ナイチンゲール が 最初 に 導入 した の は。 「ナースコール」はナイチンゲールの「弁付き呼鈴」が起源/5月12日はナイチンゲールの誕生日 社会人入試のことなら敏塾へ

看護の歴史

ナイチンゲール が 最初 に 導入 した の は

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年12月) フローレンス・ナイチンゲール 生誕 1820-05-12 死没 1910-08-13 (90歳没) ・ 著名な実績 近代看護教育の母、看護師の祖とも呼ばれている 医学関連経歴 職業 、 所属 () 専門 病院衛生管理 受賞 () 1883年 1907年 署名 フローレンス・ナイチンゲール( Florence Nightingale、 - )は、の婦、、、。 近代看護教育の母。 病院建築でも非凡な才能を発揮した。 での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。 (5月12日)は彼女の誕生日である。 の聖トーマス病院に付属してを設立、これは世界初の宗教系でないであり、現在はの一部となっている。 についても造詣が深く、の学者、 ()とも親しく交流した。 人物 [ ] 青年期 [ ] 、裕福なの家庭である両親の2年間の中にの首都で生まれ、フローレンス(フィレンツェの読み)と名づけられる。 幼少期は、贅の限りを尽くした教育(・・(姉妹とも読み書き会話ができた)、(や哲学の勉強の基礎となるものとして学ぶ)などの外国語、()・・・・歴史(イギリス、外国)、、、、(英文法、作文)、、、やなどの)が施される。 しかし、慈善訪問の際に接した貧しい農民の悲惨な生活を目の当たりにするうちに、徐々に人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになる。 、ブレスブリッジ夫妻という有名な旅行家の友人に連れ添われてに旅行に出掛ける。 そしてローマの保養所の所長をしていたと友人を介して知り合った。 帰国後、ハーバート夫人である、通称リズことエリザベス・ハーバートとも親しい交際が始まる。 ナイチンゲールは精神を病んだ姉の看護をするという口実で、の病院付学園施設カイゼルスベルト学園に滞在する。 ここでは、看護婦(当時)に対しても教育が行われていた。 その後、看護婦を志し、リズ・ハーバートに紹介されたロンドンの病院へ就職する。 ただし無給であった。 生活費は年間500ポンドかかったが、数少ない理解者の父が出していた。 就職に反対する母、姉とは険悪となる。 のちに婦人病院長となったナイチンゲールはイギリス各地の病院の状況を調べ、専門的教育を施した看護婦の必要性を訴える。 当時、看護婦は、病院で病人の世話をする単なる召使として見られ、専門知識の必要がない職業と考えられていた時代であった。 クリミア戦争へ [ ] ナイチンゲールが考案した「鶏のとさか」と呼ばれる円グラフ。 での負傷兵たちの死亡原因を、予防可能な疾病、負傷、その他に分けて視覚化している。 しかし、にが勃発すると、転機が訪れた。 の特派員 ()により、クリミア戦争の前線におけるの扱いが後方部隊で如何に悲惨な状況となっているかが伝えられるようになると、一気に世論は沸騰する。 ナイチンゲールも自ら看護婦として従軍する決意を固める。 事態を重くみた戦時大臣は、ナイチンゲールに戦地への従軍を依頼する。 10月21日、ナイチンゲールは24名、職業看護婦14名の計38名の女性を率いて後方基地と病院のあるに向かい、11月に到着した。 しかし、兵舎病院は極めて不衛生であり、官僚的なの弊害から必要な物資が供給されていなかった。 さらに現地のホール軍医長官らは、縦割り行政を楯に看護婦団の従軍を拒否した。 ナイチンゲールらは、病院の掃除がどの部署の管轄にもなっていないことに目をつけ、まず便所掃除を始めることによって病院内へ割りこんでいった。 しかし味方がいないわけではなかった。 はハーバート戦時大臣に対し、ナイチンゲールからの報告を直接自身に届けるよう命じた。 ハーバートはすぐにこれを戦地に送り、病院内に貼り出させた。 ナイチンゲールと看護婦団、そして傷病兵らは元気付けられ、対抗勢力には無言の圧力となった。 看護婦として戦傷兵を見舞うナイチンゲール(1855年) こうした経緯を経て、彼女は病院の看護婦の総責任者として活躍した。 当時、その働きぶりから「クリミアの天使」とも呼ばれた。 看護婦を「」と呼ぶのは、ナイチンゲールに由来する。 夜回りを欠かさなかったことから、「ランプの貴婦人(または光を掲げる貴婦人)」とも呼ばれた。 ナイチンゲール自身はそういったイメージで見られることを喜んでいなかったようである。 本人の言葉としては、「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である」が知られる。 ナイチンゲールの従軍後の、戦時省と陸軍省が合併すると若干事態は好転した。 新陸軍省は衛生委員会を組織し、現地へ調査団を派遣した、そして、ナイチンゲールの報告どおり、病院内を衛生的に保つことを命令した。 兵舎病院での死者は、大多数が傷ではなく、 病院内の不衛生(蔓延する)によるものだったと後に推測された。 この間もナイチンゲールは陸軍内の政治的トラブルに巻き込まれる。 もっとも大きなものは、ナイチンゲールの辞令の任地に最前線であるが含まれていないことを楯に、ホール軍医長官がその活動を制限したことだった。 最終的には、この部分を修正した女王名による新たな辞令が届くが、これはの講和直前のことであった。 され、にクリミア戦争が終結する。 には病院の最後の患者が退院した。 講和後 [ ] ナイチンゲールは国民的英雄として祭り上げられることを快く思わず、、スミスという偽名を使用して人知れず帰国した。 帰国後の11月、ナイチンゲールチームはバーリントンホテルに集結し、タロック大佐の克明な報告書を読みながら病院の状況分析を始める。 数々の資料を作成し、改革のためにつくられた各種委員会に提出した。 