心因性じんましん。 治らない慢性じんましん。助けてください!

心因性じんましんとは

心因性じんましん

コリン性じんましんとは コリン性じんましんとは、発汗刺激で発症するじんましんのことを言います。 運動、毎日の入浴、精神的ストレスによる発汗で起こるじんましんです。 体の変化は、皮膚の赤味とわずかな腫れ、そしてかゆみを伴います。 コリン性じんましんが出来やすい人は、歩いた時に体が少し暖まるだけで背中が急に痛くなり、首から頭に伝わります。 その後腰から尻へ、そして両足にもかゆみが広がり、かゆみと共に痛みを感じることもあります。 コリン性は、汗が原因で。 夏の暑い時期などはかなりきついと感じます。 特に外出した時に支障をきたす場合が多く、はじめは肌がピリピリし、次第にかゆみがでます。 悪化することもあれば、悪化せずにたまに出る程度で留まることもあります。 コリン性じんましんの原因と考えられているのは、汗腺を刺激するアセチルコリンという物質です。 そのため、一般的な検査は、直接アセチルコリンを注射する方法や、熱や運動負荷を与え、皮膚の反応をみる方法になります。 コリン性じんましんが起こりやすい人は、体が汗をかくと、かゆみをともなった発疹が出たりします。 発疹を防ぐためにも、汗を発生しにくい生活の環境をつくりましょう。 原因物質が汗なので、汗を避けることがじんましんの予防に繋がります。 以下の症状の人は、コリン性じんましんの可能性が高いと言えます。 コリン性じんましんの治療では、汗が原因なので、日常の汗に慣れることが大切です。 週1回、病院にて行う汗の減感作療法や、週2回、ジム通いなどで汗をかくことも効果が期待できます。 また、整体や香蘇散という漢方薬を勧められる場合もあります。

次の

じんましんの原因はストレスかも。症状と対処法について

心因性じんましん

menu• 「じんましん」は誰でもかかるありふれた皮膚病 「じんましん」は漢字では蕁麻疹と書き、イラクサ 蕁麻 の葉に皮膚が触れたときに出る発疹と同じであるため、この名前がつきました。 5人に1人くらいの人が一生に一度は経験するといわれる、日常で比較的ありふれた病気です。 10代〜30代の方に多くみられますが、年配の方でも「じんましん」で悩んでいる方は沢山います。 「じんましん」はどんな症状が出るの? 典型的な「じんましん」は皮膚の一部が赤く盛り上がり(膨疹:ぼうしん)、強いかゆみを感じます。 かゆみでなくチクチク感、ピリピリ感や熱い感覚を感じる方も稀にいます。 そして時間とともに跡を残さずに消えるのが最大の特徴です。 この特徴は他の皮膚病には見られない「じんましん」独特のもので、診断を付けるためのヒントになります。 発疹は体中どこにでも出る可能性があり、大きさや形は様々。 米粒のような大きさのものから、大きく地図状に広がるもの、引っ掻いたところがミミズ腫れのようになるもの。 など色々です。 通常、発疹は放っておいても数時間で消えますが、症状が強い場合、半日から1日程度赤みが続く場合もあります。 症状が強いと、出たり引いたりを繰り返すため、常に発疹が出ているように見える場合もあります。 喉の違和感や腹痛も「じんましん」かもしれません! 「じんましん」は皮膚だけに出来ると思っている方も多いと思いますが、実は体の中にも出現することがあります。 鼻・眼の症状としてクシャミ、涙が出たり、口や喉に出ると、ムズムズ・イガイガを感じることもあります。 さらに喉の粘膜が腫れて呼吸が苦しくなる「じんましん」は要注意!ひどくなると血圧が下がり、緊急事態になることもあります。 さらに、胃や腸にも「じんましん」が出ると腹痛、吐き気、嘔吐、下痢などの症状が見られる場合もあります。 「じんましん」の起こる仕組み 「じんましん」は皮膚表面の病気ではなく、皮膚の少し奥の方、「真皮」というところに起こる病気です。 真皮にある血管の周りには、肥満細胞(マスト細胞)と呼ばれる、たくさんの顆粒(つぶつぶ)を持った細胞が存在しています。 そしてその顆粒の中にはヒスタミンなどの物質が含まれています。 何かのきっかけで肥満細胞が刺激されると、顆粒が細胞の外に放出されます。 そうすると、顆粒中のヒスタミンなどの物質が血管に作用して「じんましん」を引き起こします。 という作用があり、この作用によって血液の中の血漿成分 血液から白血球・赤血球などの細胞成分を除いた液体 が血管の外に漏れ出てしまうことで、真皮にむくみをおこし、皮膚が押し上げられることで膨疹となるのです。 さらに、ヒスタミンは痒みの神経を刺激するため、多くの「じんましん」で痒みを感じます。 しかし、ヒスタミンの作用だけでは「じんましん」のすべてが説明できない場合もあり、肥満細胞顆粒の中の、ヒスタミン以外の物質も病気の発症に関わっているといわれています。 