少年 による 祖父母 殺害 事件。 誰もボクを見ていない: なぜ17歳の少年は、祖父母を殺害したのか

長澤まさみ映画『MOTHERマザー』あらすじ/キャスト/予告動画。息子役は新人の奥平大兼(おくだいらだいけん)と発表!

少年 による 祖父母 殺害 事件

スポンサーリンク 事件の概要 18日に埼玉県和光市で高齢の夫婦が死傷した事件で、孫の中学3年の少年(15)が逮捕されました。 警察によりますと、中学3年の少年は午後7時半ごろ、和光市の祖父母が住むマンションの一室で祖母を刃物で切り付けて殺害しようとした疑いが持たれています。 祖母は首に重傷を負いましたが、命に別状はありません。 事件直後に少年がマンションを出ていく姿が防犯カメラに映っていて、警察が行方を捜していました。 19日午前10時前になって現場から23キロ離れた埼玉県川越市の駅で発見されたということです。 現場では祖父(87)も血まみれの状態で死亡しているのが見つかっています。 出典; まず、家族の構成から紹介します。 家族構成 和光市本町のシーアハイツ和光に別々の部屋に住んでいたようです。 2つの家庭の構成は 子どもからみた続柄 祖父 祖母 年齢 87歳 82歳 状態 死亡 重症 子どもからみた続柄 母 中3男子(本人) 年齢 53歳 15歳 状態 被害なし 犯行後、行方不明。 翌日、川越駅付近で発見、逮捕。 なお、父親の存在や、他の兄弟の有無はわかっていません。 母親の動きはニュースで少しだけ報道されていますが、父親の動きが報道されていないので、母子家庭かもしれません。 例えば、少年が行方不明の間、電話をかけたりしているようです。 県警から18日午後10時ごろ、少年が所在不明との連絡が学校にあり、19日朝には 少年の母親から「ご迷惑をお掛けします」などと電話があったという。 引用; 公開された場合、追記していく予定です。 犯行現場 現場はシーアハイツ和光です。 このシーアハイツ和光は不動産情報によると、分譲、賃貸ともにあり、結構いい値段がしています。 によると、たとえば E棟1983年( 築36年)84. 8m2の4LDKで分譲価格4780万円です。 C棟1982年( 築37年)61. 6m2の2LDKで賃料11. 9万円です。 そこそこ、収入があり、生活水準の高い家族だったようですね。 では、ここで、犯行から逮捕まで時系列で整理してみましょう。 スポンサーリンク 犯行の時系列整理 犯人の中3の男子生徒の動きを中心にまとめました。 18日 通常通り登校。 4時すぎに学校を出る。 18日夕方 学校から帰宅後、制服のまま、祖父母宅を訪問。 上半身を十数カ所、刺して祖父を殺害。 内臓に達する深い傷もある。 祖母も複数刺される。 「死ぬ前にトイレに行きたい。 」と言い、難を逃れる。 トイレから自分の娘(中3の母親)に携帯で助けを求める。 自宅にをもどり、私服に着替える。 血のついた制服を自宅に置く。 行方をくらます。 19日朝 川越駅周辺で「許せない生徒」を刺すつもりで待ち伏せ 19日午前10時前 川越駅周辺で保護、逮捕。 持っていたバッグの中に刃物を数種類、所持。 「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった」「家族全員を殺してから実行しようと思った」という動機を供述をしている。 20日朝 送検 出典; 在籍中学と学校での評判は? 報道によると 県内の私立中学校3年生の男子生徒(15)を逮捕した。 引用; さらに 事件後に行方不明になった少年は翌日、私服姿で 通学路にあたる川越駅の付近で身柄を確保されました。 引用;ANN 和光市から通えそうな場所でかつ、川越駅を通学経路になる学校は 川越 城北埼玉、城西川越、星野学園、秀明、獨協埼玉 そのため、 城北埼玉、城西川越、星野学園、秀明、獨協埼玉の5つの中学のどれかではないでしょうか? 絞り込みの詳しい内容は その学校生活は、 科学部に所属。 物静かでおとなしい性格のようです。 「あのような事件と対極にいる生徒」「彼に限って、何かの間違いではないか」。 少年が通う県内の中学校には、驚きとショックが広がった。 教頭によると、少年は物静かでおとなしく、休み時間など1人でいることも見受けられたという。 科学部に所属し、パソコンでコンピューターグラフィクスなどを楽しんでいた。 進路などに関して保護者を交えた面談を近く予定していた。 本人は落ち着いた学校生活を送っていたという。 引用; 〇追記:10月25日 23:10 中学は西武学園文理中学校か? スクールバスを使用していたことが分かり、当初の推測より範囲が広まってしまいました。 地元で確保された和光市の中学生 NHKで川越駅から送迎の出てる中学って報道してた もう3箇所に特定されるじゃん 殺人 中学生 確保 — nakogawasakura nakogawasakura 上の5校の断定はちがったようです。 川越駅からスクールバスを出している学校で、範囲を広げ、さがしてみると、どうやら、狭山市にある 西武学園文理中学校の可能性がかなり高くなってきました。 また、ネットでもそのような声がでてきています。 