景に戻り、物語は幕を閉じるのであった。 以上、映画「東京喰種 トーキョーグール」のあらすじと結末でした。

次の