エヴァあたり。 エヴァの2話で、使途を仕留めた後に初号機頭部の防具が外れ、中身がむき...

エヴァの2話で、使途を仕留めた後に初号機頭部の防具が外れ、中身がむき...

エヴァあたり

エヴァは中高生当たりを対象に作られていたみたいだから自分はエヴァ世代かなと思っていましたが、 当時の大学生や小学生も熱中していましたからちょっとややこしい。 エヴァは95~96年に放映されていて 自分は当時中学生、(1980年生まれ) 実際は翌年の再放送から見ていたのでそのときは高校生でした。 8つ下の小さな妹も熱中していました(笑)が 2つ上の姉は全然興味がないようでした。 5つ下の従兄弟は知っているようでした。 エヴァ世代ってどのあたりの年齢層を指すのでしょうか。 投稿日時 - 2008-01-11 18:03:32 エヴァ本放送の時に高校生になっている75年生まれは、もうエヴァ世代じゃないですね。 思春期の中学生頃の年代に与えた影響力から使う事があるので、仰るように80年生まれから下になるとは思います。 連鎖的に思春期になるしDVDなどのレンタルで簡単に視聴できるご時勢になった事から、下の年代を断定するのは非常に難しい。 エヴァ世代の特徴として、最高のアニメをエヴァと答える人が多かった世代になります。 私は77年生まれになりますが、ブームにはなったけど結局はファーストガンダムの足元にも及ばなかったなと冷静に分析してしまえる世代のようなので、若干の影響はあったと思えますが本放送時に高3だった世代はエヴァ世代とは言えないでしょうね。 この辺りの世代は、ガンダムの影響の方が強いですからね。 投稿日時 - 2008-01-11 21:33:47.

次の

エヴァの2話で、使途を仕留めた後に初号機頭部の防具が外れ、中身がむき...

エヴァあたり

射程もそこそこあるため、 波動を放つ敵の攻撃を直接受けないため、 中々倒されないです。 波動を放つ敵が出てくるステージでは、 大活躍するでしょう。 風雲にゃんこ塔の30階に出てくる ネコ仙人も苦戦することなくクリア出るでしょう。 現在の波動打ち消しキャラの中では、 最強と言っても過言ではありません。 狂乱のムートのような使い方ができ、 ムートにはない、ゾンビキラーや、 バリアブレイカーまで持っています。 そのため、様々なステージで活躍できるでしょう。 遠方範囲攻撃ができ広範囲の敵を一度に攻撃できます。 ただ、赤い敵に超ダメージを与えられるキャラは 他にも多くいるため、Sランクとしています。 ただ、射程が少し短いため前線が 少しでも押されると倒されてしまいますので、 注意しましょう。 ゼロムーンオペレーターズ、ファーストムーンネルフの評価 ゼロムーンオペレーターズ ファーストムーンネルフ 赤い敵とゾンビの動きを必ず遅くすることができます。 破壊衛星カオスムーンと同じような性能ですので、 赤い敵、ゾンビは、ファーストムーン メタルな敵と天使は、カオスムーン といった使い分けができます。 ただ、少し攻撃速度が遅いため、 他の妨害役と一緒に使用するほうが良いでしょう。 まとめ 個人的には、今回の当たりは エヴァ零号機と エヴァ初号機です。 他にも強いキャラはいますが、 代用できるキャラもいるため、 優先的に取得する必要はありません。 ですが、エヴァンゲリオンが好きな方は、 ぜひガチャを引いて 限定キャラをゲットしましょう!!

