キンプリテレビ。 嵐の活動休止、“ポスト嵐”のキンプリにくすぶる不安要因…フジ、脱ジャニーズ路線か

キンプリ“消された6人目”メンバー「Mステ許さない!」悲痛叫び

キンプリテレビ

ジャニーズ事務所 日本テレビの看板番組「24時間テレビ」を巡り、メインパーソナリティーの最有力候補の「嵐」が、メンバー同士で大モメしているという舞台裏が浮かび上がった。 毎夏恒例の同番組の放送は、8月22、23日に決定したことが判明。 近日中にも発表される見通しだ。 ところが、放送をめぐって出演慎重派のリーダー・大野智と、積極派の櫻井翔と相葉雅紀、二宮和也の3人が対立。 松本潤だけは、大野にも櫻井側にもくみせず、中立的な立場を取っているという。 もし嵐の意見がまとまらず、メインパーソナリティーを断った場合はどうなるのだろうか? 実は日テレ内では、すでにそんな最悪のケースも想定しているという。 「最も可能性があるのが、Sexy Zoneの中島健人、King & Princeの平野紫耀の2人です。 人気も申し分ないし、日テレ、ジャニーズ双方にとってアリじゃないでしょうか」と言うのは別の日テレ関係者。 ただ、有名人が多数出演する大型番組を2人がさばけるかは、ちょっと心もとない。 そこで、名前が挙がっているのが中居正広だ。 マラソンランナー候補として、本紙も報じたが「トークの安定感は随一。 特に、今回のようにコロナという不確定要素があるとき、局としては安心できる」(同)という。 さらにサプライズとして田中みな実の名前も挙がっているが、果たして…。

次の

日テレ『24時間テレビ』、V6・キンプリ他パーソナリティー決定も「巻き込むな」とジャニーズファン憤慨(2020/07/06 19:21)|サイゾーウーマン

キンプリテレビ

まずは彼らの生い立ちから説明していきましょう! メンバーのジャニーズ事務所への入所時期 2009年7月に 岸優太、 2010年10月に 神宮寺勇太、 岩橋玄樹、 2011年4月に 永瀬廉、 2012年2月に 平野紫耀、 2013年7月に 髙橋海人が ジャニーズ事務所に入所しました。 2015年6月5日 、 Mr. King vs Mr. Princeが結成されて、 同時にテレビ朝日のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION』の応援サポーター就任が発表されました。 グループ名は会見2時間前に ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川が決めたそうです。 このグループには元々2つのユニット、 平野紫耀・永瀬廉・髙橋海人の3人からなる 「Mr. King」 岸優太・岩橋玄樹・神宮寺勇太の3人からなる 「Mr. Prince」 が存在していました。 King vs Mr. Princeになったそうです。 そして 9月に平野紫耀を中心にメンバー6人が、 社長にいろいろと相談したそうです。 その第一弾アーティストとしてCDデビューすることが発表されました。 なお今後もそれぞれのユニット活動を続ける可能性があるそうです。 2月1日 にCDデビューより先にファンクラブが発足されました。 jp ・生年月日 1997年1月29日 ・出身地 愛知県名古屋市 ・血液型 O型 ・身長 171㎝ (メンバー内の身長順は4番目です!) ・体重 63㎏ 【ザックリと紫耀くんの紹介】 ご覧の通りのカッコよさと素晴らしい筋肉、運動神経が抜群など、 魅力満載の紫耀くんはキンプリメンバーの中で人気は1位です。 ) ・体重 53㎏ 【ザックリと廉くんの紹介】 顔面偏差値が高いと言われているキンプリですが、その中でも一際美しさで目を引くのは廉くんです! 廉くんは大学生でキンプリの中でも高身長、紫耀くんに次いでキンプリ人気2位と言われています。 jp ・生年月日 1996 年12月17日 ・出身地 東京都 ・血液型 O型 ・身長 165㎝ (メンバー内の身長順は6番目です!) ・体重 52㎏ 【ザックリと岩橋くんの紹介】 クリッとした瞳、可愛いえくぼ、白くて透明感のある肌…「カッコイイ」以上に「カワイイ」が魅力的な岩橋くん! キンプリがテレビに出ると、「女の子みたいな子がいる!」と必ず話題になっていますよね。 さらに詳しいプロフィール、性格はこちらから。 (「芸能活動休止」についての詳細記事もあります。 一人一人に華があり、誰ひとり 欠かせない存在となっています。 本当にそれぞれメンバーは良いキャラを持っていて、 バランスのとれたグループであること間違いないです! 入所時期がバラバラだったり、学校…家族…などのエピソードが多く、 その内容は写真下の プロフィール徹底検証で詳しく書いてありますので、 お時間許す限りご覧ください! まとめ。 末永いご活躍を願っております! 【関連記事】.

