コロナ ウイルス アメリカ ニュース。 3月にコロナ検査を受けたアメリカ人が請求額に驚愕 保険適用でも50万円?

【2020】アメリカ・オハイオ州でのコロナウイルス関連ニュースのまとめ|La liberté

コロナ ウイルス アメリカ ニュース

This illustration, created at the Centers for Disease Control and Prevention CDC , reveals ultrastructural morphology exhibited by coronaviruses. Note the spikes that adorn the outer surface of the virus, which impart the look of a corona surrounding the virion, when viewed electron microscopically. A novel coronavirus, named Severe Acute Respiratory Syndrome coronavirus 2 SARS-CoV-2 , was identified as the cause of an outbreak of respiratory illness first detected in Wuhan, China in 2019. The illness caused by this virus has been named coronavirus disease 2019 COVID-19. ここではワシントン州の情報を中心に、アメリカの主なニュースを掲載しています。 感染者累計 25,171人(前日比392増) 入院者累計 3,817人(前日比45人増) 死者累計 1,204人(前日比10人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月11日集計: 検査数 115,016人(前日比2,263増) 感染者 8,644人(前日比60人増) 入院者 1,517(前日比5人増) 死者 571人(前日比0人増) 陽性率 7. 州政府による4つのフェーズでの経済活動再開計画に基づき、引き続き感染拡大の抑制に努めながら、州内39郡がそれぞれ経済活動の再開を徐々に進めています。 6月12日時点で、スカマニア郡とアソーティン郡がフェーズ3に、シェラン郡とダグラス郡がフェーズ1. 5に移行しました。 6月12日時点の各郡の状況についてまとめました。 感染者累計 24,779人(前日比137増) 入院者累計 3,772人(前日比26人増) 死者累計 1,194人(前日比4人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月10日集計: 検査数 112,753人(前日比1,462増) 感染者 8,584人(前日比25人増) 入院者 1,512(前日比7人増) 死者 571人(前日比1人増) 陽性率 7. K—12の公立および私立学校に限定した再開計画の詳細は今日発表された120人以上の教育者・保護者・生徒・地域団体の120人以上で構成されるワークグループによる提案 『Reopening Washington Schools 2020』に詳しく説明されています。 同病院によると、この女性は現在、集中治療室(ICU)で術後の回復中ですが、手術前に2カ月にわたり生命維持措置で心肺機能を保っていた状態で、両肺移植をしなければ助からなかっただろうとのことです。 が発表した6月6日までの1週間の新規失業保険申請者数は154万2,000人となり、前週から35万5,000人減少しました。 失業保険を2週間以上継続して受給している人は前週から33万9,000人減少して2,092万9,000人となりました。 感染者累計 24,642人(前日比288増) 入院者累計 3,773人(前日比26人増) 死者累計 1,190人(前日比14人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月9日集計: 検査数 111,291人(前日比1,478増) 感染者 8,559人(前日比23人増) 入院者 1,505(前日比6人増) 死者 570人(前日比0人増) 陽性率 7. 州政府による4つのフェーズでの経済活動再開計画に基づき、引き続き感染拡大の抑制に努めながら、州内39郡がそれぞれ経済活動の再開を徐々に進めていくことになります。 6月9日時点の各郡の状況についてまとめました。 感染者累計 24,354人(前日比313増) 入院者累計 3,747人(前日比48人増) 死者累計 1,176人(前日比15人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月8日集計: 検査数 109,813人(前日比1,182増) 感染者 8,536人(前日比29人増) 入院者 1,499(前日比10人増) 死者 570人(前日比3人増) 陽性率 7. 感染者累計 24,041人(前日比312人増) 入院者累計 3,699人(前日比30人増) 死者累計 1,161人(前日比2人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月7日集計: 検査数 108,631人(前日比2,427増) 感染者 8,507人(前日比42人増) 入院者 1,489(前日比5人増) 死者 567人(前日比1人増) 陽性率 7. 感染者が449人と今月に入って最大の増加となりました。 感染者累計 23,729人(前日比287人増) 入院者累計 3,669人(前日比17人増) 死者累計 1,159人(前日比6人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月6日集計: 検査数 106,204人(前日比1,153増) 感染者 8,465人(前日比43人増) 入院者 1,484(前日比1人増) 死者 566人(前日比0人増) 陽性率 8.