和光市殺人事件犯人は西武学園文理中学で確定? 私立中学判明!? — ぽんきち ponkichi003 スポンサーリンク 犯行の動機は? 動機は20日朝、送検される際にわかったことですが、 少年 15 は、犯行の動機について、 迷惑をかけないために、先に家族全員を殺してから学校にいる許せない生徒を殺すつもりだったという趣旨の供述をしていることが新たにわかった。 出典; 学校で許せない生徒を殺すために、先に祖父母を殺すという思考に驚きますが、祖父母に対しても、強い殺意があったようです。 祖父母にゲームのやりすぎと注意を受けたことがあるようです。 ただ、それだけで、十数カ所も刺すことになるのでしょうか? 死亡した祖父 87 には、 十数カ所の刺し傷があり、内臓に達するほど 深い傷もあったほか、凶器には 複数の刃物が使われたとみられることも新たにわかり、警察は、 少年が強い殺意を持って犯行に及んだ可能性があるとみて、くわしく調べている。 出典; 許せない生徒がいるといえば、いじめを思い浮かべます。 学校はいじめはなかったと談話。 少年が通う私立中学校は、友人関係のトラブルはなかったと説明しているが、県警は少年が祖母の求めに応じていることも含め、 動機が祖父母への直接的な恨みなどではなかった可能性があるとみて慎重に調べている。 引用; 犯人の中3の孫の言い分が正しいのか、私立中学校の言い分が正しいのかよくわかりません。 もう少し、見守りたいですね。 明らかになり次第、追記していく予定です。 〇追記:10月24日22:30 いじめを受けていた! 少年が「いじめを受けていた」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。 引用; やはり、いじめを受けていたのでしょうか? 犯人の中3生徒の供述です。 学校の発表も気になりますね。 一方で、両親や少年が通う中学校は、警察に対して、いじめについては把握していなかったと説明している 引用; 本当にいじめがあったのか、それともうそなのか? 〇追記:10月25日23:40 生徒4人からいじめで、ナイフ4本所持 逮捕された15歳の孫が「学校の生徒4人からいじめを受けた」と話しているようです。 少年が取り調べに対して「学校の生徒4人から物を隠されたり蹴られたりするいじめを受けた」と話していることが新たに分かりました。 「学校で許せない生徒がいて殺すつもりだった」などとも話していることから、警察はいじめが本当にあったのかも含めて動機について慎重に調べています。 学校側は「からかいや悪口の言い合いは把握している」「いじめがあったかは調査中」としています。 引用; スポンサーリンク 〇追記:10月23日21:10 生徒を殺傷するため川越駅周辺で待ち伏せか 少年は「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだった。 家族に迷惑がかかるので、家族を殺してからにしようと思った」という趣旨の供述をしている。 駅付近は少年が通う 中学校の送迎バスが通るといい、県警は 朝の通学時間帯を狙っていた可能性があるとみて、詳しい経緯を調べている。 引用; 〇追記:10月27日20:30 祖父から襲った。 傷は正面に集中。 少年は祖母の首を刃物で刺して殺害しようとしたようですが、調べに対して、祖母から襲ったことがわかりました。 複数の刃物による傷は祖父母の正面に集中していて、2人の腕には抵抗した時にできる傷が複数あったということです。 引用; ネットの反応 こんなのが少年法に守られて早々とシャバに出てくると思うとゾッとする。 更生なんて皆無!親は責任持って閉じ込めてて欲しい。 おじいちゃん殺したりしたらダメだろ。 — かっしぃ kassy0923 少年が通っていたのは私立中学だと判明。 川越駅付近か、沿線上の学校である可能性が高いようです。 帰宅から数時間、制服姿で祖父母を襲った事も判明。 事件内容を随時更新中。 和光市殺人事件 中3男子 孫 の名前、顔画像!事件現場を特定!動機は?【シーアイハイツ】 — ちゃんバズ運営事務局【公式】 cSgg1KyEE0oyNWf 和光市で中3少年が祖父母を殺傷した事件は、祖父母への恨みや金銭目的ではなく、学校の生徒への恨みが直接の原因だったようだ。 生徒殺害の前に迷惑がかかる家族を先に殺してから犯行に及ぶつもりだったという内容に衝撃を受ける。 友人トラブルはなかったという中学校の発表なんて所詮こんなものだ。 祖父母殺傷「迷惑掛けぬよう」=中3男子、狂気の動機 — くまサン chan98270242 和光市80代夫婦殺傷事件で孫の中3男子が動機を供述 「学校の許せぬ生徒殺すつもり 迷惑かけぬようまず家族」 何がどうなったらこんな発想になるんやろな。 殺す事は迷惑にならんのか? 全く以て理解不能やけど、どっちにしても順 … — ぶんぐ bungu42 恐ろしい事件ですね。 動機がまだ判明していません。 祖父母に対する怨恨か学校に対する恨み、それともいじめなどいろいろ考えられます。 亡くなった祖父のご冥福をお祈り申し上げます。 このような悲惨な事件がないように願うばかりです。

