不思議 の 国 の ハロー キティ。 感想:不思議の国のハローキティ【日記 2013/04/20】

「不思議の国のハローキティ」脚本・演出担当の小池修一郎先生への独占単独インタビューを実施

不思議 の 国 の ハロー キティ

ブロガーさんと行くサンリオピューロランドレポ「不思議の国のハローキティ編」です。 株式会社サンリオエンターテイメントさんにご招待いただき、 サンリオピューロランドへブロガーさんと行ってきました! 2014年にハローキティが誕生40周年を迎えることを記念して、サンリオピューロランドではミュージカル「不思議の国のハローキティ」が上演されています。 あの「不思議の国のアリス」とのコラボということでワクワクしながら見に行ったところ、想像以上に面白かった!! 脚本・演出 小池修一郎(宝塚歌劇団)さんということで、かなり本格的なミュージカルでした! 不思議の国のハローキティ あらすじ とある休日、キティはパパ、ママ、ミミィと一緒に湖畔でピクニックを楽しんでいました。 好奇心旺盛なキティは一人で森へ散歩へ。 するとそこで、あわてんぼうの白ウサギ「カイル」に遭遇します。 すぐに「カイル」と打ち解けたキティは、カイルが仕えている「トランプ帝国のハート・ランド」に向かうことに。 キティとカイルは、 「ローズ・ガーデン」でバラのお手入れをしているハートの女王様と出会います。 しかし、ひょんなことから、女王様の大切な「ハート」が盗まれてしまうという事件が起こります。 「ハート」が盗まれ、「優しさ」を失ってしまった女王様と、ハート泥棒と疑われ、囚われた側近のトランプ「ジャック」を救うため、キティとカイルはお城を出発します。 eplus. html あらすじに書かれている範囲で写真をご紹介! まずは会場内での注意事項や手拍子のタイミングなどをキャクターたちが教えてくれます。 ポイントが多くて最初は難しいかも・・? ステージ右手には、なんと英語と中国語の字幕が表示されていました。 さすが世界のキティちゃん! 不思議の国のハローキティ パパ、ママ、ミミィと一緒にピクニックにきた、キティちゃん。 服がめちゃかわ!! ミミィちゃんは花柄の洋服です。 一人で森へ散歩へ行くキティちゃん。 客席の右の通路を通っていってました! 白ウサギ「カイル」に遭遇! 「トランプ帝国のハート・ランド」にやってきた、キティ&カイル。 ゴルフ大好きな王様。 「ローズ・ガーデン」でバラのお手入れをしているハートの女王様。 ハートが盗まれティアラも割れてしまい、すっかり老けちゃった女王様・・。 キティ&カイルが新しいティアラを買いに行くことに。 冠屋さんでティアラを探すキティ&カイル。 このあとも、キティとカイルが大活躍でした! 劇が終わると、衣装チェンジして再びキティちゃんたちが登場! 宝塚らしい派手な衣装で踊りもかっこよかったです。 不思議の国のハローキティ ファイナル 劇には出演しなかったダニエルが登場。 後ろのダンサーさんもかっこいい! ドヤッ! 男役のキティちゃん 決まってますねえ。 キティちゃん&ミミィちゃん。 ビシッ! 羽飾りを背負ったママ。 羽飾りを背負ったパパ。 羽飾りを背負ったミミィちゃん。 いやあ、豪華ですねえ。 いよいよ、大きな羽飾りをつけたキティちゃんが登場! キラキラでフサフサで超豪華!! かっこいいーー! みんな揃って歌う!踊る! ダンスも衣装もステキで、見入ってしまいました。 不思議の国のハローキティ キャスト ハートの女王様:安蘭けい ハートのジャック:平方元基 ハートの王様:安崎求 ジョーカー/黒バラ:ミッツ・マングローブ カイル:マリウス葉 声優陣も豪華ですね~! 不思議の国のハローキティ メルヘンシアター 「 不思議の国のハローキティ」は1階のメルヘンシアターで上演されていました。 舞台もかわいくデコレーションされています。 結構キャパはあるのですが、真ん中の席はうしろのほうまで埋まっていましたよ~。 実際キティちゃんが主役ではあるものの、内容はかなり大人向け!! 大人にしかわからないようなジョークが随所に・・(笑) サンリオピューロランドへ大人同士で行く方は、是非!! サンリオピューロランドレポ2014• ブロガーさんの参加レポ•

次の

ハローキティ誕生45周年。意外と知らなかったキティちゃんの歴史と秘密!

