スルスルこうそ 妊娠中。 スルスルこうそ(酵素)の危険な成分とは?副作用はあるの?

スルスル酵素は妊娠中・授乳中でも大丈夫?酵素で妊娠高血圧症候群を防ぐ!?

スルスルこうそ 妊娠中

飲むタイミングは【 朝ごはん・運動・夜ごはん】の15~30分前のいずれか• 飲む量は 1日2粒(1粒を2回、または2粒を1回で)• 『食事を抜く』のではなく、まずはいつも食べる量より 1口減らすことを目標にする(特に、ファスティングはNG)• 野菜や和食中心の食事を心がける• 運動は、 ヨガや 体に負担をかけないストレッチがおすすめ• おやつはなるべく控える(食べるなら、を 少しだけ) この中で、 特に大事なのが飲み方。 「赤ちゃんや上の子がぐずって、ゆったりダイエットなんてしてられない!」 というあなたは、手順のうち、上から3つ(オレンジで色付けしている部分)だけでも守ると、スルスルこうその効果UPにつながります。 なお、妊婦さんは、スルスルこうそを 飲んでも大丈夫です。 ただし、添加物が気になる人は控えたほうがベター。 なぜなら、やや気になる成分が入っているから。 しかし、授乳中は大変デリケートな時期のため、 かかりつけのお医者様に確認の上でご利用いただきますよう、お願いいたします」。 つまり、使う前に病院で相談するのがおすすめ。 ただし、心配な点がありました。 スルスルこうその原材料には、『カラメル色素』が使われています。 カラメル色素は茶色に色づけする着色料。 作り方によっては、 発がん性の疑いがあるんです…。 もちろん、スルスルこうそに入っている量は、ほんの少~しだけ。 目安量を守っていれば、悪い影響が出ることは考えにくいですが、 気になるようなら避けるのがベター。 さらに、スルスルこうそには、強力なダイエット成分がギュギュッ。 そのため、 急激にヤセてしまい、あなたや赤ちゃんの体に負担がかかる可能性がありました。 負担が大きいと、母乳の出が悪くなることも…。 スルスルこうその目安量は1日2~12粒ですが、体への負担を考え、授乳中は 1日2粒までにすると安心です。 また、授乳中は、普通だったら反応しないもので アレルギーを引き起こすことも…。 ムリに痩せようとするのではなく、体調に気をつけながら、 少しずつ体の中の環境を整えるつもりでトライすることが大切。 スルスルこうその添加物や中身についてもっと知りたいママさんは、以下の記事もどうぞ。 そりゃ、臨月のときのおなかとは違うけど、出産経験のある友達みんなから聞いてた「母乳をあげてたらみるみるヤセるよ~」なんて夢のまた夢。 「おっぱいあげてるのに、ぜ~んぜん体重減らないじゃん…」 て、体重計を見ては落ち込んでいたんです。 そんなとき、偶然SNSで見かけたのがスルスルこうそ。 「ホントにこんなにヤセられるの~?」 って疑いの気持ちもよぎったけど、病院で先生の許可も下りたので、ついつい買っちゃいました。 こうして、いざ飲むようになったら、ガラッと変わったんです。 断捨離したら家の中もスッキリして、赤ちゃんの行動範囲が広がりました。 やんちゃだけど可愛い我が子のプリプリしたお尻を見つめながら、しみじみダイエット期間を振り返ると… 思い切ってポチしてよかったって、心から思います。 あの日の自分に感謝…。 あなたもこの機会に、 ベビーのすこやかな成長と 自分の女性らしさアップを両立させるわがままダイエット、 始めてみませんか? ちなみに…「どうしても無添加のアイテムじゃなきゃイヤ!」というあなたは、以下の記事から選ぶと安心ですよ。

次の

酵素は妊婦の味方!?妊娠中に酵素を飲むとどんな影響がある?

