ひい おじいさん。 親族の呼び方(続柄)

続柄

ひい おじいさん

: langafi• : garathair• : bisnonno• : preavulo• : kakek buyut• : great-grandfather• : praavo• : overgrootvader• : besavi• : achtontli• : farfars , farmors , morfars or mormors• : sinn-seanair• : bisabuelo• : pradedko• : praded• : uyut• : aacaz• : pradeda• : oldefar• : Urgro• : oldefar• : oldefar• : birraitona , birraitita• : , dnagyapa• : langabbi , langavi• : basavon• : pradziadek• : moyang lelaki , moyang , bapa datuk nenek• : prosenelis•

次の

社内の訃報に使う尊敬語で、配偶者の父母、曾祖父母はそれぞれ何?|日本語・日本語教師|アルク

ひい おじいさん

母親 「母親」は英語で motherといいます。 子どもが母親を呼ぶときには mom(英:mum)という事もあります。 他にも mommyと呼ぶこともあります。 義理の母親(義母 「義母」は英語で mother-in-lawといいます。 父親 「父親」は英語で fatherといいます。 子どもが父親を呼ぶときには dadという事もあります。 その他には、 daddyと呼ぶこともあります。 後ろに -in-lawをつけるのは義理の母親の時と同じです。 義理の娘 「義理の娘」は英語で daughter-in-lawといいます。 義理の娘は息子の妻、お嫁さんにあたる人になります。 息子 「息子」の英語は sonといいます。 義理の息子 「義理の息子」は英語で son-in-lawといいます。 義理の息子は娘の夫、旦那にあたる人になります。 兄弟 「兄弟」は英語で brotherといいます。 また、 年下の兄弟(弟)は younger brotherといいます。 義兄弟 「義兄弟」は英語で brother-in-lawといいます。 姉妹 「姉妹」は英語で sisterといいます。 年上の姉妹(姉)として、区別して言いたい時は older elder sisterといいます。 逆に 年下の姉妹(妹)は younger sisterといいます。 義姉妹 「義姉妹」は英語で sister-in-lawといいます。 兄弟、姉妹の公的な言い方 「兄弟」、「姉妹」は上述の通り、それぞれbrother、sisterといいます。 この兄弟、姉妹を役所などの公的な書類や公的な場面で話す時には違う言い方があります。 そういう場面では「兄弟、姉妹」の事を siblingといいます。 姪(めい) 「姪(めい)」は英語で nieceといいます。 甥(おい) 「甥(おい)」は英語で nephewといいます。 夫 「夫」は英語で husbandといいます。 妻 「妻」は英語で wifeといいます。 配偶者の公的な言い方 普段、喋る時と公的な時では異なります。 一方、公的な時は 配偶者は spouseといいます。 公的な時と言うのは、役所で貰う書類や法律的な事を言う時の事です。 いとこ 「いとこ」は英語で cousinといいます。 「またいとこ」は英語で second cousinといいます。 おじ 「おじ」は英語で uncleといいます。 自分の父母の兄弟にあたる人になります。 おば 「おば」は英語で auntといいます。 自分の父母の姉妹にあたる人になります。 祖母、おばあちゃん 「祖母/おばあちゃん」は英語で grandmotherといいます。 大祖母、曾祖母、ひいおばあちゃん 「大祖母、曾祖母、ひいおばあちゃん」は英語で great-grandmotherといいます。 おばあちゃんの母親に当たる人です。 高祖母、ひいひいおばあちゃん 「高祖母、ひいひいおばあちゃん」は英語で great-great-grandmotherといいます。 また、ひいひいおばあちゃんの母にあたる「ひいひいひいおばあちゃん」は great-great-great-grandmotherといいます。 以降は一つ ひいが増えるたびに、 great-が増えます。 祖父(おじいちゃん) 「祖父/おじいちゃん」は英語で grandfatherといいます。 大祖父、曾祖父、ひいおじいちゃん 「大祖父/曾祖父/ひいおじいちゃん」は英語で great-grandfatherといいます。 おじいちゃんのお父さんに当たる人です。 高祖父、ひいひいおじいちゃん 「高祖父、ひいひいおじいちゃん」は英語で great-great-grandfatherといいます。 また、「ひいひいひいおじいちゃん」は英語で great-great-great-grandfatherといいます。 以降、ひとつ ひいが増えるたびに、 great-が増えます。 今回のまとめです。 また、下図のような 家系図を英語で family treeといいます。

次の

曽祖父(そうそふ)とは何? Weblio辞書

ひい おじいさん

A ベストアンサー 葬式は地方や家の慣習によって違いがあります。 また長男は夫婦で出席、次男以降は片方だけの場合もあります。 義理父母の意見に従うのが一番だと思います。 私の親族関係は、祖父母の場合は、内孫は全員出席ですが、外孫の場合は、孫だけの出席で配偶者は出席しません。 同じような事があった時で、私の義母の父が亡くなった時私は次男(外孫)の嫁ですが出席しませんし、長男の妻も出席しません。 義母は一人娘であり他は皆男性の兄弟です。 それでも義母に従って孫の嫁達は出席しませんでした。 他の親族も孫の配偶者は出席しませんでした。 ちなみに主人の両親の実家は双方農家であり田舎です。 これは常識、非常識の範囲は関係ないと思います。 地方や家の慣習です。 逆に孫の配偶者は、欠席の風習で出席したら、出しゃばりといわれてしまうだろうなぁと思いました。 出席するべきとの風習も当然あります。 A ベストアンサー 小学生の息子がおります。 私の父は54歳でおじいちゃんになってしまい、じーちゃん・じぃじ・おじぃ・どれもイヤだと言ってました。 で、結局「先輩!」と呼ばせていました。 人生の大先輩だから「センパイ」なのだそうです(笑) 息子はよく意味がわからないまま、「ちぇんぱい!」と呼んでおり、父は満足げでした。 でも幼稚園や小学校に行くと、「ナゼこの人は「おじいちゃん」ではなく「先輩」なのだ?」と思うようになり、ママのお父さんだからおじいちゃんだよね?ってことで、いつのまにか「じーちゃん」と言うようになってました。 でもその頃には父も「おじいちゃん」であることに違和感がなくなっていたようで、すんなり受け入れていましたね。 あと、父の姉(70歳)が近所に住んでおり、「おばあちゃん」でもないし、「おばちゃん」でもないし・・・と困って、こちらは「マリコさん」と名前で呼ばせています。 母は普通に「ばーちゃん」と呼ばれています(最初から) 夫の母は「東京のばーちゃん」 私の母は「千葉のばーちゃん」と呼び分けています。 必ずしもおじいちゃんとかじぃじじゃなくていいと思うので、お好きな呼び方を見つけてください。 お孫さん楽しみですね! 小学生の息子がおります。 私の父は54歳でおじいちゃんになってしまい、じーちゃん・じぃじ・おじぃ・どれもイヤだと言ってました。 で、結局「先輩!」と呼ばせていました。 人生の大先輩だから「センパイ」なのだそうです(笑) 息子はよく意味がわからないまま、「ちぇんぱい!」と呼んでおり、父は満足げでした。 でも幼稚園や小学校に行くと、「ナゼこの人は「おじいちゃん」ではなく「先輩」なのだ?」と思うようになり、ママのお父さんだからおじいちゃんだよね?ってことで、いつのまにか「じーちゃ...

次の