次の

豊川市主婦殺人事件

少年 による 祖父母 殺害 事件

タグ 007 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 100日後に死ぬワニ 10の秘密 10ミニッツ 1917 命をかけた伝令 1983年公開 1984年公開 1986年公開 1988年公開 1989年公開 1992年公開 1994年公開 1995年公開 1997年公開 2001年公開 2004年公開 2006年公開 2007年 2008年 2008年公開 2009年公開 2010年公開 2011年公開 2012年公開 2013年公開 2014年公開 2015年公開 2016年 2016年公開 2017年 2017年公開 2018年 2018年公開 2019年 2019年12月 2019年公開 2020年1月 2020年2月 2020年公開 2020年冬 2020年春 20世紀フォックス 21世紀の資本 2分の1の魔法 37セカンズ 3DCG 5話 A24 Abemaプレミアム ACCA13区監察課 Regards Amazonプライム Beetlejuice BG BG2〜身辺警護人〜 BG2身辺警護人 BG~身辺警護人~ BIRDS OF PREY BS-TBS CJエンターテイメント D. DCコミックス dTV EXO FNaF FOD Fukushima50 GAGA HERO HiHi Jetsのライドオンタイム HIKARI his Hulu J・J・エイブラムス Love or Not L 礼香の真実 mellow miramiru MIU404 MOTHER music. jp特報 M 愛すべき人がいて Netflix NHK P. ロマンスドール ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ ロングライド ローガン・ミラー ワアド・アルカティーブ ワンダーウーマン 1984 ワン・シャオシュアイ ワン・ジンチュン ワーナー・ブラザース ワーナー・ブラザース映画 ワーナー・ブラザーズ・ジャパン ヲタクに恋は難しい 一度死んでみた 三島有紀子 三島由紀夫 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実 三池崇史 上白石萌音 不倫食堂 世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ 世界ジュニアフィギュアスケート選手権 中島良 中川淳 中川龍太郎 中村倫也 乃木坂シネマズ 久馬歩 二階堂ふみ 京アニ 人志松本のすべらない話 今井一暁 今日から俺は!! 斎藤圭一郎 斎藤由貴 新垣樽助 新城毅彦 新宿 新川優愛 新海誠 新田真剣佑 日テレ 日向坂46 日向坂46です。ちょっといいですか? 日活 旧FOD 明智五郎 星屑の会 星屑の町 星野源 映像研には手を出すな! 映画 映画大好きポンポさん 時をかける少女 時事 暗数殺人 曲名 最後から二番目の恋 最終回 最高の離婚 有吉の壁 服 木曜 木村ひさし 木村拓哉 木村珠莉 未満警察 未満警察 ミッドナイトランナー 杉原輝昭 杉山泰一 来世ではちゃんとします 東京イート 東京テアトル 東京マラソン 東京ラブストーリー2020 東出昌大 東北新社 東和ピクチャーズ 東宝 東宝映像事業部 東宝東和 東映 東映ビデオ 松岡茉優 松本大樹 松本穂香 松田龍平 松竹 松竹メディア事業部 松雪泰子 桂村はるか 梶原ひかり 極道の紋章 橘正紀 正しいロックバンドの作り方 武正晴 歴史 水島努 水曜日が消えた 水曜日のダウンタウン 永野芽郁 池袋 河合勇人 河村友宏 波瑠 洋画 浜崎あゆみ 浜崎慎治 浦安鉄筋家族 海辺の映画館 キネマの玉手箱 深夜 深夜食堂 