リヴァイ 生き て た。 リヴァイとは (リヴァイとは) [単語記事]

リヴァイ兵長は死亡した?115話で死んだとされたが生きてることが判明

リヴァイ 生き て た

諌山先生が意識していたかわかりませんが、同じアッカーマンとして死に方を少し似せているのでは?と思いました(考えすぎかも)。 しかし、フロックがリヴァイの脈を計ろうとした際のハンジの反応を見てみると、、、汗かいてますよね。 「マズい まだリヴァイには脈がある!それに気付かれれば確実に殺される!」という感じでしょうか? つまり、 実はリヴァイがまだ生きていることを示している、ということではないでしょうか!? フロックの隣にいたイェーガー派の兵士が「頭に一発撃ち込んでおきましょう」と言った後で、ハンジの「死んでるよ」発言がくるわけですが、リヴァイを助けるための言葉だったのかもしれません! もちろんフロック達イェーガー派にとってリヴァイ兵長は危ない存在です。 フロックが 「一番の脅威」と言っていましたね。 ハンジはフロックらがリヴァイを確実に殺すということを察知していたんだと思います。 それにしても、リヴァイが受けた損傷はいったいどれくらいだったのでしょうか?先日ツイッターを見ていたら、こんなものを見つけたので紹介します。 風圧を予測したんでしょうか。 あと、もう一つ言っておくことがありまして、 兵長の指です。 ジークの本音がわからなかったとしても、リヴァイならパラディ島の危機的な状況に勘づくと思うので、今は「地鳴らし」を行うことが先決だと判断するのではないでしょうか? 予想は思いっきり外れる気がしますが、次回以降が楽しみです! より 同じ記事で、重症のリヴァイがジークをエレンのいるところにつれていくと予想しましたが、もちろんこれもボツですね。 ジークは復活してしまいましたし、、。 リヴァイとジークのやりとりまで予想したのに(涙)。 というわけで以上の予想で当たっていたであろうことは、 リヴァイは生きているという部分のみでした!! 「なんの成果も!!得られませんでした!!」と言いたいような、、。

