安倍さんから。 安倍さんよ、「戦後レジュームからの脱却」はどうなったのか。(日々雑感) 笑坊

「安倍さんから」と現金/河井前法相側が手渡す/広島・府中町議が認める

安倍さんから

学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる公文書改ざん問題で、自殺した元近畿財務局職員赤木俊夫さん(当時54)の妻雅子さん(49)が国と当時財務省理財局長だった佐川宣寿元国税庁長官に計約1億1200万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回弁論が15日、大阪地裁で開かれた。 国側と佐川氏は請求の棄却を求める中、雅子さんが法廷で意見陳述。 終了後、雅子さんは記者会見に臨み、胸中を語った。 法廷に行く前に、自宅で俊夫さんに「一緒に頑張って戦おうと呼びかけ、裁判所に来ました」と話す雅子さん。 裁判に至った理由についてこう語った。 「なぜ夫が死ななければならなかったのか?何があったのか、その真実を知りたい」 そして森友学園問題で疑惑が浮上した安倍晋三首相と昭恵夫人にも話が及び、こう訴えた。 「安倍首相は自分の発言が改ざんの発端になっていることから逃げていると思います」 「安倍首相は自分の発言と改ざんに関係があることを認め、真相解明に協力してほしい。 昭恵さんも森友学園への土地売却の関係を明らかにしてほしい」 「安倍首相や安倍昭恵さん、何らかのことに関係しているはず。 関係ないとは言えないはず」 法廷で意見陳述した心境を記者団に説明した。 そして、昭恵夫人とは連絡がとれLINEでメッセージをやりとりしたという。 「昭恵夫人からLINEが来て主人に線香をあげたいとおっしゃっていた。 その日がくればいいのですが…」 そしてもう一人、雅子さんが疑いの目を向けているのが被告となっているのが、佐川氏だ。 「佐川さんは公務員時代のことは責任を問われないといっている。 夫は(公文書改ざんという)犯罪をさせられた。 犯してしまったのです。 佐川さんは、どう思っているのか、直接、聞きたい」 赤木さんが亡くなって、1年半が経過し、今も財務省や近畿財務局への不満、憤りは募るばかりのようだ。 財務省は公文書改ざん問題について「調査報告書」を作成。 だが、俊夫さんの遺書などの資料を確認することなかったという。 そして財務省とのやりたりをこう訴えた。 「(財務省の人から)報告書で『配下の職員が改ざんに抵抗したと書かれてある。 それだけでもありがたく思え』と言われました」 とんでもない暴言である。 雅子さんが公文書改ざん問題の再調査を求めて、募った署名は35万筆という膨大な数が集まった。 こう訴えた。 「私一人でなく35万人の方々が、再調査という思いを寄せていただき、重みを感じています。 力にもなっている。

次の

河井克行容疑者 現金「安倍さんから」と渡す― スポニチ Sponichi Annex 社会

安倍さんから

93 参院議員の河井案里容疑者(46)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反容疑で逮捕された夫で元法相の克行容疑者(57)=衆院広島3区=が地方議員らに金を渡す際、一部に「安倍さんから」として安倍晋三首相(自民党総裁、衆院山口4区)の名前を出していたことが24日、分かった。 案里容疑者の後援会長を務めた広島県府中町の繁政秀子町議(78)が証言した。 繁政町議は中国新聞の取材に、参院選公示前の昨年5月、克行容疑者から白い封筒に入った現金30万円を渡されたと認めた。 現金を受け取った理由について、自民党支部の女性部長に就いており「安倍さんの名前を聞き、断れなかった。 すごく嫌だったが、聞いたから受けた」と振り返った。 繁政町議によると、克行容疑者が現金を差し出したのは、案里容疑者が参院選前に広島市中区へ設けた事務所だった。 克行容疑者から呼ばれ、2人きりになった時に白封筒を示された。 気持ちの悪さを感じてすぐに「いただかれません。 選挙できんくなる」などと断ったが、「安倍さんから」と言われ、押し問答の末に受け取ったという。 現金は今も使っていないとして「返したい。 とても反省している」と話した。 繁政町議は同じ県内の女性議員として案里容疑者とつながりがあり、後援会長を引き受けたという。 選挙戦では出陣式や個人演説会でマイクを握り「心を一つにして素晴らしい成績で当選させてほしい」などと支持を呼び掛けていた。 すでに自民党候補いるとこでこれやったんだし 1月の記事 自民党本部、河井案里氏を優遇 競合候補の10倍1. 5億円資金提供 案里氏「違法性ない」 2019年参院選の広島選挙区(改選数2)を巡り、 自民党が議席独占を目指して擁立した2人の公認候補への 党本部の支援に明らかな格差があったことが判明した。 当選した新人・河井案里参院議員側に約1億5000万円が振り込まれた一方、 6選を目指し落選した溝手顕正・元防災担当相の陣営には1500万円。 案里氏は、安倍晋三首相に近い河井克行前法相(衆院広島3区)の妻で、 党本部の肩入れぶりが金額でも露骨に出たようだ。

次の

「安倍さんから」と現金/河井前法相側が手渡す/広島・府中町議が認める

安倍さんから

参院議員の河井案里容疑者(46)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反容疑で逮捕された夫で元法相の克行容疑者(57)=衆院広島3区=が地方議員らに金を渡す際、一部に「安倍さんから」として安倍晋三首相(自民党総裁、衆院山口4区)の名前を出していたことが24日、分かった。 案里容疑者の後援会長を務めた広島県府中町の繁政秀子町議(78)が証言した。 繁政町議は中国新聞の取材に、参院選公示前の昨年5月、克行容疑者から白い封筒に入った現金30万円を渡されたと認めた。 現金を受け取った理由について、自民党支部の女性部長に就いており「安倍さんの名前を聞き、断れなかった。 すごく嫌だったが、聞いたから受けた」と振り返った。 繁政町議によると、克行容疑者が現金を差し出したのは、案里容疑者が参院選前に広島市中区へ設けた事務所だった。 克行容疑者から呼ばれ、2人きりになった時に白封筒を示された。 気持ちの悪さを感じてすぐに「いただかれません。 選挙できんくなる」などと断ったが、「安倍さんから」と言われ、押し問答の末に受け取ったという。 現金は今も使っていないとして「返したい。 とても反省している」と話した。 繁政町議は同じ県内の女性議員として案里容疑者とつながりがあり、後援会長を引き受けたという。 選挙戦では出陣式や個人演説会でマイクを握り「心を一つにして素晴らしい成績で当選させてほしい」などと支持を呼び掛けていた。 克行容疑者は安倍首相や菅義偉官房長官と近く、案里容疑者の擁立や支援には政権中枢や党幹部が深く関わったとされる。 党本部は昨年4月15日~同6月27日、夫妻が支部長を務めた二つの党支部に計1億5千万円を投入した。 落選した党現職の溝手顕正氏(77)側に対する資金提供は1500万円で、10倍の開きがあったと判明している。 中国新聞社.

次の