ガラス の ウロコ 取り。 【最強】洗車に人気の車ガラスウロコ取りおすすめランキング9選

車のフロントガラス・サイドガラスの水垢・ウロコの掃除・落とし方8選

ガラス の ウロコ 取り

・モノタロウガラスうろこ取りクリーナー(当然) ・ショップタオル ・スポンジ ・霧吹き ・マイクロファイバータオル これがウロコ落とし施工前の状況 ポツポツとガラス表面に丸いウロコが見えます。 こうなってしまうと ガラスのウロコはどんなにシャンプー洗車をしても落ちません。 ガラスにウロコが出来てしまうと見た目の汚さもそうですが、雨の日などは光の屈折で視界が遮られて安全面でも大変危険ですよ。 ガラスがキレイな場合、ガラスには水拭き痕ができませんが、ウロコがある場合は上の画像のようにウロコが付いている部分と付いていない部分にはっきりわかれます。 施工開始! まず、 施工する部分を水洗いしておきます。 モノタロウの ガラスうろこ取りクリーナーは乾きがとても早いので、まずは水スプレーをガラス面にかけます。 ガラスうろこ取りクリーナーを適量付ける 今回はハリアーハイブリッドの後部座席横の小さな窓を施工しました。 この部分でうろこ取りクリーナーの量は、小さじ半分くらいで十分です。 窓のうろこ取りは「ふち」から施工する ガラスのウロコ取で多くの方 がやり残すのが窓の「ふち(外周)」です。 スポンジなどをふちの部分に使うと力が入らず、擦っているようでも実際は力が届かづウロコがとれません。 その場合におすすめなのが、 ショップタオル!! ショップタオルは安価で薄手でやぶれづらく、車のメンテナンスでは各所作業に役立ちます。 指を入れてまずは外周「ふち」からキレイにウロコを落としていきましょう。 中央はスポンジで落とす ガラス外周のウロコ落としが完了したら、スポンジを使って中心部のウロコを落としていきます。 少しうろこ取りクリーナーが足りなかったので、小豆ほどの量を追加。 少し粘り気が出てきてスポンジの動きが鈍ってきたら 霧吹きをしましょう。 霧吹きしたらゴシゴシと縦横にガラスを磨いていきます。 取れたかな?と思ったら一度施工部分を水洗いします。 そして、マイクロファイバータオルを水で濡らして硬く絞ったもので水分を拭き取ってみます。 その時にこの 画像のようになったらまだウロコの取り残しがあるということです。 この部分がなくなるまでしっかりと磨きましょう。 ウロコ取り完了!! ガラスのウロコが完全に除去できると、水で濡らしたマイクロファイバータオルの水分が均一にガラスに付着し拭き痕ができません。 画像では見にくいですがこんな感じ。 こうなったらシャンプー洗車をしておきましょう。 そしてお好みのガラス撥水剤などを塗って完了となります。 多分みんなが気にしている部分は? モノタロウのガラスうろこ取りクリーナーを使ってウロコの除去を行う場合、多くの人が?と思う部分があると思います。 それは、 「そんなにウロコが取れるのならガラスが傷つくのでは?」 大丈夫です、傷つきません。 このガラスうろこ取りクリーナーは、クレイのような物質でえきているようで、使用するときにひとりでに砕けて小さくなっていくようです。 私の場合は様々な車に何十台も施工しましたが、ガラスに傷がついたことは皆無です。 次にふちの部分を施工する場合に、ゴムやふちのパーツの部分に入り込んで白くならないかな~? これもご心配なく!! モノタロウのガラスウロコ落としクリーナーは、水で簡単に落とせるので、ふちに詰まったものは柔らかいハケで水洗いすることで除去できます。