内臓が悪いの? 多くの蕁麻疹は出没を繰り返すため、内臓の病気の反映と思われやすいものですが、蕁麻疹の多くは内臓の病気とは関係なく、詳しい検査を行っても、異常が見つからないことが大部分です。 よって、皮疹が数時間で消え、皮疹以外の自覚症状がない場合では、あまり心配をなさらなくて大丈夫です。 しかし、膠原病、血清病、血液疾患、遺伝子疾患などの基礎疾患が見つかる場合や、甲状腺疾患、ウイルス性肝炎、胃炎などが蕁麻疹を起こしやすい背景因子になっていることもありますので、気になる自覚症状がある場合は、担当医師に伝えるようにしてください。 「じんましん」には沢山の種類があるってホント? 「じんましん」の原因はアレルギーでしょ?と思っている方も多いのではないでしょうか。 実はアレルギー性のものも多いのですが、中には非アレルギー性の「じんましん」もあり、皮膚の症状が似ていても、様々な原因とパターンが知られています。 それでは原因を詳しく見てみましょう。 アレルギー性のものと非アレルギー性のものが含まれます。 じんましんの原因となる食べ物は卵・牛乳・チーズや豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類。 エビ、カニ、サバ、マグロなどの魚介類。 小麦、ソバ、米などの穀物類。 大豆などが有名ですが、その他にもアレルギーのイメージの少ないジャガイモやトマト、キャベツ、ほうれん草、セロリ、タケノコなどの野菜類、リンゴ、栗、バナナ、イチゴなどの果物類も原因となることがあります。 イチゴ、トマト、キュウリ、ブドウ、柑橘類、プラム、アーモンド、香辛料などは、中に含まれるサリチル酸化合物によりじんましんを引き起こすことがあります。 また、食品中のヒスタミンなどの物質によってアレルギーとは関係なく症状が出る仮性アレルゲンと呼ばれるものに豚肉、タケノコ、もち、鮮度の悪い青魚などがあります。 古くなったサバやアジなどは、そこに含まれるヒスチジンという物質がヒスタミンに変化しじんましんを起こしてしまいます。 ずっとサバを食べても平気だったのに、今回始めてじんましんが出ました。 という方はこの仮性アレルゲンによるじんましんの可能性が高いかもしれません。 その他に、食品添加物の黄色4号(たくあん・中華麺・カレーなどに使用される)、コチニール色素(口紅・食品などに使用する赤い色素)、保存料もアレルギーを引き起こすことが知られています。 薬剤性のじんましんは発症が比較的早く、原因薬剤を摂取して数分〜遅くとも2時間程度で症状が出現することがほとんどです。 症状が強く出ることも多く、場合によっては喉のむくみで呼吸がくるしくなるようなショック症状を起こす場合もあります。 時に全身にじんましんが広がることもあります。 原因として有名なものはイラクサという植物で、漢字で「蕁麻」と書き、じんましん(蕁麻疹)の語源となった植物です。 ネコ、ウサギ、ラテックスなどにも反応して症状が出ることがあります。 小さい虫さされににた発疹が沢山出てくること。 ピリピリした感覚があることが特徴です。 このタイプのじんましんは10代〜20代の比較的若い世代に見られることが多いのも特徴です。 例えば蓄膿(副鼻腔炎)、扁桃腺炎、歯周炎、まれにピロリ菌の感染でもじんましんが起こることがあります。 悪いことばかりでなく、結婚、出産や引越し、昇進、進学などの際の知らず知らずのストレスでも誘発されることがあります。 このタイプのじんましんはアスピリンなどの解熱鎮痛薬が加わるとさらに悪化する場合もあります。 また、悪化要因として疲労や強いストレス、飲酒が関係していることもわかってきました。 原因となる食べ物は小麦、エビ、イカ、カニ、、ぶどう、木の実、ソバ、魚などがありますが、その中でも特に小麦が多く、日本人の食物依存性運動誘発アナフィラキシーの方の半数が小麦を原因としています。 また、このタイプはじんましん以外に呼吸困難や意識がなくなるようなショック症状を起こすことがあるため非常に注意が必要です。 原因不明の「じんましん」があるの? じんましんが出ると、何か悪いものを食べたかな・・・。 飲んだ薬が原因かな・・・。 と原因を考えてみますよね?それでもまったく心当たりがなく、さらに病院で原因を探しても答えが見つからず。 ということも多くあります。 なぜなら、病院で診察されるじんましんの方の70〜80%は原因不明と言われているのです。 原因がわからなければ治せないじゃない!と思う方もいらっしゃると思いますが、原因が特定できなくてもじんましんは治療できます。 では次の回で、お話しさせていただきます。

次の

じんましんの原因...ひょっとしてストレスかも!?

