ニート 年金。 家族がニートになったときのために覚えておきたい国民年金の「若年者納付猶予制度」

フリーターが加入する年金の種類と未納のリスク|ハタラクティブ

ニート 年金

【ニートがいる家庭は必見!】36歳・無職な兄が実家に居座ってる件 管理人 私 の実家には、年季の入ったスーパーサイヤニート ? な兄が1人います。 兄は36歳 2016年11月現在 なんですが、関西の某有名国立大学の大学院を卒業してから現在まで、コンビニで2年ほどバイトした以外はまったく働いていません! 出典: なぜ兄はまったく働かないかというと、 単にめんどくさいからです。 働くのが超嫌いな兄なので、大学院進学の理由は 就職の2年先延ばしであったのは家族の誰が見ても明らかでした。 また、そんな低いモチベーションで大学院に進んだから、特に勉強に打ち込むことはなく、2年先延ばしにした就活も当然まったく行わずに卒業しました。 スポンサーリンク ニート兄は究極の金食い虫でしかない! 兄の大学在学中 6年間 にかかった費用は、学費が年間50万円+仕送り 下宿費込み が月々10万円だったので、この6年の費用総額は1,020万円という巨額になりました。 1,020万円もあったら新車が5台ぐらい買えるじゃね〜か! この6年間で得た知識や経験は特になく、単に親の金を浪費するために大学に通った兄ですが、卒業後はノコノコ実家に戻り、無意味な生活を現在進行形で続けています。 一般的な家庭だと、就活の時期に親が 「就職活動は調子はどうなの?」 と気に掛けると思いますし、卒業時点で息子 娘 が無職の場合、 「あんた将来どうするの?最悪バイトでもいいから仕事探しなさい!」 という反応になると思います。 しかし管理人の家庭 父は会社員、母は専業主婦 は世間一般よりも超甘いというか放置体質なので、兄に就活の様子を聞くことはおそらく一度もありませんでしたし、卒業から10年以上が経過した今も、「仕事を探しなさい!」と兄に言うことはほぼありません。 つまり"超"が付くほど面倒臭がりな兄の性格に、甘々な親の態度が加わった結果、ハイパー無職な兄が誕生し、今も実家に居座っているという状況なのです! ニート兄の自己中エピソード あ、超面倒臭がりな兄のエピソードを1つ思い出しました。 大学の下宿先選びで、入学の3日前の時点でまだ下宿先が決まっていなかった兄は母に、 「下宿先は普通、親が見つけてくるもんや!」 と言い放ってました。 結局、母は家賃5万円台の物件と2万円台の物件の2つを見つけてきたのですが、当然兄は高い方の物件を選びました 兄は重度の面倒くさがりだけでなく、「下宿先は親が見つけるのが普通!」と言い放ったことからも予想できるように、超自己中な人間でもあります 話は戻り 大学卒業後、実家でボーっとしたりネットしたり本屋とか図書館に出かけるだけの日々が続いた兄でしたが、 冒頭でも書いたように コンビニで突然バイトを始めました。 しかしバイトを辞めて以降は将来のための努力をまったくしなくなり、次第に無気力になり、現在も兄 36歳 はその無気力さを維持しています。 しかも兄は友達と呼べる人はまったくの皆無ですし、管理人とも仲が悪いので、コンビニを辞めた2010年以降は親以外とはほぼ会話をしていません。 なのでコミュ力と活動力は日々落ちる一方です。 コミュ力は乏しく、しかも職歴 正社員歴 なしの36歳なので、少なくとも雇用の形で人並みの生活を送ることは既に無理な段階に入っています。 今は親の貯蓄と年金と実家があるので働かなくても普通に暮らせてる兄ですが、 親の死後はほぼ確実にホームレスになるのだと思います。 ちなみに管理人は兄を養う気はまったくありません! 管理人が実家に帰った時に兄を見ていつもこう感じます。 なぜなら親は兄を36年間ずっと甘やかしてきたからです。 大学在学中の兄を少しバイトさせる状況にするために、親は仕送りを減らすこともできましたし、就活時期には「少しは就活しろよ!」とも言えましたし、職歴なしでも職が見つかる20代のうちに兄の将来について毎日真剣に議論することもできたのです。 しかし管理人の親はそのどれも行いませんでした。 