次の

車のガラスのウロコ取りの裏技をご紹介!家にあるもので簡単にできる

ガラス の ウロコ 取り

車の ガラスに付いた水垢が除去できずに困っている方が多くいらっしゃいます。 ガラスの水垢汚れとは、白い輪のようになっていたり、魚のウロコのように連なっているものです。 こうした水垢は洗車機に通してもびくともしませんし、手洗い洗車で力を入れて磨いても歯が立ちません。 そのため諦めてしまう方もいらっしゃいますが、見た目が汚くなるだけではなく、運転中に視界を遮りヒヤッとする原因にもなってしまいます。 事故を起こしてからでは遅いので放置するのは危険です。 そこで今回は、 頑固な水垢でも3ステップで除去できる方法をお伝えします。 これで綺麗な愛車を取り戻すことができますし、夜間や雨の日でも安心して運転できるようになるでしょう。 家庭用の中性洗剤• バケツ• スポンジやクロス• ガラス用水垢除去クリーナー 中性洗剤については、スーパーやドラッグストアなどで売っている食器用の洗剤で構いません。 カーシャンプーを利用してもいいのですが、その場合にはワックス成分やコンパウンドなどが入っていないものにしましょう。 バケツやスポンジ、クロスについては普段から手洗い洗車をしている方は、そのまま使用していただければいいでしょう。 ガラス用水垢除去クリーナーについては、 化学反応で溶かし落とす溶解タイプと、 研磨剤で削り落とすコンパウンドタイプがありますが、 から試すようにしましょう。 これで落ちない場合に を利用します。 その理由は、溶解タイプの方が作業が楽にできることと、ガラスに傷をつける心配が少ないからです。 これらの道具が準備できたら、次の手順に沿って水垢を落としていきましょう。 ステップ1:中性洗剤で洗車 まずは 中性洗剤を使って洗車をします。 これは、ガラスについた砂やホコリなどの水垢以外の汚れを落とすためです。 この手順を抜かしてしまうとガラスに磨き傷ができるため逆効果になってしまいます。 中性洗剤は水に薄めたものを利用しましょう。 バケツに洗剤を入れ、ホースから水を勢いよく出して泡立てながら薄めてください。 100倍程度に薄めるのが目安です。 洗剤の準備ができたら、ホースや高圧洗浄機の水圧でガラスに付いた砂やホコリを洗い流します。 その後に薄めた中性洗剤を含ませたスポンジやクロスで洗っていきましょう。 洗った後は、十分にすすぎ流すことを忘れないようにしてください。 ステップ2:ガラス用水垢クリーナー(溶解タイプ)で溶かし落とす 次に、を使います。 使い方は非常に簡単で、クリーナーを塗ってから拭き取ったり洗い流すだけです。 これだけで頑固な水垢を溶かすように除去してくれます。 クリーナーに記載されている使用方法を守って作業すれば、誰でも簡単に使うことができますが、次の2つのことに気をつければ、より安全に除去することができます。 乾燥、蒸発させない• ボディに付着させない クリーナーが乾燥したり蒸発してしまうと効果がなくなり、シミの原因にもなってしまいます。 特に気温の高い時間帯や夏場には注意してください。 水垢除去に限ったことではありませんが、洗車をするのは気温が低い午前中で風のない曇り空の日がベストです。 また、ボディに付着したまま放置するとコーティングが剥がれたりシミの原因にもなってしまいます。 万が一付着した場合にはすぐに洗い流すようにしてください。 この2つの注意点を守るためには、範囲を区分けして作業するといいでしょう。 特にフロントガラスやリヤガラスは面積が広いため、数回に分けて除去していくのがおすすめです。 ステップ3:ガラス用水垢クリーナー(コンパウンドタイプ)で削り落とす 溶解タイプのクリーナーで除去できないほど固着してしまった水垢には、を使用しましょう。 ほとんどのクリーナーには専用のスポンジが付属していますので、こちらにクリーナーをつけてガラスを磨いていきます。 コンパウンドの研磨効果で頑固な水垢も削り落とすことができます。 こちらも磨く範囲を区分けしながら数回に分けて作業するといいでしょう。 また、コンパウンドタイプはガラスの表面を削り落とすことで水垢を除去するものです。 そのため一度に強く磨くのではなく、効果を確認しながら繰り返し磨くようにしましょう。 車のガラスに付いた頑固なウロコは業者で落とす! 2-1. こんな場合は業者を使うのがおすすめ! ここまでお伝えした方法でも除去できない水垢汚れがあります。 例えば、魚のウロコのように連なっているものです。 水垢が長期間蓄積していたりガラスと硬くひっついているため除去できなくなっています。 こうした場合には、業者に依頼するのがおすすめです。 その理由は、コンパウンドクリーナーを使った手作業では歯が立たないため、ポリッシャーなどの研磨機を使って磨き落とす必要があるからです。 研磨機を使うことができる方は自分で作業してもいいのですが、ボディの研磨とは違ってガラスが割れてしまったり、曇ってしまい視界を悪くしてしまう危険があります。 不安な場合には業者に頼んだ方がいいでしょう。 2-2. 水垢除去は意外と大変…業者に任せて安心! 自分で行う水垢除去は時間がかかったり、磨き作業は意外に大変で疲れてしまうものです。 普段から洗車機を利用している方や忙しくて時間がない方、面倒なことは嫌いという方も業者に依頼するといいでしょう。 もちろん費用がかかってしまいますが、水垢を放置していると汚れが増えていくだけではなく、視界不良にもなるので危険です。 