チョコレートケーキ レシピ 簡単。 チョコレートケーキ人気レシピ17選!1位はつくれぽ10000超【殿堂入りだけ】クックパッド

ひと口で幸せ♪「ケーキポップ」の簡単レシピ&人気アイデア9選

チョコレートケーキ レシピ 簡単

アメリカ生まれのブラウニーは 平たく正方形に焼いた濃厚なチョコレートケーキです。 ブラウニーという名前には諸説ありますが、チョコレートの茶色を意味するブラウンから来ているという説が有力です。 アメリカらしく混ぜて焼くだけという簡単なレシピで作ることができるので、お菓子作り初心者でも挑戦しやすいのがポイントです。 ブラウニーの種類の中にはナッツやチョコチップが入っているものやレーズンを混ぜたもあり、 バリエーションもさまざまです。 チョコレートをたくさん使う濃厚なブラウニーもあれば、中チョコタイプのファッジと呼ばれるブラウニー、チョコレートを使用しないブロンディというブラウニーの種類もあります。 ブラウニーは気取らずに手づかみで食べられるケーキなので、コーヒー片手にカジュアルにいただきましょう。 世界的に有名なチョコレートケーキの種類といえばザッハトルテです。 アプリコットジャムをサンドしたチョコレートケーキの周りにさらにチョコレートをコーティングしたのが特徴で、一口食べると濃厚なチョコレートとアプリコットのさわやかなで上品な風味が広がります。 つやつやと光沢のある美しいビジュアルから チョコレートの王様と呼ばれることもあります。 ザッハトルテは1832年にウィーンの料理人フランツ・ザッハーが当日仕えていた宰相のために作ったもので、当時のレシピが今もなお受け継がれています。 ザッハトルテは円形のケーキを意味するドイツ語のトルテと、ザッハトルテを作った料理人のザッハーから命名されました。 最近ではアプリコットジャムの代わりにフランボワーズジャムが使用されることも多く、フレッシュな味わいを楽しむことができます。 オペラもザッハトルテと同じく由緒あるチョコレートケーキの種類です。 1955年にパリの洋菓子店ダロワイヨのオーナーが、華やかな パリのオペラ座をモデルにして作られたと言われています。 コーヒーシロップを染みこませた薄い生地とコーヒー風味のバタークリーム、生クリームを練り合わせたガナッシュを交互に7層に重ね、最後にチョコレートでコーティングして仕上げられるオペラはたいへん手の込んだチョコレートケーキです。 ほろ苦いコーヒーの風味とチョコレートの濃厚な甘さが融合したリッチな味わいで、食べた満足感も大きいと評判です。 オペラの表面には金箔が飾られていることが多いのですが、これはオペラ座の屋根にあるアポローン像が持つ黄金の琴をイメージしているそうです。 見た目も美しい大人のためのチョコレートケーキです。 クリスマスのチョコレートケーキと言えば、こちらのフランス生まれのブッシュドノエルは外せません。 日本ではクリスマスにいちごのデコレーションケーキを食べるのが一般的ですが、フランスではクリスマスといえばブッシュドノエルが定番です。 ブッシュドノエルのブッシュは木や薪、ノエルはクリスマスを意味し、直訳するとクリスマスの木になります。 ブッシュドノエルの誕生には諸説ありますが、有力なのが薪キリストの誕生の日を祝うために一日中暖炉で薪を燃やしていたことからキリストの生誕を祝って作ったという説です。 形もロールケーキを薪に見立て表面に樹皮をイメージして模様を付けられることが多く、切り株のようなナチュラルな形が可愛いと評判です。 ドボシュ・トルテは初めて聞いた方も多いと思いますが、 ハンガリーが期限の由緒あるチョコレートケーキです。 オーストリア皇帝・ハンガリー国王フランツ・ヨーゼフ1世も好んで食べていたという記述が残っています。 ドボシュ・トルテは 5層~7層の薄いスポンジケーキの間にモカチョコレートクリームをサンドし、一番上のケーキにカラメルをかけて仕上げます。 生みの親である料理研究家のドボシュ・C・ヨージェフの名前にちなんで付けられたそうです。 ハンガリーにある老舗パティスリー、カフェ・ジェル・ジェルボーのドボシュトルテが美味しいと評判ですが、日本にも支店があるため気になる方はぜひ訪れてみてください。 濃厚なチョコレートケーキにほろ苦いカラメルが好相性でクセになること間違いなしです。

