立川 競輪 グランプリ。 【立川競輪】KEIRINグランプリ2019(GP)キャンペーン|オッズパーク

KEIRINグランプリ

立川 競輪 グランプリ

町田洋一の予想 夢の1億円、銭ゲバの闘い。 かつての覇者の山田裕仁氏や浅井康太は、普段入らない、えげつないコース取りで栄冠を手にしている。 清水が勝つケースはワッキーの番手に嵌った時だろう。 松浦は、下手に清水に逃げてもらわない方が良い。 仕事をして内を掬われるだけだし、スピードを借りる走りがベスト。 僕が平原の立場なら、清水ラインの近くにいる。 そして勝負どころで内に切り込み、外の新田とゴール前勝負と読む。 まず、どんな選手が「優勝」を手にしているのだろうか? グランプリ優勝者の 平均年齢は31. 昨年の三谷竜生(奈良101期)は、ドンピシャの31歳だった。 ちなみに過去のグランプリは 20代が13回、30代が17回、40代が3回制している。 最年少優勝は、1992年の吉岡稔真で 22歳。 対して、最年長優勝は2011年の山口幸二で、 43歳での制覇だった。 今年のメンバーは最年少が清水裕友の25歳、最年長は佐藤慎太郎で43歳。 佐藤が優勝なら、年齢だけなら山口と並ぶが、誕生月の関係で最年長優勝の新記録更新には届かない。 第1回を除いて、22歳でグランプリを制覇した吉岡は初出場、初優勝での快挙だった。 この吉岡を皮切りに、グランプリ 初出場、初優勝を達成したのは全部で9名。 順に列挙すると、1992年吉岡稔真、98年山口幸二、99年太田真一、2001年伏見俊昭、2005年加藤慎平、2006年有坂直樹、2009年海老根恵太、2010年村上博幸、2013年金子貴志。 今回は松浦悠士、郡司浩平が初出場なので、10人目の快挙となるか。 過去33開催を単純集計するとグランプリ優勝数は、 北日本4回、関東2回、南関東4回、中部9回、近畿4回、中国1回、四国1回、九州8回となっている。 意外なのは関東勢の優勝数だろう。 第1回から関東勢がエントリーしていないグランプリは1度もないが、優勝となると1999年太田真一、2014年武田豊樹の 2例のみ。 今年は平原康多が10回目のグランプリ挑戦となっており、3例目の優勝となるか。 また、 北日本勢も2007年伏見俊昭から優勝者が出ていない。 今年は新田祐大、佐藤慎太郎の福島ラインに注目が集まりそう。 中国地区の清水裕友、松浦悠士は1996年の小橋正義(当時岡山)以来となる2度目の制覇を狙う。 また、今回の出場選手の中で 「県別の初優勝」がかかるのは、中川誠一郎(熊本)、脇本雄太(福井)、松浦悠士(広島)、清水裕友(山口)、郡司浩平(神奈川)の5名。 KEIRINグランプリの レース分析 グランプリを予想する上で、「波乱が多い」「ラインで決まらない」「点と点の勝負になりやすい」は、よく耳にする定石だろう。 まず過去の払戻金額を見ていくと、 2車単の平均配当は 6,580円(1995年~2018年まで) 2車単の最高配当は 17,770円(2011年山口幸二)、最低配当は1,330円(2002年山田裕仁)だった。 3連単は平均配当が 43,539円(2001年~2018年まで) 3連単の最高配当は 14万5,740円(2005年加藤慎平)、最低配当は6,050円(2002年山田裕仁)となっている。 確かに高配当傾向にあるのは間違いなく、3連単が導入されてから18開催中、 16回が万車券での決着だった。 KEIRINグランプリの 決まり手 最高のメンバーが集うレースだけに 「逃げ切り」が少ない点は有名だ。 実際に33開催で、先行逃げ切りが決まったのは、1990年坂本勉、1999年太田真一、2001年伏見俊昭の 3例のみ。 伏見が逃げ切った平塚グランプリを最後に、17年間逃げ切りが決まっていないことになる。 それだけではなく、2001年以降、最終バックを取った選手で連絡みしたのは2014年の武田豊樹のみ。 この時は平原康多の先行を武田が番手まくりで抜け出したパターンだった。 「先行」という見方をするならば、2001年以降でホームバックを取って連に絡んだ例は、2002年の村上義弘(3着)と、2005年の武田豊樹(3着)の 2例しかない。 主導権を握った選手は、2001年を最後に、連対を果たせていないことになる。 「競輪は番手」と言われる。 では最終バックを先頭で通過したラインの番手選手は、どのような結果に終わっているのだろうか。 