次の

キンプリ・平野紫耀を「特別扱い」する日テレの深すぎる思惑

キンプリテレビ

前作「koi-wazurai」 19年8月 が年間で45万枚売り上げたことを考えると、たった5日でそれを超えたことになり、この先もまだ伸びそうな勢いだ。 それにしても、なぜ前作に比べこれほど売り上げを伸ばす結果になったのか? 今回は芸能行政、レコード会社、そしてファン心理という3つの視点からヒットの理由を探っていきたい。 禁断の自社買いか? 平野紫耀の台頭か? 「Mazy Night」はそもそも4月リリースを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で6月に延期。 メンバーの平野紫耀が主演するドラマ『未満警察』(日本テレビ)の主題歌でもあるが、このドラマも放送が延期されたためタイアップの宣伝効果も当初よりは見込めないと思われていた。 しかし、蓋をあければ自己最高の初動売り上げを叩き出す結果になり、業界からも驚きの声が上がっている。 大手芸能事務所デスク・A氏の話。 「ジャニーズさんは、サブスクなどの音源配信をやらないからそもそもCD販売に強い。 それに、昔から『自社買い』の噂が絶えないから、今回ももしかしたら自社で買った分もあるのかもしれない。 とはいえ、このご時世にAKBみたいな接触イベントも選挙もなく50万枚の大台に乗せるのはすごいと思いますよ。 要因としては、平野紫耀の人気が上がっていることがあげられるでしょう。 彼が表紙を飾る雑誌は必ず重版すると言われますし、映画出演やCMのオファーも絶えないと聞きました。 最近の若手アイドルの中では随一の訴求力を持ってると思います」 テレビでのプロモーションよりYouTubeでのMV公開 さて、本作はコロナ禍の影響もあり、いつもより歌番組やラジオ番組などでのプロモーション活動が少なかったというが、一方でYouTubeでは初めてMVを長尺で公開するといった試みがなされた。 それまでは、1分程度のダイジェスト版を公開するだけだったキンプリだが、今回は3分の長尺MVをYouTubeで公開。 これが奏功し、再生数も公開から2カ月で800万回を記録。 2年前にリリースされた自己最大ヒット曲「シンデレラガール」(1分ダイジェスト版MV)の592万回再生を優に超える結果となった。 これまで1分程度のダイジェスト版しか公開されていなかったキンプリのMV。 しかし新曲では3分の長尺を公開し、再生回数もダントツの伸びを見せている。 この数字の変化をきちんと分析し、ネットプロモーションへの大胆な舵きりを考える必要があると提言するのはレコード会社関係者・B氏だ。 「今回のヒットによってジャニーズおよびレコード会社は、古臭い考え方を改めるきっかけにしてほしいと思います。 まず、ちゃんとMVをフル尺で公開することがいかに効果的かということ。 1分程度しか公開しないやり方は本当に古いし、意味がないんです。 CDにはMVも特典としてつけるから、タダで公開したらそれだけ売り上げが落ちるんじゃないかと思い込んでる人もいるんですが、そんなことはない。 実際キンプリの売り上げは落ちるどころか、上がったわけですから。 特に今の若い子は本当にテレビを見ないから、歌番組に出演しても昔ほどのプロモーション効果は期待できないんですよ。 日本でのK-POPのヒットを見れば、歴然じゃないですか。 彼らはテレビに出ずともCDを売ってますから」 ジャニーズの中でも、昨年デビューしたSnow ManとSixTONESは「YouTube版」のMVを制作し公開。 再生数はともに2000万回を超え、CDの売り上げもミリオンヒットを記録した。 「ジャニーズなんかは特にMVのフル尺公開はどんどんやったほうがいい。 デジタル配信をやっていないんだから、YouTubeでMVを見て気に入った人がCDを買うという流れが期待できます。 テレビ出演にこだわりのある事務所だとは思いますが、今回のコロナのようなアクシデントが起こった時はやはりネットに頼らざるを得ないわけですしね。 YouTubeやSNSを利用したプロモーション戦略をもっと考えていく必要がある。 キンプリとSnow Man、SixTONESのヒットを参考にして、ほかのアイドルも追随してほしいところです」(前出・レコード会社関係者B氏).

次の