次の

チョコレートケーキ人気レシピ17選!1位はつくれぽ10000超【殿堂入りだけ】クックパッド

チョコレートケーキ レシピ 簡単

アメリカ生まれのブラウニーは 平たく正方形に焼いた濃厚なチョコレートケーキです。 ブラウニーという名前には諸説ありますが、チョコレートの茶色を意味するブラウンから来ているという説が有力です。 アメリカらしく混ぜて焼くだけという簡単なレシピで作ることができるので、お菓子作り初心者でも挑戦しやすいのがポイントです。 ブラウニーの種類の中にはナッツやチョコチップが入っているものやレーズンを混ぜたもあり、 バリエーションもさまざまです。 チョコレートをたくさん使う濃厚なブラウニーもあれば、中チョコタイプのファッジと呼ばれるブラウニー、チョコレートを使用しないブロンディというブラウニーの種類もあります。 ブラウニーは気取らずに手づかみで食べられるケーキなので、コーヒー片手にカジュアルにいただきましょう。 世界的に有名なチョコレートケーキの種類といえばザッハトルテです。 アプリコットジャムをサンドしたチョコレートケーキの周りにさらにチョコレートをコーティングしたのが特徴で、一口食べると濃厚なチョコレートとアプリコットのさわやかなで上品な風味が広がります。 つやつやと光沢のある美しいビジュアルから チョコレートの王様と呼ばれることもあります。 ザッハトルテは1832年にウィーンの料理人フランツ・ザッハーが当日仕えていた宰相のために作ったもので、当時のレシピが今もなお受け継がれています。 ザッハトルテは円形のケーキを意味するドイツ語のトルテと、ザッハトルテを作った料理人のザッハーから命名されました。 最近ではアプリコットジャムの代わりにフランボワーズジャムが使用されることも多く、フレッシュな味わいを楽しむことができます。 オペラもザッハトルテと同じく由緒あるチョコレートケーキの種類です。 1955年にパリの洋菓子店ダロワイヨのオーナーが、華やかな パリのオペラ座をモデルにして作られたと言われています。 コーヒーシロップを染みこませた薄い生地とコーヒー風味のバタークリーム、生クリームを練り合わせたガナッシュを交互に7層に重ね、最後にチョコレートでコーティングして仕上げられるオペラはたいへん手の込んだチョコレートケーキです。 ほろ苦いコーヒーの風味とチョコレートの濃厚な甘さが融合したリッチな味わいで、食べた満足感も大きいと評判です。 オペラの表面には金箔が飾られていることが多いのですが、これはオペラ座の屋根にあるアポローン像が持つ黄金の琴をイメージしているそうです。 見た目も美しい大人のためのチョコレートケーキです。 クリスマスのチョコレートケーキと言えば、こちらのフランス生まれのブッシュドノエルは外せません。 日本ではクリスマスにいちごのデコレーションケーキを食べるのが一般的ですが、フランスではクリスマスといえばブッシュドノエルが定番です。 ブッシュドノエルのブッシュは木や薪、ノエルはクリスマスを意味し、直訳するとクリスマスの木になります。 ブッシュドノエルの誕生には諸説ありますが、有力なのが薪キリストの誕生の日を祝うために一日中暖炉で薪を燃やしていたことからキリストの生誕を祝って作ったという説です。 形もロールケーキを薪に見立て表面に樹皮をイメージして模様を付けられることが多く、切り株のようなナチュラルな形が可愛いと評判です。 ドボシュ・トルテは初めて聞いた方も多いと思いますが、 ハンガリーが期限の由緒あるチョコレートケーキです。 オーストリア皇帝・ハンガリー国王フランツ・ヨーゼフ1世も好んで食べていたという記述が残っています。 ドボシュ・トルテは 5層~7層の薄いスポンジケーキの間にモカチョコレートクリームをサンドし、一番上のケーキにカラメルをかけて仕上げます。 生みの親である料理研究家のドボシュ・C・ヨージェフの名前にちなんで付けられたそうです。 ハンガリーにある老舗パティスリー、カフェ・ジェル・ジェルボーのドボシュトルテが美味しいと評判ですが、日本にも支店があるため気になる方はぜひ訪れてみてください。 濃厚なチョコレートケーキにほろ苦いカラメルが好相性でクセになること間違いなしです。

