斎藤 一人 さん の 話。 死後について、斎藤一人さんの話をきいて死ぬのが怖いのと残念な気持ちに...

斎藤 一人さんの 【不思議な話 おんり~ (完全版)】

斎藤 一人 さん の 話

今から、『天使の翼』っていう話をします。 人は誰でも、一人に一人づつ、エンジェル(エンゼル)がついてるんだよ、って話です。 日本でいうと守護霊さんっていうだけど、外国の人はエンジェルって言うんだけど、誰でも人は幸せになるために、一人に一人づつ、つエンジェルがついているんだよ。 今、ものすごい苦労している人もいると思います。 つらい思いしている人もいると思います。 人間って自分の運命を天国にいるときに決めてきて、こういう運勢で自分は生きますって神様にいうと、神様は、それだとちょっと荷が重いんじゃないかい?って言うんだけど、 「大丈夫です、それでも私は幸せになります」って、神様に約束してきます。 それで出てくるんですけど、ほんとにつらい修行を背負ってる人もいるんです。 ところが、人間っていうのはトータルすると、絶対に元がとれるようになってるんです。 だから苦労した人って、死にたくなっちゃうことあるかわからんないけど、死なないでください。 あなたが苦労した分、絶対に人は幸せになれるようにできてるんです。 それで、早く幸せになれるコツってあります。 人間関係でつらいこともあります。 ほんとにそういう時は、あなたに嫌なことする人、悪いことする人、もう無視してください。 それより、あなたを守ってくれるお母さんとか、お父さんとか、近所の人とか。 で、もしそういう人が、私はひとりもいないんだっつったら、自分を守ってくれてる、自分にはエンジェルがついててくれてるんだ、って。 翼があるエンジェルがついててくれてるんだって、信じてください。 そして、今を乗り切ってください。 今苦しくて死にたいことがあるかもわかんないけど、死なないでください。 私なんて死んだって、誰も悲しまないっていうけど、神様が悲しみます。 あなたについてるエンジェルが悲しみます。 そして、今話してる私が悲しみます。 あなたはかけがえのない人です。 そして、かけがえのない命です。 これから、あなたと出会う大勢の人がいます。 これからの出会いは、本当にすばらしい出会いです。 明日を信じてください。 そして、あなたを導いてくれる、エンジェルを信じて下さい。 あなたに羽根はないかもわからないけど、あなたに付き添ってるエンジェルには、翼があります。 そして、あなたを必ず導いてくれます。 どうもありがとうございます。 Sponsored Link Sponsored Link -.

次の

死後について、斎藤一人さんの話をきいて死ぬのが怖いのと残念な気持ちに...

斎藤 一人 さん の 話

人気記事・週間ベスト50• 149 views• 136 views• 116 views• 95 views• 87 views• 76 views• 74 views• 74 views• 67 views• 62 views• 48 views• 44 views• 41 views• 37 views• 37 views• 35 views• 35 views• 35 views• 31 views• 29 views• 29 views• 29 views• 28 views• 25 views• 25 views• 24 views• 24 views• 23 views• 22 views• 21 views• 21 views• 20 views• 19 views• 18 views• 18 views• 17 views• 17 views• 16 views• 16 views• 16 views• 16 views• 16 views• 14 views• 13 views• 13 views• 13 views• 13 views• 12 views• 12 views• 12 views• 最近のコメント• に 伊藤理恵 より• に 真藤 より• に seizan より• に 真藤 より• に seizan より• に 祐一 より• に 金運アップ! 見るだけで大金持ち体質になる動画【サブリミナル】 - タスケ本舗 より• に タスケ本舗 より• に seizan より• に 健高倉 より• アーカイブ• メタ情報• ブロックしたスパム.

次の

【斎藤一人さんのお話】「最初で最後」一人さんの伝説の講演

斎藤 一人 さん の 話

宗教の経典や聖書や文献に記されているあの世の風景は、 この世のそれをほとんどそのまま持ち込んで それを理想化したものです。 玉座の周りにはエメラルドのような虹が輝いている。 また、玉座の周りに二十四の座があって、それらの座の上には白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が座っている。 玉座からは、稲妻、さまざまな音、雷が起こる。 また、玉座の前には、七つのともし火が燃えている。 また、玉座の前は、水晶に似たガラスの海のようである。 この玉座の中央とその周りに四つの生き物がいて、前にも後ろにも一面に目がある。 第一の生き物は獅子のようで、第二の生き物は若い雄牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようである。 この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも内側にも、一面に目がある。 彼らは、昼も夜も絶え間なく「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、全能者である神、主、かつておられ、今おられ、やがて来られる方。 」 と言い続ける。 東に三つの門、北に三つの門、南に三つの門、西に三つの門がある。 都の城壁には十二の土台がある。 この都は四角い形で、長さと幅と高さが同じで、天使が物差しで都を測ると、一万二千スタディオンである。 また、城壁を測ると、百四十四ペキスである。 これは天使が人間の物差しによって測ったものである。 都の城壁は碧玉で築かれ、都は透き通ったガラスのような純金である。 都の城壁の土台石は、あらゆる宝石で飾られている。 第一の土台石は碧玉、第二はサファイア、第三はめのう、第四はエメラルド、 第五は赤縞めのう、第六は赤めのう、第七はかんらん石、第八は緑柱石、第九は黄玉、第十はひすい、第十一は青玉、第十二は紫水晶である。 また、十二の門は十二の真珠であり、どの門もそれぞれ一個の真珠でできている。 都の大通りは、透き通ったガラスのような純金である。 水晶のように輝く命の水の川は、都の大通りの中央を流れ、その両岸には命の木があって、年に十二回実を結び、毎月実をみのらせる。 そして、その木の葉は諸国の民の病を治す。 神と小羊の玉座が都にあって、神の僕たちは神を礼拝し、御顔を仰ぎ見る。 もはや、夜はなく、ともし火の光も太陽の光も要らない。 神である主が僕たちを照らし、彼らは世々限りなく統治する。 アートマン思想や輪廻思想の元である バラモン教の経典ヴェーダ文献によれば、 最高天は「光明、緑陰、酒や美食、歌舞・音楽に恵まれた 理想郷として表象されている」(中村元『ヴェーダの思想』P349).

次の