特に死亡原因ごとの死者の数をひと目で分かるように工夫した、放射線状に伸びた数値軸上の値を線で結んだ多角形のグラフは、「コウモリの翼」とか「鶏の鶏冠」とか呼ばれ、当時はまだ円グラフも棒グラフもなかった時代で、有名になった。 これは今日では、クモの巣チャート と呼ばれている。 このためイギリスでは、ナイチンゲールを統計学の先駆者としている。 これによる改革は保健制度のみではなく、陸軍全体の組織改革につながった。 ナイチンゲールは1859年にの初の女性メンバーに選ばれ、後にはの名誉メンバーに選ばれた。 ナイチンゲールは「自分は(クリミア戦争における英国の)広告塔となる」ことをいとわなかった。 しかし、あまりに広告塔として利用されたせいか、戦争終結後はむしろ有名人として扱われるのを嫌うようになる。 それが昂じて遺言では、にはイニシャル以外を記すことを許さなかった。 ナイチンゲールのこうした態度に影響されてか否か、の創設者の一人であるがナイチンゲールの活動を高く評価していたため、委員会が「傷病者や障害者または紛争や災害の犠牲者に対して、偉大な勇気をもって献身的な活躍をした者や、公衆衛生や看護教育の分野で顕著な活動あるいは創造的・先駆的貢献を果たした看護婦」(全世界で隔年(西暦で奇数年)で50人以内)に対して贈る記念章に名前を残している。 なお、ナイチンゲールは活動には関わっておらず、むしろによる救護団体の常時組織の設立には真っ向から反対していた。 これはと同様、「構成員ののみに頼る援助活動は決して長続きしない」ということを見抜いていたためである。 この考えは 「犠牲なき献身こそ真の奉仕」という有名な言葉にも表れている。 そして「構成員のの精神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である」という考え方があったからだといわれている。 超人的な仕事ぶりと必要であれば相手が誰であろうと直言を厭わない果敢な姿勢により、交渉相手となる陸軍・政府関係者はナイチンゲールに敬意を示し、また恐れもした。 オールド・バーリントン通りにあったナイチンゲールの住居兼事務所は関係者の間で敬意と揶揄の双方の意味を込めて「小陸軍省」 Little war office とあだ名された。 また、戦時中に作られたナイチンゲール基金が45000に達すると、 ()(現 内にがつくられる。 校長は病院の婦長ウォードローバーが当たったが、運営に関してはナイチンゲールも協力した。 その後、同様の各種のがイギリス内に作られ、現在に近い看護婦養成体制が整い始めた。 晩年のナイチンゲール 彼女自身が看護婦として負傷兵たちに奉仕したのはクリミア戦争従軍時の2年間だけであり、その献身の象徴的イメージ、そしてむしろ統計に基づく医療衛生改革で名声を得た。 37歳(1857年)の時に 心臓発作で倒れてしまい、その後はに由来すると考えられる [ ]虚脱状態に悩まされた。 死去するまでの約50年間はほとんどベッドの上で過ごし、本の原稿や手紙を書くことが活動の柱となった。 晩年は年老いたの看病などに当たるが、1874年に父親が80歳で没し、1880年に母親が91歳で没したあとは活動も少なくなり、1890年に姉が71歳で没し、以降はずっと自宅にいることが多くなった。 に、バーンレーンの自宅で静かに息を引き取った 享年90。 死去に当たり、を打診されたが遺族が辞退した。 現在、聖トーマス病院にがある。 、にでに録音された肉声(内容はクリミア戦争で戦った兵士達が無事に帰還できるよう祈るものである)が、先端科学技術センターにより公開された。 ナイチンゲールの病気の正体 [ ] 1995年には D A B Young の という論文を掲載。 論文ではナイチンゲールの症状はの慢性症状であったと診断している。 略歴 [ ] Embley Park。 かつての一族の居住地だった• 父 ウィリアム・エドワード・ショア Shore (1794年 - 1874年)後にウィリアム・エドワード・ナイチンゲール。 母 フランシース・スミス (Frances Smith 1789年- 1880年)フランシース・ナイチンゲール、ファニー Frances "Fanny" Smith ともいわれる。 姉 パースィノピー(パーセノピー 1819年4月19日 - 1890年5月12日)、の首都で誕生。 名前の由来はナポリの旧名ナポリ(ネアポリス=新しい町)・パルテノペ(植民都市パルテノペのこと。 にでてくるの名前に由来)による。 旧10ポンド券の裏面はフローレンス・ナイチンゲールが描かれていたが、表面の女王の左に使用されていたユリの花はパースィノピーの描いたものであった。 主な業績 [ ]• 専門教育を施した看護婦の養成の必要性を説き、を創設した。 に従軍し、兵舎病院の衛生改善に努力した。 陸軍の衛生改善に協力した。 イギリスにおける統計学の基礎を築いた [ ]。 看護にはじめて統計学を持ち込んだ(さらに専門家でない女王が見やすいようにデータの視覚化を行った)。 著書『 Notes On Nursing(看護覚え書)』は、広く看護教育の場では古典として読み継がれている。 ナイチンゲール誓詞 [ ] 詳細は「」を参照 ナイチンゲール誓詞()は、アメリカ合衆国州市にあるハーパー病院(Harper Hospital)のファーランド Farrand Training School for Nurses の校長 ()夫人を委員長とする委員会で、ナイチンゲールの偉業を讃え作成されたものである。 ナイチンゲール病棟 [ ] ナイチンゲールが考案した病院建築。 『病院覚え書』 Notes on Hospitals に図面入りで記されている。 は間仕切りなしのワンルーム。 患者の1つにつき、1つの窓がセットされる。 ベッドは病室の左右にそれぞれに15ずつ並んでいる。 窓は高い天井まで延びた3層の窓。 一番高い3層目の窓を常時開放しておくことで、病室のを行う。 また、『病院覚え書』には、患者一人の療養空間として相応しい面積、ベッドの高さやベッドとベッドの間の距離についても、理想的な計算値が述べられている。 