次の

ひと口で幸せ♪「ケーキポップ」の簡単レシピ&人気アイデア9選

チョコレートケーキ レシピ 簡単

チョコレートの栄養について チョコレートの原料はカカオ豆です。 昔の人々はカカオ豆をすりつぶした飲み物を薬として用いており、滋養強壮や疲労回復に効果があるとされていました。 今のようなチョコレートになる前は、砂糖を加えていない苦い飲み物を薬として飲んでいただけに、カカオ豆には体にいい栄養素が含まれています。 チョコレートに含まれるポリフェノールは、活性酸素を除去する抗酸化作用ががあり、コレステロールの酸化を防いで動脈硬化などを防ぐ効果があります。 食物繊維も豊富で、板チョコ1枚に約2gもの食物繊維が含まれています。 食物繊維は胃腸の調子を整え、お通じをよくする効果があります。 食べすぎには注意しながら、少しずつ上手に食べることで体にいい影響をもたらします。 チョコレートのダイエット効果について チョコレートには体にいい栄養素が含まれており、上手に取ることでダイエットに利用できます。 チョコレートに含まれるポリフェノールは、血流を促進し新陳代謝を活発にする働きがあり、抗酸化作用でアンチエイジングにも効果があります。 チョコレートは高カロリーで糖質も多い食べ物ですが、選ぶチョコレートを間違わなければダイエット中でも食べられます。 普通のミルクチョコレートにはたくさんの砂糖が入っていますが、カカオの含有量が70%以上のものなら大丈夫です。 1日に50gを目安に高カカオチョコレートを、3回に分けて食事の前に食べましょう。 カカオに含まれるテオブロミンは、自律神経を調節する作用があり、チョコレートを少し食べるとリラックスしてストレスの軽減にもなり、ダイエットを長く続けられる効果があります。 ボウルに沸騰させた熱湯を入れ、その上にボウルを重ねてブラックチョコを湯煎して溶かします。 ローストココナッツを入れ、チョコとココナッツを絡める。 お箸で1つずつクッキングシートを敷いたバッドに並べ、ラップをして冷凍庫に入れ約10分固まるまで冷やたら完成。 外で保存すると溶けるので、固まったら容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。 ボウルに豆腐を入れ泡だて器で滑らかになるまで混ぜ、砂糖・卵を加えて混ぜる。 手で細かく割ったチョコを湯煎して溶かし、牛乳を加えて混ぜ豆腐の入ったボウルに混ぜ込む。 振るった小麦粉を加えてよく混ぜ、最後にざるでこして型へ流し入れ180度のオーブンで30~40分焼いて冷蔵庫で冷やしたら完成。 生地をざるでこすことで、しっとりなめらかに焼き上がります。 圧力鍋で炊いた大豆をペースト状にして、耐熱皿に無塩バター・刻んだブラックチョコレート・ココアを入れて、レンジでチンする。 ボウルに卵ときび砂糖を入れ、白っぽくなるまで混ぜる。 溶かしバター・チョコを加えて混ぜ、ミントリキュールも好みでプラスします。 大豆ペーストと米粉を加えて混ぜマフィンカップに入れ、オーブンで約10分焼いたら完成。 チョコレートはレンジでチンしてやわらかくしておき、ボウルに材料全部を入れて、ホイッパーでよく混ぜ合わせます。 ケーキ型に流し入れ、オーブンで170度で30〜35分焼いたらできあがり。 祖熱がとれたら冷蔵庫に入れ、一晩寝かせたらさらにおいしくなりますよ。 ボウルに水・ドライイースト・砂糖を入れ混ぜておき、バターを湯煎しチョコを割り入れて溶かし、プルーンは刻んでおく。 イースト水に、粉・砂糖・卵・牛乳を入れて混ぜる。 チョコバターを混ぜ、室温で4〜5時間ラップをかけて置く。 生地をオートミールプルーンに混ぜ、シリコンカップに流し入れ200度のオーブンで24分焼いたら完成。 膨らんだ生地は気泡がつぶれないように、カップに入れましょう。 ボウルに割ったブラックチョコレート・絹豆腐・豆乳を入れ混ぜ、600Wの電子レンジ600Wでチョコを完全に溶かす。 砂糖と卵を2個割り入れ混ぜ、オカラパウダーとベーキングパウダーいれてさっくり混ぜる。 