次の

EVANGELION STORE(エヴァンゲリオンストア) / TOPページ

エヴァあたり

エヴァ登場後、燈達のピンチを救ったエヴァは 瀕死のミッシェルと、燈、八重子、 を連れて逃走。 燈は蛾の聴力と糸でミッシェルへ治療を施しながら移動する。 しかし、途中、後を追うジェットとドルヂバーキに邪魔をされ、 燈はジェット、エヴァはドルヂと対峙する。 ジェットは燈の専用武器『膝丸』を奪い、 燈はカマキリの刃と蛾の糸で対抗し、激戦とな るが、 ジェット、テッポウエビのキャビテーションの 力で燈の虚を突き、 首をはねる直前までいくも、斬れない。 燈の専用武器『膝丸』には、大蓑蛾に合わせた 12の機能が備わっていた。 そのうちの一つ、蛾の超音波信号を膝丸が キャッチし、それが止まった時、膝丸の振動も止まり、斬れなくなる。 『膝丸』は燈を絶対に裏切らない、燈と共に生き、共に死ぬ武器だった。 そして燈はジェットを撃破する。 一方、エヴァは、ドルヂの能力で雷の臭いをも察知し避けられ、 一撃で気絶させられてしまう。 ドルヂバーキは狼の力と、鋭い嗅覚を武器としていた。 燈には連戦で勝つ余力がなく、八重子が立ち上がる。 いくら嗅覚に優れているとはいえ、臭いで倒せるほどに甘くはないが、 八重子は燈の糸の力を使い、 臭いの元となる分泌液を、直接ドルヂの鼻の穴、粘膜部分にぶち込んだ。 ドルヂは頭が爆破されたような衝撃をくらい、 床でもがき苦しむ。 しかも、スカンクの臭いには引火性まであり、 復活したエヴァの雷撃により爆破され、倒される。 所変わり、小吉はテラフォーマー数百匹との戦いを終えてジョセフ、劉と合流する。 小吉はジョセフに諭され、気付く。 あるはずのバグズ一号が無いことを。 つまり、地球にもテラフォーマーがいる可能性が高いこと。 実際、現状地球ではテラフォーマーが生身の人間に対し、猛威を振るっており、火星に投入した戦力を、すぐに戻すようにという流れとなっていた。 そんな知らせもしらない九頭竜では、 凱将軍が自身の能力『アリタケ』で動くことと なる。 テラフォーマーを洗脳し、複数を意のままに動かすというものであった。 生きた屍のように動くテラフォーマーには雷も斬撃も通用せず、 燈、エヴァ達はついに九頭竜へ捕らえられてし まう。 しかし九頭竜が欲しいのは燈とミッシェルなので、 エヴァ、アレックス、八重子は振り落とされる。 捕らえられた燈は必死にミッシェルを庇い、 敵に触れされないようにするが、 凱から、ミッシェルは既に死んでいることを告 げられ、 燈は力無くうなだれ 自分は実験に協力するから彼女の遺体だけは祖国に返すよう頼む。 凱はそれを承諾する。 しかし次の瞬間、凱の顔面に拳が突き刺さる。 その拳を放ったのは奇跡の復活を遂げたミッシェルであった。 ミッシェルは燈だけでも逃がすように交渉しながら うまく燈を九頭竜から逃がすことに成功させる。 そして、彼女は改めて捕われの身となるが、 助けに来てくれたのはシルヴェスター・アシモ フであった 若い命達を守りきる誓いの為に、死を覚悟した アシモフの猛威により、 爆将軍のホヤの能力で内蔵を損傷しても、 その他を寄せつけぬ防御力と破壊力で 爆将軍をごり押しで倒し、九頭竜も深刻な被害を受けて、 アシモフはミッシェルと共に九頭竜から飛び降りた。 取り残された凱は、必死に九頭竜を持ち直すようにする。 死にかけながらも、地上にうまく着地したアシモフとミッシェルは、 小吉、ジョセフ、燈、劉、エヴァ、アレックス、八重子達と合流し、 海へ向かうこととなる。 もはや最強の布陣となったこちらサイドに敵となるテラフォーマーはいなかった。 一方、鬼塚慶司やマルコスサイドも海へ向かっているが、 数百匹もいるテラフォーマーとの戦いに疲弊していた。 中には、モンハナシャコの能力を持つ最強のテ ラフォーマーもおり、 慶司はそのテラフォーマーに敗北しそうになる。 助けに入ろうと駆け寄ろうとする西だったが、 慶司は自らの力でアミリア達を守る為に立ち上がり、 腕に装着していた専用武器を取り外す。 それは超重量を持った防具であった。 今までは自分を守る為に使用していたが、 みんなを守る為に、慶司はかつてない力で モンハナシャコのテラフォーマーを粉砕する。 共に戦い疲弊しきったイワンもまた、 力を使い果たし、敗北しかけるが、 過去の荒れ果てていた頃の自分、 アシモフや姉との出会いが走馬灯のように過ぎり、 イワンは高笑いをしながら チョウセンアサガオの麻酔で強化された肉体で復活する。 引き気味になる周りをよそに、 イワンはマルコスにも注射をし、 肉体を強化させる。 善戦していると思われたがしかし、 テラフォーマー側に新手の敵が現れる。 神ゴキと呼ばれるゴキブリ達のリーダーが立ち塞がった。 その神ゴキは紅の放った毒にすらも耐性を持っており、殺せずにいた。 直後、上空より地球から来た救助船により放たれたと思われる 球体の避難ポットが複数降ってくる。 ニーナは神ゴキの攻撃を巧みに受け流しサブミッションで応戦していたが、 神ゴキは空から降ってきた避難ポットにタイミングを合わせて蹴りを入れて、 ニーナにぶちかまし、ニーナは上半身が木っ端みじんに吹き飛ぶ。 