は、当時の聖トーマス病院をはじめとして、世界中の病院建築に取り込まれ、実際の建物として現実的に機能した。 著作 [ ] 『看護覚え書』 Notes on Nursing の他にも150篇ほどの厖大な量の著作を残している。 著作のほとんどは『ナイチンゲール著作集』(現代社、全三巻 1974、1975、1977)に収録されている。 その中の主要なものを挙げる。 看護についての著作• カイゼルスウェルト学園によせて(1851年)• 女性による陸軍病院の看護(1858年)• 看護覚え書(1860年)• インドの病院における看護(1865年)• 救貧病院における看護(1867年)• 貧しい病人のための看護(1876年)• 病院と患者(1880年)• 看護婦の訓練と病人の看護(1882年)• 病人の看護と健康を守る看護(1893年)• 病院についての著作• 病院覚え書(1863年)• 産院覚え書(1871年)• 英国陸軍の保健についての著作• 英国陸軍の保健(1858年)• インド駐在陸軍の衛生(1863年) 日本語訳著作 [ ]• 看護の栞 岩井禎三訳. 日本赤十字発行所, 1913. 看護覚え書 看護であるもの・看護でないもの 小玉香津子訳. 現代社, 1968• 看護覚え書 看護であること・看護でないこと 改訂新版 等訳. 現代社, 1976. 二つの看護覚え書き 本当の看護とそうでない看護について 訳 日本看護協会出版会, 1985. 要訳看護覚え書き 訳. 厚生社インフォメーションサービス, 1991. 看護覚え書き 何が看護であり、何が看護でないか ほか訳. うぶすな書院, 1995. ナイチンゲール書翰集 編 教文館編輯部訳. , 1939. ナイチンゲール書簡集 訳. 隆鳳堂, 1958. ナイチンゲール書簡集 ABC企画 制作 , 1974. 新訳・ナイチンゲール書簡集 看護婦と見習生への書簡 湯槙ます等編訳. 現代社, 1977. ナイチンゲール著作集 全3巻 湯槙ます監修 編訳: 薄井坦子等 現代社, 1974-77. 脚注 [ ] []• 総務省 統計局. 2018年8月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ナイチンゲールは統計学者だった!-統計の人物と歴史の物語-』丸山健夫 日科技連出版社 2008年 (ナイチンゲールの統計グラフがカラーで掲載されている)• 『ナイチンゲール 神話と真実』 原題"florence-nightingale-avenging-angel"『フローレンス・ナイチンゲール 復讐の天使』 ヒュー スモール 、田中京子訳 2003年• 『ナイティンゲール伝、他一篇』 訳、 1993年。 『ヴィクトリア朝偉人伝』訳 みすず書房 2008年• 『黒博物館 ゴースト アンド レディ』 2015年 (クリミア戦争時のナイチンゲールの活動を背景に、ナイチンゲールに取り憑いているドルリー・レーン劇場の幽霊「灰色の服の男」とホール軍医長官に取り憑いているの幽霊の対決を描いている) 上 下 関連項目 [ ] で 「 フローレンス・ナイチンゲール」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで()• (1936年の伝記映画)• (1951年の伝記映画)• ヘッセン大公妃アリスの姉。 ヴィクトリア皇后の妹。 『』 - 2015年のゲームソフト。 ナイチンゲールが登場する 外部リンク [ ]•

次の

看護師の歴史を学ぶ【世界編】

ナイチンゲール が 最初 に 導入 した の は

ナイチンゲールが医を科学に変えた 小波秀雄 京都女子大学 名誉教授 画面右下のマークをクリックするか,矢印キーをタイプして,ページを縦,横にスライドさせることが出来ます。 上流家庭の令嬢が看護をめざすまで ナイチンゲール家 ウイリアムスの財産• 代々の大地主の地方貴族• ケンブリッジ大学在学中に大叔父の遺産を相続:年収 7000〜8000ポンド• 新婚旅行は3年間の欧州漫遊,娘2人が産まれる• 北部のリハーストと南部のエンブリーに邸宅を所有。 夏はリハーストで避暑 リハースト 左 とエンブリー 右 の家 バーセノビ・フローレンス姉妹• 「彼女の姉が 子ども部屋で,人形を引き裂くことに健全な喜び を示していた幼女時代から,なぜ,彼女は, 人形 を直してあげることのほうにほとんど病的な喜びを示したのか。 」 リットン・ストレイチーの伝記から• 語学,哲学,歴史を父が教育:妹が優秀,姉はついていけず• 姉:社交や結婚に背を向ける妹に対して強いストレスと干渉 19世紀のイギリス社会 階級社会の構成 19世紀イギリスの下層民の生活 (グラスゴーのスラム街)人びとが住んでいる住宅は豚小屋にもできないほどきたない。 どの部屋にも、男、女、子供がいっしょにつめこまれ、不潔とむさ苦しさでなにもかもが不快きわまる。 住宅にはまず通風というものがない。 また住居のすぐまわりには糞の山、排水はまったくひどく、あらゆる種類の汚物がたまりほうだい。 このおぞましい住宅地区に都市の浮浪者たちが集まってくる。 そして夜ごとその住民は外出して病原菌をまき散らし、ありとあらゆる犯罪と破廉恥が町じゅうにばらまかれる 都市の衛生状態 路地裏の狭い一室に何人もの家族がひしめき、一つのベッドを二〜三人で使うことも珍しくはありませんでした。 便所もなく、バケツのようなのもので用を足すのですが、汚物はこっそりと窓の外に捨てられるのが普通だったようです。 その窓の下には、藁やら馬糞やらゴミやらがうず高く積み上げられていましたから、悪臭がたちこめ、虫がわき、不潔きわまる環境だったのです 金井一薫,『ナイチンゲール看護論・入門』 国内の多くの地区では、いまでも非常に不潔な井戸水が家庭用水として使われている。 篤志 淑女 病院 上流階級が貧しい人々の救済のために慈善事業として設立 患者は上流家庭で働く家庭教師などが多かった。 救貧院 17世紀から作られた救貧施設。 