ジクロフェナク na 錠。 ジクロフェナクNa錠25mg「トーワ」

医療用医薬品 : ジクロフェナクNa

ジクロフェナク na 錠

ボルタレン25mg錠 ジクロフェナク(: Diclofenac)は、系の(NSAIDs)の1種である。 主に解熱、のために用いられる。 日本では、塩の ジクロフェナクナトリウム(: Diclofenac sodium)が商品名「 ボルタレン」(: Voltaren、)がとして販売され、いくつかのがとして製造されている ほか、数カ国では(OTC医薬品)として承認されている。 、などでもナトリウム塩が用いられているが、少数の国では塩である ジクロフェナクカリウム(: Diclofenac potassium)も用いられる。 ジクロフェナクの安全性はかなり証明されているが、を起こす可能性もある。 Diclofenacと言う名前は、2-(2-(2,6- dichloro phenylamino)phenyl) acetic acidから命名された。 作用機序 [ ] ジクロフェナクのは短いが、効果は6〜8時間と長く持続する。 これは(synovial fluid)の特定の場所のみが高濃度になることによるものである。 ジクロフェナクは、(COX)を阻害することによって合成を抑制するため、解熱・鎮痛効果があると考えられている。 しかし、のでも同様の作用がおこるため、によってを起こす可能性がある。 また、経路(lipooxygenase pathways)を阻害し、の合成を妨げている可能性がある。 さらに、 A 2 PLA 2 を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。 ジクロフェナクの効果はNSAIDsの中でも非常に強力である。 使用対象 [ ] 現在用いられている用途 [ ] ジクロフェナクは、、、、、などの鎮痛目的で使用される。 さらに、小規模から中規模な後や、、、、、を和らげるためにも使用される。 ジクロフェナクを長期間服用すると胃にダメージを与え、を引き起こす可能性がある。 これを避けるため、とジクロフェナクの併合剤(商品名「オルソテック」 Arthrotec)が使用されることもある。 手術時後の炎症症状、合併症防止のため点眼薬が使用される事がある。 調査中の用途 [ ] ジクロフェナクはによる慢性痛や炎症の抑制にも用いられる。 その結果、の骨転移の鎮痛に対して良好な効果があり、より優れていることがわかった。 ジクロフェナクはオピオイドと結合させることができる。 ジクロフェナクと(それぞれ50 mg)の併合剤は、商品名「コンバレン」 Combarenとしてヨーロッパで癌に対して用いられている。 であるとの組み合わせが、何人かの癌患者に対する試験で効果的であることがわかった。 悪性リンパの発熱はしばしばジクロフェナクに反応する。 やによって発熱が治まった場合はジクロフェナクの投与は中止される。 長期間に渡って少量ずつ投与される場合はの発症を抑える可能性がある。 そのため、大腸菌によるの治療に利用できる可能性がある。 禁忌・注意 [ ] 禁忌 [ ] 以下の場合は原則用いてはならない。 ただし、、の判断で使用される場合もある。 ジクロフェナクに対するアレルギーを持つ場合• 重篤な血液異常のある患者、重篤な高血圧のある患者• 、もしくはその他のに対するアレルギーを持つ場合。 鎮痛薬や解熱薬でを起こしたことのある者。 、もしくは胃腸障害がある場合。 重い、、後期。 (、など)がある場合。 腎機能が低下している場合。 トリアムテレンを投与中の患者• 小児の、やなどのウイルス性疾患。 との相互作用で重症化するメカニズムが解明された。 注意 [ ] 以下の場合は使用に際して注意が必要である。 肝臓患者• 大きな(など)がある場合 副作用 [ ] ジクロフェナクはよく用いられている薬であるが、いくつかがある。 、かゆみ、皮膚障害、不快感、腹痛、まれにや様症状、肝障害や腎障害などが報告されている。 また消化管出血、穿孔などを起こすこともあり、注意が必要。 また、胃潰瘍、の患者および既往症のある者に対しては、症状を悪化させる可能性があるため充分な注意を必要とする。 その他、劇症の報告や鬱血性も報告されている。 他の薬との飲み合わせに注意が必要。 (抗リウマチ薬)、系抗菌薬、(抗凝血薬)、、薬その他。 は、などへのを増幅するため、すること。 報告されている副作用 [ ] 一般的な副作用は次の通りである:吐き気、消化不良、・出血、増大、、ふらつき、塩および体液停留、。 