じゃがいも おすすめ レシピ。 ママ管理栄養士おすすめ!じゃがいもだけ使う10分レシピ3選

ママ管理栄養士おすすめ!じゃがいもだけ使う10分レシピ3選

じゃがいも おすすめ レシピ

人参 1本• インゲン 1パック• サラダ油 大さじ1• 人参は、皮をむいてひと口大のサイコロ状にカットしてからキッチンペーパーでしっかり水気を切っておきます。 インゲンは湯がいてザルにあげ、斜め切りにして水気をよく切っておきます。 小皿を2つ用意して、1つにはクミンのみを入れておき、もう1つには材料Aを入れて混ぜておきます。 深型の鍋を中火で熱し、サラダ油を敷いてクミンを入れ素揚げします。 人参に火が通ったらインゲンを加え1~2分炒めたら出来上がりです。 ブロッコリー 1株• うずらの卵水煮 1パック• ロースハム 2枚• ツナ缶 1缶• コショウ 少々• マヨネーズ 大さじ1• シーザードレッシング 大さじ1• フライドオニオン 大さじ1• ブロッコリーは、洗って小房に切り分け、片手鍋に水300ccと塩ひとつまみ入れた中に水から入れてフタをし、中火で3分程蒸し茹でにして、ざるに上げて水気を切ります。 ボウルに一口大に切ったハムとツナ、水気を切ったうずらの卵水煮、ブロッコリーを入れてコショウを振り、低カロリーマヨネーズとシーザードレッシングも入れて、ざっと混ぜます。 器に盛り付け、フライドオニオンを散らせば出来上がりです。

次の

じゃがいもを離乳食後期に使うなら?簡単おすすめレシピ16選|cozre[コズレ]子育てマガジン

じゃがいも おすすめ レシピ

【材料】• 甘塩たら…2切れ• じゃがいも…200g• サラダ油…大さじ1• 絹豆腐…300g• Aみそ…小さじ2• A牛乳…大さじ2• A塩こしょう…少々• Aバター…10g• とろけるチーズ…30g 【作り方】• じゃがいもの皮をむいて7mm幅の半月切りにする• 甘塩たらは3等分して塩こしょうで下味を付け、小麦粉を薄くまぶす• 絹豆腐の水きりをする• 耐熱ボウルに絹豆腐を入れて、泡立て器でなめらかになるまで混ぜる• 材料Aを加えて混ぜ、ふんわりラップをかけてレンジ600Wで3分加熱してよく混ぜる• フライパンにサラダ油を敷いて加熱し、じゃがいもとたらを入れて蓋をする• 中火で5分蒸し焼きにし、裏面も軽く焼き色を付けたらグラタン皿に移す• 5のソースをかけてとろけるチーズを乗せる• トースターで焼き目が付くまで5〜8分焼く• 焼き上がりにパセリを散らせば完成 【材料】• じゃがいも…2個• ピザ用チーズ…40g• サラダ油…大さじ3• ケチャップ…適量• マスタード…適量• A片栗粉…大さじ3• Aこしょう…少々 【作り方】• じゃがいもは食べやす大きさに切り、水にさらして水気を切る• 耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、600Wのレンジで5分加熱する• じゃがいもがなめらかになるまでつぶす• 絹豆腐と材料Aを潰しながらよく混ぜる• 4を8等分に分け、5cm程の大きさに広げてピザ用チーズをのせて包み形をととのえる• フライパンにサラダ油を敷いて中火で熱し、5を入れる• 全体がこんがりするまで揚げ焼きにする• 器に盛りつけ、ケチャップとマスタードを添えれば完成.

次の

じゃがいもレシピ人気1位!殿堂入りのチーズや煮物の簡単&おすすめメニュー!

