湘南新宿ライン 上野東京ライン 違い。 即解決!湘南新宿ラインと上野東京ラインの違いと、知っておくべき便利な4つのこと!

上野東京ライン

湘南新宿ライン 上野東京ライン 違い

関東の南北を直通する上野東京ラインと湘南新宿ライン。 その名の通り、上野東京ラインは上野駅と東京駅を通り、湘南新宿ラインは新宿駅を経由。 東京都心ではルートが分かれます。 埼玉から横浜に向かう場合、どちらが早く着くのでしょうか。 発車順に到着するケースが大半だが… 関東のJR線は、東京駅や上野駅など東京都心のターミナルを中心に、各線が放射状に延びています。 2001(平成13)年には、関東の南部と北部を新宿経由で直通する「湘南新宿ライン」が運行を開始。 さらに2015年には上野駅や東京駅を通る「上野東京ライン」も運行を開始し、東京都心では南北の直通列車が東西に分かれて通り抜けます。 ルートが複数になると、どれが一番早く着くのか気になるところ。 2019年6月時点の時刻表を参考に、平日に大宮駅(さいたま市)から横浜駅へ向かう直通列車(南行)の所要時間を調べました。 大宮〜横浜間の距離(実際に走るルート)は、上野東京ラインが約59kmで、湘南新宿ラインは約5km長い約64km。 所要時間(最短)も上野東京ラインが57分に対し、湘南新宿ラインは4分長い61分です。 ただ、列車によっては所要時間が大きく変わるため、一概にどちらが早く着くとはいえません。 しかも、大宮〜横浜間では先発の湘南新宿ラインと後続の上野東京ラインが途中で入れ替わるケースが少なく、大半の列車が大宮駅の発車時刻順で横浜駅に到着。 先に発車する列車に乗れば先に到着する確率が高く、運行系統はあまり関係ありません。 しかし、例外もあります。 たとえば、大宮駅を12時12分に発車する逗子行き湘南新宿ラインは、横浜駅には13時18分に到着。 一方、大宮発12時13分の熱海行き高崎線(上野東京ライン)の列車は、横浜着が13時12分です。 湘南新宿ラインの1分後に発車する後続の上野東京ラインが、横浜駅には6分早く到着します。 湘南新宿ラインが先着するケースも 平日南行の場合、先発の湘南新宿ラインと後続の上野東京ラインが横浜駅の到着時点で順番が入れ替わるケースは、28回。 大宮〜横浜間を直通する湘南新宿ラインは平日の南行が67本ですから、その4割強は上野東京ラインに「抜かれる」ことになります。 その多くは、湘南新宿ラインが大宮駅を発車してから1〜2分後に上野東京ラインが発車するケースですが、1〜2分後の発車でも入れ替わらないケースが少しあります。 3〜6分後では入れ替わらないケースのほうが増え、7分以上の差が開くと、すべてのケースで発車順のまま横浜駅に到着します。 大宮駅から横浜駅まで移動するとき、湘南新宿ラインのすぐあとに上野東京ラインの列車があるなら、到着時刻を確認したほうがいいでしょう。 逆に、上野東京ラインのあとに湘南新宿ラインが発車するケースでは、順番が入れ替わるケースがほとんどありません。 しかし、平日の南行には、その入れ替わりが発生するケースが1回だけあります。 大宮駅を17時29分に国府津行き上野東京ラインが発車。 続いて1分後の17時30分には小田原行き湘南新宿ラインが発車しますが、横浜着は上野東京ラインが18時34分なのに対し、湘南新宿ラインは3分早い18時31分です。 ちなみに、大宮〜横浜間を結ぶ直通列車は京浜東北線もあります。 歴史の長い運転系統で、運行本数は大宮〜横浜間の直通列車(平日南行)だけでも140本。 上野東京ライン(105本)や湘南新宿ライン(67本)より圧倒的に多いです。 ただし、途中すべての駅に停車(日中は田端〜浜松町間で快速運転)するため、所要時間は各駅停車が約1時間30分。 快速でも約1時間24分です。 そのため後続の上野東京ラインか湘南新宿ラインに乗ったほうが、必ず先に到着します。 ただし、運行時間帯は上野東京ラインや湘南新宿ラインより広いため、早朝と深夜は京浜東北線を利用するのが唯一の選択肢です。