1834年の新救貧法によって再整備 障害者や極貧層の救済から始まった下流階級のための医療施設。 ナイチンゲールが初めて監督した淑女病院のようす 手紙より 「病院のベッドのリネン類や家具は汚れてなおざりにされています。 椅子のカバーは銀で止め付けられていて洗濯もできないので汚れが浸み込んでいますし、毛布や枕も、失禁患者にゴムの防護布なしで使用したために腐っています」 「このホームには、女性責任者も針女も臨時看護婦も夜勤看護婦もいませんでした。 私は、コックのジョンとスミス看護婦を除く女中と看護婦は全員替えるべきだと思っています」 救貧院の看護婦の実態 手紙より ロンドンの40の救貧院では21150 人の病人や虚弱者の世話に、救済貧民でない141人の有給の看護婦があたっていた。 有給の救貧院看護婦には、病院で教育を受けたものがほとんどいなかった。 しばしば、掃除婦や洗濯女が有給の看護職に昇進した。 有給の看護婦は、救貧法施設の〈看護〉要員の大半を構成する多数の無給の貧民看護婦の監督に多くの時間をとられた。 これらの貧民看護婦の水準は、きわめて雑多であった。 彼女ら(有給看護婦)の年俸は、1866年当時、12ポンドから50ポンドまでであった。 貧民看護婦はよく患者の食事や発酵酒を盗んだ。 さらに彼女たちの中には字を読める者がまれで、そのために与薬はいい加減になされていた。 老齢の貧民も看護に雇われていた。 長期間、救貧院にとどまることが多かったからである。 彼女たちは体力が弱くて、患者を持ち上げることすらできない者もいた いく人かの病人が自分たちの室内便器で物を洗っているのが見られた。 病室では共同で2,3本のタオルが支給され、週一回交換されていた。 フローレンスの人間形成 フランス,イタリア,スイスをめぐるグランド・ツアー 17-18歳。 イタリアに長期滞在 旅行中のフローレンスの日記 人口の統計,病院と慈善施設に関する詳細な記録 ジュネーヴ亡命中の経済学者シスモンディとの出会い フローレンスは一緒に散歩しながらイタリアの歴史,経済,政治についての話を聞き,崇拝の念を抱く。 パリのメアリー・クラークのサロン フランスの名だたる文学者,政治家,科学者のサロン。 以後も交流が続く。 若い日の出会い パーマストン卿 若手政治家 エンブリーの屋敷近くの隣人として家族で交際。 内務大臣をへてクリミア戦争のとき首相になり人気政治家として成功。 貧しい人々のための病院を創設して,訪れたフローレンスの将来を決定付ける。 父も怒り 「看護婦は、注意深く、能率的で、しばしば上品であり、つねに親切であるが、ときとしては酔っばらいだったり、身持ちが悪かったりする」 看護覚え書 当時の病院では、ジンやブランデーなどが病棟にもちこまれることはめずらしくなく、それは患者ばかりでなく看護婦にも共通していたからです。 また、男子病棟の看護婦が男子の病室に寝泊まりすることすら公然とおこなわれていました。 信じられないことかもしれませんが、看護婦の泥酔と不道徳は、当時の「常識」だったのです。 長島1993 当時の風刺画に描かれた看護婦 看護の道への第一歩を踏み出す 1849 エジプトに転地療養の帰りにドイツのカイゼルスヴェルト学園に2週間滞在し,生涯の道を確信。 クリミア戦争 クリミア戦争の舞台• 1850前後 オスマントルコ帝国と周辺の東欧諸国,ロシアやフランスの介在で不安定化• ロシアが優勢に立つものの,フランスとイギリスによる軍事介入で膠着状態に• 英仏がトルコと同盟を結んでロシアに宣戦布告• 英仏連合軍,クリミア半島セバストポリのロシア軍基地を攻撃• 英仏,露軍,周辺での戦闘に拡大するもいずれも決定的な勝利を納められず• ロシア軍陥落• イギリス,莫大な戦費で財政破綻。 89-90 負傷して倒れた兵士たちに対して,なんら準備体制がとられていない。 外科医も手術助手も,看護婦も足りない。 傷を医師に触れられることもなく1週間放置される兵士,悪臭にみちた船内を巡回する外科医に死にものぐるいでしがみついても,厄介者のように振り払われて,苦しみながら死んで行く兵士・・・ 「一方,フランス軍の医療体制は整っており,医師の数も多く,慈善修道会の尼僧たちの援助も受けている。 ナイチンゲールが抜擢された理由は:• 規則への絶対服従を強いる統率力をもつ女性• 「イギリスの看護婦は性的誘惑に対して身を守るすべを知らない」• ハーレー街の病院で見せた物資調達やサービスを取り仕切る能力• 女性の活躍の前例を作るための絶好の機会 スクタリの野戦病院• 床にはノミ,シラミ,片付けていないロシア兵の死体まで• 壊れた排水口の上に建てられた換気の悪い病舎• 赴任後3カ月で患者数 2300 人• 周辺には飲み屋や売春宿のおびただしい数のテント 病院の状況 ナイチンゲールの病院には次々と傷病兵が運ばれてきた。 クリミアのイギリス軍は死にはじめていたのだ。 壊血病、赤病、凍傷、飢えがセバストポリを見下ろす高原の野営地で広がりつつあった。 回廊にはベッドが並んでいた。 といっても、そのほとんどがタイルの床にじかに敷かれた、わらを詰めただけのマットレスだった。 病人たちは壁に頭を向けて横たわっており、その足先から反対側のマットレスまでほんの1メートルほどしか離れておらず、隣のマットレスとはかろうじて50センチほど離れているだけだった。 部屋の中でもベッドの間隔は同じぐらいで、ありとあらゆる隙間を利用すれば、建物全体でほぼ3千人の患者が収容できる勘定だった。 一番多いときで2500人の患者がいた。 死亡率もそのときが最高で、日に70名が死んだこともあった。 Small p. 35 ナイチンゲールたちの奮闘• 床ブラシ,モッブ,雑巾,バケツ,タオル,石けんなど大量調達• 汚物であふれた便所と廊下の清掃,兵士の服の洗濯• 傷病兵の処遇の改善(洗濯室,台所,読書室,郵便局,学校の設置,入院費用の軽減,他)• 献身的な看護と兵士たちの人間性の尊重• 病院の徹底的な清掃(後述)• 死亡率が低下し始める 衛生委員会の作業 サザランドと同僚たちは敷地内に放置されていた動物の死骸を埋め、建物の外の庭を舗装し、水はけをよくし、上水道をきれいにし、建物の下を走っている下水溝に水を流す設備をつくった。 