カット アンド ペースト で この 世界 を 生き て いく 作者。 カット&ペーストでこの世界を生きていく

カット&ペーストでこの世界を生きていく / 原作/咲夜(ツギクル) 漫画/加藤コウキ キャラクター原案/PiNe 乾和音 おすすめ漫画

カット アンド ペースト で この 世界 を 生き て いく 作者

日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」において2016年に行われたツギクルブックス創刊記念大賞で、大賞を受賞した「カット&ペーストでこの世界を生きていく」の著者・咲夜さんが、亡くなったことがわかった。 ソフトバンクグループで、ネットサービス事業や出版事業を行うツギクルは2月8日、公式サイトに「咲夜先生 ご逝去のお知らせ」を掲載。 「2019年1月27日、『カット&ペーストでこの世界を生きていく』の著者・咲夜先生がご逝去されました」「ここに心より哀悼の意を表し、生前の弊社レーベルでのご貢献に深く感謝を申し上げるとともに、謹んでご冥福をお祈り申し上げます」と訃報を伝えている。 また、編集部名義で、「2017年6月に刊行した『カット&ペーストでこの世界を生きていく』は咲夜先生のデビュー作、またツギクルブックス創刊記念大賞の大賞受賞作ということもあり、大変思い出深い作品です。 生前の打ち合わせでも、ファンタジーやゲームに対する深い知識、キャラクターへの愛情の深さがうかがえることが多く、わっふるのことを笑顔で話す咲夜先生の姿が忘れられません。 この度の早すぎるご逝去についてはいまだに気持ちの整理ができていませんが、作品に登場するキャラクターたちはいつまでも読者の心に残るはずです。 ご冥福をお祈りいたします」とコメントした。 咲夜さんは2017年4月1日、東京・新橋の駅で脳出血を発症し、長期入院。 Twitterによると、左半身麻痺が残り、自宅にて療養を続けていたという。 昨年12月には「小説家になろう」サイト内で同作の休載を告知。 「昨年の私の病気以降、不定期更新及び、誤字などでご迷惑をおかけしております事お詫び致します」「病気に倒れ私は多くの物を失いました。 入院生活で心が折れそうになったとき、私を助けてくれたのは読者の皆さんの声援や励ましの声でした」などとつづり、今年1月には連載再開時期を「3月から」と告知していた。 これまでのファンタジージャンルにはない『カット&ペースト』という言葉を用いることで、読者に対して疑問と興味を植え付けています。 テンポの良い文章とスピーディーなストーリー展開は、幅広い読者に支持されるレベルにあり、時に読者の期待を裏切る展開が用意されている点も『読者の想像を超える』という意味ではプラスに働く要素と言えます」と評していた。

次の

楽天ブックス: カット&ペーストでこの世界を生きていく

カット アンド ペースト で この 世界 を 生き て いく 作者

【ご連絡】【カット&ペーストでこの世界を生きていく休載のお知らせ】 2018年 12月21日 金 10:07 親愛なる読者の皆様、いつも応援、ご愛読頂きましてありがとうございます。 また、昨年の私の病気以降、不定期更新及び、誤字などでご迷惑をおかけしております事 お詫び致します。 さて、件名の件ですが先日活動報告にて誤字のご指摘をまたまた頂戴しました。 最近はきにしないようにしておりましたが、併記いただいた言葉がありまして 「気持ち悪い」と書かれておりました。 勿論、本当にそう感じられたのでしょうし その事について私からコメントする事はありませんが この言葉は正直、かなり刺さりました。 気持ち悪いと言われてまで書きたくありません。 そこで、件名のように休載に踏み切る事と致しました。 昨日ツイッターの方で公開してますのでご存じの方も多いかと思いますが 改めましてこちらでもご連絡致します。 これは休載であって打ち切りではありませんので心の整理ができ次第必ず、復帰致します。 「カット&ペーストでこの世界を生きていく」という作品は私にとっても特別な存在です。 病気に倒れ私は多くの物を失いました。 入院生活で心が折れそうになったとき、私を助けてくれたのは読者の皆さんの声援や励ましの声でした。 この作品がなければ、そう言った声も無かったでしょう。 ですから私はこの作品に感謝しております。 そんな作品ですから途中で放棄してしまうという愚行は行いたくありません。 それに、既に私だけの作品でも無くなっております。 読んで頂けてる読者の皆さん、ツギクルの皆様、漫画を書いて頂いております、加藤先生ならびに集英社の皆様 そう言った方々のためにも必ず完結させます。

次の

【12話無料】カット&ペーストでこの世界を生きていく

カット アンド ペースト で この 世界 を 生き て いく 作者

ツギクルブックス刊『 カット&ペーストでこの世界を生きていく』の著者、 咲夜氏が2019年1月27日に逝去されていたことが、ツギクル株式会社の公式サイトにて発表された。 『カット&ペーストでこの世界を生きていく』はツギクルブックス創刊記念大賞「大賞」受賞作で、同氏のデビュー作でもあった。 敵の能力を奪い、己のものとするスキル「カット&ペースト」で成し遂げる少年の英雄譚を描き、2018年5月にはコミカライズもスタート。 今年5月には原作小説第4巻の発売も予定されるなど、今後の更なる活躍も期待されていた中での訃報となった。 なお、コミカライズは原作に基づき連載を継続するという。 【あらすじ】 神様から授かったスキルによって、少年の人生は180度変わった……。 強力なスキルを身につけた少年が、信頼できる仲間を得て成長していく英雄伝説。 「カット&ペースト」で敵の能力を奪取&無力化! チートスキルで無双しながら強敵をなぎ倒していく爽快アクション。 成人を迎えると神様からスキルと呼ばれる技能を得られる世界。 15歳を迎えて成人したマインは、「カット&ペースト」と「鑑定・全」という2つのスキルを授かった。 一見使い物にならないと思えた「カット&ペースト」が、使い方しだいで無敵のスキルになることが判明。 チートすぎるスキルを周りに隠して生活するマインのもとに王女様がやって来て、事態はあらぬ方向に進んでいく。 スキル「カット&ペースト」で成し遂げる英雄伝説、いま開幕! 本小説は小説投稿サイト「」にて連載が行われていたのだが、昨年12月に更新休止を発表。 その後、今年3月からの連載再開が予告されていた中での訃報となり、非常に残念なお知らせとなってしまった。 深くご冥福をお祈りしたい。

次の