心因性じんましん

「慢性化したら病院へ」• じんましんの症状と特徴 皮膚の表面が赤く腫れて、 ボコボコした柔らかな膨らみが現れます。 かゆみのある赤いボツボツができることもあります。 発症する箇所は不規則です。 最初に出現した箇所からすぐに周囲に広がっていき、発疹がくっついては大きくなることもあります。 発疹は数時間、遅くても24時間以内に消えます。 ただし、発疹が出たり消えたりと数日間繰り返すこともあります。 ほとんどのケースでは長くても1週間前後で消えてしまい、かゆみも静まります。 また、通常は皮膚がきれいに戻るにも関わらず、茶色く跡が残ったり、表面が乾燥してカサカサになるようでしたら、じんましんとは別の病気と考えられますので、医師による別の診断が必要です。 じんましんの原因の70%は不明ですが、主な原因としては体調不良とアレルゲンがあげられます。 風邪や疲れ、ストレスなどの体調不良、もしくは食事後に突発的にじんましんが発生します。 例えば、サバやイカなどの食べ物を体内に取り込むことで、じんましんは発生しますし、雑草や花粉、ダニやカビ、虫刺され、汗、温度、薬などが直接肌に触れ、それらが刺激になって、じんましんとなることもあります。 原因別に10種に分類できる じんましんの種類一覧 原因がはっきりしない例が多いですが、じんましんを 繰り返す場合はその原因を特定することが予防につながります。 一般的にじんましんは原因や症状別に以下のように分類することができます。 名称 特徴 急性じんましん• 一般的なじんましん• 数時間程度で消える• 繰り返しも1週間以内で治る 慢性じんましん• 1カ月以上続くじんましん• 継続時間が長い• 急性と症状に違いはない• 特別な原因なしに突発的に発生• 全じんましんの70%は特発性• 急性じんましんに分類• アレルギーが原因• 食べ物全般• 魚類、貝、エビ、カニ、イカ• 小麦、卵、牛乳• チーズなどの仮性アレルゲン• 食品添加物• 合成着色料や保存料など• ハウスダスト• ホコリ、カビ、ダニ、細菌• 犬、猫、ペットの毛• 花粉、雑草 食物じんましん• 食べ物が原因• サバなどの魚貝類• エビ、カニ、イカ、タコ• 卵や牛乳など• 重症化したアレルギー症状• 全身に症状が出る• 息苦しさや吐き気を伴う• 日本では年間50~80人が死亡• 機械的な刺激全般が原因• かく、押し付けるなどの行為• 皮膚のこすれ• タートルネックの締め付け• ブラジャーを着けた背中• ベルトで締まった腹部• 時計を巻いていた腕• バッグをさげた肩皮• すぐに消えやすい 人工じんましん• 人工的に起こしたじんましん• 皮膚を強くこする• 膨らむなどの反応を見る• 皮膚の温度の上昇が原因• 温水や温風に触れる• 入浴中や入浴後• 暖房器具• エアコンの温風を浴びる• ストーブやこたつ• 冬に厚着をする• 皮膚の温度の低下が原因• 冷水や冷風に触れる• エアコンの冷風を浴びる• 冷たいプール• シャワーの水を浴びる• 冬に素足でフローリングを歩く• アイスなどの冷たい食べ物• 日常的に発症しやすい• 紫外線が原因• 太陽光に直接当たる• 日焼けをする• 4~9月の強い太陽光に注意• 頭痛、寒気、吐き気、腹痛• 通常よりも症状が重い• 汗が原因• 肌に汗がにじみ出る• 激しい運動で汗をかく• 暑さで発汗する• 緊張状態で冷や汗をかく• 小さいプツプツができる• アセチルコリンが刺激になる• ストレス過多が原因• 精神的に悪影響を及ぼすこと• 物事に過敏になる神経症• 心身が不調を訴える神経症• 精神的な原因による心身症• 機能障害になる躁うつ病• ヒステリー• てんかんなどの脳内物質の影響• 神経系の異常• 自律神経失調症• 病気が原因• 風邪や喘息などの気管系疾患• 胃炎や胃潰瘍などの胃腸系疾患• 感染症全般• 細菌やウイルスに感染• 病気が完治しないと慢性型 じんましん型薬疹• 薬品が原因• 予防接種の副反応• 抗生物質の副作用• 内服薬全般• 非ステロイド系の消炎鎮痛剤• 咳止めなど• アスピリンなど• 血清製剤• 薬品じんましんとも呼ぶ 血管性じんましん(クインケ浮腫)• じんましんになる原因全般• 顔周辺が腫れる• まれに遺伝 10種類のじんましんの特徴 アレルギー性じんましん アレルギー性じんましんのアレルギーとは、アレルギー性鼻炎やアレルギー性結膜炎と同じく、アレルギー症状の1つです。 基本的にアレルギーがない人にアレルギー性じんましんは起こりません。 私たちの体では異物である「抗原」を吸収したとき、それに対抗する物質である「抗体」を作って、抗原を排除する仕組みが存在します。 