次の

トム・ハンクス感染がアメリカに招いた大恐怖

コロナ ウイルス アメリカ ニュース

新型コロナウイルス 世界での現状 現在、世界を騒然とさせている、新型コロナウイルスですが、もし情報を遮断していたら、何が起こっているか全く気づかないような平和な日々を過ごしている人も多いと思いますが、現在進行形の世界の現状を教えてくれるのが以下のデータになります。 一体世界で今どんな状況になっているのか、世界の新型コロナウイルスの感染者数などの最新データをライブで確認できるおすすめサイトが以下になります。 毎日更新される、最新の数値となっています。 黄色の部分が前日比の感染者数。 赤い部分が前日比の死者数です。 この数値を見るだけでも、その国のウイルス感染の勢いがわかります。 アジアでの大流行期を経て、現在、世界で最も新型コロナウイルスの感染者数が激増しているのが、イラン、イタリアとスペインです。 そして、ドイツ、フランス、アメリカも放っておくと同じ道を辿りそうな状況になっています。 新型コロナウイルス アメリカでの現状 アメリカの新型コロナウイルスの現状は、以下のコロナウイルス追跡マップを見ると、視覚的にわかります。 検査体制が整っていなかったこともあり、 (1人)が発表されたのは、まだそんなに遠くない 3月1日のことでした。 それからまだ3週間弱くらいしか経っていませんが、今では、ニューヨーク州の感染者数は、なんと 4000人超に達しています。 検査数が激増していることもありますが、全米での感染者数は、10000人以上、死者200人程と、想像を超えるスピードで増加しています。 We've added a map to our coronavirus tests tracker. More than 100 people have died from COVID-19. At least 7,000 people have tested positive, out of over 70,000 tests given. — Beatrice Jin beatricezjin アメリカの急激な感染者数増加は、グラフで表すと、急カーブでうなぎ上りになるような指数関数的ものとなります。 このように感染者が驚くほど一気に大量に出てくる、指数関数的な増加をする状況というのは、実は大変危険なことなのです。 どれくらい大変な事態の状況なのかというのは、こちらの で、詳しく紹介されていますが、アメリカは今、かなり追い込まれています。 新型コロナウイルスは、幸い感染しても多くの人は重症に至りませんが、激しい増加を続けていくと感染者の中から、一定の割合で重症患者が出てきます。 現状のペースでは、そんな重症患者を病院に収容しきれなくなる可能性があるため、パニックになっています。 アメリカでは、先週から様々な対策が立て続けにとられており、連日、大統領やアメリカの各州の知事などにより発表されています。 それでは、アメリカが実際にどんな対策を行っているのか順番に見ていきます。 はじめのころの基本的な対策は、日本でもお馴染みのそれぞれの個人レベルでの予防を推奨する対策でした。 今もそのベースは全く一緒なのですが、それだけではどうにもならず、もっと大きなレベルで対策を施す必要がでてきています。 アメリカの新型コロナウイルス対策 個人的な予防 でも紹介しましたが、手洗い、ハンドサニタイザー、顔を触らない、など個人レベルで実践できるウイルス対策が、一番基本中の基本で、ウイルスにやられない最も大切な予防方法です。 各人それぞれが努力していかなくてはいけない対策で、多くの人が実践していると思うのですが、現在の感染者数の増加の様子を見ていると、アメリカでは、個々人の努力で何とかできるレベルを越えて来ているのが現状です。 ソーシャルディスタンシング そこで、感染抑制のための対策で、現在中心となっているのが、ソーシャルディスタンシング Social Distancing です。 人と人との間隔を常に確保する対策です。 感染していても、ほぼ症状のない感染者も多く、ウイルスはそんな人との至近距離での接触でも感染する可能性が高いため、CDC では、外出時の人と人との距離を2メートル 6 feet 程確保することというルールを発表しています。 特に直近の15日間に関しては、 にあるように、不必要な外出や 10人以上で集まるイベントを控えるようにアドバイスしています。 CDC のルール以外にも、州や市などそれぞれの地方自治体レベルでも、不特定多数の人々の接触を少なくするための独自のルールを適用しています。 