神ゴキは、13位専用武器を 死の間際。 ニーナは火星で先に逝った夫のアーロンとの過去を思い、 そして、やっとそっちに行ける…と死んでいく。 それぞれがニーナの死に憤り、 仇を討つために神ゴキに挑むも、 アナスタシアの糸も、セルゲイの力も叶わず、 慶治は足を折られ殺されかけるも、マルコスが慶治を抱えて待避。 さらに神ゴキにより落とされた衛星砲により あたりは炎に包まれる。 神ゴキは事前に掘ってあった地下に避難するが、 慶治やマルコス達は炎に包まれてしまう。 かに思われたが、セルゲイのモグラの能力により、 マルコス達も穴は入り死を免れていた。 セルゲイが神ゴキを地面から捉える。 竜一ロブソン、アナスタシアが蜘蛛の糸で神ゴキの動きを封じる。 マルコスが折れた慶司の足を支え、 イワンが慶司の痛みを薬で和らげ、 慶司は最強の一撃を神ゴキにお見舞いする。 マルコス達のコンビネーションにより神ゴキは吹っ飛ばされる。 が、神ゴキ、倒れず。 万策着きたマルコスは、アレックスの気配を察知し、神ゴキを倒す策を思いつく。 上空より投球されたアレックスのボール。 これをマルコスが専用武器のアラクネバスターで神ゴキ目掛けて打ち込む。 神ゴキは胸に風穴を開け、死亡。 テラフォーマー達のリーダーを倒したことにより マルコス達は動揺するテラフォーマーに隙を見出だし、 急いで救助ポットに非戦闘員のアミリア、ウォルフ、エリカは脱出ポッドへ。 負傷しているアレックスも八重子と共に救助ポットへ。 マルコスは慶司をおぶってひたすらは走る。 他のメンバーもひたすら走る。 しかしテラフォーマー達の猛追はまた始まる。 その上、運悪く人工衛星がマルコスの方へ落ちてピンチになりかけるが、 咄嗟に三条加奈子がマルコスを庇い、衛星の一部が体に突き刺さってしまう。 加奈子は、マルコスへ好きだと告白をし、そのまま意識を失う。 マルコスは加奈子も抱き抱え、瀕死の加奈子を救う為に必死に走る。 そして、ついに救助船にたどり着いたマルコス達。 そこにいたのは、博多弁の日本人と、銃使いの黒人だった。 一方、小吉側にも救助ポットはあった。 のき救助ポットに、燈、エヴァ、ミッシェルが押し込められる。 小吉、アシモフ、ジョセフ、そして劉がそれぞれ、 燈達に別れと、再会の約束をする。 劉は、燈のその目に希望を見て、必ず帰ることを決意する。 そして燈達も、マルコス達と同じ場所へ救助ポットに乗り到着。 再会する。 そして、博多弁の謎の人物の存在が明らかになる。 それは燈の師匠にして、 膝丸心眼流免許皆伝の実力者であった。 その力は傍らにいた銃使いの黒人同様にかなりのもので、 追撃してくるテラフォーマー達を片っ端から殲滅する。 さらには救助船一帯に中々近付けないようバリアーをはり、時間稼ぎをする。 マルコスは急いで重症の加奈子と慶治を中に運び、一先ずの安息を得る。 同時にこの救助船は民間企業により独自に作られたもので、 中国の妨害からも逃れることができたこと、 蛭間一郎や七星の親族の手助けがあったことを告げられる。 すぐに地球に帰ろうとなるが、 燈、ミッシェル、エヴァは、まだ来てない 小吉達をもう少し待って欲しいと話す。 猶予は1時間。 しかし、小吉側ではとんでもない事態に発展していた。 凱の奥の手である胞子の散布を遥か上空の九頭竜から行われ、 ジョセフが操られてしまう。 ここでジョセフの過去が明らかになる。 ジョセフはその昔、愛を信じられない家庭で育った。 だが、友達には恵まれ、ジャック、ミッシェル デイヴスとは別人 という恋人同士の二人を 傍らから優しく見守る日々を過ごしていた。 ジョセフは、彼等の愛こそが真実だと感じていた。 しかし、ある日を境に、ジャック、ミッシェルの間に溝が入る。 ミッシェルが教師からセクハラを受け、 ジャックがそれを知り、教師を殴り殺してしまった。 警察署に面会しジョセフとミッシェルは来るが、本人は何も語らず、 訳のわからないままジャックは二人の前から姿を消す。 ジョセフは孤立し、弱り切ったミッシェルを支えていた。 ある日、二人寂しくいつもの帰り道を歩いた時、 突如ジョセフから耳を疑う一言をミッシェルは聞く。 「俺が買収したのは君とジャック以外の全員だ」 全ての 元凶はジョセフだった。 二人の愛を確かめる為に、二人を絶望に落とした ジョセフの凶悪な本性が明らかになる。 そして、場面は戻り、ジョセフは小吉の腕を切り落とし、 小吉が邪魔。 本気で殺す気でこい。 と言い放つ。 三人がかりでもジョセフには勝てなかった。 さらに上空から放射される九頭竜の一撃も入り、 絶望的となるが、ジョセフはその攻撃をアドルフの雷の力を使い防ぐ。 続きます。 何故、ジョセフがアドルフの雷の力を使えるか。 ただ操られているだけと思われたジョセフだが、 自分は始めから正気だったと言い放ち、 驚愕する小吉達に、ニュートン家の歴史や自らの運命を説明することになる。 そしてついにジョセフの能力が明らかになる。 ジョセフの能力はウミウシ。 ウミウシは食べた物のDNAを取り込むことができる。 生物唯一の力を持つ。 ジョセフの再生能力と電撃の力はエヴァの肉片から奪ったもの。 さらには今まで喰ったゴキブリの力も吸収している。 本誌ではここまでです。

次の