スポンサーリンク そして兄に対し何の働きかけもしなかった結果、親の老後 父は既に退職 に待っていたのは会社から解放された平穏な日々ではなく、自分の息子が将来ホームレスになる可能性が高いという暗い事実でした! 遅ればせながらも親もこのままではダメだと思ったらしく、年に2回ぐらいは家族会議で兄に、 「将来私たち 親 が死んだ後、あんたはどうやって生活していくの?」 と聞いてるようですが兄は、 「実家と貯金を相続して生きていく、、」 という返答に終始し、後は家族会議が終わるまで無言でやり過ごしているようなのです。 また、「うちは決して裕福ではないから、遅かれ早かれ働かないといずれ生活費に困る!」 と兄に何回説明しても、求人のチラシすらも見ないという有様らしいのです! 管理人も実家に帰った時に兄に何回か、「親を安心させるために、さっさと仕事探して働けよ!」と言ったことがあります。 しかし管理人が言うと普段大人しい兄が一転、凄まじい形相で「お前に指示されたくない!」的なこと言い返し、かなり激しい口論に毎回なってしまいします。 口論が激化する理由は、もう15年以上も不仲な人間、しかも弟にとやかく言われたくないという変なプライドが兄にあるからだと思います。 この自己中で偏屈な兄を何とか働かせるために管理人は親2人に、 「一定期限までに雇用形態を問わずまったく働いてないか、仕事を探す態度すら見せない場合は家を追い出すべき!」 と提案したところ、「もうそっとしといて!」と親に泣きながら言われてしまいました。 もう親も完全な諦めムードです。 おそらく管理人と兄との口論が、親には相当ストレスとなっているようです。 もちろん管理人の気持ちとしてはこの穀潰しを実家から追い出したいところですが、それをすると親がより辛い気持ちになってしまうので、ここ数年の管理人はこの問題にはまったく触れていません。 つまり親2人は精神的に兄に何かを言える状態ではないですし、管理人はその状況を考慮し、この数年は何も言ってないので、兄としてはニートを継続しやすい環境になっているのです! たしかに親2人は兄に甘くし過ぎたので、兄がニートになった原因の半分は親にあると本気で思います。 しかし父は家族のために定年までしっかり働き、母も専業主婦として家事全般をきっちりやってきた姿を思い出すと、やはり 父と母が不憫過ぎてなりません!• ニートは生まれつきではなく、 親の甘さが最大の原因• 卒業後、即効でニートデビューする人は、高齢ニートになりやすい• 30歳オーバーの高齢ニートが"働く 仕事探し "という行動を取ることは、ほぼ100%ない!! 親が甘やかし過ぎなければ、その子供がニートになることはあまりないと思います。 甘やかし過ぎないとは、例えばゲームは1日1時間という決まりを作るとか、夏休みは風呂掃除とか植物の水やりを子供にやらせるといった具合のことです。 あるいは子どもが中学・高校生なら、何かの部活をやらせてみるのも良い方法です! 部活は心身ともに辛いことも多々ありますが、その代わり充実感や生涯の仲間を得やすいので、部活を最後までやり切れば自然とニートになりにくいメンタルが備わると思います。 実際、学生時代に部活をやってた人でニートになった人は管理人の周りには1人もいませんし、逆に家の手伝いや部活をまったくしてこなかった兄はニートをしています。 もちろん部活とニートの関連性の客観的なデータはないですが、自分の子がニート気質がありそうだと感じたら、とりあえず部活をやらしてみると何だか良さそうなことは多くの人がイメージできると思います! つまり家の手伝いであれ、部活であれ、バイトであれ、何であれ、なるべく早いうちに親の保護下ではない環境に子供を置くと、その子供は将来おそらくニートにはならないと個人的には思うのです。 一方、管理人のクズ兄のように、 卒業後すぐにニートになる人はこの時点でホームレス予備軍だと断言できます! 断言できる理由は、未就職だからではなく、「卒業時に未就職の状態はヤバい!」と感じ、せめてバイトで親に面目を立てるという行動すらも取らないことにあります。 このような人はニート状態が長期化し、親の死亡とともに または数年後に 路頭に迷うのです。