まれな副作用は次の通りである:、、、、、、。 心臓 [ ] 2004年、選択的COX-2阻害剤によってが起こったため、ジクロフェナクを含む他のNSAIDsの薬剤も同様の副作用を疑われた。 2006年4月までの論文と報告を分析した結果、非投与者に比べて心臓病のリスクが1. 63倍になることが判明した。 しかし、このリスクより薬が持つ利益の方が大きいため、状況に応じて投与されている。 74,838人のNSAIDs、もしくはの投与を受けている患者を調査した結果、ジクロフェナクによる心臓病のリスクが上昇しないことが2006年5月に報告された。 2006年9月、(FDA)のメディカルオフィサーにより、ジクロフェナクがのリスクを上昇させると結論付けられた。 胃腸 [ ] ジクロフェナクは胃や腸に対してダメージを与え、を引き起こす恐れがある。 このような症状が現れた場合は即座に使用を中止しなければならない。 肝臓 [ ] に対する副作用がごくまれに起こる場合があるものの、通常は可逆的である。 が突然発症し、死亡する可能性もごくわずかにある。 長期間投与する場合は、肝機能の変化を調べ続けなければならない。 ただし、短期間しか使用しない場合はあまり影響しない。 腎臓 [ ] で、ジクロフェナクに曝露された動物の死体を食べたが、急性を起こして死亡した。 NSAIDsは、薬物に敏感なヒト・動物の腎臓におけるプロスタグランジン合成によって起こる腎臓への影響に関係している。 腎臓ではCOX-1とCOX-2の両方が存在するため、選択的COX-2阻害剤を使ってもこの影響が出てしまう。 そのため、薬物に敏感なヒトは選択的COX-2阻害剤を使う場合でも予防措置を取っておかなければならない。 その他 [ ] ごくまれにへの影響(減少、無症、減少、など)がある。 これらは発見が遅れれば、や命に関わる恐れがある。 これは副作用の腎不全によるものである。 ハゲワシは、獣医によってジクロフェナクが投与された家畜の死体を食べる。 家畜にはジクロフェナクが蓄積されているため、これを食べたハゲワシが死亡した。 2005年3月、インド政府はジクロフェナクを段階的に排除することを発表した。 は高価ではあるが、より安全な代用品として候補に挙がっている。 インド亜大陸で10年間に数千万羽のハゲワシが死亡したが、これは同時に人間の健康も脅かしていることを意味している。 ハゲワシの数が減少したことでの数が各地で増加した。 野犬はのキャリアであり、人間へも狂犬病を感染させるため危険視されている。 ハゲワシの数が大幅に減少したため、に指定されている。 なお、ではジクロフェナクの使用が禁止されたが、徐々にハゲワシの数が回復しつつある。 脚注 [ ] []• KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes• Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. In Vivo 20 5 : 613—9. Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. Meta-analysis of randomised trials. 332 7553 : 1302-8. Arthritis Rheum 54 5 : 1378-89. Graham D 2006. 296 13 : 1653-6. J Pain Symptom Manage 23 4 Suppl : S15-20; discussion S21-3. Oaks JL, Gilbert M, Virani MZ, Watson RT, Meteyer CU, Rideout BA, Shivaprasad HL, Ahmed S, Chaudhry MJ, Arshad M, Mahmood S, Ali A, Khan AA 2004. Nature 427 6975 : 630-3. プレスリリース , Press Information Bureau, Government of India, 2005年5月16日 , 2006年5月12日閲覧。 PLoS Biol 4 3 : e66. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - による「ボルタレンEX」「ボルタレンAC」の公式サイト(日本国内での使用に限定された情報).

