コロナ渦中 意味。 「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

コロナウイルス渦中のインドネシア(バリ島)でラマダンの影響は?ラマダン(2020)の期間・意味・モスクでの集団礼拝禁止・断食(プアサ)明けの食事など最新解説!

コロナ渦中 意味

新型コロナウイルスはまだまだ終息が見えず、先日(2020年4月7日)、約1か月をめどとして1都1府5県に緊急事態宣言も出されました。 この有事の国難とも言える状況を「コロナ禍」という言葉で表されたりします。 ところで、この言葉の読み方がわかりますか? 正解はタイトルにも書いている通り「コロナか」と読みます。 コロナという字はカタカナなので誰でも読めるでしょうが、「禍」という漢字が読みにくいですよね。 今回は、「コロナ禍(か)」という字の意味についてご紹介したいと思います。 (スポンサーリンク) もくじ• コロナ禍とは?読み方は「コロナか」 「コロナ禍」の読み方は「コロナか」であることがわかりましたが、では一体どういう意味なのでしょうか。 「禍」と書いて「わざわい」とも読む 「禍」という漢字は、「か」という読み方の他にも「わざわい」という読み方もあります。 「わざわい」と聞くと「災い」という漢字を真っ先に思い浮かべるかもしれませんが、「災」という字を用いる場合は、台風や地震や洪水や火山の噴火などの自然災害や天災を指し、防ぎようのない災いのことを言います。 一方、「禍」という字を用いる場合は、火事や洪水などの災害を指し、工夫や予防をしていれば防げる人為的な災難のことを言います。 つまり、両者の大きな違いは、• 防ぎようがあったのかなかったのか• 天災なのか人災なのか ということになります。 コロナ禍とは?意味は「コロナウイルスという防げたはずの人災」 前述した「禍」という字の意味を素直にそのまま受け取って「コロナ禍」に当てはめた場合、コロナ禍とは「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」ということになります。 もちろん、言葉や漢字の意味は色々なものを併せ持っていったり、一言で言い表せない含みを持っていたりするので、そのまま当てはめて解釈することが必ずしも適切とは言い切れない場合もあります。 コロナウイルスが事前又は適切な時期に対策や予防措置を講じていれば防げたのか否か、及び人為的な災害と言えるのか否か、ということについては個人の見解では限界がありますので言及は避けますが、そういう意味も込めて「コロナ禍」と言われているのは間違いがないところでしょう。 ウイルスそのものだけでなく、ウイルスが蔓延したことによる二次被害、三次被害もありますので、もちろんそれらも含めての「コロナ禍」だと言えます。 例えば、• 買い占めや品切れ続出• 外出自粛• 経済活動の自粛• 解雇や失業• 収入の減少• 臨時休校• 休校に伴う授業の遅れ• 東京オリンピックの延期• 差別やヘイト などになります。 こうして見てみると、確かに「予防対策できた」「人為的災害」と言えるものも含まれているように思います。 「禍」を「渦」と書くこともある?「鍋」は間違い! 中には「コロナ禍」を「コロナ渦」と書いてある記事や情報発信も見受けられました。 「禍」と「渦」の違いです。 「しめすへん」か「さんずい」の違いで意味が違ってきます。 「渦」の場合も「か」とも読みますが、訓読みでは「うず」と読みます。 つまり、「コロナ渦」と表現している記事は「コロナウイルスの渦中にいる」と言いたいのかもしれませんが、そうなると新語や造語になってきますし、最初に誰かが間違えて発信した字が一部の人に浸透してしまった結果なのかもしれませんね。 デマも広がるスピードが恐ろしく速く、そして突き動かされる人も多かったのはコロナショックのトイレットペーパー買い占めで記憶に新しいところです。 「コロナ渦」の場合は、「まぁそういう造語もありかな?」とも思えますが、中には「コロナ鍋」と書いている人もいて、「さすがにそれは読み間違い&書き間違いでしょう」と思うわけです。 確かに「かねへん」の「鍋」も「か」という読み方をしますが、訓読みでは「なべ」です。 「コロナウイルスのお鍋」という意味は、もう日本語としても文章としても成立しませんし、明らかな間違いだと断言できます。 いや、私が知らないだけで、「コロナ鍋」に深い意味があるのかもしれませんが、その場合は後学のために教えて頂けたら幸いです。 最後に 今回は、「コロナ禍」の読み方と意味についてご紹介しました。 まとめると、• 読み方は「コロナか」• 意味は「コロナウイルスという防げたはずの人為的災害(わざわい)」• 「コロナ渦」という表現もあるが、正しいのかは不明• 「コロナ鍋」は明らかに間違い ということになります。 「コロナ禍」が気になっている人のご参考になれば幸いです。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