そうなる前に除去しておきましょう。 次にご紹介する料金も参考にしてください。 2-3. ウロコ取りに必要な料金 ウロコ取りができる業者は、カーディーラーやコーティング業者などがあります。 また、全てのガラスだけではなく、フロントガラスのみのメニューもありますので、汚れの状況や予算に応じて選ぶといいでしょう。 ・フロントガラスのみの料金 5,000円から8,000円が目安になります。 フロントガラスの面積や車のサイズが大きくなる程料金は高くなります。 ・ガラス全面の料金 7,000円から20,000円が目安になります。 車のサイズやガラスの枚数によって料金が異なります。 車のガラスに水垢汚れを作らないために知っておきたい3つのこと ここまでお伝えしたことを実践していただければ、頑固な水垢汚れも除去することができて、綺麗な愛車を取り戻しているでしょう。 ただし、時間が経った水垢を落とすには手間や労力が必要になります。 さらに汚れがひどくなってしまうと業者に頼まなくてはならないため費用がかかってしまいます。 また、一度綺麗にすれば終わりではなく、車に乗る限り水垢汚れはできてしまうのです。 そこで、水垢の除去だけではなく、予防することも考えてみましょう。 そのために知っておきたい3つのことをお伝えしますので、ぜひこちらもチェックしてください。 3-1. 水垢を防ぐにはこまめな洗車が一番 水垢汚れに悩まされないためには、こまめな洗車が一番です。 こびりついてしまう前に除去してしまえば無駄な時間や労力、費用の心配をする必要もありません。 ただ、それが難しいため、こうしてこびりついた水垢の除去方法を探しているのだと思います。 そんな場合でも諦めずに、事前に予防策を行うことをおすすめします。 3-2. 洗車が難しければ予防策を! 水垢やウロコの原因とは 水垢やウロコを予防するためには、その原因を理解しておくことが大切です。 原因がわからなければ予防することはできないからです。 では一体何が原因なのでしょうか?それは雨や洗車によって車が濡れることです。 そして、この水分が蒸発するときに白い汚れやウロコ状の水垢が残ってしまうのです。 水垢をイメージで確認 実は、雨や洗車に使う水には様々な不純物が含まれています。 例えば、雨は大気中に漂う排気ガスや工場からの煙に含まれる油分を含んでいます。 洗車時の水にも水酸化ナトリウムやカルシウム、ケイ素などの成分が含まれています。 そして、雨や水が蒸発するときに、こうした不純物だけがガラスに残ってしまったものが水垢になってしまうのです。 油、イオンデポジット、シリカスケールが固着 さらに、水垢は時間とともに蓄積され、ガラスと固く密着してしまいます。 特に、油や水酸化ナトリウムなどが混ざったものをイオンデポジットやウォータースポットと呼びます。 また、車のガラス原料と同じケイ素は強固にくっついてしまい除去することが困難になります。 こうした汚れのことをシリカスケールと呼ぶことがあります。 これが通常の洗車では洗い流すことができない水垢の正体です。 撥水コートで水滴を残さない! 極端に言えば、ガラスを濡らさなければ水垢汚れはできません。 しかし、現実的には不可能です。 そこでポイントになるのが、撥水コートをして水滴を残さないようにすることです。 撥水コートが雨や水分を弾くため、ガラスに水滴が残らなくなり水垢を予防することができます。 ただし、これでも水垢を100%防ぐことはできません。 雨の日に車を使った後にはなるべく早く洗車をしたり、洗車時に拭き残しのないようにすることも忘れないようにしましょう。 3-3. 油膜除去も忘れずに! 車のガラスに付く汚れは、水垢以外にも油膜というものがあります。 フロントガラスがギラギラしていたり、対向車のヘッドライトが乱反射するような場合は油膜で汚れていると考えていいでしょう。 油膜とは、名前の通り油の膜がガラスについたものですが、この油汚れと水分が混ざることも水垢の原因となってしまいます。 そのため、水垢だけではなく油膜の除去も忘れずに行いましょう。 「」で紹介している方法なら軽い水垢汚れも一緒に除去することが可能です。 また、撥水コートをする前の下地処理としても油膜除去が重要です。 撥水コートも正しく使わないと、かえってギラつきの原因になってしまうため注意しましょう。 下地処理の詳しい方法についてもご紹介していますので、ぜひチェックしておきましょう。 車の水垢【ガラス編】まとめ 車のガラスについた頑固な水垢でも専用のクリーナーを使えば除去することができます。 一般的にはコンパウンドと言われる研磨剤で磨く方法がありますが、時間がかかったり、腕が疲れてしまいます。 また、ガラスに傷がついてしまうデメリットもあります。 そこで、まずは水垢を溶かすように落とすことができるを利用してみましょう。 作業も簡単ですしガラスも傷つけません。 ただし、長期間蓄積されて魚のウロコのようになっている頑固な水垢には効果がないことがあります。 今回お伝えした方法を何度か繰り返しても除去できないようでしたら、業者に頼んで綺麗にしてもらうことになるでしょう。 その場合には、フロントガラス1枚だと5千円から8千円が目安になります。 こうした余分な出費を防ぐためには、水垢汚れを事前に予防することがおすすめです。 油膜も一緒に取り除いてから撥水コートをしてみましょう。 ぜひ今回ご紹介した方法を確認しながら水垢の除去と予防を行い、綺麗な車で気持ちよく出かけましょう。

