ロン ハーパー。 NBA優勝5回のレジェンド、ロン・ハーパーが緊急来日

ロン・ハーパーとは

ロン ハーパー

日本で最初にポリエチレンパイプによる配水ラインを開発・製造、販売して以来、その優れた特性により、ライフラインの耐震化・コスト縮減など、多くの信頼と実績を築いてきたセキスイの水道配水用ポリエチレン管『エスロハイパー』。 その性能が評価されて、水道ビジョン、水道事業ガイドラインにおいても、耐震管材に位置づけられ、ますます注目を集めています。 さらに、東日本震災、熊本地震で多くの被害が出た「給水装置」についても、本格的に耐震化が求められています。 セキスイは給水用ポリエチレン管 給水ポリ・エスロハイパーAW とEFプラグ付サドルによる「一体管路」で耐震・長寿命な水道管路網をご提案いたします。 JWWA規格品・準拠品である配水用ポリエチレン管 エスロハイパーJW はセキスイの高い設計・製造技術、そしてEF 電気融着 接合によって、最速の施工を実現。 給水ラインとの接続もスムーズに行えます。 安全性が高く、高性能な製品の供給をお約束する水道配水用ポリエチレン管 配ポリ管 エスロハイパー。 人々の、そして、水道事業の発展に大きく貢献していきます。 最新トピックス エスロハイパー現場リポート• 過去の現場リポートはページ下部、もしくは まで 給水用ポリエチレン管 エスロハイパーAW ページへは下のバナーからアクセスいただけます 動画一覧 エスロハイパー施工要領 動画一覧• エスロハイパー製品紹介動画• エスロハイパーJW口径別価格表• 特長 水道配水用ポリエチレン管の特長 POLITEC規格 PTC K 03, PTC K 13 対応品 耐震性 EF接合により一体化管路を構築。 継手の抜けがありません。 柔軟性に優れ、地震や地盤沈下の場合も破損・漏水しません。 また、衛生的で地球にやさしい材料です。 施工性・省力化 軽量のため持ち運びが容易です。 また、柔軟性があり、生曲げ配管により継手の数を減らせます。 耐久性・経済性 配水用ポリエチレンパイプシステム協会では、山形大学の栗山教授にご参加いただき、多岐に亘る実験、検討を行った結果、配水用ポリエチレン管路の100年寿命を検証しました。 ダクタイル鋳鉄管に比べ、コストダウンが図れます。 実績 水道配水用ポリエチレン管の採用実績 配ポリは水道管路における次世代標準となっております。 給水配水一体化事例写真集 下のバナーからダウンロードいただけます ラインナップ エスロハイパーJWシリーズのご紹介 水道用耐震型高性能ポリエチレン管・継手 エスロハイパーJW 水道用保護層付耐震型高性能ポリエチレン管・継手 エスロハイパーJW エコハイパー 水道用保護層付耐震型高性能ポリエチレン管・継手 エスロハイパーJW UVガード 水道用被覆付高性能ポリエチレン管・継手 エスロハイパーJW 被覆付管 エスロハイパートピックス エスロハイパーは『耐震管』として区分され、地震動による被害はゼロです。 その実績をご紹介いたします。 [2018. 03]• [2018. 11]• [2017. 30]• [2017. 24]• [2010. 21]• [2009. 30]• [2009. 01]• [2008. 31]• [2008. 29]• [2007. 28]• [2007. 26] エスロハイパー 現場リポート 様々な施工条件に対応。 お客様のお悩みにお応えします。 [2018. 11]• [2017. 25]• [2017. 25]• [2017. 25]• [2010. 01]• [2009. 11]• [2009. 29]• [2009. 02]• [2008. 29]• [2008. 29]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 26] お知らせ• [2018. 07]• [2018. 15]• [2018. 17]• [2018. 03]• [2018. 07]• [2018. 05]• [2018. 05]• [2017. 30]• [2017. 25]• [2017. 08]• [2008. 31]• [2008. 29]• [2008. 30]• [2008. 23]• [2008. 29]• [2008. 31]• [2007. 26]• [2007. 26]• [2007. 31]• [2007. 31] 資料ダウンロード.