次の

40歳ニートの末路は?脱出して正社員に就職するためにすべきこと!

ニート 年金

こちらの記事の対象の読者さま ニートの方、ニートだけど収入がというある方、これからニートになる方を対象に書かせていただいております。 上記の方であれば、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。 それぞれの悩みに対しての解決策をご紹介します。 早めに確定申告の悩みを解決し、税金の悩みや収入の悩みから解放されましょう! 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! ニートの確定申告の解決策をご紹介 確定申告の必要性についてどうなの? この先の記事をご確認いただければ、ニートの確定申告が必要あるのか、どうなのかがわかります。 年間で20万円の所得がなければ確定申告の必要はありません。 来年ニートになるという方は、その年の年間の所得が20万を超えていれば確定申告の必要があります。 ここでは、ニートでも確定申告が必要になりそうな、仮想通貨で儲けた人に焦点を当ててみます。 仮想通貨で収入が増えた方からお問い合わせが増えてきましたが、経費にできるのは下記になります。 トレードのみで収益をあげている場合:トレードのみで経費申請できるのは特にありません• マイニングで収益をあげている場合:トレードに使ったパソコン、スマートフォン、電気代、Wi-Fi代金 ニートの確定申告について 税金には所得税のほかに住民税と呼ばれるものがあり、1月1日に住民票がある市町村役場によって徴収されます。 ニートの場合、所得がないので確定申告の義務はありませんが、住民税の申告が必要となるのです。 また、収入がなくても税務署は申請を受け付けてくれます。 確定申告をしていれば、税務署が市町村役場に申告された内容を知らせてくれるので、住民税の申告は不要となっています。 住民税は前年の所得によって決まりますので、前年の1月1日から12月31日まで働いておらず収入がなければ、住民税は掛かりません。 しかし、アルバイトやパートをして少しでも収入があるのなら、その金額によって課税されることがあります。 住民税の申告 よくパートやアルバイトの方には103万円の壁があると言われていますが、年間所得が103万円以内なら、夫や親御さんの扶養の範囲内であり、所得税は掛かってきません。 しかし、103万円の壁は住民税には当てはまらず、100万円以内、98万円以内と、自治体によって金額が変わります。 ある程度の収入があるのなら、市町村役場に「住民税が課税されるのはいくらからですか? 」と確認してみましょう。 確定申告をしていれば税務署が市町村役場に通知してくれますが、確定申告をしていない場合は、住民税の申告は必ずしなければいけません。 もし申告していないと、国民健康保険料が高くなってしまう可能性があるのです。 国民健康保険の支払い 家族の扶養に入っている場合だと手続きは不要ですが、入っていないのなら国民健康保険に入る義務があります。 国民健康保険料も前年度の所得によって決定されますが、こちらは住民税と違って一定の金額が掛かってきます。 国民健康保険には所得が少ない場合、保険料を減額してくれる制度がありますが、申告していないとこの制度が受けられないのです。 保険料について知りたいときは、お住まいの市町村役場の窓口へ行くか、電話で尋ねてください。 住民税の申告をしていれば、居住地の市町村役場が保険料の計算をしてくれますが、国民健康保険料は世帯全体の所得で考えますので、同居家族の収入が多いとあまり減額されないかもしれません。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 必要な手続きとは? ニートで収入がない場合だと確定申告の義務はありませんが、住民税の申告は必要となります。 ですのでここでは住民税の申告方法をご紹介します。 手続きといっても難しいことはなく、申請書に記入するだけです。 まず申告書を入手します。 自治体のホームページからダウンロードするか、市町村役場の窓口で貰ってきてください。 