スルスルこうそ 妊娠中

Contents• 酵素は妊婦が飲んでも大丈夫なもの!? そもそも「酵素」とは、どんなものなのでしょうか。 酵素はわたしたちが生きていくうえで欠かせない源です。 一般的に酵素というと「消化酵素」が有名といえます。 食べ物の消化吸収をしてくれるというイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実は、息をすることや体を動かすことにも酵素の働きが影響しているのです。 酵素は、たんぱく質がミネラルの周りに巻き付いているもので、約3,000種類も発見されています。 しかも、酵素はひとつの酵素につき、ひとつの仕事しかできないのが特徴です。 酵素は大きく分けると3つの種類に分けられていて、食べ物の消化吸収のための「消化酵素」、代謝や免疫などに関わる「代謝酵素」、新鮮な食べ物に含まれている「食物酵素」があります。 酵素自体は人間の体には必要不可欠なものなので、妊婦が摂取しても問題はありません。 ただし、ファスティングダイエットなどの目的で酵素ドリンクだけを摂取するのは危険です。 なぜなら、妊娠中は胎児に十分な栄養を送る必要があるからです。 酵素ドリンクでダイエットをしてしまうと、必要な栄養が胎児に送られなくなってしまう可能性が高いです。 妊娠中は体重管理も大切ですが、体重が増えてしまったからといって、極端なダイエットは胎児に悪影響を与えかねません。 妊娠中の酵素は食事だけでは補えない栄養を補助の意味で摂取するように心がけましょう。 では、妊娠中に酵素を摂取すると、具体的にどのような影響があるのでしょうか。 妊娠中の酵素はどんな影響があるの? 妊娠中に酵素を摂取すると、どんな影響があるのでしょうか。 妊娠中でもそうでないときでも健康維持のためには酵素は大切です。 特に妊娠中は代謝や免疫に関わる代謝酵素の量が減らないように注意が必要といえます。 代謝酵素は人間の体の中で作られるものですが、消化に関わる消化酵素と代謝酵素は密接な関係があるといわれています。 体内にある消化酵素だけで食べ物の消化ができなくなると、それを補うために代謝酵素が使われてしまうのです。 そうなると、代謝酵素の量が少なくなり生命維持に関わる活動が十分にできなくなります。 しかし食べ物に含まれる食物酵素は消化酵素の手助けをするので、食物酵素を摂取すれば代謝酵素の無駄使いをしなくて済むというわけです。 酵素を摂取すると妊婦にとってうれしい影響が期待できます。 まず多くの女性は妊娠中に便秘になりやすい傾向がありますが、酵素を摂取すると消化吸収の補助をしてくれるので、消化機能が正常に働き便秘を解消してくれる可能性が高まります。 妊娠中は基本的に市販の下剤などは飲めないですし、食物繊維のある食べ物や便秘に効果的といわれる硬水を飲んでも効果がない人は、試してみる価値があるのではないでしょうか。 また、代謝酵素が体内に十分にあると代謝が良くなる傾向です。 そのため多くの女性が悩む冷えの予防を期待できたり、肌荒れも防いでくれたりするといわれているのです。 さらに、つわりがひどく、食べ物が思うように食べられない妊婦でも酵素を飲むことで食べ物から摂取するはずだった酵素を補助することができると考えられます。 酵素の注意点も知っておこう! 妊婦が飲んでも悪影響のない酵素ですが、注意しなければいけないこともあります。 まず酵素を摂取して代謝が良くなれば、太りにくい体質になれると考えられますが、酵素を飲むだけで痩せるというわけではありません。 あくまでも栄養補助の役割として摂取しましょう。 また市販されている酵素の中には、妊婦は摂取しない方が良いといわれる添加物が含まれているものも存在します。 アレルギーのある人なら摂取できない成分もあるでしょう。 そのため成分をチェックしてから購入した方が安心です。 それから、酵素は1度摂取したらそれで十分というわけではありません。 消化や代謝は毎日行われているものなので、継続して飲むことが大切です。 ちなみに食物酵素は加熱をしていない生の食物や発酵食品に含まれています。 刺身や生野菜、納豆やヨーグルトなどがあげられますが、つわりでどうしても食べ物が食べられない人は、新鮮な野菜でスムージーを作って飲むという手もあります。 毎日スムージーを作るのはちょっと大変という人は市販の酵素ドリンクを、スムージーやドリンクも体が受け付けない場合は、水で手軽に摂取することができる酵素サプリメントがあるのでチェックしてみましょう。 酵素を摂取するタイミングですが、サプリメントやドリンクなら、食前に飲むと消化吸収を助けてくれるので効果的と考えられます。 酵素で栄養補助をして、妊娠中の自分と生まれてくる大切な赤ちゃんのために健康的な毎日を過ごしましょう。