彼らは部屋の壁に害虫駆除剤を塗布し、建物の屋根の部分で効果的に換気が行なえる箇所に開口部をつくった。 また、しぶる司令官をせっついて、それぞれの回廊に二重に並んだベッドの列を一列にするよう医師たちに命令させ、看護兵にはゴミ箱と尿瓶を毎日空にさせた。 Small p. 61 伝説の誕生の中で• 本国へ帰った戦士たちによる称賛• ジャーナリズムの賛辞,詩,肖像画,集会• 「ナイチンゲール基金」の創設 戦後の責任追及へ スクタリの死者数が減ったのは何であったのか? ナイチンゲールは,不十分な食事や過労が傷病兵を死に追いやったことを 重視し,本国からの食糧補給で致命的な失敗を犯した軍部の責任追及へと, 政府,軍,女王を巻き込んだ係争に飛び込み,王立衛生委員会を開かせようとする。 そのための報告書は彼女が執筆し,同時に膨大な秘密報告書の作成に取り組んだ。 統計学者としてのナイチンゲール 影響を受けた統計学者たち アドルフ・ケトレー 1776-1874,ベルギー• 「社会物理学論集」,"人間とその能力の発達について" 政治,道徳科学に,自然科学で大いに役立つ方法,すなわち,観察と計算に基礎を置く方法を適用しよう。 さまざまなデータを集計した時に,ベル型曲線が出現することを発見。 社会や人間に正規分布が当てはまる! ウイリアム・ファー 1807-1883, イギリス• 公衆衛生学・疫学の創始者のひとり• イギリスの戸籍登録総監として死亡統計を整備。 コレラ死亡者のスポットマップを作成したものの,ジョン・スノウが提唱したコレラの感染症説であることを否定し続けた。 エドウィン・チャドウィック 1800-1890,イギリス• 「大英帝国における労働人口集団の衛生状態に関する報告書」 1843 で下水道整備の必要性を問いた公衆衛生学の先駆者• 政府の衛生委員会の指導者 「イギリス陸軍の…諸問題についての覚え書」 1858• 軍病院における死亡率の計算方式を定める(現在の病院統計の計算方式とほぼ同じ)• 民間との比較を行うことの重要性• 可視化によって訴求力を高める効果 スクタリでの年間死亡率の推移(100人当たり) 東方の陸軍病院での死因別死亡率(1000人当たり) 「最近の対露戦中の英国陸軍衛生史への寄稿」 1859 「兵士は何で死んだのか?」探求のゆくえ この時代,人が死ぬのはなぜかということはまだわかっていない。 栄養不足,過労,腐敗して悪臭を放つ空気(瘴気)が 病気をつくると思われていた。 ファーの「発酵病」 Zymotic Diseases :腐敗から生じた化学物質が空気や水によって運ばれて起こす病気を想定。 ナイチンゲールもその説に立ち,かつ防いだり緩和したりできるものであると考えていることが,論文の用語 Preventible or Mitigable からわかる。 上の1859年の論文にはどうして "Preventible or Mitigable" と書いてあるのだろうか? 3年の間に何が起きたのか もしも病死が防ぎ得たものであったなら,それなのに多数の兵士が死んだということは,何を意味するのか? ナイチンゲールたちの行動は誤っていた! 報告書を作成するためにファー博士と行った死亡統計の分析の議論の結果,ナイチンゲールは死者を減らした真の原因を 理解したと考えられる。 サザランドの衛生委員会による徹底した衛生環境の改善が功を奏したのだ! 科学者としての苦悩 栄養のある食事,休息,暖かいベッド,清潔な体,選択された服,それらを整えることが病気の治療になる と,ナイチンゲールは最初信じて行動した。 だが,その間にも兵士たちは次々に死んでいた。 その状況を一変させたのは,実は外部的な衛生環境の改善だった。 最初に自分が信じていたやり方では,人の死を救えていなかったのだ。 そのことを,自分自身でデータを解析することによって理解したナイチンゲールの苦悩はいかばかりであったろうか。 ファーとともに異なった地域での死亡率の差を分析し、とくにクリミアの前線の病院とスクタリという後方地での病院との差を分析した結果、2万5千を数える軍のうち1万8千人をも死なせてしまったおもな原因は,衛生状態の悪さだった。 その中でも群を抜いて悪かったところ、1854年から1855年にかけての冬に衛生状態の悪さで5千人もが死んだのはフローレンス・ナイチンゲールが拠点としていたスクタリの病院だった。 衛生委員団が来る前の5カ月のあいだ、1854年11月から1855年3月のあいだにナイチンゲールが管理していたのは病院と呼べるものではなかった。 それは死の収容所だった。 Small p. 122 この時期にナイチンゲールがファーに出した手紙はすべて破棄させて,自分に来たファーの手紙も焼却している。 そこには何が書かれていたのだろうか? 現在われわれに明らかになっていること その後のナイチンゲールは,公衆衛生学を完全に身につけて活動した。 その知識は「病院覚え書」にも活かされ, 後に聖トマス病院の改築と看護学校(ナイチンゲール学校)の創立のときの病院建築においても,十分に発揮されている。 さらにいうと,イギリスの充実した公的医療制度も,彼女の理想の上に作られていったといえよう。 「看護覚え書」1860• 1860年の初版は1月で 1万5千部完売。 その後現代に至るまで継続して刊行• 最初は一般女性向けの内容(後に「看護婦とは何か」という補章を追加)• ナイチンゲールの手紙に書かれていたこと: 「ミルクをすっかり沸騰させるのは疑問です。 沸騰したミルクが嫌いな「子ども」はとてもたくさんいます。 (しかし)まずいからというのはミルクを沸騰させるのに反対する唯一の理由でも主たる理由でもありません。 『沸騰させて生じた」ミルクの皮膜を取り除いてしまうと、とても大事な栄養分を取り除くことになります。 ですから沸騰させないよう、沸騰直前で止めるように、と料理人を説得しなさい」 殺菌を否定したわけではなく,煮立てれば不味くて栄養的にも劣ることになることを戒めたに過ぎない。 