膿栓 うがい。 取り方!膿栓 うがい

膿栓を鼻うがいで除去する

膿栓 うがい

そもそも膿栓とは? 咳をした時に、喉の奥からも白い小さな塊が出てきたコトってありませんか? 潰すととんでもなく臭いにおいを発する。 あれを膿栓といいます。 人によっては臭い玉 においだま、くさいだま なんて呼ぶ場合もあるようですが。 そもそも膿栓は口臭の原因になる? 膿栓は口臭の原因となる、というのが一般的な意見ですが、実際に膿栓の臭いを嗅いだことがある人は感じたことがあるんじゃないでしょうか。 膿栓は潰すととんでもなく臭いが、そのままではそれほどでもない、と。 膿栓が口臭の原因なのかどうか、については色々と意見があるんですが、なぜ潰したときにあんなに臭いのか、口臭の原因となるのかどうかなどについて、個人的な意見も含めてみていきます。 膿栓ができる場所は? まず膿栓の基礎知識として、どこにできるかですが、場所としては喉の奥にある 扁桃 へんとう、以前は扁桃腺と呼ばれていました という場所。 よく風邪をひいたときに腫れてしまう、アーモンドみたいな器官です。 扁桃の表面には陰窩 いんか という窪みがたくさんあるんですが、そこに溜まったのが膿栓です。 膿栓はなぜできる? 扁桃というのは外部から体内に入ってこようとする細菌の侵入を防ぐために、白血球 リンパ球 が細菌と戦う場所。 そして、それらの死骸が溜まったものが膿栓です。 細菌などの死骸です。 臭いに決まってます。 膿栓は口臭の原因? で、潰すと臭い膿栓が口臭の原因となるのかどうか、です。 コレについては耳鼻科や歯医者の先生でも色んな意見を言ってる人がいて、意見が分かれています。 なので、医者でもない私が答えを出せるはずもないんですが、個人的な意見として言わせてもらいますと、 膿栓は口臭の原因にはなるということ。 もちろん潰さなければ臭わない、ともいえますが全く臭わないわけでもない。 たくさんあれば臭いの原因にはなるでしょう。 また膿栓は細菌の死骸などなので、そこに細菌が集まって口臭となる成分を作り出すことは十分に考えられるし。 口臭というのは口の中の細菌がタンパク質などを腐敗させて発生させるガスです とにかく膿栓は口臭の原因となる可能性はあると思います。 ただし膿栓を見つけたからといって、膿栓を潰したときにような臭いがずーっと口から発せられてると考える必要はないのかなぁ、というところです。 膿栓の取り方は? で、気になるのは膿栓をどうやって取るか、というコトじゃないでしょうか。 取る、取らないについても意見は色々あるものの、口臭の原因となる可能性も強いので。 ただ膿栓を除去しても根本的な解決にはなりません。 根本的な解決というのがないのかもしれませんが なぜなら膿栓は細菌の侵入を防御するための体の働きによってできるモノであり、取り除いてもまたできてしまう可能性が高いからです。 そうはいっても、口臭の原因は取り除きたいもの。 なので、ネットや実際に試した方法などをいくつか。 綿棒や耳かきでほじくる あとピンセットで取る、なんて意見も見かけますが、コレは止めといた方がいいです。 まずそんな道具を使っても、膿栓のピンポイントで取れることなんてありません。 絶対に周りの扁桃を傷つけてしまいます。 膿栓は陰窩というくぼみに溜まっていくと書きましたが、ほじくるコトで陰窩が大きく深くなって、さらに膿栓が溜まりやすくなる可能性も。 お医者さんでとってもらう 自分でダメならプロにお願いする!という事で耳鼻咽喉科で吸引や洗浄をしてもらうという方法も。 費用は安いんですが、膿栓自体が病気ではないということで、やってくれないお医者さんもあるようです。 うがい 確実性はないけど安全なのはうがいでしょう。 できるだけ喉の億を開いて水が奥の方に行くようにします。 むせないように 口を「あー」といいながらうがいをする感じが良いと思います。 