じゃがいも おすすめ レシピ

味噌バター味のじゃがいももち あまじょっぱい味噌タレをたっぷりまぶした、モチモチした食感がおいしいじゃがいももちです。 海苔を巻いて食べるのもおすすめ。 おやつにも良いですよ。 じゃがいもを1. 5cm角程度に切り、水にさらします。 器にじゃがいも、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れてラップをし、電子レンジ600Wで4分加熱します。 串がささるくらい芋がやわらかくなれば、水を捨てて芋をフォークで潰します。 芋をしっかり潰すとモチモチし、荒く潰すとゴツゴツした芋の食感が楽しめます。 粉を入れて混ぜて、生地ができたら8等分にして丸めて潰します。 この時、生地が固くてまとまらないときは、水を追加します。 フライパンに油を少々入れて(2)を入れ、両面こんがり焼き色がつくまで焼きます。 弱火にし、蓋をして3分ほど加熱し、中心部分までしっかり火を通します。 (3)にAの材料を入れて、からめながら少し煮て、バターを入れて火をとめます。 今回は、おにぎり用の海苔を切ってつけています。 クリーミーマッシュポテト やわらかくした芋を裏ごすのはひと手間ですが、その工程により舌触りよくクリーミーに仕上がります。 ハンバーグの付け合せにもおすすめ。 こどもも大好きです。 【材料】(4人分) じゃがいも 中2個(300g 牛乳 大さじ4 塩 少々 白胡椒 少々 バター 少々(5g程度) 【作り方】 1. じゃがいもを1. 5cm角程度に切り、水にさらします。 器にじゃがいも、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れてラップをし、電子レンジ600Wで4分加熱します。 串がささるくらい芋がやわらかくなれば、水を捨ててザルに芋をとおし裏ごします。 (2)と牛乳を鍋に入れて火にかけてなじませます。 塩・胡椒・バターを入れて味をととのえます。 お好みで粉チーズを入れてなじませてもおいしいです。 ハンバーグの付け合せにもおすすめです。 ハンバーグのソースにからめて食べてもおいしいです。 さっぱり!じゃがいもだけ、ポテトサラダ さっぱりのコツはお酢。 すし酢を加えると甘みもついておいしいです。 じゃがいもを1. 5cm角程度に切り、水にさらします。 器にじゃがいも、じゃがいもがかぶるくらいの水を入れてラップをし、電子レンジ600Wで4分加熱します。 串がささるくらい芋がやわらかくなれば、水を捨てて芋をフォークで潰します。 芋が熱いうちに寿司酢、塩を入れて混ぜ合わせます(芋の潰し加減はお好みで)。 冷凍庫に3分程度入れて急冷し、少しさましてからマヨネーズを混ぜます。 塩、胡椒で味をととのえ盛り付けます。 すし酢が無い場合は、穀物酢、米酢と砂糖、塩少々で代用可能です。 じゃがいもを小さく切ってレンジで加熱すれば時短に! 今回のレシピは、じゃがいもを加熱する時に電子レンジを使用します。 電子レンジで加熱をすると、じゃがいもと水を沸かしてじゃがいもを加熱するよりも早く、じゃがいもをやわらかくすることができ、時短につながります。 また、じゃがいもを小さく切って加熱をすることで、さらに短時間で調理することが可能です。 我が家ではフライドポテトを作る際も、1度レンジで加熱をして8割程度やわらかくした芋を揚げて作ります。 揚げ油を温めている間に、芋をレンジでやわらかくすることができますし、事前に芋を加熱している分、揚げ上がりまで早いです。 また芋の中心までほぼ火が通っている状態で揚げるため、芋の表面だけ揚げる形になり、使用する油の量を控えることができます。 よって芋の吸油も控えられ、ヘルシーでさっぱりとした仕上がりになります。 また今回のメニューはじゃがいも1品しか使用しないため、材料の準備、切りもの、調理の工程が少なく、短時間で仕上がるメニューとなっています。 じゃがいものビタミンCで免疫力アップ 今回の料理3品の主要材料は、じゃがいもだけのレシピです。 じゃがいもはご家庭で常備されている方も多いと思いますので、思い立ったときにすぐに作っていただけるので、おすすめです。 野菜やじゃがいもに含まれる栄養素であるビタミンCには、加熱をすると壊れやすいという性質があります。 しかし、じゃがいもに含まれるビタミンCは、熱で壊れにくい性質を持つため、体に栄養素をきちんと取り入れることができます。 ビタミンCは風邪の予防や免疫力アップにも効果がある栄養素です。 今日の3品はどのメニューもこどもも好きな味なので、ご家族みなさまで楽しんでいただけるレシピです。 ぜひお試しください。

次の