メガルカリオ カイリュー。 【カバルカイリュー】ポケモンの有名な組み合わせと対策方法【カバルドン・ルカリオ・カイリュー・ポケモンoras】

S5使用構築 [最高最終2102] †積みリレー偽装の神速ルカリオスタン†

メガルカリオ カイリュー

クリスマス頃から使い始め、大晦日に2100チャレを2回するも失敗。 その後はマンダ入りの構築がジワジワと数を増やしてきて解散となった。 最終日までこの並びで戦っていたが、が絶望的に厳しく勝ちきれなかったために解散。 でももも十分に強かったし、また別の構築で使ってみたい。 パーティー紹介 H215 252 A133 4 B187 252 D92 S67 性格:腕白 ・HBぶっぱ 余りA ・物理受け。 砂とゴツメで物理アタッカーを削り、 やの射程圏内に入れるのが役割。 ・選出誘導性能も高く、相手の初手は高確率でに強いから出してくるので、相手の選出を推測しやすくなる点もGOOD! ・ の相手をするときはとセットで選出するのがオススメ。 最悪が怯んでもゴツメスリップを2,3回稼げればで殴って倒せるのでリスクを減らせる。 こうした少しの工夫での選手率を高められるので積極的に狙っていきたい。 性格:陽気 H146 4 A197 252 B108 S180 252 ASぶっぱ余りH ・相棒で構築のエース。 主に崩しと終盤のフィニッシャーを担当。 耐久は低めでも有利対面を作れたときの爆発力はかなり高いので、味方でサイクルを回して の行動回数を増やしてあげることが何より大切。 ・ サイクルを回す前提なので、積み技よりは技範囲を優先してフルアタ。 冷凍Pと神速があることで役割範囲が広がって選出率が上がって良かったと思う。 ・新規習得のコメットパンチは 安易な後出しゲンガーを許さない点、特防を下げない点が強いと感じた。 ただし、ラスターカノンだと止めにくる物理受けを突破できるようになるため一長一短。 ・は耐久が高くないため雑に扱うと弱いですが、丁寧に扱うことを心掛ければ心強い味方だと思います。 性格:意地っぱり H191 196 A204 252 B115 D120 S108 60 H 16n-1 A ぶっぱ S 4振り抜き ・いつもの鉢巻き。 このパーティーの崩し担当。 神速でやを無理矢理処理する役割も担っている。 昔のみたいで爽快。 ・最後の技に炎Pが入っているが、ここの枠はフェアリーに通る や、構築単位で呼びやすいレヒレに刺さる 雷P、相手に面白い立ち回りができるようになる 馬鹿力でもよかったかもしれない。 ・このパーティーはサイクルは回すが受けサイクルではないため、 受けきれないと判断したらの2体で神速連打して強引に潰すのも有効。 攻撃は最大の防御。 が誘うに強いことが多いので、初手に出してそれらを向かい打つ。 ・ボルチェンからやを展開して攻める動きが理想的で強かった。 こういう耐久に厚いは エースと組ませるのがオススメ。 ・草結びは地面タイプを分からせることができ、 次からボルチェンの1貫を作って有利にサイクルを回せるのが便利だった。 ・の流行でが少なく、そもそもオボン持ちも少ないので調整は変えてもよかったかもしれない。 性格:臆病 H147 A103 B88 4 C155 252 D91 S191 252 CSぶっぱ余りB ・ 最近では珍しいラム持ち。 構築の穴を埋めながらを誤魔化せるを探して辿り着いた。 構築全体で不足気味のスピードを補い、カスタマイズ性能も高いため第2のエースとしても活躍してくれた。 ・技構成は、 コンセプト上のを空かせる影打ち、マンダやを倒せる冷凍ビームは確定。 残りは の天敵に撃てる悪の波動、 を神速圏内に入れながらにも刺さる草結び。 影打ちは上手く使えば膝を空かすことができて、まさにって感じだった。 ・ラムを持つことでに起点作りをさせなかったり、不慮の事故にも対応できるのが良い点だったと思う。 火力は足りないと感じる時もあるが、 先制技や砂・ゴツメのスリップダメージ、あくまで裏の圏内に押し込めばOKという意識からほとんど気にならなかった。 ・シーズン中盤以降上位レートで数を増やしていたマンダ軸に強く出られる点、の役割対象であるポリ2を誘う点は評価ポイント。 もっと速く使ってればなぁ… 後悔 性格:穏やか H204 252 A108 B123 C127 D168 252 S82 4 HDぶっぱ残りS ・D方面に厚い。 テテフに対して安定させたかったのでHDぶっぱ。 構築の補完としてとセットで投入。 他の鋼枠と比べて 不毛な択が発生しなかったり、4倍弱点がなく不意に役割破壊されづらく非常に使いやすかった。 ・技構成はヘビボンと鋼への打点になり不足している炎打点を補う火炎放射。 リザを後出しされるのがウザすぎたためにそれを咎める岩雪崩。 雪崩があるおかげでリザ入りの構築にも選出を渋らなくて良くなるのは高評価。 というかリザとテテフが共存してる構築が多すぎて雪崩がないと選出できなかった。 毒はを選出できない場合のポリ2崩しの手段。 宿り木を採用していないが、抜ける技がないし、 技範囲を広げて毒の通る相手を増やした方が強いと思うので不便はなかった。 ・安定してを受け止めてくれ、の誤魔化しまでできて頼れる存在だった。 ・最終日に急遽構築に入ってきたので仕方ないですが、穏やかにしたせいで雪崩でリザを確1にできないガバカバっぷり。 まずはS7お疲れ様でした!結果はこんな感じでした。 今期は割と早い段階から調子が良く、最高レート更新を狙っていました。 が、年明けあたりから環境の変化に置いていかれ、思うようにいかない苦しい時期が長いシーズンでした。