喉の奥から絞り出す これは説明が難しいんですが、子供の時によくやってた方法。 私は小さい頃から鼻炎ぎみで、鼻水が喉の方に流れていく後鼻漏 こうびろう でした。 喉に異物が絡まっている感じで、ずっと痰だと思っていたんですが、大人になってから「それは痰じゃなくて鼻水がへばりついてるんだよ」とお医者さんに言われ衝撃を受けました 実際によく膿栓が取れてた方法で、痰だと咳をすれば出てくるんですが、この鼻水の場合、咳では出てきません。 ではどうするかというと、喉をすぼめて吸い取る 逆流させる 感じ、です。 うーん、そんなのやったコトがない人には分かりにくいと思いますが。 噛みきりにくいモノを食べてて、飲み込めると思ったけど案外でかくて無理だったときに、あわてて口の中に戻そうとする時の喉の動き、です。 余計分かりにくい? そして、その動きをしていると、しょっちゅう膿栓がポロっと出てきていました。 たぶん口の吸い取る力がいい感じで作用していたのでしょう。 大人になってからは取れなくなった ただ膿栓が取れてたのは子供の頃 学生くらいまでだったかと で、大人になってからは後鼻漏はそのままなんですが、同じ事をしていても膿栓は出てこなくなりました。 どこかで大人になると扁桃の形も変わって、くぼみの深さなども変化するというのを見かけたので、溜まりにくくなったのかもしれません。 ひょっとしたら簡単には取れないようになってしまったのかも… ただ、子供の頃は本当に頻繁にできていたので、膿栓はできてしまったものを取り除く、除去するという考え方よりも、できにくくする、といった予防を考えた方が効率がいいのかも、と思っています。 溜まるか溜まらないかは、扁桃の形やくぼみの深さなど人によりますが、細菌と白血球が戦うのは免疫機能によるものなので、誰にでも膿栓はできてしまうから 膿栓の予防はできにくくすること! 口呼吸を治す 膿栓ができる大きな原因と言われているのが口呼吸。 口呼吸とは、字の通り口で呼吸をすることで、• 鼻づまり• 口の筋力の低下• 歯並びが悪い• 舌の位置が悪い• 癖 などの原因が考えられます。 口呼吸をしていると口の中が乾燥していきますが、それは細菌が繁殖しやすい状態であり膿栓ができやすくなります。 また口呼吸は唾液も減らしてしまい、膿栓を喉に流れにくくしてしまいます。 口呼吸は他にも害をもたらす習慣です。 改善する事で膿栓をできにくくするかもしれないので、普段から意識するようにしましょう。 細菌を減らす 膿栓が口の中の細菌と免疫物質の死骸なら、細菌の数を減らすことが膿栓をできにくくする事につながり、最大の予防といえます。 つまり、できる限り清潔にすること。 歯磨きなどはもちろん、殺菌作用のあるうがい薬なども効果があるかも。 とにかく清潔にする事を心掛けましょう。 マウスウォッシュは膿栓に効果がある? で、個人的にいいんじゃないかなぁ、と思うのがマウスウォッシュです。 マウスウォッシュというと、歯周病や口臭の対策として使っている人が多いと思うんですが、殺菌成分が含まれているタイプなら、細菌の活動を抑えることができるので、効果があるんじゃないかと思うんです。 殺菌成分が入ってない香りで口臭をごまかすだけのタイプもありますが、当然膿栓には一切効かないので気を付けましょう! 個人的に使っているのはプロフレッシュというマウスウォッシュ。 このマウスウォッシュは、口臭を作り出す細菌が酸素を苦手としているところに着目して、口の中に酸素を行き渡らせて口臭対策をする、という商品ですで、なかなかいいんじゃないか、と感じています。 またノンアルコールタイプなので唾液を乾燥させたり、というコトもないのでいいんじゃないでしょうか。 大人になってからは膿栓が出てこないので、膿栓への効果は正直分からないんですが、細菌に対しての殺菌効果は個人的に感じています。 プロフレッシュについては、別記事の をどうぞ!.