こちらは過去20年の集計になるが、主導権を握ったラインの番手選手の戦績は… 【6 3 4 7】 勝率30. 0%、連対率45. 0%、3連対率65. 0% と、グランプリでもアベレージを残している。 近況も、2018年三谷竜生、2017年浅井康太、2016年村上義弘と、前を任せた選手が主導権を握ってレースを作り、番手から優勝を手にしている。 やはり、どのラインが先手を奪うのか、展開予想は大切だろう。 直近20開催の決まり手は 1着:逃げ2回、捲り5回。 差し13回、マーク0回 2着:逃げ0回、捲り6回、差し11回、マーク3回 先述したように「逃げ」が少なく、 2着の「マーク」が極端に少ないのも特徴だろう。 ラインの力 今年は、脇本雄太-村上博幸、新田祐大-佐藤慎太郎、清水裕友-松浦悠士がラインを形成。 あとの平原康多、中川誠一郎、郡司浩平の3人は単騎となる。 直近のグランプリで ラインのワンツーが決まった例では、 2013年の金子貴志、浅井康太がある。 この時はラインの先頭の深谷知広が先行し、俗にいうラインの「ズブズブ」が決まった。 このライン決着自体が、2002年の山田裕仁、山口富生のワンツー以来で、 実に11年ぶりだった。 それだけ ライン決着で決まっていない。 ちなみに 3連対圏内にライン2名が入ったパターンは、2014年に村上博幸(2着)、村上義弘(3着)が入ったのをはじめ、 直近20開催で9例ある(2005年の自力、3番手の組み合わせは除外)。 最近の競輪でよく聞く、並びの真ん中に別線の選手が入った 「はさみ車券」「サンドイッチ車券」は、直近20開催で3回のみ(初手を3番手から、と明示している例も含む)。 G1成績による グランプリ成績 過去20開催のグランプリ優勝者が、その1年間どのような実績を残してグランプリにたどり着いたのか。 獲得G1別の、グランプリ勝率も傾向として見ていこう。 全日本選抜優勝者 【1 1 3 13】 日本選手権優勝者 【5 4 2 10】 高松宮記念杯優勝者 【2 2 1 14】 オールスター優勝者 【3 3 2 12】 寛仁親王牌優勝者 【2 2 3 13】 競輪祭優勝者 【4 2 2 12】 SSシリーズ風光る 【1 0 1 0】 SSシリーズが素敵な数字を出しているが、現在は実施されていないG1につき度外視。 今年のダービー王・脇本雄太に期待が集まりそう。 日本選手権に次ぐのは競輪祭優勝者の4Vだが、このうち3回は1月に行われた時のもの。 あくまで過去の実績ではあるが、全日本選抜優勝者が苦戦している。 2009年に8月開催、2013年から現在の2月開催に変更となったが、 不思議と2005年以来、全日本選抜覇者からグランプリ優勝者が誕生していない。 高松宮記念杯優勝者も数字的には苦戦傾向だが、昨年の三谷竜生は、1999年の太田真一以来となる、宮杯優勝者のグランプリ制覇だった。 なお、直近20開催で、G1(SSシリーズ風光るを含む)を1年間で2つ制覇した選手のグランプリ戦績は 【5 3 3 11】勝率22. 7%、連対率36. 4%、3連対率50. 0% のべ22名いる中で、 昨年の三谷竜生や2013年金子貴志、2010年村上博幸らが頂点に立っている。 3連対率は50%。 今年の中川誠一郎はどうなるか。 賞金組でグランプリを獲得したのは、2017年浅井康太をはじめ直近20開催で7例。 そのうち賞金組ワンツーは4回、ワンツースリーは1回ある。 KEIRINグランプリの 出目 車番的な傾向も補足していきたい。 全33回での1番車から9番車の入着は以下の通り。 1番車【4 5 5 19】 勝率12. 1%、連対率27. 3%、3連対率42. 4% 2番車【4 6 1 22】 勝率12. 1%、連対率30. 3%、3連対率33. 3% 3番車【4 5 3 21】 勝率12. 1%、連対率27. 3%、3連対率36. 4% 4番車【2 1 3 27】 勝率6. 1%、連対率9. 1%、3連対率18. 2% 5番車【3 5 2 23】 勝率9. 1%、連対率24. 2%、3連対率30. 3% 6番車【2 4 0 27】 勝率6. 1%、連対率18. 2%、3連対率18. 2% 7番車【7 2 2 22】 勝率21. 2%、連対率27. 3%、3連対率33. 3% 8番車【1 2 9 21】 勝率3. 3%、連対率9. 1%、3連対率36. 4% 9番車【6 3 7 17】 勝率18. 2%、連対率27. 3%、3連対率48.