この反応を「抗原抗体反応」や「免疫反応」と呼びます。 抗原抗体反応が適切に機能すれば、日常的に抗原から体を守ることができるわけです。 しかし、対した量でもない抗原にも過剰に抗体が反応し、必要以上の防御力で対応した場合は、抗原はアレルギーと化します。 抗原とは「アレルギーになる物質=アレルゲン」であり、すべての物質が抗原になりえます。 例えば、春にスギ花粉を吸った場合に花粉症ではない人は、スギ花粉が人体に異物でもその量やタイプで問題がなければ、体は「悪影響がない」と判断して、抗体は特別な反応を示しません。 このとき、花粉症の人は花粉という抗原の影響で抗体が大量に生産されて、異物である花粉を体外に追い出そうとします。 くしゃみや鼻水で花粉を吹き飛ばし、目のかゆみと涙で洗い流そうとするわけです。 特定の抗原を体内に摂取した際に、体に異変が現れたり、いろいろな症状を引き起こす病気を「自己免疫疾患」と呼び、その人は特定の抗原に対するアレルギー体質とされます。 アレルギー性じんましんの中でも、よく知られている原因に食物性アレルゲンがあります。 食べ物を食べることで、かゆみやむくみが発症して、プツプツとした膨疹が現れます。 この食物性アレルゲンには食物が直接アレルギー反応を引き起こすケースと、食物にヒスタミンなどのじんましんを誘発する物質が入っていてアレルギー反応を引き起こすケースがあります。 直接アレルギー反応を引き起こす物質が含まれる食品は、卵、牛乳やチーズなどの乳製品、サバ、マグロ、サンマ、エビ、カニなどの魚介類、豚肉、牛肉、鶏肉などの肉類、大豆、小麦、そばなどの穀物、ジャガイモ、トマト、キャベツなどの野菜、りんご、メロンなどの果物があげられます。 一方、ヒスタミンなどのじんましんを誘発する物質が含まれる食品には、たけのこ、セロリ、ほうれんそう、バナナ、チョコレート、チーズ、赤ワインなどがあります。 食品添加物である合成着色料、保存料、酸化防止剤などは、気付きにくいじんましんの原因の1つですし、アルコールやスパイスも抗原の吸収率を上げる作用があるため、普段よりじんましんが発生しやすくなります。 じんましんの抗原となる物質は腸から吸収されるために、腸に炎症が起こっていたり、胃酸過多や胆石などの病気を持っていると、同じ食事を摂っても体調が悪くなりやすく、じんましんを起こしやすいです。 加えて、花粉、ハウスダスト、ペットの毛、綿ぼこリ、カビ、細菌などを吸入し、口や鼻の粘膜に付着する吸入性アレルゲンもあります。 他にも抗生物質、結成製剤、アスピリン、サルファ剤、ペニシリンなどの薬品の服用、塗布、注射、挿入による薬剤性アレルゲン、ウルシ、蜂、ムカデ、イソギンチャクなどに刺されることによる刺咬性アレルゲンでもじんましんが起きます。 アナフィラキシーショック アナフィラキシーショックは重症化したアレルギー症状のことです。 例えば、日本では夏から秋にかけて、スズメバチやアシナガバチに刺されてアナフィラキシーショックに陥る人が数十人もいます。 スズメバチの毒が体内に入ると、すぐに冷や汗や悪心を感じ、数分もしないうちに患部が腫れ上がります。 しかしながら、スズメバチに初めて刺されても死亡するケースは実は少ないです。 ただし、1度目に刺されたときに体内でスズメバチ毒素に対する抗体が作られます。 その後、2度目に刺されたときが危険です。 すでにあるスズメバチの抗体の影響により、重い抗原抗体反応が起こり、最初にじんましん、嘔吐、しびれ感、くしゃみ、尿意、血圧低下が先行して、次に呼吸困難、胸内苦悶、喘息発作が続きます。 さらには声門に浮腫ができて、窒息、チアノーゼ、意識レベル低下などのアナフィラキシーショックが起こり、この時点で適切な処置をしなければ死亡に到ります。 アナフィラキシーショックはアレルギーと同じ仕組みです。 免疫細胞が特定の物質に対して異物と判断し、再侵入に備えて「IgE抗体」という抗体を生成し、IgE抗体がマスト細胞と結合します。 特定の物質が再び侵入すると、マスト細胞が異物を攻撃するためにヒスタミンなどを放出して、そのヒスタミンの影響により細胞組織、血管、神経細胞を刺激し、その結果、かゆみ、せき、くしゃみなどを引き起こします。 アレルギーは体の免疫力が働いていても、その働きが過剰すぎて逆に体が異常を訴える状態です。 そのため、反対を意味するana、防御状態を意味するphylaxisを併せて、日本でもanaphylaxisという名称が浸透しました。 日本ではスズメバチだけで年間数十人が亡くなっていますが、アナフィラキシーショックの事例としては、スズメバチよりも一般的な食事によるアレルギー反応のほうが多いです。 