ケーキ型に生地を流し入れ、180度のオーブンで40分焼く。 完全に冷めて粉砂糖を振ったらできあがり。 冷蔵庫でしっかり冷やした翌日の方が、さらにおいしいですよ。 ボウルに卵を割り入れ、溶きほぐしたら潰したバナナを加える。 刻んだチョコレートを加え、ホットケーキミックスを加えたらざっくり混ぜます。 天板にクッキングシートを敷き、生地を8等分して乗せます。 200度に予熱したオーブンで15分焼いたら完成です。 ボウル一つで簡単にできるのに、スタバのスコーンのような食感に仕上がります。 耐熱ボウルに牛乳・板チョコを割り入れ、レンジで約40秒加熱し板チョコを溶かす。 手で握り潰した豆腐を加え、泡立て器で潰しながらよく混ぜ合わせる。 豆腐の入ったボウルを20秒ほど加熱し、粉ゼラチンを加えよく混ぜて溶かします。 プリン型に流し、冷蔵庫で約2時間冷やし固める。 チョコレートソースを仕上げにかけたら完成。 カロリー控えめにしたい方は、ソースをかけなくてもOKです。 チョコレートを小さく切りミキサーでさらに細かくしておき、アボカド・冷凍ブルーベリー・無調整豆乳・レモン汁をミキサーに入れて撹拌します。 甘みをプラスしたい人は、ラカントシロップを少し入れるのがおすすめです。 ひとことでクッキーといってもその作り方や材料によって、食感も味わいも様々です。 コンビニで気軽に買えるお手頃なものから、こだわりの専門店のものまでバリエーションも豊富です。 そんな誰もが大好きなクッキーは自宅でも簡単に作ることができます。 今回は意外と知られていないクッキーの歴史や特徴をはじめ、アレンジも自在にできる簡単でおいしいクッキーのレシピをまとめました。 型抜きクッキー・アイスボックスクッキー・絞り出しクッキー・サンドイッチクッキー・変わり種クッキーといったカテゴリに分けて紹介します。 コツやポイントがわかりやすく、手軽に楽しく作ることができますよ。 ぜひ子供や友達と一緒にチャレンジしてみてください。 ロールケーキは卵・砂糖・小麦粉を基本材料としたスポンジ生地に、生クリームなどのクリームを巻いたケーキです。 材料がシンプルなぶん、アレンジやデコレーションの応用の幅が広く楽しめます。 ケーキの中ではレシピの工程も少ないものが多く作りやすいので製菓初心者にも挑戦しやすいケーキです。 この記事ではロールケーキの歴史と由来に加え、ロールケーキの巻き方について、王道シンプルロールケーキからアレンジロールケーキまで、今大人気のHM(ホットケーキミックス)で作るロールケーキ、オーブンなくてもチャレンジできるロールケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 フワッと口どけの良いシフォンケーキは、中央に穴が空いた形に焼き上げるのが特徴的。 絹織物のように軽い食感であることからその名がつけられました。 スポンジケーキの一種でもあるシフォンケーキは、普段、お家にあるシンプルな材料で思い立った時に作れるのも魅力の1つですよね。 この記事では、シフォンケーキの基礎知識に加え、基本のシフォンケーキレシピ、フレーバーシフォン、今流行りのSNS映えするシフォンサンド、型なくても作れちゃう お手軽シフォンケーキ、 炊飯器で作るシフォンケーキ、HMで作るシフォンケーキにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてください。 チョコレートケーキの定番、「ガトーショコラ」はフランスの伝統菓子。 バレンタインのプレゼントにはもちろん、ディナーのデザートから子供のおやつまで幅広いシーンぴったりな焼き菓子。 しっとりとした生地と、口の中に広がるチョコレートの香りがたまらないですよね。 この記事では、ガトーショコラの基礎知識に加え、基本のガトーショコラ、ホットケーキミックスを使ったレシピ、抹茶のガトーショコラ、豆腐のガトーショコラ、炊飯器を使ったガトーショコラ、アレンジガトーショコラレシピにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の