例えば、オフィスでの仕事に関しては、リモートワークが推奨されています。 また、アメリカの多くの州では、レストラン、バー、劇場、ミュージアム、リテール店など人が集まる場所は閉鎖され、飲食店に関しては、テイクアウトやデリバリーのみの制限付き営業となっています。 サンフランシスコやロサンゼルスなど、カリフォルニア州全域では、不必要な外出禁止令 Shelter in Place が出されています。 ニューヨークも外出禁止になります。 入国制限 新型コロナウイルスが特に流行している国からの入国制限もしています。 現在、中国、イランの他、ヨーロッパを、直近、14日間以内に訪れたアメリカ人以外の入国が制限されています。 また、アメリカとカナダ間の国境でも、それぞれの自国民以外の不必要な移動が制限されています。 アメリカ国内でも感染が広がっていますが、さらに国外からも新しい感染源となる人がやってくると、アメリカの状況はますます悪化します。 少し前は中国でしたが、現在はヨーロッパで大流行しており、そんな国々からの入国を制限することにより、少しでもアメリカ国内の医療キャパシティに負荷をかけないよう対策をとっています。 また、アメリカ市民にも国外への旅行を避けるよう警告がでています。 治療キャパシティの拡大 ニューヨーク州など、重症者の数が激増しつつあるところでは、現在、緊急に必要となっているのが、治療のためのスペースと人口呼吸器などの医療器具です。 そんな中、昨日、発動されたのが、国防生産法 Defense Production Act です。 で説明されていますが、もともとは朝鮮戦争時に作られた法律で、戦時中などで、必要な備品などの生産が緊急に必要な時に発動されるものなのですが、今回のケースでは、医療機関における、医療用マスクや人口呼吸器など、医療器具の不足の解消を目的としています。 治療用スペースとしては、海軍の医療船がニューヨーク州と西海岸に派遣されることになっています。 ニューヨークには、ヴァージニア州のノーフォークから、USNS Confort がやって来るそうです。 赤十字のマークがついた、超巨大船で、アメリカすごい!と思ってしまいました。 UPDATE: The federal government is sending a hospital ship to New York, the USNS Comfort. The Comfort, which has about 1,000 rooms on it, will be moored in New York Harbor. Hospital beds are what we need. — Andrew Cuomo NYGovCuomo ワクチン・治療薬の開発 治療薬がないため、恐ろしい感染病なのですが、新型コロナウイルスのワクチンが急ピッチで、開発されているようで、既に、一人目の治験がはじまっています。 ただし、通常、利用できるようになるまで早くても一年程はかかるようです。 その間、既に他の目的で承認が下りており、新型コロナウイルスにも効く可能性が高い薬を試験的に利用できるように、FDA が異例のスピードで評価、承認の作業を進めているそうです。 早速、マラリア用の薬 Hydroxychloroquine の試用が承認されたようです。 経済対策 入国制限により旅行者がいなくなり、観光地もエンターテイメントも休業となり、レストランの飲食も制限され、スーパーや薬局など必需品以外のリテール店は休業になり、あらゆる業界に大きな影響が出ていて、株式市場も大暴落を続けています。 昨日、そんな状態から復活するための経済対策、第一弾として、新型コロナウイルス救済法 coronavirus relief bill が成立しました。 新型コロナウイルスの検査を一律無料とすること、体調が悪い時や新型コロナウイルスに感染した時など有給で休むことができることなどが盛り込まれています。 ニューヨークでは、州知事によると、直近24時間で、早速、8000人程が検査を受けたそうです。 そんな検査数の増大が感染者数増に影響しています。 も議論され、3月26日には、一般市民への現金の給付や、航空業界など影響の大きい業界に対する援助を含めた、総額約2. 2兆ドルの大規模な新型コロナウイルス救済法が成立しました。 また、4月15日が締め切りのタックスリターンですが、今年は、7月15日まで延長されます。