次の

フロントガラスのウロコ取りを新聞紙で落とす方法!自宅できるおすすめグッズは?

ガラス の ウロコ 取り

汚れは水垢からウロコへ変わる! 「ウロコ」といっても、魚の体に付いている「鱗(うろこ)」のことではありません。 洗車をせずに放っておくと、いつの間にか車のボディに付いている汚れを「ウロコ」といいます。 黒や白の汚れが魚の鱗状に車のボディへ付着していることから、車のボディの汚れもウロコと呼ばれているとされています。 ウロコの原因は、車のボディに付いた水 水だけならば無色透明ですし汚れもそれほど目立ちませんが、車のボディに付着している水分には油分や二酸化炭素、排気ガス、窒素酸化物、凍結防止剤などが含まれており、それがウロコのような汚れを作っています。 水垢汚れの原因を解説! 車のボディに付着したウロコの正体は、「水垢」です。 水垢は水分と、油分、埃などを含んだ空気が存在するところであれば、どこにでも付着します。 よく見るウロコ汚れといえば、お風呂の鏡ではないでしょうか? あの汚れと同じものが車に付着してると思ってください。 車のボディにウロコを作る要因 水垢ができる理由は、水分のほかに大きく分けて3つあります。 空気中の埃やゴミ 空気中には、様々な物質が漂っています。 二酸化炭素や埃、ゴミなども含まれており、それらの物質が水分と一緒に車のボディに付着することで水垢となります。 また雨が降った後、水分が蒸発することで雨に中に含まれているミネラル成分が車のボディや窓ガラスに残ってしまいます。 このミネラルも水アカの原因の一つです。 水アカが原因のウロコ汚れは比較的簡単に落とすことができます。 排気ガスなどの化学物質 排気ガスは水蒸気と二酸化炭素が中心ですが、一酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物、硫黄酸化物など様々な化学物質が含まれています。 また、中国から飛来するPM2. 5などで知られるPM(粒子状物質)も化学物質の一つです。 これらの汚れは、油分も混じっているためカーシャンプーなどで念入りに洗車しなければ落ちません。 ワックスや洗剤 車をピカピカに仕上げるために使用するワックスや洗剤。 しかし、このワックスや洗剤も使い方を間違えるとウロコの原因となります。 カーシャンプーなどの洗浄剤を洗車時に使う場合は、必ずすすぎ残しがないようにしっかりと流すようにしましょう。 水垢除去剤と洗車で対処する方法 水垢ができてしまった場合はまずは洗車しましょう。 しかし、「洗車したのに汚れがキレイに落ちない!」という方もたくさんいると思います。 洗車をしたのに思ったように汚れが落ちない理由は、洗車方法が間違っているか洗浄剤が汚れの種類に合っていないかのどちらかです。 水垢はできてしまった原因によって、汚れの質が違うため汚れ似合う洗浄剤を使わなければいけません。 では、どのような汚れと洗浄剤があるのか詳しくみていきましょう。 カーシャンプー(一般的な) 一般的に、洗車をする際に使用されているカーシャンプーは、カー用品店ややホームセンターなどで販売されており、気軽に手に入れることができます。 水性の水垢の多くは、市販されているカーシャンプーで落とすことができます。 注意点は、カーシャンプーによって希釈や含まれている成分が違うので、裏面に書かれている説明をしっかりと読んでから買うようにしてくださいね。 「泡立ちが良いか」 カーシャンプーの泡立ちが良いと、泡がクッションになってくれるため車を傷つけずに泡で洗車することができます。 「泡切れが良いか」 泡立ちの良いシャンプーの方がおすすめですが、その泡が簡単に落ちるかどうかも重要。 