次の

授乳中の産後ママがスルスルこうそをつかう方法

スルスルこうそ 妊娠中

元モー娘の加護ちゃんや子育て真っ最中のゴマキさん、ダンサーのピンキーさんも愛飲していてインスタなどで公開され、今では話題となっています。 妊娠中や授乳中であっても飲んで身体の中からキレイにしたいですよね。 でも、このデリケートな時期にスルスルこうそを飲むことで、身体に影響は出ないのでしょうか? 今回はスルスルこうそサプリメントについてまとめました。 噂のスルスルこうそってどんなサプリ?妊娠中や授乳中でもOK? 身体の中にある酵素量は10代~20代がピーク ダイエットをしても何だか痩せにくくなってきたと感じることはありませんか? それは基礎代謝が落ちていて、燃焼効果がダウン気味だからなんです。 人間が生きていくために、身体の中では消化、吸収、代謝、排泄、この4つが行われています。 どれも必要になってくるのが酵素と呼ばれる物質。 この酵素は20代くらいから減少傾向をたどり、何も対策を取らなければ減る一方なんです。 酵素が減ってしまえば、4つの働きも鈍くなってしまい、身体の中に老廃物を溜め込んでしまうことに。 代謝は加齢とともに減少するので、ダイエットをしたところでなかなか痩せにくくなってきます。 これを阻止するのが酵素です。 スルスルこうそにはその酵素がたっぷり贅沢に配合されています。 酵素配合のサプリなら妊娠中や授乳中でも飲める? スルスルこうそで使われている主な成分はというと…• 植物から抽出した酵素• 乳酸菌 大きくこの2つです。 代謝を上げることと腸内環境の改善が見られ、身体の中からスッキリキレイに。 そんな効果が期待できるスルスルこうそを、妊娠中や授乳中であっても試してみたいですね。 でも、母体や赤ちゃんに影響が出てしまうなんていうことはないのでしょうか?自分一人の身体ではないだけあって、ここが一番気になるところ。 スルスルこうそのサポートセンターに問い合わせてみた! 「気になることや不安を解消するには実際に聞いてみるのがいい!」 そう思い、スルスルこうそのサポートセンターに思い切って電話して聞きました。 妊娠中や授乳中の時期に飲んでも大丈夫? A:そうですね。 こちら健康食品というくくりにはなっているのですが、やはりデリケートな時期となっておりますので、そういった場合には一度かかりつけのお医者様に確認の上、お飲みいただくことをオススメさせていただいてるんですね。 食品の成分がメインですので問題ないかとは思うんですけれども、ただどうしても妊娠時は体調の変化が大きく変わってきたりしますので、そういった意味では一度かかりつけのお医者様にご相談いただくことをオススメさせていただいております。 妊娠中はダイエット目的で使わないほうがいいの? A:そうですね。 こちら乳酸菌が多く含まれていて1粒に対してヨーグルト5個分の乳酸菌が含まれてるんですね。 体質によって一時的に腸内バランスが崩れて、ちょっとお腹が緩んでしまったりとかするお客様もいらっしゃるんですよ。 なのでそういった意味で、ダイエット目的という意味では何とも申し上げることができないんですね。 妊娠中はデリケートな時期ではありますので、やはり念のために一度お医者様にご相談されたほうが間違いないかとは思うんですよね。 原材料や他の成分による副作用は心配ない? A:こちらが実際には個人差がございまして、中にはアレルギーでじんましんが出たというお客様がいらっしゃるんですよ。 なので絶対大丈夫ですとは言い切れないところがあるので、こちらの成分で確認していただけたらと思います。 出産後の母体への影響はある? A:そうですね。 こちらは授乳期ということでお子さまの体質などもあるかと思うんですよね。 また母乳の出についてもなのですが、直接お子さまに伝わっていくものなので、その辺も含めて成分などは一度確認していただいたほうが間違いないかと、お伝えさせていただいてるんですね。 1粒当たりに含まれている酵素の量はどのくらい? A:小麦発酵エキスと呼ばれる酵素のもとになっているものですが、こちらのほうが1粒に対して80㎎入っています。 生きている状態でカプセルに詰めているので、やっぱりパワーがある商品ではあります。 「スルスルこうそ」を妊娠中や授乳中にオススメできる理由とは? 出典: 問い合わせで妊娠中や授乳中であっても、「スルスルこうそ」が飲めることがわかり安心しましたね。 「スルスルこうそ」はどんなサプリメントなのでしょうか?成分とその効果について詳しくまとめました。 身体の中の代謝をアップ!天然素材を使った酵素 食物繊維が豊富:小麦ブラン 別名小麦ブランとも呼ばれ、パンやシリアルなどの食品にも使われている小麦ふすま。 「スルスルこうそ」に配合されている酵素のベースとなっています。 鉄分やマグネシウム、食物繊維などの栄養成分が豊富に含まれている注目度の高い素材です。 栄養成分がたっぷり:ビール酵母 食物繊維、ミネラル、ビタミンB群、核酸などの栄養成分と、体内では合成することができない必須アミノ酸9種類全ても含んでいるビール酵母。 