ゴキブリ 団子 の 作り方。 ゴキブリ駆除・退治のホウ酸団子|作り方と設置方法、注意事項

ゴキブリ駆除にホウ酸団子は有効な方法です!ホウ酸団子の作り方|生活110番ニュース

ゴキブリ 団子 の 作り方

最後はペットボトルキャップに小分けします 梅雨から夏にかけてのゴキブリのシーズンに備え、20日に小牧地区女性部篠岡支部はゴキブリ団子作り教室を陶支店で開きました。 50人が参加し、春日井地区でも今後順次開催予定です。 1口1家庭分400円で、市販の殺虫剤より効果絶大との口コミもあって、毎年多数の申込があります。 環境にやさしい地産地消で安価な殺虫剤として、同支部では30年以上前から続けられています。 タマネギの臭いで誘い出されたゴキブリは、ホウ酸を食べ脱水状態となり水を求めて屋外で死ぬといわれ、効果は1年以上の長期にわたり持続します。 長谷川美子同支部長は冒頭で「水分が混じるのでタマネギは洗わず皮をむきます。 今日作る団子はゴキブリが出始める春先が効果的です」と説明しました。 タマネギの臭いが充満する料理教室に、女性部員は同JAグリーンセンター桃花台店で購入したタマネギをみじん切りにして、ミキサーにかけて粉砕。 ビニール袋にホウ酸、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて袋の上から手もみで練り合わせて作業は1時間足らずで完了しました。 練った団子を家に持ち帰り、袋の端を切りペットボトルキャップに流し入れ小分けして天日で一週間ほど乾燥させて完成させます。 参加した部員は「市販のものは使ったことがなく、毎年この教室で作ったゴキブリ団子を使っている。 動きが早いゴキブリもこれを食べればスローモーションになる。 ゴキブリ退治には効果抜群です」と大好評でした。

