アマゾン マスク。 アマゾンマスク届かない時の対処法と事例は?詐欺見分け方は?

アマゾンマスク送料無料の激安在庫ある?子供や大人用・業務用箱買いおすすめを調査

アマゾン マスク

楽天のほうも少しは「届かない」などの詐欺にあった人もおられるようですが圧倒的にアマゾンのサイトに詐欺が多いようです。 特に中国から配送してなぜかアメリカ経由などわけのわからない配送ルートを通るものは間違いなく詐欺だと思われます。 転売禁止になった今でも安心できませんね。 アマゾンでは高額なのは比較的減りましたがやはり一番多いのはお金は払ったのに届かないという声が多かったです。 アマゾンマスク届かない事例 アマゾンでは商品がよく届かないという声を聴きます。 特に中国からの発送のものに多く見られます。 そして言い訳としては、今はコロナの性にして遅れているという事が多いようです。 ですがこれは以前からよく合ったもので何かしら災害などのせいなどにしているようです。 メールで文句を言っても言い訳が多いことがよくあるようなのでAmazonマーケットプレイス保証の申請などで返金して違うところで買うほうがいいかもしれません。 アマゾンマーケットプレイス保証の申請って何? Amazon. jp では、購入者の方がAmazonマーケットプレイスの出品者から商品を安心して購入していただくために、保証プログラムを用意しています。 Amazonマーケットプレイス保証は、購入された商品のコンディションや配送を保証するものです。 amazon. html? Amazonマーケットプレイス保証についてはこのページの下からいけます! マスク購入楽天が安全? 実際調べたところやはり楽天でもアマゾンと同じような詐欺があるようです。 楽天の場合ですと一部の加盟店・個人経営店舗での詐欺が発生しているようです。 楽天での詐欺の被害の声は主に届かないという声が多いんです。 ですがやはり楽天とアマゾンを比べてみると圧倒的にアマゾンでの詐欺被害が多いのです。 ですのでマスクの購入するのであれば楽天のほうが安全ではないかと思われます。 では楽天とアマゾンは何が違うのでしょうか? 楽天とアマゾンの違いは? 楽天とアマゾンの詐欺サイトの多さは出店料にあるのではないかと思われます。 楽天の出店料は一番安いので月額19500円になっています。 もちろん審査があるので信頼性はあると思われます。 ですので在庫が売れたらすぐやめるという事は難しいのかもしれません。 出典元:楽天市場 もちろんものすごい稼げたら辞めても損はないですがやはり詐欺をするにはコスパが悪いのではないでしょうか。 これが詐欺をしやすくするのではないかと思われます。 ということでアマゾンよりは圧倒的に楽天が安全だという事がわかります。 追記: 現在アマゾンの通販サイトではマスクの販売が少なくなったようです!! マスクで検索してもフィルターなどしか出てこなくなりました。 さてそれでもやはり騙されたくないのでその中でもどういうサイトが安全なのかを紹介していきます! 詐欺見分け方は? 間違えて消しちゃったのでまた載せます マスク詐欺にあいました。 花粉症でマスクが必要だからAmazonで買って2日目ぐらいにその商品の詳細を見ようとしたら商品すらなくなってました終いには写真も変わってました。 乗用車10台とか分けわからんものに笑 皆さん気をつけて — satomaru satomar0120822 簡単に言うとしっかりとサイトのレビューや説明を見るという事が大事になってきます。 レビューの数などは多いほうがいいですので内容もしっかり読んでから注文しましょう! 楽天市場の詐欺被害の報告は主に「マスクが届かない」というものや「発送済みになっているのに商品が届かない」、「注文したマスクとは違う商品」が届くといったものでした。 楽天市場では少ないのですがあるのも事実です。 違う商品が届くといった場合は問題外ですが商品が届かない場合というのはいくつかの事情もあるようです。 それでは次にどんな事情があるかを紹介していきます。 コロナでマスク生産が追い付いていない? 楽天は2020年3月26日に「コロナウイルスの影響で製造や仕入れに遅延が発生しているせいで商品が届かない可能性がある」という発表をしました。 最近は楽天のマスク販売サイトをみてみると大体の日付を表示しているサイトは多いです。 さすがに今の状況で即日配送はありませんでした。 では私が以前にマスクを買った楽天のサイトも紹介しておきます。 結果マスクを通販サイトで買うならアマゾンよりは楽天市場のほうが断然安心できるという事がわかりました。 ですので購入はお早めにしたほうがよろしいかと思います。 それでは「アマゾンマスク届かない時の対処法と事例は?詐欺見分け方は?」最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