そのため、2002年4月から卵、牛乳、小麦、そば、落花生の5品目は、アレルギーを起こしやすい食品として表示が義務化されました。 さらに牛肉、豚肉、鶏肉、大豆、クルミ、山芋、マツタケ、オレンジ、キウイ、もも、りんご、アワビ、イカ、イクラ、エビ、カニ、サバ、サケ、ゼラチンの19品目は、食品への表示を推奨されています。 機械的じんましん 機械的じんましんは皮膚に機械的な刺激を受けたときに起こるじんましんであり、物理的じんましんや接触性じんましんとも呼ばれています。 例えば、時計のバンド、ベルトで押さえていたお腹、下着のゴムによる締め付けで発生します。 それ以外でもアクセサリーの金属類の接触部分、バッグを持っていた手首、強いかきむしりなどでもできます。 これは真皮の血管周辺にある肥満細胞が刺激を受けることで、その細胞壁からヒスタミンという物質が遊離されるためです。 ヒスタミンが毛細血管に作用して、血管の壁が物質を通しやすくなる透過性を高めていきます。 その結果、血管から周囲の組織へ血漿が染み出て、赤みを帯びた膨らみが発症します。 機械的じんましんは他のじんましんよりも判断が容易です。 例えば、ひもなどで手首を強く引っかき、その刺激により赤いミミズ腫れができて、なかなか引かない場合は、かゆみが出なくても機械的じんましんです。 摩擦で熱を帯びたために温熱じんましんも否定はできませんが、あくまで皮膚に何らかの物質が接触した場合に発生したのであれば、機械的じんましんと判断できます。 また、じんましんは強いかゆみを伴いやすいですが、機械的じんましんの場合は赤く腫れるだけで、かゆみや痛みはあまり感じないことが多いです。 ただし、機械的じんましんが発生した箇所をかいてしまうと、かゆみが発生したり、じんましんが広がることもあります。 基本的にじんましんができやすい体質であるため、さらにかいてしまうことは肌に人工的な刺激を与える結果となり、症状が悪化します。 機械的じんましんが発生しやすいかを判別するには、皮膚に刺激を与える皮膚描記法が皮膚科では用いられます。 ボールペンの先端などの硬く細い物質で皮膚を圧迫しながら、強くこすります。 健康な人は少し赤くなってわずかに膨らむ程度ですが、機械的じんましんの人は真っ赤に腫れ上がります。 温熱じんましん 温熱じんましんは温水や温風のような温かい刺激を受けるとできるじんましんです。 特に気温が低いところから高いところに移動して、体が温まるたびに皮膚に発疹が出現します。 蚊が刺したときのような皮膚の赤味とわずかな腫れ、温熱じんましんの特徴である強いかゆみを伴います。 温度変化を感じ取りやすく、血管が集まっているももや乾燥しやすいひじやひざ周辺に、ヒスタミンという物質が集中して、その結果、皮膚には赤みを帯びた膨らみができます。 温かさによる体温の上昇が原因であるため、入浴後や運動後、暖房器具にあたったあとに起こりやすいです。 温熱じんましん始めは肌がピリピリする程度ですが、症状はすぐに悪化し、強いかゆみが取れなくなることもあります。 温熱じんましんが発生した箇所をかいてしまうと、かゆみが発生したり、じんましんが広がることもあります。 基本的に温熱でじんましんが起こりやすい皮膚であるため、摩擦熱を伴った皮膚組織への炎症は、症状が悪化してしまいます。 以下の症状が診られたら、温熱じんましんの可能性が高いため、温熱が発生しにくい環境を作りましょう。 風呂に入ると、次第に太ももや腕がかゆくなっていきます。 入浴後に手でかくだけで真っ赤になり、かゆみが増します。 汗をかくとかゆくなり、拭かないで放置すると悪化します。 暖房器具の近くにいると、暖かさのせいでかゆくなります。 冬場に服を厚着すると、ピリピリとしたかゆみを感じます。 原因物質が温熱と判明されているために、温熱を避けることが温熱じんましんの予防になります。 温熱を避けるといっても、ストーブから直接風を受けないことや、風呂上がりは軟膏を塗るといった日々のケアが大切です。 例えば、小学生くらいまではコタツに中に入ったり、エアコンの風にあたると、内ももにかゆみと赤みが発生してしまい、1度刺激を受けると、お風呂に入っている最中も常にかゆくなります。 寒冷じんましん 寒冷じんましんは冷たい水や風のように体温よりも低い物質に触れたり、温められた体が冷やされたことで発症します。 基本的には冬場に発症しやすいですが、エアコンの冷風などが原因で夏場でも寒冷じんましんになります。 寒冷じんましんは皮膚が赤くなり、鳥肌に似たわずかな腫れとかゆみが起こることが特徴です。 