申請書は手書きですので、窓口に行く場合は間違えたときの為に数枚余分に貰っておくといいでしょう。 申告書には申請する本人の名前や住所といった情報と、収入がなかった理由を書きます。 それ以外にも色々と項目がありますが、無収入の方は記入しなくて大丈夫です。 簡単なので、今後のためにも申告はしておきましょう。 申請書の書き方 まずは以下の情報を書きます。 提出日• 生年月日• 個人番号 マイナンバー• 電話番号• 世帯主• 世帯主との続柄• 印鑑 スタンプ式は不可 役所に提出する書類は、原則スタンプ式 シャチハタ は認められていません。 ですので認印を押しましょう。 固定電話を持っていない方は、携帯番号でも問題ありません。 職業の項目には無職と記入してください。 平成29年度 平成28年分 の申告から、マイナンバー 個人番号 の記載が必要になりました。 申告する本人の個人情報を記入しましたら、書類の最後に「収入のなかった方の記入する欄」という項目がありますので、こちらを書いてください。 収入のない理由• 扶養または援助を受けていた• 遺族年金・障害年金・福祉年金を受けていた• 雇用保険を受給していた 期間• 生活保護を受けていた 期間• その他 ニートの場合は、おそらく親御さんからの援助が主になると思いますので、1に記入してください。 そして援助を受けていた相手の氏名と住所、申請者との続柄を書きます。 雇用保険や生活保護をうけていたのなら、その期間も記入します。 そして貯金で生活をしていたのなら、5のその他に「貯金の切り崩し」と書きましょう。 そして書きあがったら市町村役場の窓口に持っていくか、郵送で送ってください。 その際、何かあったときにためにコピーを取っておくといいでしょう。 扶養に入っている場合は? ニートが扶養に入っている場合は健康保険の手続きは不要ですが、やはり住民税の申告は必要となります。 また、20歳以上なら国民年金に加入する義務が発生します。 しかしニートは無収入ですので、保険料を支払うことは困難でしょう。 経済的な事情で支払えない場合、そんなときに利用できる制度が「国民年金保険料免除・納付猶予制度」です。 保険料を払っていないと、将来年金が貰えなくなります。 さらに障害年金や遺族年金といった制度が利用できなくなるのです。 昨今では国民年金の未納問題が騒がれていますが、払えないのなら免除の申請をすることで得られるメリットの方が大きいので、余裕がないときは免除の申請をしましょう。 国民年金が支払えないとき 国民年金も前年度の所得によって、いくら免除されるかが決まります。 無収入の場合は全額免除になりますが、いくらか収入があるのなら免除される割合が変化します。 申請の手続きには申請書が必要となります。 日本年金機構のホームページからダウンロードするか、市町村役場の国民年金窓口で入手してください。 そして市町村役場の窓口に持っていくか、郵送するだけで申請手続きは完了になります。 申請に必要な添付書類は状況によって変わります。 必ず添付するのは年金手帳のコピーですが、前年度に収入があれば所得を証明する書類、失業していれば離職票などが必要になります。 ニートの確定申告まとめ そもそもニートで収入がないのに確定申告する必要があるのかおわかりいただけましたでしょうか。 また、確定申告をするとなると、請求書管理、領収書管理、それぞれの帳簿の記帳など面倒なことが多いですよね。 ニートだけど確定申告が大変だという方はこちらを参考に、税金の問題を解決してみてくださいね。 忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「」がオススメです! 確定申告の書類作成がわからない方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告の帳簿管理が面倒だという方は、 「自動会計ソフトの」• 確定申告がギリギリになってしまった方は、 「自動会計ソフトの」 「税理士に相談できる 「」• 帳簿を作成したがあっているが、不安な方 「税理士に相談できる 」• 請求書管理が面倒だという方 「請求書管理サービス 」.