マスク売り切れはいつまで?アマゾン、楽天で買えるおすすめのマスクを徹底調査しました!

アマゾン マスク

新型コロナ詐欺には注意だがAmazonは保証で返金してもらえる 2020年は新コロナウイルスの流行で本当に大変なことになっています。 それは日本だけではなくヨーロッパやアメリカ、アフリカにまで広がっているとの事。 亡くなる方がどんどん増えるのも恐ろしいことですが経済や国自体がストップしてしまう状態にすらなっているようです。 うがい、手洗いをしっかりすること、よく食べよく眠り体調を整えることが今のところ最大の防衛手段のようです。 また、マスクはウイルスをブロックする効果はありませんが拡散防止には役に立つということで「使うほうがよい」ですね。 とりあえずマスクを買いたい、しかしどこで買えばいいか迷った方へまとめたのはこちらの記事からどうぞ。 この記事でなるべく詳しくまとめたつもりですが、この3つの通販サイトで最短でマスクを買えるのは楽天です。 理由もまとめてあります。 実際いますぐ注文できる楽天商品へのショートカット付き。 是非ご覧ください。 混乱のAmazon、安定の楽天、困惑のヤフーショッピング2020年、新コロナウイルスでマスクが本当に手に入りません。 朝の通勤で自転車を走らせているとドラッグストアの前を通るのですが、9時開店の店の前に... 開店前からドラッグストアの前に行列ができていたり、中にはストア店員さんにマスクがないことによる怒りで罵声を浴びせるような人もいるのだとか。 納期が4月末ごろになっていたりはしますが、とりあえず注文しておけば確実に手に入るはずです。 さて、そんな中でここ数日ですが残念なことが立て続けに起こっています。 それは「マスク詐欺」。 テレビでも紹介されたのでご存知の方も多いとは思うのですが、ネット通販の巨人amazonで購入したマスクが届かないなどの被害が出ているもの。 amazonを愛用している私、実は3つもひっかかってしまいました。 いろいろ手続きなどは行っている途中ですが、転んでもただでは起きないブロガーな私、その手口などを時系列でまとめてみます。 再発防止や被害を受けないために是非御覧ください。 マスク詐欺その1 画像差し替え編 これは初めての体験ですし本当にびっくりですが、 注文したときの商品と注文後の商品が差し替えられたものです。 たまたまamazonを見ているとポリエチレンスポンジ(ピッタマスクのような材質)のマスクが安く販売されているのを見つけました。 こんな感じのマスクが9枚セットになっていて、お値段は1000円弱。 決して安いとはいえないのですがスポンジ製のマスクは手洗いして何度も使うことができるので経済的なのです。 1週間以内に届くような納期だったのでこれでいいかと思い注文をしました。 しかし・・・納期になっても届きません。 そこでおかしいなと思い、注文履歴をチェックしてみたところ・・・ スポンジマスクがなんと「不織布マスク」に変えられています!! 不織布のマスクが9枚で920円になっているのですが、そんなもの注文した覚えもありません。 もしかして注文を間違ったのかと思いきや、よく見ると商品の説明のところは買ったときのまま「マスク ライトグレー 防塵マスク 立体マスク 花粉99%カット UVカット 風邪予防 繰り返して使用可 水洗い可 9枚入」になっています。 騙されてる!!画像を勝手に差し替えて納品するような手口なのでしょう。 すぐさまamazonを通して連絡をし「画像が変わってる、そんなものを注文していないので注文をキャンセルするので返金しろ」と送りました。 返金処理の仕方についてはamazonの公式サイトに方法が載っています。 