ナイチンゲールが細菌説を否定していた証拠はない 彼女は1910年に90歳の高齢で亡くなるまで,ずっと医療と関わって生きていた。 その間に医学は,特に感染症の病原体との闘いで進歩し続けていたのだ。 同時代の人々と同じように病原体の存在を自然に認めなかったとしたらむしろ不自然ではないだろうか。 終わりに ナイチンゲールの人生と活動はあまりにも劇的であり,波乱に満ちたものでした。 今日の我々には想像もつかないような階級社会の頂点近くにいながら,貧困と病気にあえぐ人々に向き合い,異国で倒れる兵士たちのために献身した姿は,ランプを持って深夜の野戦病院をめぐる貴婦人の像に象徴される看護婦の理想像として後世に語り伝えられています。 しかし,彼女の生涯に関心をもつ作家や研究者たちは,他の面をナイチンゲールに見出しています。 ひとつは統計学者としての姿です。 イギリス社会の悲惨に目を向ける少女であった彼女は,理性の力でそれらに立ち向かおうとして,当時の統計学者として指導的な立場にあったケトレーに学び,交流し,統計的な衛生学の開拓者のファーとともにクリミア戦争の記録を分析し,その後もインドなど植民地の衛生にまで研究の手を広げています。 その業績は近年になって日本でも評価されるようになってきました ただし,それでもまだ謎が残ります。 クリミア戦後のナイチンゲールは異常な集中力で報告書を書き上げたあと,精神的にも肉体的にもぼろぼろになって床に就きます。 その虚脱をもたらしたのは何であったのか? 残された手紙や論文の分析から,思いがけない状況が彼女を襲ったことが推測されます。 それは人生最大の活動の場となったスクタリの野戦病院で自分がやったことが,実は兵士たちを 死から救っていなかったという発見に,自らの統計分析の結果として至ってしまったことです。 そのことの衝撃は想像するに余りあるものです。 自らの情熱の行いが科学的には無効であった, しかも若い兵士の死をもって証明することになってしまったとしたら,だれがその後の人生に光を見て歩むことができるでしょうか。 もっとも,この部分については,断片的な資料にもとづく推定しかできていません。 とはいえ,彼女の後半生がデータの分析に もとづく公衆衛生の実践に向いていったこと,時代を超える名著となった「看護覚え書」の度重なる改訂を行ったことは,十字架を負いながら人々のために闘う人生を彼女が選んだ深い動機を 説明するものと思われます。 そのことに思いを馳せるとき,ナイチンゲールの真の偉大さと巨大さに打たれざるをえません。 (了) 参考文献• ICN「国際看護師協会」 編,早野ZITO真佐子, 小玉香津子, 尾田葉子 訳,南裕子 監修『現代に読み解くナイチンゲール・看護覚え書き : すべてのケアの提供者のために』 現代社, 1993• 長島伸一,『ナイチンゲール』 岩波書店,1993• ヒュー・スモール 著,田中京子訳『ナイチンゲール神話と真実』 みすず書房,2003•

次の

看護の歴史

ナイチンゲール が 最初 に 導入 した の は

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年12月) フローレンス・ナイチンゲール 生誕 1820-05-12 死没 1910-08-13 (90歳没) ・ 著名な実績 近代看護教育の母、看護師の祖とも呼ばれている 医学関連経歴 職業 、 所属 () 専門 病院衛生管理 受賞 () 1883年 1907年 署名 フローレンス・ナイチンゲール( Florence Nightingale、 - )は、の婦、、、。 近代看護教育の母。 病院建築でも非凡な才能を発揮した。 での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。 (5月12日)は彼女の誕生日である。 の聖トーマス病院に付属してを設立、これは世界初の宗教系でないであり、現在はの一部となっている。 についても造詣が深く、の学者、 ()とも親しく交流した。 人物 [ ] 青年期 [ ] 、裕福なの家庭である両親の2年間の中にの首都で生まれ、フローレンス(フィレンツェの読み)と名づけられる。 幼少期は、贅の限りを尽くした教育(・・(姉妹とも読み書き会話ができた)、(や哲学の勉強の基礎となるものとして学ぶ)などの外国語、()・・・・歴史(イギリス、外国)、、、、(英文法、作文)、、、やなどの)が施される。 しかし、慈善訪問の際に接した貧しい農民の悲惨な生活を目の当たりにするうちに、徐々に人々に奉仕する仕事に就きたいと考えるようになる。 、ブレスブリッジ夫妻という有名な旅行家の友人に連れ添われてに旅行に出掛ける。 そしてローマの保養所の所長をしていたと友人を介して知り合った。 帰国後、ハーバート夫人である、通称リズことエリザベス・ハーバートとも親しい交際が始まる。 ナイチンゲールは精神を病んだ姉の看護をするという口実で、の病院付学園施設カイゼルスベルト学園に滞在する。 ここでは、看護婦(当時)に対しても教育が行われていた。 その後、看護婦を志し、リズ・ハーバートに紹介されたロンドンの病院へ就職する。 ただし無給であった。 生活費は年間500ポンドかかったが、数少ない理解者の父が出していた。 就職に反対する母、姉とは険悪となる。 のちに婦人病院長となったナイチンゲールはイギリス各地の病院の状況を調べ、専門的教育を施した看護婦の必要性を訴える。 当時、看護婦は、病院で病人の世話をする単なる召使として見られ、専門知識の必要がない職業と考えられていた時代であった。 クリミア戦争へ [ ] ナイチンゲールが考案した「鶏のとさか」と呼ばれる円グラフ。 での負傷兵たちの死亡原因を、予防可能な疾病、負傷、その他に分けて視覚化している。 しかし、にが勃発すると、転機が訪れた。 の特派員 ()により、クリミア戦争の前線におけるの扱いが後方部隊で如何に悲惨な状況となっているかが伝えられるようになると、一気に世論は沸騰する。 ナイチンゲールも自ら看護婦として従軍する決意を固める。 