コロナ渦中 意味

コロナ渦とは、が渦巻いている様子である。 概要 : (か) 伝染病による・損失には「」という言葉をあまり使わず、「 禍(か)」という言葉を使って表現する。 「禍」というには、• (かこん)を残す• の惨禍(さんか)• 舌禍(ぜっか)を招く• 禍(わざわい)を転じて福となす• 禍々しい(まがまがしい) などの用例がある。 「渦」単体では「禍」と同じ意味にはならず、誤記である。 しかし、「渦」を使った言葉である「」が「した中」という意味であるので、全く意味が異なるわけではない。 以前から「ト禍」「禍」という表現があるため、それに倣って「」が生まれたものと思われる。 末ごろから徐々に使われ始め、同年下旬から広く使われるようになってきている。 実際に起こっているについては「 」の記事を参照。 他の誤記 コロナ鍋(コロナなべ) が入った。 々しい…いや、禍々しい。 なお、の直箸を通じてが感染する可性は低い()。 しかし、複数人で向かい合ってを食べるは多くの場合「」に該当してしまうため、にかかわらず感染の危険がある。 コロナ過(コロナすぎ) が過ぎたころ。 妙に的に感じられる。 「 」という言葉があるので、そちらを参照。 コロナ蝸(コロナかたつむり) に感染しつむり。 のへの感染例は複数確認されているが、に感染するのかは不明である。 コロナ堝(コロナるつぼ) を溶かすためのるつぼ。 「るつぼ」はを溶かすためののこと。 多分使用中のるつを入れたら高温で死滅する。 しかし人体や付着面からを分離してるつ入れることは難しいので、堝は感染防止には有効ではないと思われる。 コロナ 萵(コロナレタス) の形をした。 にするとおいしい。 関連項目• 他にも、「戦禍」と「戦渦」は両方の表記が辞書に掲載されていることが多い。 「」は「による」、「」は「による」という意味である。 なお、としての「」「」はもちろん辞典などに掲載されているが、辞典の単としての「禍」は「」「」「」ので掲載されており、「渦」は「」のだけが掲載されている。 また、今回のような病原菌の名に「禍」をつけて表す言葉の用例はまだ多くの辞書には掲載されていないと思われる.

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

コロナ渦中 意味

新型コロナウイルスの感染が各国で拡大し、人々の生活に深刻な影響が出ています。 訓読みの方をチェックすると、こちらの漢字に含まれる意味が、ストレートに理解できますよね。 つまり端的に言ってしまえば、かなりネガティブな意味を持った漢字というわけです。 それでは続いて、「禍」を含む表現について見ていきましょう。 特に馴染みが深いのは、 「禍福は糾える縄の如し」ということわざでしょうか。 これは中国の史記・南越列伝に由来するもので、「かふくはあざなえるなわのごとし」と読み、「災いと幸福は表裏一体で、まるでより合わせた縄のように代わるがわるやって来るものだ(=不幸だと思ったことが幸福に転じたり、幸福だと思っていたことが不幸に転じたりする)」との意味合いで用いられます。 ちなみに私個人はコロナ禍という表現を初めて耳にしたとき、一番に「武韋の禍」という言葉を連想しました。 スポンサーリンク? 「コロナ禍」の読み方や意味をチェック! 以上のような点を押さえておけば理解しやすいかと思いますが、コロナ禍は 「ころなか」とよみ、 「新型コロナウイルスによってもたらされた、様々な災いや社会的混乱」のことを意味しています。 これだけ影響が大きく多方面にわたっているので、「禍」という表現がピッタリと判断されたのでしょうし、また一言で一連の混乱を端的に表現できるワードとして、重宝されるに至ったのでしょう。 といっても「禍」が近年のニュースに登場するのはこれが初めてではなく、「インフルエンザ禍(いんふるえんざか)」等の言い回しが見受けられるケースもありますね。 コロナの専売特許ではなく、割と汎用性の高い表現ということです。 もう少し分かりやすい表現を使ってほしい」といったコメントが幾つも寄せられています。 説明を聞けばなるほどという感じですが、当然のように使われると、少々戸惑ってしまいますね^^; スポンサーリンク?

次の