不思議 の 国 の ハロー キティ

知らない人を見つけるほうが難しいほどの国民的キャラクター・ハローキティ。 ご存知の通り、その人気は世界にも拡大し、国民的キャラクターを飛び越え、日本の代表的キャラクターになったと言っても過言ではないでしょう。 そんなキティちゃんが誕生してから今年で45周年。 ここでは、これまでの歴史と、意外と知らなかったキティちゃんにまつわる秘密の数々を一挙ご紹介します。 解説してくださったのは株式会社サンリオ広報課の細尾まどかさん。 それではさっそくいってみましょう! 「キティちゃんは私にとってアイドルです」と語るサンリオ・広報課の細尾まどかさん。 細尾まどかさん(以下、細尾) 1974年に誕生したハローキティは今年で45周年を迎えました。 この最初の商品は1975年に発売されたのですが、他のデザインもあるなか、キティちゃんのプチパースが飛び抜けて売れていきました。 このときはまだ名前がなかったのですが、人気の高まりとともに名前が決まりました。 ハローキティの第1号商品のプチパース。 キャラクターデザインは今も変わらぬ可愛さですが、ここではまだハローキティの記載がありません キティちゃんはロンドン郊外生まれ!? こういったところも親しまれた要因かもしれません。 細尾 まず、ホワイト家のファミリーは双子の妹のミミィちゃん、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんがいます。 さらにボーイフレンドのダニエル君、ペットの猫のチャーミーキティがいます。 お友達にはねずみのジョーイくん、タイニーチャムのほか、もぐらのモーリーというキャラクターもいます。 キティちゃんは、明るくて、優しい女の子。 クッキーを作ったり、ピアノを弾くのが大好きで、夢はピアニストか、詩人になること。 音楽と英語が得意。 好きな食べ物は、ママが作ったアップルパイ。 双子の妹、ミミィとは大の仲良しです。 ミミィちゃんは、ちょっぴり内気で、はずかしがり屋さん。 とっても女の子らしい女の子です。 そっくりなキティちゃんと見分けがつくように、右の耳にリボンをつけています。 ほかのファミリーやお友達にもプロフィールがあります。 キティ・ホワイト。 本文にある設定に加え、「体重りんご3個分、身長りんご5個分」といった設定も ミミィ・ホワイト。 双子の妹。 ちょっぴり内気で、はずかしがり屋さん。 とっても女のコらしい女のコ。 キティと見分けがつくように、右の耳にリボンをつけています ジョージ・ホワイト。 6月3日生まれのパパ。 家族みんなが頼りにしている一方、ユーモアセンスも抜群だとか メアリー・ホワイト。 9月14日生まれのママ。 掃除や洗濯が大好きで、いつも優しい。 アップルパイ作りの名人 アンソニー・ホワイト。 絵を描くのが上手で、物知りで優しいおじいちゃん マーガレット・ホワイト。 プディング作りが得意なおばあちゃん。 刺繍をするのも大好きだとか ダニエル・スター。 ダンスとピアノが得意なキティちゃんの幼なじみのボーイフレンド。 カメラマンをしているパパの仕事の都合で、アフリカに行ってしまったダニエルだけど、世界をまわってニューヨークから、キティのところに帰ってきました キティちゃんの家に住んでいるモグラのモーリー。 恥ずかしがり屋さん。 これはどういった経緯があったのでしょうか。 細尾 キティちゃんの海外人気が拡大したのは2000年代以降ですね。 海外セレブの方々がキティちゃんのグッズを愛用していることが知られたのもきっかけの一つです。 最近ですと、ケイティ・ペリーさん、レディー・ガガさんなどですね。 去年の春にはアメリカにある、ユニバーサルスタジオハリウッドにハローキティのストアがオープンしました。 ハリウッドらしい映画をモチーフにした内装やグッズがあるので、ご旅行の際にはぜひご覧いただきたいです。 細尾 はい。 世界中の幅広い年代の方から愛されている弊社のエースだと思います。 当社の企業理念は「Small Gift Big Smile」ですが、これは「ギフトを通じて人と人とのつながりをつくり、友情を育んでいこう」という想いがあります。 キティちゃんと関わりのあったすべての方に向けて、「ハローキティと出会った時の体験を思い出してほしい」……そんな思いから企画した、合計1万体の限定ぬいぐるみをリレー形式で贈呈する企画です。 公募で選ばれた当選者をスタートに、大切な方へオリジナルキティとメッセージを贈り、受け取った方はまた次の方にぬいぐるみとメッセージを送っていくプロジェクトです。 子どものころに初めてキティに出会った時の想い出のストーリーを、大切な方と共有できるプロジェクトなので、多くの方に参加していただければと思います。 細尾 45周年記念グッズはこれからどんどんお届けできると思います。 また「ハローキティ45周年記念 期間限定ショップ」が各地で開催予定です。 イベント限定グッズをはじめとしたキティのアイテムが勢揃いします。 是非ご確認いただければと思います。 キティちゃんが誰かと誰かを結ぶギフトリレー。 公募で選ばれた当選者をスタートに、メッセージを添えたぬいぐるみをリレー方式で、1万人のもとに届くまで続きます。 誰でも応募することができるので、ぜひチェックしてみてください。 詳しくは! 昨年から始まったYouTubeのハローキティチャンネル。 キティちゃん自らの言葉で発信しています。 時には質問を受け付けたり、コメント返しをしてくれます。 是非チェックしてみてください。 ! あらゆる質問に答えてくださった細尾さん。 ありがとうございました! じつに奥が深いキティちゃんの歴史とその世界。 ここで得たキティちゃんのあらゆる秘密を、奥さま、お子さん、彼女さんに披露するとウケるかも?気になる最新グッズなどの情報はサンリオ公式サイト をご参照ください! 撮影:我妻慶一 (C)1976, 1999, 2019 SANRIO CO. ,LTD.