次の

臭い玉の取り方って知っていましたか?|uebayashi|note

膿栓 うがい

<使い方> ・舌を思いっきりだして、大きな口を開きます。 膿栓ができている場所を確認しましょう。 ・1度舌をしまった状態で膿栓がある辺りにノズルをセットしていきます。 患部に直接当たらないようにしましょう。 ・ちょうど良い位置にノズルをセットできたら、もう1度舌を出して大きな口を開けます。 ・患部をめがけて水を噴射しましょう。 うまくいかない場合は逆に吸うという使い方もできますが、扁桃腺を傷つけないように注意してください。 扁桃は、とても傷つきやすくデリケートな部分です。 この道具を使って水で洗い流すことが1番安全な方法と言えるでしょう。 舌や患部に接触してしまうと、えずいてしまってなかなか取ることができません。 取るときには膿栓を確認することはできませんが、この方法なら比較的高い確率で取ることができると思います。 また道具に慣れるうちは、失敗してしまうこともあります。 少しずつ試していきましょう。 <方法> ・生理食塩水 洗浄液 をポンプで鼻の奥に流し込みましょう。 片方の鼻の穴を押さえ、もう片方の穴から流し込むのです。 ・吸った穴から生理食塩水 洗浄液 を出しましょう。 3~5回繰り返したら、反対側も行います。 鼻うがいでも十分に効果があります。 ・(鼻から鼻へのうがいに慣れてきたら)口から生理食塩水 洗浄液 を吐き出します。 鼻の中のウイルスや汚れを洗い流してくれます。 喉の方にも液体が流れていくので、取れやすいといわれています。 やりすぎると粘膜を傷つけてしまう恐れがあるので、気をつけましょう。 鼻うがい洗浄液「ハナノア」は膿栓を取るのに効果があるという話もあるので、ぜひ試してみましょう。 <方法> ・シャワーを患部めがけて吹き付けて、飛ばします。 最初は弱い出力から試して見ましょう。 ・シャワーを当てながら「あ~~~」と声を出すと取れやすいともいわれています。 シャワーを直接吹き付けると、喉に強い圧力がかかりますのでリスクが大きく伴います。 口の中に一気に大量の水が入るので苦しくなったり、吐き気をもよおしてしまったりすることもあるので気をつけましょう。 あまり長時間続けることができない方法ですし、患部を直接ピンポイントで狙えるわけではありません。 綿棒やピンセットで膿栓を取ると・・・ 膿栓を取ろうとまずは身近なもので試みる人が多いですよね。 ご家庭にある身近なもので膿栓が取れたという人もいるのですが、綿棒やピンセットなどを使った方法は危険です。 とても簡単に試せる方法ではあるのですが、リスクがとても高い方法なのです。 さらに膿栓が広がってしまったり、喉が余計にイガイガしてしまったりしたという人もいるので気をつけましょう。 扁桃はとてもデリケートな場所になりますので、道具を患部に直接当ててしまうと、傷ついてしまいます。 無理やり道具を使ってほじくり出そうとすると、出血してしまうこともあります。 喉から出血するととても焦りますよね。 出血がなくても粘膜が傷つくと、炎症を起こし赤く腫れてしまうこともあるのです。 喉が炎症を起こすことによって、そこからばい菌が入ります。 最悪の場合「扁桃炎」になり高熱が出てしまうこともありますよ。 そして膿栓の無理やり除去し失敗したことにより、穴が広がってしまうことにつながります。 穴が広がると、ゴミが溜まりやすい状態になるので、結果的には膿栓がより作られやすい環境になってしまったことになるのです。 そうすると一気に膿栓が増えて、口臭や喉の不快感など余計に悩まされることになるでしょう。 まとめ 膿栓をいち早く除去したいという思いから自力で除去を試みようとする人は多いですよね。 自力で膿栓が取れそうな方法をご紹介しましたが、無理をしすぎるのはやめましょう。 無理やり道具を突っ込む・強く押し付ける・強い水圧で飛ばすなどは、粘膜を傷つけることにつながります。 あなたが思っている以上に喉はとてもデリケートな部分なのです。 上手く自力で取ることができれば良いのですが、失敗したときのリスクがとても高いですよね。 病院に行くのは恥ずかしいという気持ちも分かりますが、病院に行くことも考えてみましょうね。

次の

膿栓、臭い玉が簡単に取れるアルカリイオン水うがいとは?