次の

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」

ジクロフェナク na 錠

ジクロフェナクナトリウムの効果効能 関節リウマチ・腰痛・歯痛・手術後の疼痛などは非常に辛いものです。 ジクロフェナクナトリウムはその痛みや腫れを抑える効果があります。 原因を治す効果はありませんが、慢性的な痛みや慣れない疼痛は非常に辛いので、対症療法とは言え、ありがたい薬です。 ジクロフェナクナトリウムは薬の形状にもよりますが、1時間ほどで効果が現れます。 地味に続く痛みの場合、ついつい我慢してしまいがちですが、効果が現れるまでに少し時間がかかりますので、早めに使用する方が良いでしょう。 ジクロフェナクナトリウムの副作用 錠剤やカプセルの場合、胃で素早く吸収されて効果を発揮しますが、胃腸障害を起こすこともあります。 場合によっては胃潰瘍ができるなど重篤な副作用が現れることもありますので、持病などがあれば事前に医師に伝えておく必要があります。 元々胃腸の弱い方や胃潰瘍がある方、その他にも肝臓・腎臓の病気や高血圧・喘息などの病気を抱えている方は使用を控えましょう。 薬の形状に関わらず、湿疹が出たり、腎臓・肝臓などの機能障害を引き起こすこともあります。 また、手足のしびれや呼吸困難・血圧低下といったアナフィラキシーショックを起こす方もいますのでアレルギー体質の方は事前に十分医師と相談してから使用しましょう。 ジクロフェナクナトリウム使用時の注意点 妊娠中・授乳中の方は胎児への影響が心配されますので使用しないようにしましょう。 妊娠の可能性がある方も事前に医師に伝えておきましょう。 クリーム剤・パップ剤・テープタイプなどは傷のある部分に使用してはいけません。 皮膚炎やかゆみを引き起こす可能性があります。 また、飲み合わせにも注意が必要です。 利尿薬のトリテレン(トリアムテレン)とは組み合わせできません。 抗真菌薬の一種ポリコナゾール• 血液をサラサラにするワーファリン• 躁(そう)うつ病等に用いられるリチウム• 抗リウマチ薬のメトトレキサート• 降圧薬• 免疫抑制剤 などは相互作用を引き起こす場合があります。 持病がある方や常用している薬がある方は必ず事前に医師に伝えるようにしましょう。 まとめ ジクロフェナクナトリウムは鎮痛効果や解熱効果などがあり、形状も多く、幅広く使用されている薬です。 便利な反面、副作用も多く見られる薬ですので注意が必要です。 場合によっては重篤な副作用を引き起こすこともありますので、持病や常用している薬などがあれば必ず医師に伝えましょう。 妊娠の可能性がある方も十分注意が必要です。 痛みというのは非常に辛いもので、それを抑えてくれる薬は本当にありがたいですね。 しかし安易に使用してしまうと、その薬の副作用でさらに苦しむ可能性もあります。 薬の効果や副作用など、十分理解してから使用するようにしましょう。