次の

ゴキブリ退治に効果てきめん!ホウ酸団子の作り方と置く場所や注意点

ゴキブリ 団子 の 作り方

家庭で作れるゴキブリ駆除剤として、昔から親しまれてきたゴキブリ団子ですが、どのようなメカニズムで効くのかは知らないという方も多いのではないでしょうか? 誘引材料の匂いに惹かれてやってきたゴキブリが団子を食べると、脱水症状を起こして乾燥死するとも消化器が壊死して死ぬとも言われていますが、実は詳しい理由はわかっていません。 少なくとも、ホウ酸の成分がゴキブリの身体に致命的な作用を与えるということは確実なようです。 ゴキブリ団子を食べたゴキブリは水を求めて移動するため、死骸は水周りに集中する傾向にあります。 あちこちに散らばった死骸を片づける手間が省けるのも、ゴキブリ団子のメリットと言えますね。 また、団子を食べて死んだゴキブリは他のゴキブリの餌となります。 ホウ酸濃度の高いゴキブリ団子を使うことで、連鎖的に退治できるのも嬉しいポイントです。 大人のゴキブリのフンを主食とする幼虫にも効くので、継続して使えばゴキブリの繁殖をぐっと抑えられるでしょう。 ゴキブリ団子は、設置場所の違いで効果が大きく左右されます。 ゴキブリの通りそうな道を知っておくことは、ゴキブリ退治に欠かせないポイントです。 今までにゴキブリを見かけたことのある場所、逃げ込んでいくのを見た場所等に重点的に設置するのがおすすめです。 他にも、ゴキブリは以下のような場所に生息していることが多いと言われています。 ・冷蔵庫や食品庫の下や後ろ ・ガスコンロの周辺 ・シンク下や排水口まわり ・電子レンジやトースター等の下 ・調味料棚の後ろ ・ベランダの排水口周辺 ・換気扇の近く ・エアコンのダクト周り ・常時動いている電化製品の近く 思った以上にたくさんありますね。 ゴキブリは、「水分」「温度」「油分」が揃った場所に好んで潜伏します。 こういった場所がないか、家中をチェックしてみましょう。 ゴキブリの通り道について考える時に、見落としがちなポイントが数点あります。 そのひとつが、「人が出入りする場所」です。 ゴキブリの通り道になりそうな場所を掃除しているのに、急に姿を見かけるようになったということはありませんか? こういった場合は、玄関や窓からゴキブリが堂々と侵入していることもあるのです。 人の出入りに紛れて家に侵入することを防ぐため、玄関や窓、勝手口の周辺にもゴキブリ団子を設置するようにしましょう。 また、もう一点見逃してはいけないのが「ダンボールの下」です。 ダンボールは保温効果が高く、ゴキブリの好む狭い隙間がたくさんあります。 特に生鮮食品の入っていたダンボールは湿り気を帯びていることも多く、ゴキブリの格好の住みかになってしまいます。 宅配や引っ越し等のダンボールは、ある程度まとまってから捨てようと無造作に放置してしまいがちですよね。 できれば、ダンボールは少量ずつでも溜めずに処分するのがベストです。 それが難しい場合は、周辺にゴキブリ団子を設置しておくようにしましょう。 家庭で作れて効果抜群のゴキブリ団子ですが、危険な薬品を使っているという意識を常に持つようにしましょう。 特に子どもは、少量のホウ酸でも中毒症状を引き起こしてしまいます。 より体重の軽い犬や猫はなおさらです。 小さな子どもやペットのいる部屋にゴキブリ団子を設置する際には、必ず手の届かない場所に設置することを心がけましょう。 また、こまめに状況をチェックして、手の届く位置に団子が動かされていないか、誤食したような跡がないかを見るようにしましょう。 ホウ酸は誤食してから症状が出るまでに時間がかかります。 万が一誤食した場合でも、症状が出る前に対処することができれば、重症化を防げることもあります。 誤食を防止するためのケースを自作するのも効果的です。 切り離した卵パックのくぼみにゴキブリ団子を入れて、ゴキブリが入れる程度の小さなすき間を開けてホチキスで留めるだけ。 とても簡単でコストもかかりませんし、床が汚れる心配もありません。 誤食が気になる場所に設置する場合は、こういったケースを活用するのがおすすめです。 ゴキブリは視覚はさほど強くなく、ほとんどの情報を嗅覚と触覚に頼っています。 とは言っても、その感覚は非常に鋭敏で、空気の流れも身体の毛で読み取ることができるというのですから驚きですね。 そんなゴキブリをゴキブリ団子に食いつかせるポイントは、「ゴキブリの好きなニオイを練り込む」ということです。 ゴキブリは、玉ねぎやニラ等のネギ類、煮干しや干しエビ、じゃがいも、米ぬか、アンモニア等の匂いを好むことで知られています。 その中でも、ニオイが長持ちして団子に練り込みやすいのが玉ねぎというわけですね。 すり下ろすことで匂いが拡散され、よりゴキブリが食いつきやすくなるのです。 しかし、これには気を付けなければいけないことがひとつあります。 それは、ゴキブリは非常に知能が高く警戒心が強い生き物であるということです。 「玉ねぎの匂いがするものを食べて仲間が死んだ」という事実を学習すると、ゴキブリはそれを危険な食べ物と認識して避けるようになります。 急に団子の食いつきが悪くなったとしたら、それはゴキブリ団子が彼らにとって毒であることを悟られているのです。 その場合は、誘引材料を変えて作り直すのが効果的です。 置き場所も変えてみる等の工夫をしてみましょう。 ゴキブリ団子の有効期限については先にご紹介しましたが、こまめに団子を作り直すのは大変ですよね。 また、忙しくて交換時期を過ぎてしまった……ということもあるでしょう。 そんな時は、団子に焼肉のたれを数滴垂らしてやることで誘引効果を延ばすことができます。 ホウ酸自体の効果は時間が経っても落ちることがないので、誘引効果さえ持続できればゴキブリをおびき寄せることができます。 ただし、何度もこの方法を使うとホコリやカビがつきやすくなって不衛生です。 あくまで応急処置に留めておくほうが無難でしょう。 また、ゴキブリ団子を設置する時は地域全体で取り組むことでより効果がアップします。 地域全体がゴキブリにとって住みにくくなれば、外から侵入してくる割合も減りますよね。 自分の家だけでできることだけではないのでハードルは上がりますが、隣近所に声をかけて一緒に作ってみるのもひとつの方法です。

次の

ホウ酸団子はなぜ効果的?ゴキブリを殺せる黄金比率・作り方・安全性

ゴキブリ 団子 の 作り方

スポンサーリンク ホウ酸団子について ホウ酸団子(ゴキブリ団子)は食べたら脱水症状を引き起こし、駆除できるタイプの物です。 ホウ酸団子を食べたゴキブリちゃん達の死骸を水まわりで発見する事が多いのはそのためです。 ホウ酸団子の効き目は 約3~6ヶ月程度です。 (場所やホウ酸団子の中に入れている物で期間にばらつきがあります) 使用期限を過ぎたらなるべく早めに取り替えましょう。 効き目が現れるのは、ホウ酸ダンゴを食べてから 半日~3日ぐらいです。 あと、残念ながら 卵には効果がありません。 なので、ゴキブリがいなくなっても、ホウ酸団子は一時置いてある方が確実ですし、家の中にいなくても、外から入ってきてしまうので出来れば定期的に置いておくことをお勧めします。 特に 台所は大好きなものが多いので、重点的に置いておきましょう。 後は、各部屋に2~5個ぐらいでいいです^^ 小さいお子様やペットがいる方は注意が必要です。 まとめ 見るだけでもゾッとしてしまうゴキブリちゃん・・・ 嫌な思いをするだけでなく、ウイルスや病原体を媒介させてしまうのでしっかり対策をいたしましょう!! 一緒によく読まれている記事はコチラ.

次の