膿栓 うがい

膿栓の予防法!臭い玉はイソジンうがいや口呼吸改善で解消• 観覧数: 111122 Views• 更新日: 2016年01月26日 とっても臭い膿栓を予防したい!予防法はあるの? やや汚いお話になりますが、クシャミをしたと同時に 白い色をした塊が飛び出してきたことはありませんか? あの白い塊の正体は医学的には 「膿栓(のうせん)」と呼ばれるもので、通称 「臭い玉(くさいだま)」あるいは「臭玉(くさだま)」とも言います。 膿栓は喉に発生するため、人によってはゴクンと唾を飲み込むだけでもその臭いを自覚することがあります。 膿栓に鼻を近づけるとひどい 悪臭がして、本当に自分の体内から出てきたものなのかと疑うほどの臭いに、驚く方も多いかもしれませんね。 膿栓は 口臭の原因ともなるため、繰り返しできることに悩まされている人も少なくありません。 では、 膿栓の予防はどう行っていけばよいのでしょうか。 そもそも膿栓とは? 膿栓ができるのは扁桃と呼ばれる喉の奥の方に位置する リンパ組織で、人によって 大きさや 形に個人差がある部位です。 膿栓は、主に扁桃腺のくぼみである陰窩(いんか)に溜まった 細菌や炎症の産物、食べ物の残りカス、剥がれた粘膜から形成されるものです。 色は乳白色や薄い黄色、黄緑色で、大きさがあるものだと約3~5mm程度のものもあり、一見すると「おから」のようにも見えます。 膿栓を潰すと下水やドブ、ザリガニのような強い悪臭を放ち、口臭の原因となります。 膿栓ができやすい人の特徴は? 「膿栓」「臭い玉」というと、その名称からも不潔なイメージを持ってしまいがちですが、膿栓は誰にでもできるものです。 ただし、中には 「膿栓ができやすいタイプ」の方もいます。 膿栓が生じやすいのは、主に次のような特徴を持っている方です。 膿栓予防のためにも、当てはまっているかどうかチェックしていきましょう。 扁桃炎などの耳鼻咽喉系の疾患にかかりやすい 扁桃腺は、鼻や口から入ってくるバイ菌を食い止める免疫機構で、風邪をひくと喉が痛くなるのは、この扁桃腺や粘膜が腫れて 炎症を起こしているためです。 炎症はバイ菌と身体が戦っている証拠で、その結果として細菌の死骸が集まり、膿栓が形成されます。 そのため、 慢性扁桃炎の方には特に膿栓が生じやすく、中には 1cmほどの大きさの膿栓が発生することも少なくありません。 扁桃腺には喉の上の方にある咽頭扁桃(いんとうへんとう)、左右に位置する口蓋扁桃(こうがいへんとう)、舌の根にある舌扁桃(ぜつへんとう)があるのですが、膿栓は主に口蓋扁桃の表面にある 「陰窩(いんか)」という10~20個のくぼみに形成されます。 口呼吸をしている 鼻で呼吸せずに口で吸って吐いてを繰り返しがちな口呼吸の癖がある方は、喉や扁桃腺が 乾いた状態になり、炎症が起こりやすくなります。 扁桃腺が炎症を起こして腫れて凸凹した形状になると、膿栓が溜まりやすくなるのです。 口呼吸は口腔内が口臭を発生しやすい環境にするだけでなく、唾液量を減らして ドライマウスによる虫歯や歯周病といったリスクを高める原因にもつながりますので、早急に鼻呼吸へ矯正していくことが大切です。 膿栓と口臭の関係 膿栓は喉の奥の方にできるため、少量ならば自分が臭いと感じるだけなのですが、膿栓の量が増えてくると、 周囲の人にもわかるほどの強い口臭へとつながります。 口臭が気になるという方は、その原因のひとつとして膿栓の存在を疑ってみる必要があるでしょう。 自分の膿栓が臭っているかどうかは、 マスクをした状態で息を吐いて確認する、ビニール袋に息を吹き込んで嗅いでみるなどの方法でセルフチェックしてみましょう。 