放置すると症状が悪化することもあれば、悪化せずにたまに出る程度で留まることもあります。 体が急に冷たくなるたびに皮膚に発疹が出現したり、温かいところから寒いところに移動するとかゆみが出てしまう人は、寒冷じんましんの可能性が高いです。 激しい温度変化が、血管の周辺にある肥満細胞を刺激することでヒスタミンが放出され、そのヒスタミンが血管内の血漿を外に出すため、皮膚に赤みを帯びた膨らみができます。 冷房器具にあたったあとや入浴後の急激な冷え込みのように、寒冷による刺激で体温低下を引き起こし、温度差が生じることが原因です。 他にも朝起きてから、素足でフローリングに触れると足の周りにじんましんができたり、冬に外出すると顔が腫れたり、冷たい風が触れた皮膚が赤くかゆくなることも、寒冷じんましんの例によくあげられます。 アイスクリームやジュースなどを飲むと、かゆくなります。 裸足で冷たいフローリングを歩くと、足がかゆいです。 寒がりで鳥肌が発生して、関節などがかゆくなります。 冷たい風に当たると顔が部分的にかゆみを感じます。 温まった状態で冷たい場所に移ると、かゆみを覚えます。 原因が寒冷と判明されているために、寒冷を避けることが寒冷じんましんの予防法になりますが、具体的には体温の急激な変化を抑えることが大切です。 寒さと乾燥は肌に刺激を与えるため、冬の屋外では体を極端に寒くさせないように、暖かさを感じるくらいの服装を着るようにします。 冬場は入浴後の脱衣場で寒冷じんましんが発症しやすいので、浴室と脱衣場をよく温めます。 お風呂でも体を十分に温めて、上がったあとは素早く着替えて、体温の低下を防ぎましょう。 運動したあとは体を冷やさないように、タオルで体をぬぐうことも効果的です。 じんましんは早く反応の出るタイプのアレルギーであるため、とにかく急激な温度差は避けるようにしたいです。 寒冷じんましんができやすい人は、エアコンやドライヤーなどの冷たい風が原因になりますので注意しましょう。 旅行先では冬の露天風呂も温度差が極端であるために気を付けたいです。 日光じんましん 日光じんましんは太陽に直接当たった部分がかゆくなるじんましんです。 特に4~9月の強い紫外線で発生しやすく、皮膚の赤味、わずかな腫れ、かゆみを伴う皮膚病になります。 日光じんましんができやすい人は、体調がよくないときに太陽光線に当たることで、数秒後にはすでにじんましんを発症します。 10分以内にはピークに達し、1時間以上は症状が続くことが普通です。 放置すると症状が悪化することもあれば、悪化せずにたまに出る程度で留まることもあります。 日光で刺激を受けた皮膚の内部では、大量のヒスタミンが放出されます。 この割合が多いと毛細血管が反応して、血管壁からを血漿が染み出るようになり、赤みを帯びた膨らみが発生します。 日光じんましん日光じんましんの原因は直射日光によるためであり、意識的に防御をしないと日常生活に支障をきたす場合が多いです。 特に日光じんましんが発生した箇所をかいてしまうと、かゆみが発生したり、じんましんが広がることもあります。 基本的にじんましんができやすい人ほど肌が弱いため、さらにかいて皮膚を痛めつけることはかゆみが増幅して、症状を悪化させます。 皮膚に日光があたると手、足、太もも、背中、腹部などにかゆみを伴う発疹が出ます。 以下の症状が診られたら、日光じんましんの可能性が高いので、紫外線が当たらない環境が大切です。 部屋ではかゆみと赤みは起こらず、外出先でよく発症します。 春と夏の紫外線の多い時期に、発症頻度が高くなります。 海などで露出度が高いときに、かゆみと赤みが発症します。 直射日光にあたる度に発疹が出現し、かゆみが出ます。 太陽光の下ではかゆみに加え、体調悪化が起こります。 日光じんましんと一緒に現れる症状に頭痛、悪心、吐き気、腹痛、下痢などもあります。 コリン性じんましん コリン性じんましんは発汗による刺激で発症してしまうじんましんです。 特に運動、入浴、精神的ストレスによる発汗で起こりやすく、皮膚の赤味、わずかな腫れ、かゆみを伴います。 発疹ができやすい人は軽く歩いて、体が少し温まるだけで急に背中にかゆみを覚えます。 それが首から頭に伝わり、腰から尻へ広がりながら、両足にもかゆみや痛みを伴うこともあります。 コリン性じんましんは汗が原因であるために夏場はかなりきつく、外出時に支障をきたす場合が多いです。 はじめは肌がピリピリする程度ですが、次第に症状は悪化してしまい、かゆみが取れにくいこともよくあります。 