次の

上野東京ラインと湘南新宿ラインの違いを教えてください

湘南新宿ライン 上野東京ライン 違い

JR東日本の湘南新宿ラインと埼京線の違いという疑問を感じたことはないだろうか。 大宮駅から池袋、新宿、渋谷といった人が集まる場所へのアクセス手段としてどちらも利用者数が多く混雑する鉄道網である。 しかし、それでもまったく別路線であるのも事実。 埼京線のラインカラーは濃い緑色である。 使用されている車両はすべてE233系7000番台である。 塗装が濃い緑色であるため、視界に入れば一瞬で埼京線であるということがわかる。 湘南新宿ラインのラインカラーは東海道線や高崎線、宇都宮線と同じ緑とオレンジ色である。 使用されている車両は、普通・快速はE231系1000番台とE233系3000番台となっている。 また、グリーン車が必ず連結されている。 2つはどこが違う? 埼京線は東北新幹線が開業した1985年に開業した通勤路線である。 大宮~赤羽に新しい線路を建設し、東北本線(宇都宮線・高崎線・京浜東北線)のバイパスという位置づけとなった。 これにより、大宮駅から大崎駅まで1本の電車で結ばれるようになり、埼玉県内から副都心各地への交通手段が便利なものとなった。 湘南新宿ラインが誕生したのは2001年12月1日から運転し始めた系統である。 それまでは上野駅もしくは東京駅を発着していた列車(中距離電車)を新宿駅経由に切り替えることで生まれた路線である。 特別線路を新しく建設したわけではない。 ただ、貨物線を有効活用して旅客列車を運転し始めたことにより、神奈川方面や埼玉方面から電車1本で新宿や渋谷、池袋への移動ができるようになっただけである。 したがって、「湘南新宿ライン」という名前は路線名の正式名称ではない。 あくまでも東海道線・東北本線・山手線の一部区間という位置づけとされていて、湘南新宿ラインとは直通サービスの名称とされている。 所要時間はどっちが早い!? ところで、湘南新宿ラインと埼京線ではどちらの方が所要時間が早いのだろうか。 結論を言うと、赤羽~池袋を除いては湘南新宿ラインの方が早いと考えてよい。 特に大宮駅から都心へ向かうのであれば、所要時間は湘南新宿ラインが早く、埼京線が長い。 たとえ後者で快速を使ったとしても湘南新宿ラインの電車の方が乗っている時間は短い。 線路を共有する池袋から大崎駅にかけてはどちらも変わらない。 山手線と並行する区間だけを利用するのであれば、わざわざ乗る列車を選ぶ必要はまったくない。 ただし、遅延発生時などダイヤが乱れている場合は、埼京線の列車の発着が優先される。 湘南新宿ラインの電車が本来は先発するという時刻表になっていても、少しでも遅れれば埼京線の列車が先発となり、湘南新宿ラインは後発となる。 おすすめ記事•

次の

【違いは!?】上野東京ラインと東海道線、どちらも路線は同じでいっしょ?

