中国 語 ちんちん。 おちんちん

宦官

中国 語 ちんちん

概要 通常、体の前面に飛び出す格好で付いているおちんちんは、男児が日常生活において頻繁に目にするものであり、「おてて」や「あんよ」などと同様、自分自身の体の一部の呼称として早い段階で習得する単語である。 一般に男性器を表現する俗語としても広く使用され、幼児や児童向けに保健教育や性教育の授業を行う場合において、陰茎やペニス等の専門用語の代用としても用いられる。 類語 世代・地方により別の名称で呼ばれることも多い。 『日本俗語大辞典』は、「ちんこ」の類語として「おちんこ・おちんちん・ちんちん・ちんぽ・ちん ぽこ・ちん ぼこ・ぽこちん」を挙げる。 『広辞苑』は、「ちんこ」の見出し語のもと、「ちんちん・ちんぽこ」を同義語とする。 「ちんこ」は江戸時代に用例がある。 『江戸時代語辞典』は、他に「ちんぽ・ちんぽう・ちんぽこ」を見出し語に採録する。 語源は諸説ある。 『日本語源広辞典』は、「ちんぽ」の見出し語のもと、小さい鉾(ちんぽこ)が語源であるとする。 『日本語源大辞典』は、「ちんぽ」の見出し語のもといくつかの説を挙げる。 「小さき穂」「小法師(ちいぼうし)の略訛」「ちほ(「ち」は男性器)の訛」など。 漢字 この節には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 その他、『大漢和辞典』(諸橋轍次)には「しかばね」の部首を持つ漢字で、女性器または男性器を意味するものが多数採録されているが、ここでは割愛する。 女の子のおちんちん? 『現代日本語方言大辞典』には、地方によっては女性器を「ちんこ」などと呼称する用例が記載されている。 (千葉)「ちんこ」:主として子供の女性器• (滋賀)「ちんちん」:3歳くらいまでの幼女の女性器• (鳥取)「おちんこ」:幼女の女性器。 また、男女問わず子供の性器• (山口)「おちんちん」:女性器• (福岡)「ちんちん」:幼女の女性器• (大分)「おちんこ」:女性器(幼児語または愛称) 実際、男児のおちんちんと同じ部分に、女児も小さなおちんちん(クリトリス)を持っており、大陰唇や包皮によって保護されてはいるが、男児と同じように身体から突き出すように飛び出ている(但し、下方に向かって)。 また、すぐ近くには尿道口もあるため、陰核から尿が排泄されると間違って理解している女児も多い。 また、女児も男児もこの部分をいじると快感を生じるため、性器いじり 幼児 を行う。 これら排尿と性的快感の二つが、男児・女児双方のおちんちんが具えている機能である。 性器いじりには、手で触るほか脚をすり合わせる、腰を動かす、物に擦りつけるなどのやり方がある。 思春期以降のオナニーと異なり、例えば痒いのでいじったら快感があることに気付く、などがきっかけとなり習慣化する場合が多い。 米川明彦『日本俗語大辞典』東京堂出版、2003年11月10日、382頁。 穎原退蔵、尾形仂 編 『江戸時代語辞典』角川学芸出版、2008年11月30日、913, 916。 増井金典『日本語源広辞典[増補版]』ミネルヴァ書房、2012年8月10日、709頁。 前田富祺 監修 『日本語源大辞典』小学館、2005年4月20日、754頁。 諸橋轍次『大漢和辞典 巻一』大修館書店、1986年9月1日、410頁。 《汉语大字典》编委会 編 2010-03-25 中国語. 汉语大字典. 第2巻. 四川辞书出版社, 湖北辞书出版社. 1093• 平山輝男et al. 『現代日本語方言大辞典』第3巻、明治書院、1992年9月18日、2498-2500頁。 岡田正章、森上史朗『保育基本用語事典』第一法規出版、1980年10月15日、196-197頁。 関連項目•

次の

タイ語で驚き確認の質問「本当ですか?」=チン・ロー? 回答「本当です」=チン,チン(jing, jing)