次の

【立川競輪】KEIRINグランプリ2019(GP)キャンペーン|オッズパーク

立川 競輪 グランプリ

最高峰のレースがここに。 2200名の中のトップ9名が、己のすべてを脚にかける。 立川競輪場を舞台に 「GP・KEIRINグランプリ2019」が、12月28日(土)~12月30日(月)まで開催されます! 優勝賞金1億円。 真の競輪王者を決める2019年大会に参加するのは、次のメンバーです。 三谷竜生選手・浅井康太選手・脇本雄太選手・新田祐大選手・村上博幸選手・清水裕友選手・平原康多選手・武田豊樹選手・村上義弘選手ら、競輪界を代表する9名が集まりました。 また初日にガールズグランプリ2018が、2日目にヤンググランプリ2018が行われ、かつてない報道陣と選手の熱気に包まれるなか…。 「滝澤正光」のレジェンドトークショー、MINMI」のスペシャルライブ、「お尻ダンサーズ」、ロザリオクロス」のライブショー、日本中央競馬会の「武豊騎手」によるトークショーなど、イベント・ファンサービスも豊富で、観客のボルテージも最高潮に高まった競輪界最大のイベント。 ガールズグランプリ2018は、 豪快なまくりから 児玉碧衣選手が 初制覇。 ヤンググランプリ2018は、 追い込みから 太田竜馬選手が制しました。 最も熱い視線が注がれた、平成最後のグランプリ2019。 主導権を握った脇本雄太選手の 番手から追い込み、 三谷竜生選手が 初のグランプリ王者に。 「ラインができていて、ラインで走った中での結果。 近畿の強さを改めて実感するとともに、1年間1番車として責任を背負い走りたい」 と、王者だけが見える世界を感じながら、先を見据えていたコメントが印象的でした。 残念ながら今年は三谷竜生選手の出場は叶いませんでしたが…。 世代交代とスピード競輪移行が加速している、今の競輪界を代表するメンバーの走りは必見です。 今大会はどんなドラマが待っているのか…? これから事前考察として、レース展望や注目選手をご紹介します! 即日利益は想定10万円以上 【即日利益は想定10万円以上】 過去10年にわたるラインの精査と個人勝負の的中ロジック。 専属記者との独占契約により、正しい情報とデマを見極め、内部の思惑を知るレース厳選。 的中に必要な要素をすべて満たしているファンファーレは、毎日のように 大金を提供しています。 初回想定利益は軽く10万円を超え。 ありきたりなサイトでは不可能ですが、競輪予想を熟知しているファンファーレにとっては容易いこと。 しかも 火・水・木・金・土・日にプロ予想が無料で公開され、その質は他サイトの有料情報と遜色ないほど。 今日の無料予想を見ていたら今頃は…そんな後悔をしないように、まずは無料登録を済ませておくのがベストでしょう。 長く険しいグランプリロードを勝ち抜いた、最高の9名が揃いましたね。 注目はナショナルチームのメンバーである、 脇本雄太選手と 新田祐大選手か。 来年に迫った 東京オリンピックのメダルという大目標のため、 国内の競輪レースに出場する機会が限られていたものの…。 その少ないチャンスをものにする 勝負強さと異次元の脚は別格であり、競輪界の中でも特出した存在になっています。 世界の舞台で活躍するナショナルチームは、競輪界全体の流れを変え、 自力のスピード競輪が必須の時代へと加速させました。 間違いなく 新時代を告げる走りを見せてくれるでしょう。 そんな脇本雄太選手と連携するのが、 百戦錬磨の 村上博幸選手。 今回のメンバーでは唯一の 優勝経験者であり、しかも2010年の当所での達成でした。 昨年果たせなかった 雪辱を晴らす機会がさっそく巡ってきたとなれば、誰よりも気合は入るか。 また新田祐大選手は6回目の挑戦で、 頂点まであと一歩のところで足踏み中ですが…。 13年ぶりにグランプリへ戻ってきた 佐藤慎太郎選手が後ろにいるならば、百人力で極限スピードを見せてくれそうですね。 今年の ビッグレースを沸かせ続けてきた中国勢。 清水裕友選手と 松浦悠士選手の2人のスケールアップに、驚かされた1年だったのではないでしょうか。 今年最後のG1競争だった 競輪祭でもワンツーを決めていますし、連対実績も豊富です。 清水裕友選手は 2年連続とあって、良い意味で緊張はしないと思いますし…。 ビッグ初タイトルを引っさげて登場する松浦悠士選手にとっては、清水裕友選手がいる安心感は別格でしょう。 アグレッシブで若々しい中国ラインが、 新しい風を競輪界に吹き込みそうですね! 地区的に1人なるのは、 平原康多選手、中川誠一郎選手、郡司浩平選手の3人。 平原康多選手は 未だにグランプリを制していないのが不思議なくらい。 ナショナルチームに対抗するための 肉体・フレーム改造は順調に仕上がっていますし、今回メンバーで最多出場となる経験は、アドバンテージに違いありません。 中川誠一郎選手は2月G1全日本選抜を、郡司浩平選手は9月G2共同通信社杯を、それぞれ単騎で制していることから、決して侮れないと思います。 熊本勢・神奈川勢にとって、初のグランプリ冠を届けられるか注目ですね! 永久無料で最高配当を量産 【永久無料で最高配当を量産】 予想を当てるために必要なのは、元記者・元選手などの業界人からの裏情報。 そしてライン・選手の分析、展開、バンクの特徴、レース傾向など…複雑かつ多岐に渡ります。 こういった要素を 全額負担している必勝!競輪チャンネルの買い目は、当たらない理由がないばかりか、 100万円超えの獲得を量産しています。 競輪の知識や経験よりも、 本気で稼ぎたいかどうか。 必勝!競輪チャンネルでしか実現できないであろう 万札の束は、今日の無料予想から出るかもしれません。 たった 数分で人生が激変することは普通ではありえませんが、必勝!