次の

無限のリヴァイアス

リヴァイ 生き て た

分類:ヴァイア艦(外洋型航宙可潜艦) 全長:996m VG:アインヴァルト 武装:2門のバルジキャノン(本体と分離可能) スフィクス:ネーヤ 数千年後に起こると予測される第2のゲドゥルト・フェノメーンの際、ヴァイアの力を用いた航宙艦によって、人類を太陽系外へ脱出させようという計画(ヴァイア・プロジェクト)の元、建造された最初のヴァイア艦。 月面にて発見された、巨大な人型ヴァイアが使用されているが、建設当時、スフィクスとなるヴァイアだけは発見されなかった。 そして西暦2213年、リヴァイアスは1度だけ起動し、暴走を始めた。 その際、起動保安庁の議員らによって捕獲作業が行われるが、作戦の失敗により、多くの命が犠牲となった。 そこにはコンラッドの娘、アンジェの姿もあった。 その後はヴァイア・プロジェクトの穏健派、下村によって、リヴァイアスはリーベ・デルタの奥へと隠された。 その意図は「大勢の人が存在する施設に置くことにより、リヴァイアスのリンク率が少しでも上がれば」という考えによるものだった。 それから12年の歳月が流れ、昴治たちがリーベ・デルタに来ていたとき、あの悲劇は引き起こされた。 軌道保安庁・急進派の手引きにより、リーベ・デルタはゲドゥルトの海へと沈下し、圧潰の危機にさらされる。 居合わせた487名の訓練生は「死にたくない」と強く願った。 その直後、リヴァイアスは眠りから覚めるように、突如起動を始め、急浮上を開始する。 スフィクスであるネーヤが、強い叫びに同調した瞬間だった。 そして、リヴァイアスは少年少女たちを乗せ、広大な宇宙を航行することになる。 リフト艦があるのは、最初に建造されたリヴァイアスのみ。 ヴァイタル・ガーダーを操縦する際、リフト艦のメリットがあまり見つからないことから「設計ミス」との指摘も多い。 だが、実際には大型脱出艦として使用されており、第25話でも訓練生たちを乗せて脱出に使用する等、有効に活用されている。 本体の両脇に重力制御を応用し、威力を倍増させたリニアレール式のバルジキャノン(主砲)を2門搭載している。 これにより超距離射撃等も可能。 分離させることも可能で、その際にはVGアインヴァルトの武器となる。 「ブラティカ」とはリヴァイアス本体のことであり、リフト艦が分離した状態のみを指す。 コンラッドはそう呼ぶことが多かった。 少女型のスフィクス・ネーヤは、12年前の事故の際、犠牲となったコンラッドの娘・アンジェに、霧状のスフィクスが取りついたもの。 ネーヤは例外的に感情の芽生えたスフィクスである。 分類:ヴァイタル・ガーダー 全長:200m 所属艦:黒のリヴァイアス 武装:バルジキャノン2門(リヴァイアスより分離) 黒のリヴァイアスに搭載されている全長200mの人型ヴァイタル・ガーダー。 月面上に打ち上げられていた人型のヴァイアの塊に、外部装甲と、可動のための拘束ベルト、各センサーを取り付け作られたもの。 リフト艦より「パペット・ワイヤー」と呼ばれる伝達システムを用いての遠隔操縦となる。 ちなみに、最初に建造されたリヴァイアスのVGアインヴァルトのみ、リフト艦という操縦艦が存在する。 重力制御以外の特殊能力は確認されていないが、人型である故、汎用性が高く、あらゆる状況に対応出来る。 頭部には、センサー、ライト、イオンワイパー、航行灯が集合している。 手部は、重力波を形成し、重力を操ることが可能で、指の中がスラスター。 脚部は足の裏にあたる部位がスラスターで、6つの集合体となっており、これは機動性を重視しているためである。 バルジキャノンは、リヴァイアスの両脇にある全長約250m主砲ブロックを分離させたものを、アームソケットと結合させ、携帯兵器として使用する。 遠距離射撃等に最適で、これにより攻撃範囲が格段と上がる。 尚、2門使用する際は「ツインバルジ」と呼ぶ。 また、VGアインヴァルトよりも全長が長い。 重力制御を応用して威力を倍増させ、リニアレールガンを応用した機構を採用している。 遠距離攻撃に適した構造。 元々、寿命が来た砲身の交換作業を省くため、主砲ブロックそのものを使い捨てるという発想から分離式となった。 VG連結時は、弾の初速が144%上がるが、砲身自体の寿命は短くなる。 尚、砲身寿命は、通常使用時だと約30発程度。 VG連結時では約12発が目処である。

次の

#3 【リヴァエレ♀】今日も生きてる腹が鳴る

リヴァイ 生き て た

スポンサーリンク 【進撃の巨人】リヴァイはアッカーマン一族? リヴァイはアッカーマン一族です。 ケニー・アッカーマンの妹のクシェル・アッカーマンが母親です。 アッカーマン一族には共通点があります。 一つ目は 非常に戦闘力が高いです。 二つ目は ある時を境に急に力に目覚めます。 三つ目は通 常の人間より体重が重いです。 ミカサもアッカーマン一族です。 だから、リヴァイやミカサは並外れた強さを持っています。 アッカーマン一族には リミッター解除があります。 力が目覚める条件は、「 誰かに命令されたとき」や「 誰かを守るタイミングで命令されたとき」と言われています。 アッカーマン一族はかつて王政中枢に位置する武家でした。 アッカーマン一族はリヴァイの他にもいます。 それは 調査兵団兵士のミカサ・アッカーマンやケニー・アッカーマンです。 アッカーマン一族とは、巨人科学の副産物として誕生した一族です。 スポンサーリンク 【進撃の巨人】巨人となった部下に囲まれたリヴァイ 巨人達はリヴァイに襲い掛かります。 ここで彼はワインのことを思い出します。 任務中に送られてきた謎のワインです。 リヴァイは仕事にお酒は必要ないと否定します。 団員はこれは憲兵しか飲めない貴重なものであり欲しがります。 巨人になった原因はあの時のワインが原因と気づきました。 巨人達は普通の巨人とは違い迅速の速さをします。 リヴァイが空中に逃げても木を登って追撃するほど身軽です。 襲ってくる巨人を仕留めようと決めた時、リヴァイの手が止まりました。 見た目は巨人ですが、中に人がいることを察します。 巨人となった部下たちは全て殺します。

次の