清水尋也 清水崇 渡邊圭祐 渡邊将 渥美清 澤本嘉光 瀬々敬久 片寄涼太 片桐健慈 片渕須直 牧田佳織 特捜9 特捜9 season3 特撮 犬鳴村 甘いお酒でうがい 田中みな実 田中圭 田口智久 男はつらいよシリーズ 町田啓太 白い暴動 白濱亜嵐 白鳥玉希 百合だのかんだの 知らなくていいコト 石立太一 福田雄一 私の家政夫ナギサさん 稲垣吾郎 窪田正孝 竜の道 竜の道 二つの顔の復讐者 竹葉リサ 笑ってはいけない 糸 紅の豚 素敵な選TAXI 細田守 絶対零度4 続編 綾野剛 美女と野獣 美少年 美食探偵 美食探偵 明智五郎 羽多野渉 考察 耳をすませば 聖地巡礼 聖者の行進 花ざかりの君たちへ 花にけだもの 花にけだもの1期 花より男子 若松節朗 英勉 菅田将暉 萩原健太郎 蒼井優 藤原季節 行定勲 衛藤美彩 角川映画 許された子どもたち 読売テレビ 諏訪敦彦 諸田敏 豊島圭介 貴族降臨 PRINCE OF LEGEND 逃げるは恥だが役に立つ 逃げ恥 透明人間 通販 遊川和彦 運命から始まる恋(日本) 過保護のカホコ 邦画 酔うと化け物になる父がつらい 釈由美子 野ブタ。をプロデュース 野生の呼び声 鍵のかかった部屋 長いお別れ 長岡智佳 長崎健司 長澤まさみ 関西ジャニーズJr. 本作の主人公。 父親が違う息子と娘を持つシングルマザーです。 さまざまな男たちと行きずりの関係を持ち、流されるように生きてきました。 息子である周平を自分の分身のように扱い、しもべの様に扱っています。 そしてその歪んだ愛情が、息子を凶行に走らせるのでした。 秋子の息子で、いつも母親に翻弄されています。 すさんだ生活をしている為、やがて身内からも敬遠されるように。 そして17歳になった周平は、大きな過ちを犯してしまうのでした。 高橋亜矢 役:夏帆 高橋亜矢役は夏帆が演じました。 児童相談所で働く女性。 荒れた生活をしている周平たちを気にかけています。 やがて周平も亜矢に心を開いていきますが、ある日取り返しのつかない事件が起きてしまうのでした。 川田遼 役:阿部サダヲ 川田遼役は阿部サダヲが演じました。 ホストとして働く男性です。 秋子とは内縁の関係にありますが、金や女性に非常にだらしがありません。 態度や行動は最低ですが、周囲の人間からは持ち前の愛嬌で憎み切れないと思われています。 映画「MOTHER マザー」モデルとなった祖父母殺害事件について 今作は実際に起きた事件をモデルに物語が描かれています。 そのモデルの事件と言われているのが、 2014年に起きた「川口祖父母殺害事件」です。 2014年3月、 とあるアパートの一室から高齢夫婦の遺体が発見されました。 遺体には段ボールがかぶせられており、警察は殺人事件として捜査を始めます。 そして捜査の結果、 被害者の孫であった17歳の少年が逮捕されました。 少年は祖父母のキャッシュカードを奪うために殺人事件を起こしたのです。 当初は非行少年の起こした事件として報道されていましたが、裁判を通して 少年が長年受けてきた壮絶な虐待が明らかになります。 少年は日常的に母親に虐待とさまざまな犯罪を命じられており、 殺人事件も母親の指示によるものでした。 事件当日、母親と少年の妹は祖父母のアパートの近くで待機していたそうです。 少年は当初は殺人を犯すつもりはなく、「引っ越し代金を貸してほしい」などと嘘を言って金銭を要求。 しかし祖父母と母親の関係性の悪さから、少年の要求は拒絶されました。 そして少年は母親と妹を守るための金を得るため、祖父母の殺害を決意したのです。 少年の逮捕から数日後には 母親も警察に逮捕されます。 そして裁判の結果、母親は懲役4年6か月、少年は懲役15年の判決が下されました。 映画「MOTHER マザー」の見どころ・予告動画 実際にあった痛ましい少年事件をモデルに製作された本作。 