便秘解消や疲労回復、脂肪燃焼、美白、美肌へと導きます。 腸内環境を正常化:500億個の乳酸菌が1粒に! 腸内環境を整えてくれる乳酸菌は、善玉菌と悪玉菌のバランスを調整してくれる大切な役割を担っています。 スルスルこうそ1粒に含まれている乳酸菌は500億個。 これをヨーグルトで換算すると、1個当たり100億個の乳酸菌の入っているヨーグルト5個分にあたります。 飲み続けていくほどに腸内環境が整ってきます。 野草80種から抽出した野草醗酵エキスを使用 ドクダミやヨモギ、高麗人参などを含む厳選された野草から抽出したエキス、野草醗酵エキスをたっぷりと使用しているスルスルこうそ。 とことん天然素材にこだわって作られています。 野草にはビタミンやミネラル、薬効成分が豊富!免疫力アップにも効果を発揮します。 発酵場所は新潟県上越市。 夏は高温多湿、冬は低温多湿の気候条件を利用してじっくりと発酵し、ギュッと凝縮配合しました。 体内代謝をアップして妊娠中や授乳中の不調を切り抜ける 妊娠中や授乳中は食事をメインに栄養を補給しますが、運動不足になりがちに。 筋肉量が落ちてくるので、基礎代謝量もそれと同時に低下していきます。 基礎代謝量とは、何もしていない安静にしているときに燃焼される消費エネルギー量のことです。 女性ホルモンのバランスの乱れから、ホルモンと関係の深い自律神経にも影響が出て、身体が冷えてしまう原因にもなります。 妊婦さんに冷え性の人が多いのはこのような理由からなんです。 そこで「スルスルこうそ」の出番。 代謝が落ちてきている=酵素が減少してきている、この方程式が成り立つので、強制的に酵素を身体の中に摂り入れてあげます。 妊娠中や授乳中に悩まされがちな便秘解消に期待 スルスルこうそに含まれている主な成分をここで復習してみましょう。 小麦ブラン• ビール酵母• 乳酸菌• 80種の野草醗酵エキス 便秘に悩む妊婦さんや授乳中のママさんは多いですよね。 スルスルこうそに配合されている成分に共通するのは、腸内環境を整えてくれる効果が期待できる点です。 食物繊維と乳酸菌、このWコンビは便秘解消にもってこいの有名な成分。 そこにたっぷりの酵素も配合されています。 酵素を体内に増やせば、免疫力がアップ。 免疫をつかさどっているのは第2の脳と呼ばれている腸です。 その腸が酵素と食物繊維によって正常に戻ってくれば、次第に便秘も改善され、さまざまな身体の不調も回復へと向かいます。 「スルスルこうそ」にはそれが期待できます。 スルスルこうそを妊娠中や授乳中に上手に利用するには? <妊娠中> ・腸内環境を整えるくらいの軽い気持ちで飲んでみる ・ホルモンバランスの乱れによる便秘に悩む時期から脱出するために利用する ・運動不足になりがちで代謝が落ちやすい時期だからこそ、スルスルこうそで体内の酵素量をアップさせてカバー <授乳中> ・産後ダイエットを考え始める時期ですが、無理なダイエットをせずに体内の酵素の量を増やすことに集中してみる ・母乳を通して赤ちゃんに栄養分を与える大切な時期だからこそ、食事制限や過激な運動は控え、スルスルこうそを飲み、徐々に体質改善を図って代謝をアップさせる 初回特別990円 税抜 !スルスルこうその購入は定期コースがお得! 出典: スルスルこうそでは主に3つの定期コースをご用意。 通常価格では1袋4,125円(税抜)のところ、毎月1袋定期コースでは3,300円(税抜)、毎月2袋コース6,200円(税抜)(1袋当たり3,100円)、毎月3袋コース8,670円(税抜)(1袋当たり2,890円)となっています。 この他4袋~のコースもありますが、3袋コースと同じく、1袋当たり2,890円(税抜)にての購入。 今なら定期コース初回購入に限り1袋のみ990円 税抜き にプラスもう1袋プレゼントが付いてきてお得です。 いつでもメール便であれば送料無料なので負担を感じません。 ただし、スルスルこうそは最低3回の継続がお約束となっています。 回数制約がある商品ですが、飲み続けていくほどにその効果を実感しやすいので、継続していってみてくださいね。 定期コースで購入の場合には、もれなく携帯用サプリメントケースのプレゼントがついてきます。 妊娠中や授乳中であっても安心!スルスルこうそで燃焼しやすい身体にしよう 管理栄養士さんが監修のもと開発されたスルスルこうそ。 食べることに制限をかけずに、身体の中の代謝酵素の働きをアップさせ、燃焼しやすい身体づくりへと導くことに焦点をあてています。 だから食欲旺盛になる妊娠中や、食欲が止まらない出産後の授乳中であっても、食事に極度の制限をかけることなく、スルスルこうそを飲むことで自然に体内の酵素量をアップ。 次第に燃えやすい身体へと変化していきます。 さらに乳酸菌もたっぷり含まれているから便秘解消効果にも期待!食品なので、妊娠中の妊婦さんや授乳中のママであっても安心して飲めます。 時間をかけてスルスルこうそを飲んで、身体の中からキレイに、そして燃焼しやすい体質を目指していきましょう。

次の