洗車後のボディーにシャンプーが残ってしまうと水垢の原因になってしまいます。 「シミができない」 洗浄力はアルカリ性や酸性のカーシャンプーの方が強いです。 しかし、洗浄力が強力な反面、シミができやすいというデメリットも。 強い洗浄力を求めてアルカリ性や酸性のカーシャンプーを使用する際は、シミに注意し洗車を行ってください。 心配な方はシミになりにくい中性のカーシャンプーをお勧めします。 脱脂性のあるカーシャンプー 「脱脂」とは、油分を取り除くことを意味します。 水性の水垢は簡単に落とすことができますが、油性の水垢は油分を含んでいるため落としにくいのが特徴です。 そのため、油性の水垢が付着してしまった場合は、脱脂性のある洗剤で油分を分解しながら落としましょう。 カーシャンプーで落ちなかった、しつこい水アカは油性の可能性があります。 脱脂ができるカーシャンプーもカー用品やネットで購入することができますが、どれを選べばいいのか迷いますよね。 そんな時におすすめなのが、カーコーティング店から販売されているカーシャンプー です。 実際にプロが毎日使っているカーシャンプーなら安心して愛車に使用することができますし、性能も満足できるでしょう。 当サイトでもちょくちょく登場する、カーコーティング専門店Glossyから発売されているカーシャンプー を紹介します。 元々は店舗でガラスコーティングを施工したカーオーナーのみに販売されていたカーシャンプー で、汚れだけでなく軽い水アカ汚れであればスッキリ落ちるとリピーターも多い商品です。 また、も油汚れの分解に適しているので、油性の水垢が落ちるかもしれません。 しかし、かなり薄く希釈して使用しなければゴムパーツなどを痛めてしまう可能性があるので、あまりおすすめはしていません。 コンパウンド それでも落ちない水垢汚れにはコンパウンドで落とす方法もあります。 その場合、成分表に必ず「コンパウンド」と記載があります。 なぜなら、コンパウンドは研磨剤の1つで細かい粒子がヤスリのように車の表面を研磨するからです。 車に付着した汚れを研磨しながら塗装面ごと削り取るため、しつこい汚れも綺麗に除去することができますが、車の色や使い方によっては、磨きキズができてしまうこともあります。 ウロコ取りの洗車で注意すべき点 簡単に落ちるウロコもある一方、こびりついたウロコはなかなか落ちてくれません。 「一気に綺麗にしたい!」という気持ちもわかりますが、無理に強くこすってしまうと車のボディが傷ついてしまう危険性も。 しつこい頑固なウロコは複数のステップに分けて除去しましょう• カーシャンプーで洗車• 水垢専用のクリーナーを使用• コンパウンド 塗装面の表面だけではなく、塗装面の中まで入り込んでしまっている水垢などの汚れは、コンパウンドでも落ちません。 この場合は、洗車専門店やコーティング専門店で相談してみましょう。 プロはなぜウロコ汚れを簡単に落とすのか? コーティング専門店などに、コーティング施工を依頼するとウロコ汚れがたっぷりついていた車でも、ピカピカになって戻ってきます。 その理由は、プロが使う専用のケミカルと研磨にありました。 例えば、先ほどカーシャンプー を紹介したSPECIALEシリーズの「」は軽度なウロコ汚れならスプレーするだけで簡単に落ちるケミカルです。 それ以外にも、コーテイングをする場合ポリッシャーとバフを使ってプロは研磨作業を行います。 この作業で、細かいキズや洗車では落ちないようなウロコ汚れも綺麗に磨いているのです。 「」はカーシャンプー で落ちない水アカ汚れ(ウロコ汚れ)を落とすために、プロが実際に使用しているケミカルです。 一般販売もされているので、ウロコ汚れでお悩みの方は試してみてはいかがでしょうか? 