事態を重くみた戦時大臣は、ナイチンゲールに戦地への従軍を依頼する。 10月21日、ナイチンゲールは24名、職業看護婦14名の計38名の女性を率いて後方基地と病院のあるに向かい、11月に到着した。 しかし、兵舎病院は極めて不衛生であり、官僚的なの弊害から必要な物資が供給されていなかった。 さらに現地のホール軍医長官らは、縦割り行政を楯に看護婦団の従軍を拒否した。 ナイチンゲールらは、病院の掃除がどの部署の管轄にもなっていないことに目をつけ、まず便所掃除を始めることによって病院内へ割りこんでいった。 しかし味方がいないわけではなかった。 はハーバート戦時大臣に対し、ナイチンゲールからの報告を直接自身に届けるよう命じた。 ハーバートはすぐにこれを戦地に送り、病院内に貼り出させた。 ナイチンゲールと看護婦団、そして傷病兵らは元気付けられ、対抗勢力には無言の圧力となった。 看護婦として戦傷兵を見舞うナイチンゲール(1855年) こうした経緯を経て、彼女は病院の看護婦の総責任者として活躍した。 当時、その働きぶりから「クリミアの天使」とも呼ばれた。 看護婦を「」と呼ぶのは、ナイチンゲールに由来する。 夜回りを欠かさなかったことから、「ランプの貴婦人(または光を掲げる貴婦人)」とも呼ばれた。 ナイチンゲール自身はそういったイメージで見られることを喜んでいなかったようである。 本人の言葉としては、「天使とは、美しい花をまき散らす者でなく、苦悩する者のために戦う者である」が知られる。 ナイチンゲールの従軍後の、戦時省と陸軍省が合併すると若干事態は好転した。 新陸軍省は衛生委員会を組織し、現地へ調査団を派遣した、そして、ナイチンゲールの報告どおり、病院内を衛生的に保つことを命令した。 兵舎病院での死者は、大多数が傷ではなく、 病院内の不衛生(蔓延する)によるものだったと後に推測された。 この間もナイチンゲールは陸軍内の政治的トラブルに巻き込まれる。 もっとも大きなものは、ナイチンゲールの辞令の任地に最前線であるが含まれていないことを楯に、ホール軍医長官がその活動を制限したことだった。 最終的には、この部分を修正した女王名による新たな辞令が届くが、これはの講和直前のことであった。 され、にクリミア戦争が終結する。 には病院の最後の患者が退院した。 講和後 [ ] ナイチンゲールは国民的英雄として祭り上げられることを快く思わず、、スミスという偽名を使用して人知れず帰国した。 帰国後の11月、ナイチンゲールチームはバーリントンホテルに集結し、タロック大佐の克明な報告書を読みながら病院の状況分析を始める。 数々の資料を作成し、改革のためにつくられた各種委員会に提出した。 特に死亡原因ごとの死者の数をひと目で分かるように工夫した、放射線状に伸びた数値軸上の値を線で結んだ多角形のグラフは、「コウモリの翼」とか「鶏の鶏冠」とか呼ばれ、当時はまだ円グラフも棒グラフもなかった時代で、有名になった。 これは今日では、クモの巣チャート と呼ばれている。 このためイギリスでは、ナイチンゲールを統計学の先駆者としている。 これによる改革は保健制度のみではなく、陸軍全体の組織改革につながった。 ナイチンゲールは1859年にの初の女性メンバーに選ばれ、後にはの名誉メンバーに選ばれた。 ナイチンゲールは「自分は(クリミア戦争における英国の)広告塔となる」ことをいとわなかった。 しかし、あまりに広告塔として利用されたせいか、戦争終結後はむしろ有名人として扱われるのを嫌うようになる。 それが昂じて遺言では、にはイニシャル以外を記すことを許さなかった。 ナイチンゲールのこうした態度に影響されてか否か、の創設者の一人であるがナイチンゲールの活動を高く評価していたため、委員会が「傷病者や障害者または紛争や災害の犠牲者に対して、偉大な勇気をもって献身的な活躍をした者や、公衆衛生や看護教育の分野で顕著な活動あるいは創造的・先駆的貢献を果たした看護婦」(全世界で隔年(西暦で奇数年)で50人以内)に対して贈る記念章に名前を残している。 なお、ナイチンゲールは活動には関わっておらず、むしろによる救護団体の常時組織の設立には真っ向から反対していた。 これはと同様、「構成員ののみに頼る援助活動は決して長続きしない」ということを見抜いていたためである。 この考えは 「犠牲なき献身こそ真の奉仕」という有名な言葉にも表れている。 そして「構成員のの精神にも頼るが、経済的援助なしにはそれも無力である」という考え方があったからだといわれている。 超人的な仕事ぶりと必要であれば相手が誰であろうと直言を厭わない果敢な姿勢により、交渉相手となる陸軍・政府関係者はナイチンゲールに敬意を示し、また恐れもした。 オールド・バーリントン通りにあったナイチンゲールの住居兼事務所は関係者の間で敬意と揶揄の双方の意味を込めて「小陸軍省」 Little war office とあだ名された。 また、戦時中に作られたナイチンゲール基金が45000に達すると、 ()(現 内にがつくられる。 校長は病院の婦長ウォードローバーが当たったが、運営に関してはナイチンゲールも協力した。 その後、同様の各種のがイギリス内に作られ、現在に近い看護婦養成体制が整い始めた。 晩年のナイチンゲール 彼女自身が看護婦として負傷兵たちに奉仕したのはクリミア戦争従軍時の2年間だけであり、その献身の象徴的イメージ、そしてむしろ統計に基づく医療衛生改革で名声を得た。 37歳(1857年)の時に 心臓発作で倒れてしまい、その後はに由来すると考えられる [ ]虚脱状態に悩まされた。 死去するまでの約50年間はほとんどベッドの上で過ごし、本の原稿や手紙を書くことが活動の柱となった。 晩年は年老いたの看病などに当たるが、1874年に父親が80歳で没し、1880年に母親が91歳で没したあとは活動も少なくなり、1890年に姉が71歳で没し、以降はずっと自宅にいることが多くなった。 に、バーンレーンの自宅で静かに息を引き取った 享年90。 死去に当たり、を打診されたが遺族が辞退した。 現在、聖トーマス病院にがある。 