次の

不思議の国のハローキティ

不思議 の 国 の ハロー キティ

さて、ように、無料招待してくれたのでピューロランドに遊びに行ってきました。 書くことはいろいろありますが、まずは宿題を済ませておきましょう。 今回の無料招待の応募条件は、「必ず、『不思議の国のハローキティ』の感想を公開すること」でした。 まず最初に書きたいのは、予想はよいほうに裏切られた、ということ。 僕が見る前に興味を持っていたのは、次の2点でした。 1) どうやって話をまとめるのか タイトルからして「不思議の国のアリス」だろう、ということはわかります。 しかし、アリスはかなり複雑な話です。 30分程度の子供向け演劇としてどうやって話をまとめるのだろう? 2) キティの役どころ 公開された写真では、青い服にエプロン姿…これだけでは、アリスのイメージです。 でも、エプロンは大きな時計の模様で、かわいいウサギのワンポイントが入っています。 時計を持っているのは白ウサギの役どころ。 ということは、キティは白ウサギ役? この2つに関心をもって見始めたのですが… 思わぬ方向で裏切られました。 キティはキティ役でした。 そして、お話は「不思議の国のアリス」ではありませんでした。 アリスの世界観を使った、まったく別のお話です。 その世界観も、「トランプの国」…つまり、原作でいえば最後のあたりの話だけに絞り込んでいます。 アリスはキティとは別にちゃんと存在しているのですが、お話には出てきません。 ただ、アリスという人物がいること、青い服に白いエプロンを着ていること、そして、今は女王様のお使いで出かけていて留守であること、が会話の中で言及されています。 ピューロランド内では、今回の公開に合わせて「ティーパーティ」の会場ディスプレイがあったり、キティ関連グッズに気違い帽子屋のかぶっているシルクハットがあったりするのですが、お話には一切出てきません。 しかし、世界観だけを使用して、お話は全く違うものにする、という手法は大成功です。 アリスが難解なのは、「英語で」作られた言葉遊びや、ダブルミーニングが満載なためです。 これがアリスの面白さである一方、日本人には非常に理解しがたく、難解なイメージを強くしています。 「不思議の国のハローキティ」では、お話をつくりかえることで、「日本語の」言葉遊びやダブルミーニングを盛り込んでいます。 その意味で、翻訳された「不思議の国のアリス」よりも、もっとアリスらしい仕上がりになっています。 そして、この新しい話は、アリスの世界観の中で、いろいろな事柄の「理由」を見出していきます。 ハートの女王が残虐である理由。 「女王」が話の中心になっていて「王」の存在が薄い理由。 女王に「死刑」宣告をされる、ジャックと女王の関係。 トランプたちの人間関係。 「女王の持つバラ園」というのも、重要な意味を持ってきます。 …というか、これ本当にピューロランドで上演していいの? すごく大人向けな側面もあるのだけど。 ダブルミーニングの秀逸さの一つではありますが、すごく「性的」であることを感じさせる部分が少なからずあります。 ただ、大人はダブルミーニングによる性的な意味合いを感じても、子供には全くそうは思えないでしょう。 