次の

家族がニートになったときのために覚えておきたい国民年金の「若年者納付猶予制度」

ニート 年金

自分の国民年金はどのようになっているか、一度家族に確認してみましょう。 親が払ってくれているか、あるいは放置されているかです。 放置されている場合は、最近年金の取り締まりが増えてきたので、いずれ督促状が届くことになります。 知らないだけで、もう届いているかもしれません。 そうなると、困るのはあなたではなく、家族です。 ひきこもりはどうしたってお金を持っていないので、国民年金の支払いはできません。 それで世帯主である、たいていの場合はお父さんに子供の国民年金の催促状が届きます。 最後の督促状が届いてしまうと、 延滞金が14. 6%も取られてしまい、普通に支払うよりも高額になってしまいます。 これは強制執行力があるのもので、親の財産が抑えられたり、お父さんの給与から勝手に天引きされたりします。 国の力は恐ろしいですね。 スポンサーリンク 国民年金の全額免除申請をしよう 強制差し押さえにならないためには、事前に国民年金の全額免除申請をしておくことです。 わたしも収入がなかった完全ひきこもり期間、国民年金の全額免除を受けていました。 3年間あったので、約54万円をそのあいだは払わなくていいことになりました。 ネットで稼ぐようになってから、追納する形で一括で支払い、今は未納金は0円になっています。 仮に、ひきこもりを60歳まで続けて、40年間すべてを全額免除したらどうなるでしょう? なんとこれが国の力で、 収めた金額が0円でも、なんと全納した人の半額分が貰えちゃうんです。 全納した人が月々6万円ほど受給できるので、約3万円ほどが全額免除申請をするだけで貰えちゃうんですね。 全額免除は世帯収入によって免除されるかされないかが変わるので、自分が無収入だからといって通るわけではありません。 家族の収入を確認したうえで、申請してみるといいですね。 4分の3や半額免除もあるので、取りあえず申請してみることがおすすめです。 仮に家族の年収が高い場合は、親に支払ってもらっていれば万事OKですね。 一番は、ちょっとくらい苦しくても親に年金は支払っていてもらいましょう。 親がいなくなったあと、老後貰える額が3万円と6万円ではだいぶ違うので、ひきこもりに理解がある親なら払ってくれる場合も多いです。 国民年金の負担がかからないうえで貯金する 親が国民年金を支払ってくれているなら、103万を超えるまではお金を稼いでOKです。 ネットでもバイトでもいいので、何らかの手段でお金を稼ぎましょう。 ネットで何か仕事ができればいいですが、無理な場合は新聞配達など、人と接しないバイトでもいいですね。 年間103万円以上の収入があると、税金がかかってきて、扶養からも外れてしまいます。 (親がサラリーマンの厚生年金で、扶養に入っている場合) 親の扶養に入っていれば、健康保険料も免除されるので、ちょうお得ですね。 そんな優遇されまくりな制度をつかって、自宅で家賃も光熱費もいっさいかからないという生活を目指します。 そして 仮に年間60万ほど貯金したとしましょう。 すると40年間貯金をつづけると、60歳では2400万の貯金が貯まることになります。 これなら、親がなくなっても悠々自適に老後を暮らしていけますね。 親が国民年金を支払ってくれない場合は、素直に全額免除申請をしましょう。 そして、全額免除申請が通るぎりぎりのラインまでの収入を稼ぎ、あとはひきこもりしてお金を貯金します。 基準は、単身世帯の場合だと収入が122万円で、手取りが57万円になるラインまでです。 これでも、親の扶養に入っており、なおかつ生活費がかからない状態ならいけますね。 スポンサーリンク 生活保護ってどうなのよ 少し前までは、生活保護は恥ずかしいものだという風潮でした。 しかし最近では生活保護は勝ち組!といわれるくらい、恥もプライドも投げ捨てで受給したいという人が増えています。 ぶっちゃけわたしももらえるなら貰いたいもんですw わたしが住んでいる熊本の求人は、正社員でも月給が12万なんてザラです。 生活保護はそれよりも上の額が支給されますから、それは労働意欲を失わされますよね。 この逆転現象が早期に解決されない限り、若者の労働意欲はどんどん低下して、国力はそがれていくと思います。 そういうふうに考えさせるのは国なので、どう考えても国が悪いです。 ひきこもりの老後は生活保護を受ければいい? 現状、年金も支払わずに貯金もないという人は、生活保護で守られるのが日本です。 財産などがあるなら許可されませんが、本当に極貧になったときは、救済システムがあります。 今のところはね? 今後どんどん生活保護を申請する人は増えると予想されていて、現在でも生活保護はパンク状態にあります。 今後は生活保護を受ける条件がいっそう厳しくなり、受給額は減り、現金支給ではなくフードスタンプなどになっていくでしょう。 日本の経済はこれからも困難が続くと予想され、物価は高くなるのにお給料は減るという悪循環におちいります。 今の日本では人を見捨てるということは考えられないけれど、30年後はどうでしょうか? じっさいにすでにアメリカでは医療費が払えない患者は、病院が道端に捨て去るという問題が頻発しています。 30年後、日本もそうなっているかもしれません。 というか、確率的には高く、近づいています。 外に出て働くことができないからと、安易に親の財産や生活保護に頼ろうと思っていると、命の保証はないかもしれません。 それを覚悟してひきこもりを続けるか、最低限のたくわえを貯金するかが大きな分かれ道となるでしょう。 ひきこもりの国民年金まとめ ・国民年金は親に支払ってもらうか、全額免除にする ・親の扶養と全額免除のラインを超えないまでのお金を稼いで貯金する ・ひきこもりでもできる仕事を探す ・できるだけ老後のための持ち家を残してもらう この3点をクリアできれば、国民としての義務である納税をせずに、老後も生き延びることができるでしょう。 親に遺産があるようなら、貯金すらしなくてもどうにかなりますしね。 ひきこもっていると未来はどうしても暗く見えるけど、早い時期からよく考えていれば対策はできる! 自分が将来どうなりたいか、ほんとうに今のままでいいのかよく考えて、日々を送っていきたいですね。 スポンサーリンク - , , , , ,.

次の