この状態を放置すると症状が悪化したり、より過敏になってしまうこともあれば、何もせずにたまに出る程度で留まることも多いです。 コリン性じんましんは皮膚の内部にある交感神経の末端で、汗腺を刺激するアセチルコリンという神経伝達物質が放出されることが原因になります。 そのためにコリン性じんましんの検査は、アセチルコリンを注射したり、熱や運動負荷を与えることで、皮膚の反応を伺う方法が一般的です。 また、汗をかくと手足や背中、関節にかゆい発疹が出ます。 以下の症状が診られたらコリン性じんましんの可能性があるため、汗を拭く習慣が大切です。 汗が皮膚ににじみ出たと感じる度に発疹が出ます。 発疹の大きさは1~2mmと小さく、量が多いことが普通です。 かゆみやピリピリとした痛みを訴えることがあります。 かゆみと同時に腹痛、下痢、低血圧なども伴います。 腕を中心に部分的に発生しますが、手の甲には出ません。 発症期間は数分~30分以内、長くても数時間で消えます。 10~30代の青年期に多く見られます。 原因物質が主に汗と判明されているために、なるべく汗をかかないようにしたり、拭き取ることがコリン性じんましんの予防策になります。 心因性じんましん 心因性じんましんはストレスを中心とした心の病が原因で発症するじんましんです。 ストレスを感じるたびに発疹が出現して、赤い膨らみとかゆみを伴ったときは心因性じんましんの可能性が高くなります。 自覚症状なしで精神的負担を背負っていると、原因不明で皮膚に肌荒れや湿疹などの変化が現れることがあります。 この状態を放置することで肌は悪化しやすいですが、自然に治まる可能性も高いです。 ただ、急激な環境の変化や著しい精神的ショックを体験したり、慢性的に不都合な状況にさらされたケースでは、柔軟に対処していく力が及ばずに、心の病にかかりやすいです。 特に極度の不安、焦燥感、抑うつ、無気力、引きこもりといったような精神的症状を自覚することがあります。 このような症状が慢性的に出現する状態は「心因性疾患」と呼ばれています。 心因性疾患は主に神経症、心身症、躁うつ病に3種類に分けられます。 さらに心因性じんましんはてんかんや自律神経失調症などの病気、内向的な人や情緒不安定な人にも起こりやすいです。 病巣感染によるじんましん 病巣感染によるじんましんは病巣に住みつく細菌の毒素や死んだ組織などの影響で発症するじんましんです。 病気を持っている人に起こるじんましんであり、皮膚の赤味とわずかな腫れ、軽度のかゆみを伴います。 病巣感染とは細菌やウイルスなどによる感染症によって、一見まったく関係がないと思われる離れた箇所に障害が起こることです。 この病巣感染の原因の60%が扁桃腺炎、30%が歯の病気、10%はその他の病気とされています。 よく発病する例には風邪、虫歯、副鼻腔炎があり、これらの発症に伴って、じんましん、湿疹、かゆみが発生します。 仮に病巣感染によるじんましんを放置しても悪化することは少なく、病気の中の症状として留まるケースが多いです。 病巣を持っている人がアレルギー物質を摂取したり、物理的刺激を受けていないときに発疹が出現して、かゆみも出ると病巣感染によるじんましんの可能性が高まります。 病巣とは細菌が慢性的に存在して、軽い炎症を起こしている箇所です。 さらに病巣とは直接関係がない臓器に障害が出てしまい、二次的な病気が起こってしまう現象が病巣感染です。 つまり、一時的な病気として風邪をひいたり、虫歯が発生して、二次的な病気としてじんましんが発生することを意味します。 その病巣感染が起こる流れとしては、次のような点が指摘できます。 細菌が病巣から血管を通って、他の部位に感染します。 細菌の毒素が血管を通って、体内を巡ってしまいます。 細菌の毒素が沈着することで、感染防御反応が衰えます。 細菌、毒素、代謝産物に対する抗体がアレルギー化します。 持続的な病変からの刺激で、神経が過剰反応してしまいます。 病巣感染の存在により、被害を受けてしまう臓器は心臓、腎臓、肺、胃などであり、皮膚もかなり悪影響を受けやすいです。 特に胎児や乳幼児は病巣感染の傾向が強まります。 二次疾患としてはじんましんが有名ですが、他にも湿疹などの皮膚疾患、腎機能低下、リウマチ性疾患、循環器障害、胃潰瘍、胃がん、低体重児出産、早産などがあります。 子供がじんましんを発症する原因 子供のじんましんは原因不明で突発的に起こることも多いですが、基本的には複数の原因が潜んでいる可能性が高いです。 これは子供の皮膚が大人よりも薄く、体質的にも刺激に敏感に反応するためです。 主な原因には食物性アレルギー、ダニやカビ、虫刺されなどの外部刺激、急激な温度変化など多種多様です。 