次の

アメリカ 新型コロナ感染者500万人超 死者16万人超 世界最多

コロナ ウイルス アメリカ ニュース

同国で確認された新型ウイルスの感染者は1300人を超えた。 ドナルド・トランプ大統領は、「すばらしい検査が整備された」と主張するものの、詳細は明らかにしていない。 アメリカでは新型ウイルスの検査で、決まった方式のものはない。 アメリカでは何人が検査? マイク・ペンス副大統領は12日、米CNNのインタビューで、新型ウイルス検査を受けた人数は確認できないとし、「専門家に任せる」と述べた。 、アメリカでは1月以降、少なくとも1万1079個の検体が調べられた。 ただ、患者1人が少なくとも2つの検体を提出するのが一般的なため、検査を受けた人数は検体数より少ないとみられている。 さらに、民間の病院や研究所で検査を受け、CDCに報告されないケースもあることから、当局は全体の把握が難しいとしている。 <関連記事>• は、独自計測でこれまでの検査人数を約8000人としている。 一方、米政治ニュースサイトのは、保健当局の説明を聞いた上下両院の与野党議員の話として、検査済みの人は1万人以下だと報じた。 アメリカとは対照的に、韓国では21万人以上が検査を受けた。 現在も毎日2万人近くを検査している。 イギリスでは2万9700人以上が検査を受けており、1日の検査人数は1000人を超えている。 アメリカの隣国カナダでは、新型ウイルスの感染者は100人ほど確認されている。 うち約半数は、これまで4185個の検体を調べたオンタリオ州で見つかっている。 ファウチ博士は12日の下院公聴会で、アメリカは検査に苦労していると発言。 「他の国のように、誰もが簡単に(検査を)受けられるという体制になっていない。 そうあるべきだと思うが、そうではない」と述べた。 なぜアメリカは少ない? アメリカは1月、世界保健機関(WHO)が承認した検査キットの使用を断り、CDCが独自に検査を開発した。 ところが、その検査の製造過程において欠陥が見つかり、多くの検査結果が判定不能となった。 下院公聴会に出席した議員によると、検体を取るための綿棒や手袋の不足により、検査キットの供給に支障が出ているという。 CDCのトップは今週に入り、「十分な器具も人も内部能力もない」、「本当のところ(中略)公衆衛生の研究所に対する投資が少な過ぎた」と述べていた。 共和党からも批判 トランプ大統領が11日に欧州26カ国からの渡航制限を発表すると、ナンシー・ペロシ下院議長やら民主党幹部は、検査キットの不足に触れていないと大統領を批判した。 政権批判は共和党からも出ている。 は、「速やかで効率的な検査の実現には程遠い」と不満をあらわにし、検査を望む人は全員受けられるとトランプ氏が述べたのは「正確ではない」と述べた。 同党のミット・ロムニー上院議員も、検査が遅れているのは「とてもいらいらする」とし、「カウンターを拭くウェットティッシュも、アルコール消毒液も手に入らない(中略)検査を受けるのもとても難しい」と口にした。 にもかかわらずシアトルの医師たちは、自分たちの病院は今後の事態に向けた準備ができていないと話していた。 ワシントン大学病院のアレックス・アダミ博士は、「今回の病気の予防はどうしたらいいのか、検査はどうやるのか、患者をどう手当てするのかについて、誰も実際に訓練を受けた人はいなかった」と述べた。 その結果、病院で複数の職員や患者がウイルスにさらされたという。 匿名を希望した同病院の別の医師は、必要な準備ができなかったのは「ばかげている」と批判。 それが、感染拡大の悪化につながったかもしれないと述べた。 病院は当初、幅広いスタッフの訓練は必要ないとしていた。 新型ウイルスに対応するスタッフは少ない方が、感染のリスクを限定できるというのが理由だった。 シアトル市内の病院はその後、対応手続きを改善した。 だがアダミ博士は、同じ過ちはアメリカのどこででも起こり得ると話す。 「国内の他の病院は私たちの例を見て、『どうすれば、もっとうまくいく?』と考えてほしい。 国民には私たちの例から、後手後手に回るのではなく早め早めの対応が必要だと学んでほしい」.

次の