もしかしたら、たまたま性的に感じてしまうだけで、自分の勘ぐりすぎかも… とも思ったのですが、余りに多いので多分意図的にやっています。 これを問題視するのも大人げない、という程度の、本当に軽いものなのですが。 うーん、実際の例を挙げたいのだけど、挙げられないのがもどかしい。 感想を書く上で、ピューロランドは何の制限もつけていません。 だからなにを書いても構わないのですが、どういうダブルミーニングがあるのかを書くと、お話の重要な部分の「ネタバレ」になってしまうのです。 ネタバレはさすがに書いてはならないように思います。 ピューロランドがどうだとか言う以前に、人としてダメ。 しかも、このネタが(少なくとも僕にとっては)すごく面白かったから、なおさら書くわけにはいかない。 というわけで、最後は月並みな言葉で締めくくるよりほかにありません。 気になる人は、ぜひ自分の目で確かめてください! 後日追記 13. 22 数日たって、ブロガー招待で感想を書いた他の人の日記などが検索に出てくるようになりました。 他の方の感想を読んでみると、検索上位に来る人は僕のページと違って写真もたくさん入っているし、ストーリーも完全紹介していますね。 …ストーリーの完全紹介、ネタバレだと思って避けたのですが、これだけ書く人が多いということは、気にしていない人の方が多いのかな。 自分が感じたことを、「自分の日記として」保存しておきたいので、紹介になってしまいますが追記しようと思います。 ただし、読みたくない人もいるでしょうから隠しておきます。 読みたい人だけ下のリンクを踏むように。 自分のための日記としてのメモ。 話がよくできているので忘れないように書き留めたい。 キティがであった不思議な…目の悪いウサギ、カイル。 キティとぶつかって眼鏡を割ってしまったため、キティを「アリス」だと勘違い。 すぐに誤解は解けるけど、カイルに案内されて、トランプの国の見学へ。 最初に行ったのは、女王のバラ園。 赤・ピンク・白・黄色…いろんな色のバラがいて、美しい踊りを披露する。 その中に、少し異質の黒いバラも。 他は女性なのに、黒バラだけは男性。 でも、網タイツで踊っている。 話は王宮へ。 「王」はハワイにゴルフに行こうとしている。 ゴルフ好きで家にあまりいない「王」の気持ちをつなぎとめたくて、「女王」は美貌を保とうとしている。 (王は一人で遊びに行こうとしている。 トランプの一人遊びに「ゴルフ」というゲームがある。 これをダブルミーニングと考えるのは勘ぐりすぎ?) ヒアルロン酸だのリフトアップだの、苦労を歌い上げる女王。 最終的にはボツリヌス入りのティアラを常に着用することで、若さを保っている。 (アリスが不在なのは、アンチエイジングに必要な、特別な水を汲みに行っているため) 王に自分の気持ちを伝えたくて、王の前では王の留守を寂しがる女王。 しかし王は気持ちに気づかず、家臣のジャックに女王の話し相手を任せる。 ジャックは「仕事だから」女王の話し相手を務めるが、バラ園で話をしているときに、女王が棘を指に刺してしまう。 血の出ている指を慌てて吸うジャック。 驚きで、女王は身をよじり、ティアラと、胸の「ハート」のマークを落としてしまう。 これによりティアラは割れ、若さを保てなくなってしまう。 また、ハートは「黒バラ」が盗んでいく。 これをカイルとキティが目撃。 