研磨作業に関しては、専門店に依頼するのが一般的ですが、中には自分でDIYしたいという方もいるかもしれません。 車の磨き方は次の記事で紹介していますので参考にしてくださいね。 ボディのウロコを予防する方法 車のボディに付くウロコを予防するにはこまめな洗車が一番です。 汚れがウロコ状になる前に洗車で水垢や汚れを落としてしまいましょう。 平均的には月に1〜2回程度の洗車が目安ですが、汚れやすい環境で車を使用されている方、車を綺麗に維持しておきたい方は毎週洗車を行っています。 可能であれば、車は屋内の車庫に駐車したり、カバーをかけておくと汚れがつきにくくなります。 特に、春先は黄砂や花粉で車が汚れる季節です。 黄砂は有害物質を含んだPM2. 5も混ざっているためこまめな洗車が欠かせません。 黄砂や花粉の季節の洗車には注意点がいくつかあるので、次の記事を参考にしてくださいね。 ガラス部分に点々と付いているウロコは見栄えも悪いですし、視界不良の原因にもなるため安全面にも支障をきたします。 「ちょっと汚れているだけだから問題ないかな?」とフロントガラスのウロコを放置している方もいるかも知れませんが、夜間走行中に対向車からのライトを乱反射させて視界不良を招いてしまう原因にもなるのです。 また、放置すればウロコはどんどん増えていき、洗うだけでは落ちなくなってしまうので、定期的に洗車を行い綺麗にしておきましょう。 簡単にガラス部分のウロコを落とすためのアイテム ウォータースポットクリーナー 「ウォータースポット」とは、固形化した水垢などのウロコ汚れ。 フッ素配合の洗剤も多く、ガラスのウロコ落としのためには強力な洗剤です。 カー用品販売店やホームセンターなどで販売されています。 家庭用洗剤 食器洗い用洗剤などの家庭用洗剤も手軽にウロコ汚れを落とせるます。 10倍程度に希釈させて使用しましょう。 しかし、泡切れがあまり良くないため、洗剤の成分が残りやすいデメリットがあるので、おすすめはしていません。 もし使う場合は、しっかりとすすぐようにしてくださいね。 お酢 お酢はガラスのウロコ汚れに効果があります。 ボディに付着した水垢にも効果はありますが、酸性のお酢は塗装を傷めてしまうのでガラス限定で使うようにしてください。 周辺のゴムパーツにも付着しないように注意が必要です。 ウロコの原因である水垢は、水分中のミネラルがほとんど。 ミネラルはアルカリ性なので、酸性のお酢を使うことで簡単に落とすことができるのです。 ティッシュやキッチンペーパーなどにお酢をしみこませ、ウロコ汚れに貼り付けて除去していきます。 10〜20分程お酢でパックをして拭き取れば除去完了です。 メラミンスポンジ ホームセンターやドラックストア、100均など様々な所で販売されているメラミンスポンジもガラス部分のウロコ落としに効果があります。 粒子が細かいメラミンスポンジは、ガラスを傷つけずしっかり汚れを落とせます。 ただし、ボディーに使うとキズがついてしまうのでガラスだけにしてくださいね。 ウロコはコーティングで予防できる ウロコの予防対策としてこまめな洗車をおすすめしましたが、ウロコの原因である水垢の付着を抑えれば、さらに予防法として効果があります。 車をコーティングし、撥水効果を得ることで水が弾くようになります。 ボディーやフロントガラスに水が残りにくいため、水垢が付着しにくくなります。 コーティング専門店に依頼した場合は、5〜10万円以上かかる高価なコーティングですが、自分でDIYすることも可能です。 ピカピカレインのような本格的なコーティング剤もありますが、手間がかかる上テクニックも必要になってきます。 そこでおすすめなのが、スプレータイプのコーティング剤です。 DIYにおすすめのコーティング剤.

次の