膿栓を予防する3つの方法 扁桃炎になりやすい方や口呼吸をしてしまう方は、膿栓ができやすいということが大きな悩みの種ではないでしょうか。 そこで、 「膿栓をできにくくする予防策」を3つご紹介していきます。 イソジンなどでこまめにうがいをする 膿栓の予防法として、最も簡単で効果が期待される方法が こまめなうがいです。 膿栓は、口の中で不衛生な状態が続くとできやすくなります。 汚れが溜まりやすい 食事の直後には毎回うがいを行い、口腔内の清潔を保つことを心掛けましょう。 特に、空気が汚れている時期、 寒い冬の時期には塵やほこりが舞いやすく膿栓ができやすくなりますので、積極的にうがいをしてくださいね。 また、殺菌成分の含まれている イソジンや、抗炎症作用のある アズノールを使ってうがいを行うと、膿栓予防の効果は更に高まります。 風邪予防の目的としても、これらのうがい薬はしっかりと常備しておきたいところですが、うがい薬が手元にない場合には、殺菌作用のあるカテキンを含む お茶でのうがいも効果的と言われています。 口呼吸をやめる 鼻腔は呼気への加湿作用があります。 外から吸い込んだ乾いた空気に湿気を持たせ、喉の炎症を防いでくれるのです。 日頃から気が付くと口をぽかんと開けてしまい、つい口呼吸をしてしまうという方は、口を閉じて 鼻呼吸を心掛けましょう。 華呼吸への具体的な改善方法としては、 就寝中に専用の口テープで塞いでしまう方法や、 枕の高さが合っているかどうかのチェック、歯並びの矯正などが挙げられます。 口呼吸の原因によっても対処法は様々ですので、口呼吸がなかなか改善されない場合には耳鼻科や歯科の専門医に相談し、その原因を調べてもらった上で適切な処置を受けることをおすすめします。 漢方薬を服用する 膿栓を予防、なくすということではなく、膿栓の原因である扁桃炎を和らげる目的として 漢方薬が使われるケースがあります。 漢方薬にも様々な種類がありますが、中でも 「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」は蓄膿症や扁桃炎に有効な漢方薬で、 炎症を鎮め痰や膿を排出する働きを持っています。 膿栓の根本的な原因が扁桃炎にあると判断される場合には、担当の医師に相談してみるとよいでしょう。 ただし、 自己判断での漢方薬の服薬は大変危険ですので、必ず医師との相談の上、処方してもらいましょう。 膿栓の除去は専門家に相談を 中には綿棒や歯ブラシ、耳かき、シャワーの勢いなどにより、膿栓を自力で除去しようとする方も少なくありません。 しかし、膿栓ができる部位は大変デリケートですから、自己流の除去方法では 扁桃腺や口腔内の粘膜を傷つけてしまい、却って症状を悪化させてしまう可能性があります。 膿栓があることでどうしても違和感があって気になる方や、他人にも気づかれるような口臭にまで発展してしまったという方は、無理に自分で解決しようとはせず、一度専門の病院を受診してみましょう。 膿栓は何科を受診すべき? どんな治療が行われる? 歯科は歯周組織(歯周病)や舌からくる口臭には対応できますが、 喉は診療範囲外のため、対応できないところがほとんどです。 膿栓を専門分野にしている科は 「耳鼻咽喉科」です。 耳鼻咽喉科での膿栓に対する主な処置としては「扁桃処置」といった 膿栓の吸引や洗浄による除去が行われます。 保険点数は40点なので400円、健康保険による3割負担の場合は120円程度となり、治療費はこれに初診料ないし再診料などが加わった値段となります。 気になる方は、受診前に病院へ詳細を確認するとよいでしょう。

次の