純 烈 が る ちゃん。 【5/23】純烈「愛をください~Don ′t you cry~」発売記念 インターネットサイン会

意外すぎる!純烈白川裕二郎の華麗なる経歴と美声の秘密

純 烈 が る ちゃん

Sponsored Link 純烈の1番人気?メインボーカルの白川裕二郎の経歴とその歌声 純烈のメインボーカル、白川裕二郎の経歴が意外ですごい! グループのリードボーカルを担当している白川裕二郎さんは、純烈の中でも人気上位メンバーです。 この白川裕二郎さんが、純烈のメンバーになるまでの経歴がすごいのです。 なんと、 大相撲の朝日山部屋に入門し、「綱ノ富士」という四股名を持った力士だったのです。 白川裕二郎さんは整った顔のイケメンでスラっとしているので、これには驚きですよね。 現在の白川さんの体形は筋肉質でがっちりしているので、余計に意外性があります。 純烈の歌を支える白川裕二郎、その評判は? そんな大相撲力士からアイドルへと華麗に転身した白川裕二郎さんは、純烈のメインボーカリストとしてステージで美声を披露しています。 白川さんの歌声は、色気があってセクシーだと評判です。 この白川さんの歌のうまさは、元力士であるという経歴とは関係があるのでしょうか。 上手く歌を歌うためには、声を出すためのエネルギーが必要であり、腹筋や背筋をたくさん使います。 白川裕二郎さんは元力士ということで、昔から強い体づくりのため鍛え続けているので、インナーマッスルが発達していることでしょう。 体を鍛えることによって、声量が増加し、きちんとお腹から発声をすることができます。 白川さんは、日常の訓練から自然と正しい発声を身に付けていたのですね。 元力士であるという華麗な経歴の白川裕二郎さんですが、 その時に切磋琢磨して作り上げられた肉体が、実は現在の歌の上手さに繋がっているのです。 白川さんの歌唱力の高さには定評があるため、 スーパー銭湯のステージ以外の場でも活躍できそうですよね。 また、筋肉質である肉体を武器にして、 スポーツ番組でもひと花咲かせることができるのではないでしょうか。 スポーツに熱中して汗を流す白川さんの姿は、きっとかっこいいでしょうね。 純烈のメンバーが皆でスポーツをしている姿も、見てみたいものです。 白川裕二郎さんはいろいろな可能性を秘めており、底知れぬ魅力に溢れています。 純烈のリードボーカルとしてステキに輝く白川さんの活躍を、 今後も期待して応援していきましょう。

次の

純烈が分裂!?コロナは純烈殺し! YouTube始めました

純 烈 が る ちゃん

純烈が、21日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。 分裂危機報道について言及する一幕があった。 新型コロナウイルスの影響で予定していた100以上のイベントが中止、延期となっている純烈。 そんな中、リーダー酒井一圭が17日のスポーツ紙のインタビューに答え、「需要のないところでやってもどうにもならない」「純烈から分裂になる方が、コロナの今にあっているのかもしれない」と語り、話題を呼んだ。 この日、スタジオに登場した酒井は改めて、先のインタビューの真意について「(純烈を分裂というのは)ネタではない」と説明。 「僕の感覚では2年くらいステージはできない」と割り切り、改めて「なにかあったら、分裂して、一人ひとり。 またくっ付いて歌うもいい」と今後について提言した。 ここで他のメンバーがリモート出演。 純烈は全員、役者経験があるが、小田井涼平も公演中止になってから俳優オファーを受け、実際に演じたという。 「純烈のスケジュールが入っていたらできなかった」とし、「見方によってはポジティブ」とソロ活動に前向きな姿勢を見せた。 一方、白川裕二郎は「芝居をやりたいというのはデビュー時からあるが、純烈あってこその自分たち」と、グループ活動再開への意欲を見せた。 「スーパー銭湯アイドル」と言われている純烈。 酒井はグループ活動を再開させる際は、健康センターの「無観客の大広間から始められればと思っている」と笑顔。 さらに後上翔太も「(自分たちが)無人の客席をエア握手して回り、(ファンは)その臨場感をご自宅で味わってもらえれば」と展望を語っていた。

次の

純烈 歌い、踊り、そして喋る。マダムを少女に変えるスーパー銭湯アイドルの『温泉ライブ』に潜入

純 烈 が る ちゃん

男性歌謡グループ「純烈」がデビュー10周年を記念した無観客ライブを、東京都内のスーパー銭湯で開催した。 新型コロナウイルスの影響で100件を超える公演が中止や延期となり、ライブはおよそ4カ月ぶり。 畳の上に座椅子が並ぶ無人の客席に向かって、リーダーの酒井一圭が「帰ってまいりました。 純烈です」とあいさつ。 メンバーは曲の振り付けで互いの体に手が触れるため、頻繁に手を消毒していた。 後上翔太は「あの辺りがおひねりゾーンだったなとか、客席の様子が頭に残っている」としみじみ語り、小田井涼平も「2周目あたりから、椅子の木目が(ファンの)しわに見えてきた」とうなずいた。 全9曲を熱唱し、白川裕二郎は「久々にメンバー4人でライブをやって体が悲鳴を上げています。 いつか皆さんの前で楽しいステージをしたい」。 酒井も「紆余曲折ありましたが、NHK紅白歌合戦に2回出場して、上出来な10年だったと思います」と締めくくった。 ライブの模様は、9月30日発売予定のDVDに収録される。 (6月24日16時39分)• 信毎web• 特集サイト• 会社案内• 関連会社などのサービス• 関連団体• SNS• 信毎デジタルパスポート• なーのちゃんクラブ• 信毎プレミアム•

次の