少年が犯した殺人の背景を、非常に生々しく、そして切なく描いています。 監督を務めたのは、 「日日是好日」を手掛けたことで知られる大森立嗣。 とてもピュアで狂気的な親子の物語を描き出しました。 主役の母親役を演じたのは、 日本を代表する女優・長澤まさみ。 ミステリアスかつ、闇の深い役柄を圧倒的な演技力で演じています。 もう一人の主役である周平役には、 新人俳優の奥平大兼が大抜擢されました。 本作が演技初挑戦とということもあり、まっさらな状態で過酷な少年を演じています。 さらに共演には夏帆、阿部サダヲ、皆川猿時などの実力派俳優が勢ぞろい。 個性的な演技でわきを固めています。 現代社会の闇を深く描いた、2020年注目の問題作がいよいよ公開となります。 予告動画1 ここから「MOTHER マザー」 のネタバレ内容を含みますので、ご注意ください。 シングルマザーの 秋子は、一人息子の 周平と苦しい生活をしていました。 彼女は実家に帰り両親に借金を申し込みますが、 親子の縁を切られてしまいます。 途方に暮れていた秋子はホストの 遼と出会い、やがて二人は内縁関係となっていきました。 周平は学校に通うことも出来ず、荒んだ生活を続けていきます。 ある日秋子は遼の子どもを妊娠しますが、遼は決して認知しようとしませんでした。 秋子は子どもを産む決意をし、娘を出産しました。 そして5年後。 16歳となった周平は、学校にも行かず妹の冬華の面倒を見ていました。 やがて周平たちは住む場所にも困るようになり、そこに児童相談所の 亜矢が救いの手を差し伸べます。 そして周平は亜矢から勉強を教わり、少しずつ学ぶ楽しさを感じるように。 しかし、秋子は周平に金を無心するようになります。 母親の指示に途方に暮れる周平は、再び祖父母の家に向かうことに。 そして、大きな過ちを犯してしまうのでした。 映画「MOTHER マザー」の口コミ・レビュー 津南 で マザー を観たい! 早く大好きな津南の映画館で観たい作品がいっぱいです!こちらの作品は長澤まさみさんのまた違った顔も楽しみです。 — わっぱ wa9knife 「MOTHER マザー」惹かれるところが多いから、少し観るのが怖いけど、公開されたら映画館で観たいと思う。 — safocco safocco 映画「MOTHER マザー」まと め 以上、映画「MOTHER マザー」の情報でした! 実在した事件とほぼ同じ設定で制作されていたようですね。 非常に重たい内容の作品ですが、感動的なストーリーと俳優陣の素晴らしい演技にも注目したいところです。 映画「MOTHER マザー」は、2020年7月3日公開です。 自宅やスマホで映画を見る際にあなたは何で見ていますか? もし違法動画サイトを使っているのであれば今すぐに の記事を見てください! 今は動画配信アプリが非常に進化してきていて月に数百円で何万本もの映画を見ることができる時代です。 違法動画サイトで• なかなか目的の動画が見つからない• 見つかったと思ったら低画質• 途中に入る広告がうざい などといったストレスを抱えながら動画を見るのはもう終わりにしましょう。 当サイトでは 目的別でどのアプリを使えばあなたの欲求を満たせるか徹底的に解説しています。 【映画 洋画・邦画 】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ• 【韓流系】を見たい人におすすめの動画配信アプリ• 【漫画・アニメ】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ディズニー映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ジブリ映画】を楽しみたい人におすすめの動画配信アプリ• 【ドラマ】を沢山見たい人におすすめの動画配信アプリ•

