ディープフェイク まとめ。 Facebook、ディープフェイク検出コンテストの結果を発表

Facebook、ディープフェイク検出コンテストの結果を発表

ディープフェイク まとめ

参考動画:BuzzFeedVideo|有名なディープフェイク動画の例。 この偽動画を作成したのはコメディアンのJordan Peele氏(画面右に登場)とのこと。 フェイク動画の将来の危険性について警告しています。 ディープフェイクとは? によれば、 「ディープフェイク(deep fake)」とは、人工知能の重要技術である「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語、とのことです。 人工知能によって、本人が実際には話していないことを話させたり、人物の顔を巧妙に入れ替えたりして、本物と見分けがつかないような偽動画などを作ることができる技術のようです。 一人の男が、盗んだデータで何億人ものあらゆる秘密、生活、将来を完全に支配している様子を。 )などと発言しているフェイク動画です。 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成 参考動画|tech 4tress:ディープフェイク動画を作成できるフリーソフトツールとして有名な「FakeApp」のダウンロード・インストール方法や使い方などが解説されています。 — VICE VICE 他にも、スマホなどで簡単にフェイク動画や画像を作れるアプリがどんどん出てくるのも、もはや時間の問題といえそうです。 有名人だけでなく、どんな人でも被害者になりうるため、非常に怖い脅威となりつつあります。 このように偽動画などを簡単に作れるようになることで、有名な政治家のフェイク動画が選挙結果に影響を及ぼしたり、捏造動画が新たないじめの手段に使われたりと、様々な可能性が懸念されています。 ディープフェイクを見破る方法や対策など 参考動画|東京新聞:フェイク動画を見破る人工知能AIについての報道。 ディープフェイクのアルゴリズムによる巧妙な偽動画は、すでに人間の目では本物と見分けることは難しくなりつつあるため、AIによってディープフェイクを見破る技術の研究が進んでいるようです。 ただ、偽造技術の方も日々進歩しているため、結局いたちごっこになってしまうのでは?と個人的には危惧しています。 他にも、たとえば透かしを入れる方法などが検討されているようですね。 法律の整備などもこれから急速に進んでいくでしょう。 どんな情報も鵜呑みにせず、各自が総合的に判断していく能力が今まで以上に求められることになりそうですね。 ダーウィン・ジャーナルにご訪問いただきありがとうございます!管理人のチャールズです。 当サイトでは生物学や心理学・テクノロジー分野のクリエイティブ・コモンズの論文を中心に、管理人が個人的に興味を持った世界の最新の研究成果や面白い科学ニュース雑学などを、できるだけわかりやすくまとめて紹介しています。 各分野の専門家ではない管理人が個人で運営しておりますため、恐縮ですが、誤りなどを含んでいる可能性がありますことを予めご了承下さい(参考:)。 記事中には原則としてソースの学術論文をリンク付きで明記していますので、学術・医療分野などにおける正確性・厳密性を求められる方はそちらを直接ご覧下さいますようお願い致します。 もし誤りについてのご指摘やご意見・ご感想などありましたら、コメント欄に記入あるいはからお気軽にご連絡頂ければ幸いです。

次の

【NHKスペシャル4/5出演】ディープフェイク動画サイト運営してたらNHKに出ることになった話|ベナオBlog|note

ディープフェイク まとめ

ユーザーが録音音声に加えたい言動を文字で入力すれば、Overdub機能によってその言動が自分の声で述べられているように聞こえる。 Descriptの最高経営責任者(CEO)であるAndrew Mason氏のによると、これは決してディープフェイクの作成を意図したものではない。 音声モデルの訓練のために、ユーザーはランダムに生成された文章を話している音声を録音する必要があるため、既存の録音音声を使って他人の音声によるモデルを作成することはできないとしている。 だがDescriptは同社のにあるFAQ(よくある質問とその回答)で、同社の技術は独自のものだが、基礎研究はすでに広く行われており、他社の今後の製品は使用上の制約が同じではない場合があると述べている。 「だからこそ、制御された環境でテクノロジーを世界に紹介することがわれわれにとって重要だ」と、Lyrebirdの共同創業者のJose Sotelo氏は米CNETへの電子メールで述べ、「そうすれば世界は潜在的な悪意のある攻撃に対し、より適切に対処できる体制を整えられる」とした。 Descriptはテキスト読み上げモデルの作成に使われる録音音声を保存している。 だがユーザーは録音音声をいつでも消去できるとSotelo氏は述べた。 これまでに、Facebook最高経営責任者(CEO)のや俳優のTom Cruiseさん、などがディープフェイクの対象となっている。 米議員らはディープフェイクについて、「米国の公共の議論や国家安全保障に脅威を与える可能性がある」と述べている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

自分の声のディープフェイクを作るポッドキャストツールが登場

ディープフェイク まとめ

そしてZAOは流行した後にみんなからの大バッシングを受けています。。 自分でアップしたFace画像を、提供されている素材動画の顔と取り換えた動画を手軽に作れるアプリです。 UIもシンプルで簡単に操作できるうえに、ディープフェイク技術での顔の置き換えも 数秒で完了する使い勝手の良さ。 (ディープフェイクとは「ディープラーニング(deep learning)」と英語で捏造・にせものを意味する「フェイク(fake)」から作られた造語) この技術と問題についてはみんな記事にしてるのでそちらをご覧いただきたいですが、ここまで 気軽に使えるアプリは今まで無かったんじゃないかな。 正直恐ろしいです、今は映画やドラマなどの動画だけですが、すぐにフェイクニュース作成用や18禁のものが登場すると思います。 まず一部のユーザーが「ZAO」の利用規約に下記の文章があることに気が付きました。 これの意味するところは「 作成したディープフェイク映像の権利は永久にZAOが所有し、彼らが勝手に使用することが可能になる」ということ。 これを知ったユーザーから非難が殺到します。 また、9月4日の産業情報技術省の発表で、ZAOが「データ漏洩リスクなどのネットワークデータセキュリティに問題を抱えている」と指摘されました。 この非難に対してZAOは「ユーザーがデータを削除するとZAO側のデータからも削除される」と発表。 また「法律、規制、および管轄当局の厳しい要件に従って、コンテンツ管理を厳格に強化するし、ユーザーの個人情報のセキュリティとデータのセキュリティを強化する」と発表。 さらに9月3日にはユーザー同意書を変更しました。 でも著作権については何も触れられてないし、まだまだ批判され続けています。 試しに遊びで作ってみた動画がどこかで使われてるかもしれない。 ちなみにこのZAOを作った企業は中国出会い系アプリNO1の「MOMO」をサービス提供している会社で有名です。 中国出会い系アプリの今については前にnoteで紹介しました。

次の