中国 語 ちんちん

ももいつの時代も必ずや発音した事があるであろう単。 「こんな言葉話したこともい!」とほざく女は間違いなくである。 概要 いわゆる。 男は巨大さと強なモノに憧れるが、巨大で強なモノを持つにとってはになったりする。 大きさは性器としての機には関係がい。 小さくてもだから安心使う機会がい者もいるかもしれないが。 大きさと強さについてもや毎によって違いがある。 大きさについてははおおよそ中間くらいであるのだが、膨率(いわゆる率)と硬度はである事がちゃんとした調の結果判明している。 がで最初に使うでもある。 「ちんこ」よりは「」の方が一般的。 「、、しっこ」だけで笑いが取れるのだから幼児にも扱いやすい。 世のは汚い言葉を使うなと叱るのだが、これによって排という行為をより深く頭に刻もうとしているのだから叱ってはいけない。 の摂理なのである。 注)何故「」の記事にしないかというと、ではなぜか一般的な単であり、すでにができていたため。 良い歳こいたが多いはずなのに何がそんなに楽しいのか困ったもんである。 語源 「ちんこ」のは諸説あるが、基本的に「ちんぽ」が元であり、「ちんこ」や「」は幼児化された言葉であるらしい。 各説のとしては、• 小さいことを表す「ちん」と、「矛」が合わさって「ちんぽこ」• 血が集まる「血の棒」より「ちんぼ」となって、「ちんぽ」• のの発音から と、さまざまな説が唱えられている。 方言 当然「ちんこ」にもが存在する。 (以)には、かなり呼称につきがあるようだ。 一方で、ではほとんど「ちんぽ」で統一されている。 なぜだろう。 また、別の特徴として、同じ「ちんこ」を意味する言葉でも、陰茎のみをしたり、陰嚢を含むちんこ全体を含んだり、時のみに使用したりする。 以下では、代表的なを記述する。 ケッペ、ガモ()• 、フェノゴ()• スンズ()• ヘノゴ、んぺのこ(.「んぺのこ」はした状態をす)• ちょん、ま()• だんべ、ちょんぼこ(.「だんべ」は成人、「ちょんぼこ」はのちんこをす. 「だんべ」は、、では逆にをす)• オテングサマ、スギボー、ン()• チンボ(、)• チンチン()• チンポ(、、、、)• ゴロ、ソドッ、ボー、ッ()• タニ() なお、なので、々が普段使っている発音(山の手)にはない発音も含まれているため、厳密にはで表すことはできないことを明記しておく。 それにしてものは何? 外国語 当たり前だが、にも「ちんこ」の意味を持つ言葉が存在する。 のような使われ方をするものから、でなものもあるので、それぞれの文化をよく知った上で使うことが推奨される。 の場合は殺されても文句は言えないのも(多分)あるので気をつけるべし。 ただ、通常(?)の意味のちんこであれば、同じ、で盛り上がるもんなのである。 例えば、 日「これ ちんこ」 「Ch? 」 日「ちんこ いず 」 「Oh, Ch! 」 ちんこはを越える。 以下では、各の代表的なちんこの呼び方を書く(と同じく、にない発音があるものについては、むりやりで記述している。 また、の上、表記できない言があるため原は表記しない)。 カーブ()• ペェネ()• ッヅァカァ()• ペォンシュ()• ウゥメ()• クレッツィアォ()• ヒィンベッ()• ジャジ()• ン() それぞれのについては、のと同じように、陰茎部分のみをす、のちんこを意味するものや、を含意する色々な「ちんこ」がある。 と結びついているものもあったりするので、がある人は調べてみても面いかもしれない。 宗教とちんこ の多くのは、ちんこと密接な関係にある。 いや、冗談とかではなく。 ややの典では、「善悪を知る木」の実を食べた(いわゆる「」(と「」))について すると、ふたりのが開け、自分たちの裸であることがわかったので、の葉をつづり合わせて、に巻いた。 (『』第3章7節) と記されている。 「善悪を知る」ことと、ちんこには深い関係があると教示されている。 また、同じくでは、ちんこの皮を切ることを「」と呼んで、()との制約のとして大変重要視している。 詳しくは「」の記事を参照されたい。 に身近な例として、思想における「」がある。 元々は、の「」の音写で、「障」、「破壊」、「殺戮者」の意だったが(この意味は、の「n」と似ている。 「n」はで「反対者」「敵対者」を意味する。 に登場するnたる「」も、男性器の表であるし・・・)、あってではちんこの別称として定着した。 における欲界第六のでありながら、子孫繁栄や性的をる性としての性格も持ち合わせているあたり、の、ちんこに対する深慮の一端がうかがえるところであろう。 他にも、の、シヴァは自身、つまりちんこの徴(ガ)であるし、のは、体をばらばらにされた際、ちんこだけ見つからなかった始末であり、一の、ヴィの偶像はデカいちんこである。 ともかく、通り、ちんこを描いていないはいと言ってもいいくらいちんこである。 逆に言えば、ちんこはそれだけ、にとって重要なものと認知されていた、とも言えるだろう。 動物のちんこ 基本的にのちんこをでっかくしたり、ちっちゃくしたりした様相になっているものが多い(やのちんこなど)が、種によっては、とんでもないことになっていたりする。 以下はその一例。 二叉に分かれたY字形のちんこを持つ• 二本あるや• 2をえる二等辺の• 頭部にちんこのついた、Pethus cu(新種なので学名しかない。 ちんこが分離して雌のところまで泳ぐバロロ(ゴの)• 体長の倍の長さを持つ の想像をえるちんこを持つはたくさんいる。 ちんこ。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

G.G佐藤とは 中国語で「ちんちんさとう」だって!ぶふ

中国 語 ちんちん

とりあえずニュアンスが掴めそうな例文を置いておきます。 」と置き換えができるようなので、軽く意見を求めるようなニュアンスが出るようです。 ただ、そこまで「意見」を求めないニュアンスでも使われています。 若者言葉なので、目上の人には基本的に使わない。 女の子が使うと可愛い。 年上・目上の人には使わない。 とのこと。 「ね」「よ」に訳しにくければ「〜んだ」にするのも、ひとつの手です。 ま、この辺は日本語の語尾の意味もしっかり考えないと突き合せが難しいですが、ちなみに「〜わ。 」の意味はご存知でしょうか。 「私は思う!私がやる!」といった感じのニュアンスになるはずです。 なので「私」の気持ちと関係のない説明で「〜わ。 」を使うと、いかにも変な翻訳口調になってしまいます。 長々と失礼しましたが、以上、私の方で気づいた所です。

次の