競輪チャンネルならば 明日から経済的自由を得られるでしょう。 立川競輪「GP・KEIRINグランプリ2019」で追いかけたい3選手! 脇本雄太選手と同様に、来年の東京五輪を目指すナショナルチームの新田祐大選手。 8月G1名古屋オールスター競輪での優勝で、 G1通算8V・5年連続のVを成し遂げました。 このレースでは菅田壱道選手の 「任せて欲しい」という熱い心を受け、マークからのレースでした。 新田祐大選手に伝えた言葉通り、菅田壱道選手は驚異の自力・早い踏み込みでレースをつくり、託された想いを感じて新田祐大選手がVを飾る…これぞ競輪という内容に、精神面でスケールアップしたのではないでしょうか。 また自転車競技でも 2月世界選手権ケイリンで銀メダルを獲得し、快進撃が止まりません! 「UCI個人ランキング世界1位」の称号は伊達ではない。 東京五輪の前に、競輪界No. 1を掴みにくるでしょう。 獲得賞金ランキング3位で、2年連続2度目のグランプリ出場を勝ち取った清水裕友選手。 S級S班としての初陣だった今年ですが、赤パンツのプレッシャーに折れることなく、 節を経るごとに貫禄・風格を増してきた印象です。 その強さは山口幸二氏をもってして 「私の目に曇りがなければ、清水はタイトルに最も近い男だ!」と言わしめるほど。 現最強と言っても過言ではない自力と、松浦悠士選手という連携相手がいるならば、敵なしかもしれませんね。 立川は今年11月の記念競輪を制しているだけに、気持ちよく臨めることでしょう。 場所 正門手荷物預所横 時間 12:00~12:45 12月28日(土)に開幕! 立川競輪「GP・KEIRINグランプリ2019」 競輪界最大のぶっグレースであるKEIRINグランプリ2019。 競輪選手役2200名のなかから、トップ中のトップである9名にしか出場権が与えられない、至高の競争です。 走れるだけでも名誉なこと。 ですが頂きに辿りつける選手が見ているのは、参加ではなく戴冠なのは間違いありません。 中川誠一郎選手、脇本雄太選手、松浦悠士選手、清水裕友選手、佐藤慎太郎選手、郡司浩平選手、新田祐大選手、平原康多選手、村上幸博士選手らが描くバンクは、 いったいどんな軌跡を残すのでしょうか。 しっかり狙って勝つために、ライン・脚質・競輪場の特徴といった要素から予想を組み立てますが…。 ただ正直なところ 展開は個人レベルではなかなか読みにくいです。 そこで必要なのが 圧倒的な情報と分析力。 現地からの リアルタイム情報・元競輪選手による解析・統計データに基づいたシミュレーションなど、当てるための条件を満たしている競輪予想サイトは、 実際に 直近の的中率が80%を超えていたり、 一撃で100万円を稼いでいます。 おすすめ競輪予想サイト紹介 【継続した利益を徹底追求】 競輪は、八百長・忖度・デキレースが暗黙の了解。 そう言われるほど、 普通ではありえないレースがあるのは、ご存知かもしれませんね。 競輪裏街道は、 公表すれば業界が騒然するほどの太いパイプから、 本当に稼げる情報だけを集めています。 簡単に言えば、 誰でも的中を量産できる仕組みを持っているんですね。 競輪が純粋に好きな方は、競輪裏街道を使うべきではないです。 ですが 儲けを最重視しているなら、競輪裏街道ほど相応しいサイトはないと断言できるレベル。 1万円分のポイントプレゼントや、いつでも見られる無料予想から、 当たりつづける競輪生活が送れますし、 外れたときの後悔はもう二度と、感じなくなっていくでしょう。 【即日利益は想定10万円以上】 過去10年にわたるラインの精査と個人勝負の的中ロジック。 専属記者との独占契約により、正しい情報とデマを見極め、内部の思惑を知るレース厳選。 的中に必要な要素をすべて満たしているファンファーレは、毎日のように 大金を提供しています。 初回想定利益は軽く10万円を超え。 ありきたりなサイトでは不可能ですが、競輪予想を熟知しているファンファーレにとっては容易いこと。 しかも 火・水・木・金・土・日にプロ予想が無料で公開され、その質は他サイトの有料情報と遜色ないほど。 今日の無料予想を見ていたら今頃は…そんな後悔をしないように、まずは無料登録を済ませておくのがベストでしょう。 【365日無料情報公開中!】 競輪に必要なのは、知識・経験・努力ではありません。 「そんなことができれば苦労はしないけど」 個人の情報力や弱いコネクションならば、苦労しかないと断言できますが…。 シャカリキライダーは、競輪界で著名な情報員をはじめ。 予想専門機関を抱え込み、 自然と高配当があふれる環境を作り上げました。 365日無料で予想を公開できたり、1万円分のポイントをプレゼントできたり、赤字になってもおかしくないサービスが提供できるのは、 実際に競輪予想で稼いでいる証でしかありません。 このまま稼げず終わるか、これからお金に不自由なく暮らせるかの分かれ道。 今、わずか1分ほどの無料登録さえ終わらせれば、明日から的中情報をゲットできるでしょう。 全国に専属の情報元をもっていて、選手同士の思惑や体調から、 ラインの勝ち負けを完全把握しています。 競輪はラインによって結果が決まる競争。 その ラインを熟知しているからこそ、確実性が極めて高い予想を公開できるんですよ。 関係者情報は新聞やネットに出回っていない秘匿中の秘匿で、仕入れ値は7桁を超えることも。 莫大な予算が投資できるのは 、実際に的中を量産しているからに他なりません。 今なら 最大5万円分のクーポンをプレゼント。 登録は無料ですし、 1ヶ月で純益100万円以上は当たり前でしょう。 生活費の足しにすることも、趣味や遊びで散財することも、自由な暮らしが待っています。

