韓国 経済 ドット コム。 フォーサイド

なぜカカクコムの最安店に注文が殺到しないのか

韓国 経済 ドット コム

12月12日、世界最大の仮想通貨取引所ビットサムを運営する韓国企業BTCコリア・ドット・コムは、同国政府が規制を導入した場合には完全に順守する構えを示した。 ロイターの質問に電子メールで答えた。 2014年に導入されたビットサムは、今年11月時点で取引高ベースで世界最大の仮想通貨取引所となっているが、BTCコリアはこれまであまり表に出ていなかった。 コインマーケットキャップ・ドット・コムによると、過去24時間に手数料を取る取引所で実施された世界のビットコイン取引のうち、韓国は15%を占めた。 これは同国の経済規模を大幅に上回る。 現在、韓国では自分名義の携帯電話と銀行口座があれば誰でもビットサムで取引ができるが、韓国政府は顧客の実名登録などの規制を導入する可能性がある。 BTCコリアは「適切な規則の構築に積極的に協力していく」とし、規制整備は仮想通貨市場の育成に寄与するとの考えを示した。 韓国では主婦から大学生、会社員に至るまで多くの人々が一獲千金を狙い、ビットサムなど携帯電話のアプリ上の仮想通貨取引所に殺到している。 ビットコインが先月、1週間で21%も急騰した後、黄教安首相は、深刻な事態に発展しかねないため、政府が対策に乗り出すべき時だとの考えを示した。 財務相も11日、閣僚がビットコイン取引を規制すべきかどうか協議中だと述べている。 0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の

官邸まで巻き込む大論争 リアルドール禁止を求める韓国女性たち《署名は26万人超》

韓国 経済 ドット コム

こんな議論が、韓国でしばらくメディアをにぎわせ続けている。 俎上に載せられているのは、ほかでもないダッチワイフ。 日本ではラブドール、また英語圏ではsex dollとも呼ばれるが、韓国では一般に「リアルドール」という。 呼び名の通りリアルに造形された高級ダッチワイフが、女性問題として最高裁から大統領官邸まで巻き込む論争を引き起こしているのだ。 きっかけは、2017年に遡る。 ソウルのアダルトグッズ店ブルル・ドット・コムが海外から取り寄せたダッチワイフ1体がこの年、仁川税関で通関保留となった。 輸入元は日本、価格は84万7000円だという。 韓国はもともと、少なくとも建前上は性の風紀に厳しい国だ。 ダッチワイフも税関で「風俗を害する物品」と見なされ、輸出入が事実上禁止されていた。 国内には一定数のダッチワイフが流通しているが、それらは韓国製か、税関の目を逃れた「密輸品」ということになる。

次の

官邸まで巻き込む大論争 リアルドール禁止を求める韓国女性たち《署名は26万人超》

韓国 経済 ドット コム

1円違うだけでも集客には差が出る かつて大型家電の最安値を調べるには、店舗を歩いて回る必要があった。 しかしいまではインターネットの価格比較サイトを使えば、全国最安の価格がすぐにわかる。 価格が一目でわかれば、最安店に人気が集中するように思うが、実態はどうか。 人気ショップ「PCボンバー」を運営するアベルネットの今井浩和事業部長は、「最安値には高い宣伝効果がある」という。 「たった1円違うだけでも集客には差が出る。 顧客の店選びも最安値が基準になっているはず。 広告で集客を狙うよりは、相場での戦いに資本を集中させたほうが効率がいい。 ただ商品価格だけではなく、送料や保証、支払い方法、それにショップの評判なども影響するだろう」 比較サイトでは、商品価格の安い順にショップが順位付けされる。 まず表示されるのは送料を含まない価格だ。 送料込みで並び替えられるサイトもあるが、本州以外など地域によって送料が異なる場合がある。 人気商品では1円単位で順位が争われているから、送料を考慮すると順位は大きく変わる。 ネット通販では、保証への対応も重要な要素になる。 現在、大手量販店の多くではメーカー保証とは別に、独自の修理保証サービスを提供している。 ネット通販では対応はまちまちだ。 支払いについても注意が必要だ。 2007年、最安値の常連サイト「PCサクセス」の運営会社・サクセスが自己破産した。 この際、破綻直前に代金を前払いし、商品を受け取れなかった消費者が2000人ほどいたとみられる。 代金引き換えやクレジットカード決済ならば安全性は高いが、後者ではショップが手数料を負担する必要があり、未対応の店舗も多い。 カード未対応のPCボンバーでは、「最安値を追求すると対応は難しい」(今井氏)と説明する。

次の