次の

【新アニポケ25話感想】コルニ再登場キタ━━(゚∀゚)━━!!「命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!」

メガルカリオ カイリュー

S112の素早さが持ち味で、ゲンガーなどを上から殴れるのが魅力。 特殊型が増えている理由に、 ・おにび持ち物理受けの増加 ・物理型のルカリオは主力技がインファイト・しんそくなど技が乏しい点です。 積みの起点を作るために、起点ポケモンと一緒に採用される事が多いです。 ステロを撒き+あくびで積みの起点をつくる構築です。 参考 注意すべき技 ・つるぎのまい or わるだくみ A145orC140+特性てきおうりょく+や積み技で火力2倍 一度はまると止まらない。 ・神速 or 真空波 先制技の採用率も非常に高い。 弱点系で対策 メガルカリオは、格闘・鋼タイプです。 攻撃特化特化鉢巻 ファイアローブレイブバードは 93. ダメージ計算では最も一般的な、防御:4 振りのメガルカリオを想定します。 とりあえず上から殴るのが確実なので、殴れるポケモンを集めました。 ファイアロー 攻撃特化特化鉢巻 ファイアローブレイブバードは、93. 特殊メガルカリオのメインウェポンは、 ラスターカノン + きあいだま +しんくうは。 スカーフ霊獣ランドロス スカーフガブリアス、襷マンムーなど、一致抜群をつけるポケモンなら簡単に突破できます。

次の

【新ポケモン2020(アニポケ)】25話ネタバレ考察感想!見逃し配信動画やこれまでポケモンシリーズを見る方法!命爆発バトルフェス!VSメガルカリオ!!

メガルカリオ カイリュー

画像元: カロス地方で行われるバトル大会「バトルフェス」に参加することにしたサトシ。 この大会は、ポケモンワールドチャンピオンシップスの参加者が多数集まり、順位を上げる絶好の機会だ!順調に勝ち進んだサトシがスーパークラスへのランクアップを賭けて対戦するのは、かつてカロス地方で戦ったジムリーダー・コルニ。 コルニのメガルカリオにサトシはどう立ち向かうのか!? 引用元: 25話の見どころ ・バトルフェスでコルニとルカリオに再会! ダンテとの対決を目指しているサトシが、カロス地方で開催されている バトルフェスに参加!順調に連勝するサトシが、久しぶりにコルニに再会!彼女のパートナーポケモンはルカリオです。 普段はジムリーダーのコルニは、もっと強くなりたいという気持ちから、一般のチャレンジャーとしてこのバトルフェスに参加しているとのこと!サトシと同じようにダンテとの対決を目標に戦っているのです。 ・リオル、ルカリオに心酔!? サトシ達が以前、ポケモンのタマゴから大事に育ててきた リオル。 最近はピカチュウやラビフットと一緒にサトシ達と冒険を楽しんでいます。 まだまだ修行や鍛錬が必要なリオルですが、今回のエピソードでは、 自身がいずれ進化する姿であるルカリオを目の前に新たな思いが芽生えます。 コルニと共に堂々とバトルを繰り広げるルカリオはかっこいいですよね!ルカリオをキラキラした目で見つめるリオルもとっても可愛かったです! ・メガルカリオ VS カイリュー! コルニとサトシの戦いは予想通りヒートアップ!両者とも譲らない迫力のバトルはとても見応えがありました。 コルニはルカリオとコジョンドと共に、そしてサトシはゲンガーとカイリューと共に戦います。 なかなか決着の着かない中、なんと ルカリオはメガルカリオに進化!勇ましいその姿は圧巻でしたね!でも何より驚いたのは、 「カイリューってこんなに強かったの!?」ということ!自信を信じてくれるサトシの想いを胸に、感動的なバトルを見せてくれました! 【ポケットモンスター】25話の感想・まとめ いかがでしたか?個人的には、 迫力のバトルを見せてくれたカイリューが、サトシの喜ぶ姿を見て泣きながらサトシに抱き着いたところが胸キュンでした 笑 ! カイリューって、進化する前からサトシが特訓に付き合ってくれたおかげで仲間のピンチを救うことができたこともあって、サトシのことが大好きですよね!ずっとサトシやゴウ達と一緒に冒険しているピカチュウやリオル達だけじゃなくて、 カイリューのようにサトシとの絆を大切に想っているポケモン達もいます。 今のところモンスターボールを投げまくって 笑 ポケモンをゲットし続けているゴウも、サトシのようにポケモン達と様々な形で絆を深めていって欲しいものです。 次回はなんと豪華2本立て!次回もぜひお見逃しなく!.

次の