次の

立川競輪 出場予定選手一覧

立川 競輪 グランプリ

この節のが望まれています。 競走結果 [ ] 着順 選手 1 差 2 差 3 4 5 6 7 8 9 配当金額 [ ] 9-5 8,250円 4-6 1,580円 エピソード [ ]• GP出場選手ユニフォームは、前年に続きによる各選手1コンセプトのデザインながら、それぞれ6基調色(各枠色)を用意してレース時に車番を分かりやすく改善された。 着用期間はグランプリ翌年の日本選手権競輪から11月の全日本選抜競輪まで。 太田 -• 金古 - ドラゴン• 山田 - 無限の可能性をもつ精密機械• 神山 - 天空の戦い• 岡部 - 空から舞い降りる黄金の鷲• 池尻 - 鎧• 小嶋 - 宇宙• 金子 - 爆発• 児玉 - 一角獣• 地上波中継は、《系列 全18局ネット》が放送。 売上は、約85億6746万円。 競走データ [ ]• ゴール線通過後、岡部がガッツポーズを数回行う。 しかし長い写真判定の結果、6回目出場の児玉が初優勝。 確定後、児玉がバンクに現れガッツポーズを連発、スタンドのファンから「児玉」コールを受けた。 真冬のさなか上半身裸で 、レーサーにまたがりウイニングラン。 声援に応えた。 脚注 [ ].

次の