湘南新宿ライン 上野東京ライン 違い

上野東京ラインの混雑状況に関して、朝ラッシュの時間帯を迎える7・8時台ではどれくらいのレベルになるのか。 乗車率はどこの区間で何%になるのか、各路線ごとに調査してみた。 東海道線・宇都宮線・高崎線・常磐線のいずれも東京駅方面へ向かう電車が激しく混み合う。 混雑率が170%近くになる区間もあり、これは国土交通省もデータで公表している。 基本的にはすべて普通列車の時間帯だが、それでも1日の中で最混雑の時を迎える。 特に東海道線区間が最も激しい朝のギューギュー詰め電車になる。 各路線ではどこも上り列車が地獄の満員電車となる。 上野東京ラインとしては、北行と南行で違うものの、まとまった乗客が降りていく駅は限られている。 すべて同じ列車としてとらえて問題ない。 上野東京ラインは直通サービスで、路線の正式名称は東京駅以南は東海道本線、以北が東北本線となっている。 混雑の境界線も東京駅が基準となる。 この駅を超えると乗車率が大きく変化する。 時間帯ごとの混雑のレベル <東京駅到着列車を基準> 時間帯 混雑度 時間帯 混雑度 6:00-6:30 2 8:30-9:00 5 6:30-7:00 3 9:00-9:30 4 7:00-7:30 4 9:30-10:00 4 7:30-8:00 5 10:00-10:30 3 8:00-8:30 5 10:30-11:00 2 東京駅へ到着する列車を基準に調査した結果、上野東京ラインの朝ラッシュにおける混雑のレベルはこの表の形になった。 早朝の6時台はまだ空いている。 座っている人の方が立っている人よりも多い。 7時台になると前半こそはまだ車内空間に余裕があるが、後半になると混雑が激化する。 7時半がその境界とも判断できる。 座れない人の方が多くなる時間帯の始まりだ。 8時台は上野東京ラインの東京方面へ向かう電車のピークになる。 午前8:30頃に東京駅に到着する電車が最も混雑率が高い印象だ。 9時台に突入するとようやく通勤ラッシュが落ち着いてくる。 しかしそれでも満員電車の状態が続く。 日中の空いているレベルになるのは10時台後半になってから。 が始まるまでの日中は閑散としている。 京浜東北線に対する快速という役割を果たすため、遠距離ユーザーが多く乗るものの、それでも全員が座れる光景が見られる。 乗車率は8時台前半で180~190%程度になってピークを迎える。 横浜駅で大量降車するも、大量に乗車• 川崎駅はホームが人で埋め尽くされるほど混雑 都心から放射状に延びる路線の中では一番混雑がひどいのが東海道線である。 上野東京ラインの中でも、この品川駅までの北行の電車が最も混雑する部分である。 横浜~品川間では京急本線と完全に並行して走っている。 JR以外にも手段があるのは間違いない。 しかし、所要時間では停車駅が少ない東海道線が早い。 JRということで他路線との乗り継ぎも安くて便利ということで、上野東京ラインに乗客が殺到する。 大船・小田原方面からの乗客の一部が最初の大きな乗り換え駅である横浜駅で降りていく。 しかし、それ以上に他の路線から乗り換えてくる人が多い。 山手線と接続する品川駅まで混雑がますます激しくなる。 宇都宮線・高崎線は大宮以北の区間が混雑 とにおいては、東京付近よりも大宮駅の北側が最混雑区間となっている。 朝はすべて普通電車ということで、公式の混雑率=乗車率ととらえてよい。 いずれも大宮駅到着の列車が最混雑• 赤羽駅である程度降車• 残りは皆東京駅まで 大宮駅を基準に通勤ラッシュとなっている。 大宮以南では、決して空いているわけではないものの、地獄の満員電車となっているわけではない。 上り列車は埼玉地区の中心部である大宮駅の最初にまとまった乗客が降りていく。 乗ってくる人もいるものの、降車客の方が多い。 横浜駅とは違うポイントでもある。 赤羽駅でも大量の乗客が降りていく。 池袋や新宿、渋谷方面へ行く人が埼京線に乗り換える駅ということで、ここも乗車客よりも降車客の方が多い。 東海道線のように東京駅まで行く人はそれほど多くはないというのが印象である。 これは、宇都宮線も高崎線も性質は変わらない。 常磐線は上野東京ラインに乗客が集中 常磐線の場合、上野東京ラインは品川駅まで乗り入れる。 しかし、その本数は宇都宮線・高崎線系統と比べると少ない。 上野止まりが多い路線である。 東京駅や新橋駅へ乗り入れる列車が少ないため、常磐線の乗客は上野東京ラインの品川行の電車に殺到しやすい。 しかし、感覚的には行き先で違いを感じる。 しかも、北千住駅である程度は降りていく普通・快速だが、上野東京ライン系統になると降りていく乗客はいるが、乗ってくる乗客も多い。 そして、上野駅で降りる人も少数派である。 そのまま東京駅まで行く人が多数派のため、回転が悪い電車となる。 他の路線の混雑状況 接続駅 路線 <、直通> 大宮 、、、 赤羽 、 上野 、京浜東北線、 、 東京 、京浜東北線、、、、 、、(大手町駅) 新橋 銀座線、、 品川 山手線、 川崎 横浜 、、湘南新宿ライン 、、 京急本線、、 大船 横須賀線、根岸線 <直通>.

次の