さらに強い紫外線の日光、運動による発汗、ストレス、別の病気の症状ということもあります。 子供特有の理由では草や虫などとの接触でかぶれることです。 自然で遊ぶことが多い子供は半ズボン、半袖で動き回ることが多く、大人と違う形でじんましんになりやすいです。 食べ物も果物やお菓子など、子供が口にしやすい食べ物から原因を探っていくこともできます。 合成着色料、保存料、酸化防止剤などの食品添加物も判明しにくい原因の1つです。 大人より子供のほうが風邪をひきやすいことも、じんましんの発症原因にあげられます。 風邪は病気の諸症状を誘発するため、比較的にじんましんも発症しやすいと考えられています。 ただし、乳幼児とも風邪をはじめとした体調の悪化はよくあることで、必ずしもじんましんの誘発したとは確定できません。 じんましんの応急処置をする じんましんは誰でも発症する可能性がある一般的な皮膚病です。 多くの場合は非常に短い時間だけ発症する一過性であり、例えば、夜にじんましんが出ても、翌朝にはすっかり治っているということがよくあります。 短い場合では数分から30分程度で症状がなくなることもあります。 こうした短時間で治るタイプのじんましんで、かゆみが我慢できるなら特に何もしなくても大丈夫です。 ただ、血流が活発になるとじんましんが悪化することもあります。 短時間で治りそうでも、じんましんが出たら血流を弱めるために一旦落ち着いて、リラックスして過ごしましょう。 かゆみが強い場合も含めて、 患部を冷やすことは有効です。 冷たい水を含ませたタオルで患部を覆って、皮膚表面の温度を下げるだけでも、かゆみや痛みが多少和らぎます。 これは血液成分が血管外に漏れ出すことでかゆみや痛みが発生しますが、冷気によってじんましんの発生箇所の温度が下がり、一時的に血流が抑えられて、血液成分の漏れるスピードが遅くなるためです。 ただし、じんましんの中で寒冷じんましんは冷えた箇所にじんましんが出るため、冷やすことは避けて、逆に温めたほうが効果的なこともあります。 とにかくかゆみを抑えたい場合は、スポーツなどで使う冷感スプレーを使って、一気に温度を下げることできます。 メントール配合のジェルもひんやり感が長持ちしますが、刺激が強いために注意が必要です。 じんましんの見た目は皮膚表面に発生する湿疹や皮膚炎に似ていますが、じんましんは表皮の下にある真皮から発生するため、単純なかゆみ止めのような外用薬では有効成分が浸透せずに、あまり改善しないことがあります。 市販薬では効能と効果の欄に「じんましん」と表記されている外用薬を選びましょう。 例えば「メンソレータムAD、ムヒソフトGX、ラナケインS、ユースキンI、フルコートf」などがあります。 また、こうした方法はあくまでも応急処置です。 仮にじんましんが口や喉にできると呼吸不全に陥って命の危険もあります。 じんましんは慢性化や重症化の恐れもあるため、特に子供の場合はかかりつけ医に相談しましょう。 じんましんの長期治療をする じんましんが出た箇所を冷やすことは一時的な処置であるため、本格的な治療には医師の判断が必要です。 その際はなるべくじんましんが出ているときに皮膚科を受診しましょう。 肌だけではじんましんの原因は特定できませんが、医師が皮膚の状態を把握することは今後の治療方針にも関わります。 初期の治療ではかゆみや痛みを抑えるために、抗ヒスタミン剤が処方されます。 じんましんの諸症状は体内に ヒスタミンというかゆみ成分が分泌されているためであり、まずはこのヒスタミンの働きを抑える薬で緩和します。 仮に症状がすでにかなり進行しており、かゆみや痛みが我慢できないほどであれば、短期間だけステロイド系の外用薬を使います。 その上でじんましんがアレルギー性の場合はアレルギーの原因物質を特定して、それを日常生活で避ける習慣をつけたり、逆に少量ずつ投与していって、体を慣らす治療もあります。 非アレルギー性の場合はじんましんを引き起こすトリガーを見つけることが優先であることに違いはありません。 こちらもそれを徐々に体に触れさせて、じんましんの再発を抑える治療が行われています。 ただし、じんましんは必ず治るわけではありませんし、治療は長期間に及び、必ず医師の判断で行います。 そのため、基本的にはじんましんの原因物質を避ける予防が大切です。 その一方で数カ月から数年の時間が経過するうちに、刺激に過剰に反応していたじんましんが次第に静まる傾向があります。 特に幼少期はじんましんが発生しやすくても、大人になると自然に治りやすいです。 じんましんの体験談や口コミ.

次の