次の

長澤まさみ映画『MOTHERマザー』あらすじ/キャスト/予告動画。息子役は新人の奥平大兼(おくだいらだいけん)と発表!

少年 による 祖父母 殺害 事件

2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害した上、キャッシュカードなどを奪う事件が起きました。 少年は強盗殺人容疑で逮捕され、裁判で懲役15年の判決が出て服役中です。 私が事件の背景を知ったのは、2015年9月に公開された記事でした。 記事から分かるのは、少年が実母と養父から身体的・性的虐待を受けてきたこと。 小学5年生から学校にも通わせてもらえず、各地を転々とし、時に野宿生活を強いられていたことです。 働こうとしない母親に代わり、少年は後に殺害してしまう祖父母を含む親戚に借金しまくり、生活費の工面をしてきました。 年の離れた妹を親代わりに育てたのも少年だったと言います。 少年を知る多くの人を取材し、関連する裁判をすべて傍聴した山寺記者が、この事件の背景を1冊の本にまとめました。 山寺香著『誰もボクを見ていない』(ポプラ社) 扱う事例は本当に過酷で、少年がよくこの状況で生き延びてきた、と思います。 また、 自分が食べるものに困る中、13歳離れた妹のために食料を調達したり、移動時は抱っこしたり、まるで親のように愛情を注いできた事実を知り、涙が出ました。 少年は学習意欲も高かったようで、断続的に通うことができた学校やフリースクールで勉強しようとします。 住所が定まらない移動生活の中でも、学ぼうとする様子が随所に描かれていました。 たとえ経済的に恵まれていなくても、 親戚に引き取られて育てられていたら、彼の人生はずいぶん違うものだっただろう、と思いました。 「自分が取材を受ける理由は世の中に居る子供達への関心を一人でも多くの方に持っていただく為の機会作りのようなものです」 山寺記者に勧められて書いた手記の中で、少年はこのように記しています。 自分が置かれた環境を嘆くわけでもなく、 妹や同じ境遇の子ども達に関心を寄せる態度は、とても社会性が高いものです。 少年は「自分」が悪いと言った 2014年12月、さいたま地裁で裁判長は少年にこのように尋ねたそうです。 「母親の指示があった前提で聞く。 この事件、誰が悪いんだ?」。 それに対し、少年は「 自分。 母親への気持ちの持ち方をちゃんとしていれば、誰かにお金を借りに行くことも止められたはず」と答えたといいます(『誰もボクを見ていない』P160~161)。 虐待を受け続け、生活費の調達手段にされてもなお、少年は母親に責任があるとは考えていないようなのです。 同情を禁じ得ない少年の生育環境や言動に対し、 母親の態度はひどいものでした。 彼女は自分の両親や親戚、子どもや内縁の夫の勤務先など、あらゆるところからお金を借りては、ホテル宿泊費やゲーム代に使ってしまいます。 金策のため子どもを使いに行かせつつ、自分は周囲の人に何と言われても働こうとしません。 見かねた行政が一家の生活を立て直すべく、住居や生活保護を提供した時期もありますが、母親は指示されることを嫌って逃げ出してしまいます。 自分だけ、もしくは自分とパートナーだけで逃げれば良いのですが、少年と小さな妹を連れ回します。 少年は母親との関係に閉ざされ、他の大人と信頼を築くことができません。 母親は強盗のみで立件 少年が祖父母殺害まで追い込まれたのは、生活費調達の責任を負わされ続けたこと、働いて稼いでも母親が使ってしまったこと、祖父母から借金し続けたために断られるようになったこと、があるようです。 少年の証言からは、事件当日、母親から、殺してでもお金を持ってくるように示唆されたことが、事件の引き金になっているように思えます。 母親は少年に殺人を指示したことを否定し証拠もなかったため、強盗罪のみで裁かれました。 児童虐待を扱う記事やルポを読むと、どうしても親を責めたい気持ちになります。 この事件について描かれた事実からは、本当の犯人は母親だと思えてなりませんでした。 本書に登場する 捜査関係者は「ひどい事件」であり、母親を強盗殺人で立件すべく尽力したそうです。 結局、証拠不十分で強盗のみでの立件になったものの、少年の成育歴まで踏まえてフェアな判断をしようと考えた大人が捜査にあたっていた事実には、多少の希望を感じました。 福祉の対象だったかもしれない母親 当初、母親の言動に違和感を、次第に怒りを覚えながら読み進めたのですが、次第に、考えが変わっていきました。 もしかしたら、母親自身が精神疾患を抱えていたかもしれない。 ただし、行政に対して、ウソをつける程度の知力があるために、福祉からこぼれていたのかもしれない…。 専門家へのインタビューや裁判での証言を踏まえて、本書はこうした疑問にも、こたえていきます。 およそ健全な家庭環境で育った人は、ひどい虐待を受けている子どもが、なぜ親から離れようとしないか、理解に苦しむでしょう。 私も、この少年が母親から離れなかった理由がよく分かりませんでした。 本書の後半では、 母と少年の共依存関係や、乳児期の「見捨てられ不安」、実母からの長期にわたる心理操作といった枠組みで分析がなされていき、なぜ、このような事件が起きてしまったのか、理解できたように思います。 少年が山寺記者に送った手記に次のように記されています。

次の