次の

ロン・ハーパーとは

ロン ハーパー

スポンサードリンク ロン・ハーパー『ブルズが間違いなくスウィープするよ』 72勝をあげたブルズのメンバーである ロン・ハーパーは の在籍したブルズに ウォーリアーズが勝てる見込みはないと 考えているようです。 『72勝のNBA記録に迫って欲しいね!』 というツイートに対して、ハーパーは 『記録は破られるためにあるものだけど 俺たちが奴ら(ウォーリアーズ)を スィープするのは間違いないよ!!!』 と返信。 このハーパーのコメントに対して 『今のNBAはソフト。 95-96のブルズが7戦でのシリーズなら間違いなく勝つ』 『スィープっていうのには同意できないな』 といったツイートもありました。 その後、ハーパーは次のようにコメント。 『OK、じゃあ2勝はさせてあげよう。 ブルズがシリーズに勝ちさえすればね。 』 それではここで1995-96シーズン ブルズのハイライトを動画で見てみましょう。 1995-96シーズンのブルズはレギュラーシーズン中 平均 12. 3得点差をつけて勝っているのに対して 今シーズンのウォーリアーズは11連勝中 16. 3得点差をつけて勝ち続けてきました。 まだ2015-16シーズンが開幕して1か月も経っていないので サンプルサイズが小さすぎる為、単純には比較できませんが…。 ルールの変更もあり、スタッツだけでは計り知れない部分がありますが 皆さんは1995-96ブルズ vs 2015-16ウォーリアーズどちらが勝つと思いますか?.