次の

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」

ジクロフェナク na 錠

今回の流れ• ジクロフェナクの効果!頭痛にも効く? ではまず最初に、ジクロフェナクの効果について見ていきます。 ジクロフェナクは炎症を鎮めることで、解熱するためや痛みを和らげることを目的に用いられる薬です。 この薬は、 ・頭痛を抑える働き ・熱を下げる働き ・喉の痛みを抑える働き ・膀胱炎を和らげる働き 以上のような働きをします。 さらにジクロフェナクは関節痛や神経痛、筋肉痛に対しても効果的な薬です。 関節痛や神経痛・筋肉痛の炎症を鎮めてくれる働きもこの薬にはあるので、 関節痛や神経痛・筋肉痛に対しても効果的です。 このようにジクロフェナクは様々な症状に対して効果的なことから、内科や整形外科さらには泌尿器科でも処方される薬です。 そういう場合には病院に行きましょう。 ジクロフェナクは様々な症状に効果的ですが、痛みの種類によっては効果を発揮しないこともあります。 そういった場合はむやみやたらに服用する量を増やすのではなく、必ず病院に行って医師に相談するようにしましょう。 ちなみにジクロフェナクは即効性にも優れている薬で、 2時間程度で効果がMAXとなります。 ジクロフェナクの種類! では続いて、ジクロフェナクの種類についていきます。 ジクロフェナクには、 ・ジクロフェナクナトリウム錠 ・ジクロフェナクナトリウムクリーム ・ジクロフェナクナトリウムテープ ・ジクロフェナクナトリウム坐剤 の4種類があります。 ちなみにジクロフェナクの薬の主成分は ジクロフェナクナトリウムです。 このジクロフェナクナトリウムという成分は、ボルタレンと呼ばれる薬などにも使われています。 (なんかすごい片仮名ばっかになってすみません。 笑) 錠タイプのものは頭痛や発熱などに効果的、 クリームタイプ・テープタイプのものは筋肉痛・関節痛・神経痛などに効果的、 坐剤(下剤)タイプのものは腰痛さらには陣痛の時や手術の後の鎮痛などに効果的です。 このようにそれぞれの症状に最も適した形で服用できるように、ジクロフェナクには様々な種類の薬があります。 ちなみにジクロフェナク坐剤は肛門から入れる薬です。 大体坐薬を入れて 1時間前後で体内に溶けます。 坐薬は入れるのが大変ですが、その分早く溶けますよ。 ただ坐薬を入れた後に排便をしてしまうと薬が溶けずに体外へ排出されてしまうので、排便してから坐薬を入れるようにしましょう。 ちなみに薬の1日の服用回数や服用量は症状や年齢によって異なりますので、医者に指示された服用回数・服用量を守るようにしてください。 ジクロフェナクの副作用! これが最後の見出しです。 最後はジクロフェナクの副作用について見ていきます。 ジクロフェナクの種類によっても副作用の恐れがある症状も異なるので、それぞれの種類別に副作用についてお伝えしていきます。 ジクロフェナクは 副作用の症状が基本的に現れることの少ない薬ですが、万が一のことも考えて副作用についても把握しておきましょう。 ・クリームタイプ、テープタイプ この2つは体の外につけるだけで 体の内部に入れるわけではないので、副作用の恐れはほとんどありません。 ただクリーム・テープタイプのジクロフェナクをつけて、皮膚に発疹ができたり・皮膚が赤くなったり・皮膚がかゆくなったりした場合は薬をつけるのをやめて医師に相談しましょう。 ・錠タイプ、坐剤タイプ 錠タイプ・坐剤タイプのジクロフェナクを服用すると、 胃腸の働きが弱くなってしまうことがあります。 ですので、胃腸が弱い方や高齢の方はよく注意するようにしましょう。 胃腸が弱くない方でも、 ・胃痛がする ・食欲がなくなる ・お腹が痛くなる といった副作用が稀に生じるので注意が必要です。 また重大な副作用として、 ・手足が冷えたり、震えたりする ・吐血したり、血痰が出る ・息苦しくなったり、気持ち悪くなったりする などの症状が現れることがあるので、念のため注意をするようにしましょう。 (ただ上記のような重大な副作用が現れることはほとんどありません。 ) 何かおかしいと感じた場合には、必ずかかりつけの医師・薬剤師に相談するようにしてください。 では、まとめの方に移っていきます。 スポンサーリンク まとめ では、今回のまとめの方に移っていきます。 今回はジクロフェナクの効果や副作用を中心に様々なことをお伝えしてきました。 今回の要点を押さえると・・・ 1. ジクロフェナクは頭痛や発熱、喉の痛みにも効果的! 2. ジクロフェナクは4つの種類がある! 3. ジクロフェナクは副作用で胃腸が弱くなることがある! こんな感じでしょうか。 カロナールという頭痛や発熱に効く薬があります。

次の