その後、騒ぎの中で王の家臣でもある「ジョーカー」がやってくる。 キティの目撃談を「植物のバラが動くわけがない」「女王のハートを盗んだのはジャック」と断じる。 ジャックは「仕事で話し相手をしていただけだ」と弁明するが、イケメンだし、女王のハートを盗むなど訳もないだろうと周囲からも疑われる。 (ここで、「ハートを盗む」が物理的な窃盗の意味から、女王の不倫を意味する言葉に変わっている) そして、ハートを失った女王は横暴になる。 (ここでも、「ハートを失う」の意味が転じている) ジャックを死刑に命じ、カイルと、たまたま遊びに来ていただけのキティに、ティアラをすぐに修復するように命令する。 ティアラは王室御用達の装具屋に予備があった。 装具屋には眼鏡などもあるが、そこに「ジョーカー」の使用するアイマスクがあった。 このアイマスクはジョーカーの? と聞くキティに、店の主人は「黒バラさんの特注品です」と答える。 ここで、ジョーカー=黒バラ、という疑い発生。 女王のティアラを届けるついでに、黒バラのアイマスクも届けますよ、と進言するキティに、店の主人は黒バラの住所を教える。 王城内の黒バラの居室に行くと、ジョーカーが悩みを(歌と踊りで)独白するシーン。 ここで、黒バラは中性的な…というと聞こえがよいが、おかまっぽい仕草で踊る。 (「バラ」の意味が転じている。 性的には「バラ」=「男色家」つまりはゲイである) トランプの中で自分だけがマークもなく、仲間外れ。 独立した地位で強い反面、みんなから「代役」を頼まれることもありストレスがたまる。 もっと愛がほしい。 (この「愛」の象徴が「ハート」であり、女王のハートを盗んだ理由でもある) 代役が多いこともあり、コスプレ衣装をそろえるのが趣味。 そして、コスプレ(=女装)がストレス発散の方法でもある。 「バラ園」に行き、バラとともに過ごすのも大好き。 (多分、ここでも「バラ園(えん)」ではなく、「バラの園(その)」になっている。 男色家の集まり、ハッテン場) ジョーカーの悪事は露見したが、ジョーカーは「女王のハート」を持っている。 そして、ジョーカーは代役を行える力がある。 女王として兵隊に命令するジョーカー。 キティとカイルは兵隊たちと戦い、とらわれたジャックを助け出さなくてはならない。 なんとか兵隊たちをかわしジャックを助け出すと、ジャックはジョーカーと対決し、ジョーカーを打ち破る。 ハートは女王にもどり、新たなティアラで美貌も元通り。 そこに王も帰国するが、報告を聞いて女王を顧みなかったわが身を反省する。 今後はトランプの国にも平和が訪れるだろう、と予感させるところで幕。 アリスにつきものの、「ハートの女王」「バラ園」「トランプの兵隊」。 しかし、トランプの「ジョーカー」を「バラ」(男色家)として解釈するのは、あまりにも斬新で、秀逸なシナリオ。 子供でも、アリスを知らなくても楽しめるが、大人で、アリスを知っていればより楽しめる。 難を言えば、「ジョーカー」の趣味が「黒バラにコスプレすること」であったはずなのに、なぜ装具屋に「黒バラ」の名を名乗ってアイマスクを作ったのか。 本名であるジョーカーを名乗ってマスクを作るのが普通だと思うのだが、ここは矛盾点。 まぁ、30分で起承転結を作らなくてはならない、という都合上許せる範囲。

次の