、にでに録音された肉声(内容はクリミア戦争で戦った兵士達が無事に帰還できるよう祈るものである)が、先端科学技術センターにより公開された。 ナイチンゲールの病気の正体 [ ] 1995年には D A B Young の という論文を掲載。 論文ではナイチンゲールの症状はの慢性症状であったと診断している。 略歴 [ ] Embley Park。 かつての一族の居住地だった• 父 ウィリアム・エドワード・ショア Shore (1794年 - 1874年)後にウィリアム・エドワード・ナイチンゲール。 母 フランシース・スミス (Frances Smith 1789年- 1880年)フランシース・ナイチンゲール、ファニー Frances "Fanny" Smith ともいわれる。 姉 パースィノピー(パーセノピー 1819年4月19日 - 1890年5月12日)、の首都で誕生。 名前の由来はナポリの旧名ナポリ(ネアポリス=新しい町)・パルテノペ(植民都市パルテノペのこと。 にでてくるの名前に由来)による。 旧10ポンド券の裏面はフローレンス・ナイチンゲールが描かれていたが、表面の女王の左に使用されていたユリの花はパースィノピーの描いたものであった。 主な業績 [ ]• 専門教育を施した看護婦の養成の必要性を説き、を創設した。 に従軍し、兵舎病院の衛生改善に努力した。 陸軍の衛生改善に協力した。 イギリスにおける統計学の基礎を築いた [ ]。 看護にはじめて統計学を持ち込んだ(さらに専門家でない女王が見やすいようにデータの視覚化を行った)。 著書『 Notes On Nursing(看護覚え書)』は、広く看護教育の場では古典として読み継がれている。 ナイチンゲール誓詞 [ ] 詳細は「」を参照 ナイチンゲール誓詞()は、アメリカ合衆国州市にあるハーパー病院(Harper Hospital)のファーランド Farrand Training School for Nurses の校長 ()夫人を委員長とする委員会で、ナイチンゲールの偉業を讃え作成されたものである。 ナイチンゲール病棟 [ ] ナイチンゲールが考案した病院建築。 『病院覚え書』 Notes on Hospitals に図面入りで記されている。 は間仕切りなしのワンルーム。 患者の1つにつき、1つの窓がセットされる。 ベッドは病室の左右にそれぞれに15ずつ並んでいる。 窓は高い天井まで延びた3層の窓。 一番高い3層目の窓を常時開放しておくことで、病室のを行う。 また、『病院覚え書』には、患者一人の療養空間として相応しい面積、ベッドの高さやベッドとベッドの間の距離についても、理想的な計算値が述べられている。 は、当時の聖トーマス病院をはじめとして、世界中の病院建築に取り込まれ、実際の建物として現実的に機能した。 著作 [ ] 『看護覚え書』 Notes on Nursing の他にも150篇ほどの厖大な量の著作を残している。 著作のほとんどは『ナイチンゲール著作集』(現代社、全三巻 1974、1975、1977)に収録されている。 その中の主要なものを挙げる。 看護についての著作• カイゼルスウェルト学園によせて(1851年)• 女性による陸軍病院の看護(1858年)• 看護覚え書(1860年)• インドの病院における看護(1865年)• 救貧病院における看護(1867年)• 貧しい病人のための看護(1876年)• 病院と患者(1880年)• 看護婦の訓練と病人の看護(1882年)• 病人の看護と健康を守る看護(1893年)• 病院についての著作• 病院覚え書(1863年)• 産院覚え書(1871年)• 英国陸軍の保健についての著作• 英国陸軍の保健(1858年)• インド駐在陸軍の衛生(1863年) 日本語訳著作 [ ]• 看護の栞 岩井禎三訳. 日本赤十字発行所, 1913. 看護覚え書 看護であるもの・看護でないもの 小玉香津子訳. 現代社, 1968• 看護覚え書 看護であること・看護でないこと 改訂新版 等訳. 現代社, 1976. 二つの看護覚え書き 本当の看護とそうでない看護について 訳 日本看護協会出版会, 1985. 要訳看護覚え書き 訳. 厚生社インフォメーションサービス, 1991. 看護覚え書き 何が看護であり、何が看護でないか ほか訳. うぶすな書院, 1995. ナイチンゲール書翰集 編 教文館編輯部訳. , 1939. ナイチンゲール書簡集 訳. 隆鳳堂, 1958. ナイチンゲール書簡集 ABC企画 制作 , 1974. 新訳・ナイチンゲール書簡集 看護婦と見習生への書簡 湯槙ます等編訳. 現代社, 1977. ナイチンゲール著作集 全3巻 湯槙ます監修 編訳: 薄井坦子等 現代社, 1974-77. 脚注 [ ] []• 総務省 統計局. 2018年8月12日閲覧。 参考文献 [ ]• 『ナイチンゲールは統計学者だった!-統計の人物と歴史の物語-』丸山健夫 日科技連出版社 2008年 (ナイチンゲールの統計グラフがカラーで掲載されている)• 『ナイチンゲール 神話と真実』 原題"florence-nightingale-avenging-angel"『フローレンス・ナイチンゲール 復讐の天使』 ヒュー スモール 、田中京子訳 2003年• 『ナイティンゲール伝、他一篇』 訳、 1993年。 『ヴィクトリア朝偉人伝』訳 みすず書房 2008年• 『黒博物館 ゴースト アンド レディ』 2015年 (クリミア戦争時のナイチンゲールの活動を背景に、ナイチンゲールに取り憑いているドルリー・レーン劇場の幽霊「灰色の服の男」とホール軍医長官に取り憑いているの幽霊の対決を描いている) 上 下 関連項目 [ ] で 「 フローレンス・ナイチンゲール」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで()• (1936年の伝記映画)• (1951年の伝記映画)• ヘッセン大公妃アリスの姉。 ヴィクトリア皇后の妹。 『』 - 2015年のゲームソフト。 ナイチンゲールが登場する 外部リンク [ ]•

次の