次の

ロン・ハーパー「ジョーダンとレブロンの比較は間違ってる」

ロン ハーパー

キャリア [編集 ] 卒業後、で1巡目全体8位でに指名されて入団した。 ルーキーシーズンには1試合あたり22. 9得点をあげる大活躍を見せたが僅差でをに取られてしまった。 その後3シーズンをキャブスでプレイした後、に移籍。 クリッパーズ時代、ひざの故障でスピードは鈍り、ジャンプ能力は落ちたがそれでも1試合あたり約2スティールをあげている。 これは未だチームレコードとなっている。 1994年にが突然引退を表明した際に、再建を目指すとだった彼は契約した。 1995年のシーズン終盤にジョーダンが復帰すると彼はディフェンスとしての役割と、ジョーダン、に次ぐ第3の攻撃オプションとしての役割を担った。 ブルズが72勝10敗の成績を残した1995-96シーズン、彼は故障を抱えながらもシーズンのほとんどの試合とNBAファイナルで先発出場を果たした。 で3連覇を果たした後、ジョーダンをはじめとする主力選手・コーチのほとんどがチームを去り、残ったメンバーと共に最低勝率という屈辱のシーズンを味わうが、翌年ブルズ時代のヘッドコーチであるがのヘッドコーチに就任したことでレイカーズに移籍する。 ここでも時代と同じようなスター選手の補佐という役割を担い、レイカーズの優勝に貢献した。 翌年も先発としてプレーを続け、このシーズンもレイカーズは優勝したがハーパーのプレイ時間はかなり短くなっており、このシーズンを最後に引退している。 さらに翌年、レイカーズのガードの選手が故障がちだったため、ヘッドコーチのにプレイオフの期間だけでも現役復帰しないかと話を持ちかけられたという。 優勝6回という快挙の可能性にかなり迷ったらしいが レイカーズはそのシーズンも優勝は達成した 、膝の持病のために結局復帰はせず、そのまま選手としてのキャリアを終えた。 2005年にのアシスタントコーチに就任し、2007年までコーチを務めた。 特徴・プレイスタイル [編集 ] としては長身・大柄であり、でのデビュー当時はと同じようなジャンプ力を生かした得点源として期待された。 がっしりとした身体でパワーもあり、身長に比べてかなり腕が長くディフェンスやスティールも得意とした。 当初は1試合平均20得点前後をキープしていたが膝を故障してスピードが落ち、に移籍したころには欠場する試合も多かった。 また、にしてはジャンプシュートの正確性が悪く、スリーポイントシュートも苦手だったためフィールドゴール成功率は低かった。 クリッパーズの頃は弱小チームで他に頼れる選手がいないため無理をしてエースを張っていたという一面があった。 1993-94シーズン、開幕前にではが野球選手になるため突然引退してしまった。 そのため得点力のあるを早急に必要としており、翌1994-95シーズン前にハーパーをで当時としてはかなりの高額年俸で獲得した。 しかし、シュートの成功率が低く、また膝の故障のため動きが悪くのコーチたちを落胆させたという。 そしてが採用していたというシステムもなかなか身に付かず、高額年俸にもかかわらず控え選手としてしか出場できない試合が続いた。 そのシーズンの途中にが野球選手になることを諦めてに突然の復帰を果たした。 ジョーダン本人の準備不足とすっかり変わってしまったまわりのチームメイトと呼吸が合わず、そのシーズンはプレーオフ2回戦での敗退となった。 このシーズン後、ジョーダンと同じであり、得点力に劣り、故障を抱えた上に高額年俸のハーパーはチームから完全に必要とされなくなったと思われていた。 しかし、翌1995-96シーズン、ハーパーはが抜けたことにより、のポジションで毎試合先発出場するようになっていた。 得点やの本来の役目であるゲームのコントロールはや、にまかせ、彼はひたすらディフェンスに徹することを期待されたのである。 体格が大柄な上に腕が長く、ディフェンスに優れたハーパーが相手チームのやをマークして押さえ込み、相手からボールを奪って速攻につなげるというの得意のパターンが面白いように決まるようになり、そのシーズンは72勝10敗、プレーオフでも15勝3敗で圧倒的な強さで優勝を決めた。 ハーパーは1試合平均の得点はわずか9点だったがそれ以上にディフェンスやチームプレーで重要な働きをした。 1995-96シーズン終了後、彼は長年苦しんできた膝の故障の手術をした。 先のでも膝の痛みに苦しみながらも無理をして出場し、必死に相手のエースをディフェンスするシーンがあった。 は翌年、さらに次のシーズンも優勝し、3連覇を達成したが、経営陣とコーチや主力選手たちとの方針の違いから3連覇達成後に多くの選手・コーチがチームを去ってしまい、戦力は最低の状態になってしまった。 3連覇の翌年のシーズンは最低勝率になり、苦しい状態のなかチームに残ったハーパーはプレイを続けていた。 翌1999-2000シーズン、ブルズ時代のヘッドコーチであるがのヘッドコーチに就任し、ハーパーをレイカーズに誘う。 は時代と同じくを採用することを決定していたので何としてもそのシステムを経験している選手が欲しかったのだ。 こうしてハーパーはレイカーズでも時代と同じように、のポジションで先発し、相手チームのを抑える役割を果たすようになった。 そのシーズン、レイカーズはシーズン67勝し、プレーオフでも苦しみながらも優勝を達成する。 そこにはスーパースターたちを影で支える「元エース」のハーパーの力があったのは言うまでもない。 その他 [編集 ]• 全盛時のと強豪復活を遂げたの両方に在籍していたため、スーパースターたちの隣によくハーパーの姿は見られる。 それらのシーンは近年発売されているやのでも見ることができる。 での相棒として有名な、の親友だったことでも有名。 が一時期の待遇の悪さに腹を立て、親友ハーパーのいるへの移籍を希望したことがあった。 そのときハーパーはのチーム状態の悪さを素直に伝え、移籍を思いとどまるように、を説得した。 逆にその後がハーパーを獲得したのも、の親友であるという事実が有利に働いたことは言うまでもない。 家族は妻と娘が一人いる。 時代に優勝を決めたコートの上で娘を肩車しながらチームメイトと喜び合っているシーンがある。 でも有名なファッションリーダーだった。 スーツもカジュアル服も決まっていてセンスが良かった。 時代のチームメイトでいつも奇抜なファッションばかりしていたとは対照的だった。 外部リンク [編集 ]• at Basketball-Reference. com (英語)• (英語).

次の