今後変わる可能性もあるのでamazonのリンクをはりますので参考にして下さい。 補足説明 返品リクエストをした状態です。 先方が気づけば処理してくれるはず。 現在「返品をリクエスト済み」になっていますが、「返品状況を確認」したところ 3月29日に返金手続きを進めてくれているようで、通常だとここから2-3日でお金が戻ってくるはずです(追記:返金されました) 「もしかしたら届くのかも」などと放置してしまう人がいるかもしれませんが、そのまま忘れてくれたらもうけもの、ぐらいが相手の策略で、さっさと返品処理して返金してもらうのが良いと思います。 マスク詐欺その2 嘘注文 3月17日にamazonでマスクを見ていると今どきにしては安いマスクを見つけました。 50枚で1000円ほど。 ドラッグストアなどでも売っていることはめったに無いしその値段で50枚買えるのなら実家などにも配れるしと早速購入。 いい買い物ができたな-と喜んでいると、さらにもう一つ。 60枚はいっていてお値段一緒の1060円。 いいタイミングでamazonの商品を見つけられたなともう一つも購入しました。 2つとも注文が無事通り「3月21日に納品予定です」と連絡がきました。 ちょうど少なくなってきたから間に合ったなと。 喜んでいたものの3月21日になっても22日になっても商品は届きません。 おかしいな。。。。 そして3月23日、たまたま見たテレビでやっていた「amazonのマスク詐欺」のニュースをみてびっくり。 僕が買ったマスクの画像そのままだったのです(怒) 騙されたー!!!急いで返品手続きを。 2つとも返品に応じ、返金手続きがすすんでいるのですが、 もし万が一詐欺ではなくて製品がきちんと届けば「返品の取り消し」もできます。 その場合はamazonが再度商品代を請求することになります。 これも返金がきちんと行われたのでよかったものの、注文したままほったらかしにされると相手の思うつぼなので注意が必要です。 Amazonのマーケットプレイスでの購入の場合、「Amazonマーケットプレイス保証」という詐欺まがいの業者への対策が取られていますので、次に保証の受け方を紹介しておきます。 Amazonマーケットプレイス保証申請のやり方 Amazonが直接販売するのではなく、Amazonの購入システムを使った出品業者からの購入(マーケットプレイス)については、Amazonが責任を持って製品と配送の保証をしてくれるのがAmazonマーケットプレイス保証です。 保証を受ける前に、まずは出品者に連絡を取ることが必要です。 注文履歴から 「商品の返品」を選び理由等を記入します。 以下の場合はマーケットプレイス保証の対象になります。 商品が届いておらず、お届け予定日の最終日または配送ステータスで配達完了の表示が確認できた時点(どちらか早い方)から3日が経過した。 注文と違う商品が届き、返品リクエストを送信した。 商品を返品したが、出品者が返金に応じない。 連絡を取ってみたが48時間応答がない場合、Amazonマーケットプレイスの対象になります。 専用のフォームがありますのでそちらから方法を確認し申請することになりますので確認してみて下さい。 下の「」に申請方法がのっています。 注文履歴にアクセスします。 該当する注文の、「注文に関する問題」をクリックします。 一覧から問題点を選択します。 返金をリクエストを選択します。 テキストボックスにコメントを入力します。 送信を選択します。 さて、そんなことで返品しろと連絡をしたところ、偽注文の業者は逃げてしまったのか連絡が全く取れなくなっていました。 するとAmazonからこんなメールが届きます。 jp のマーケットプレイスの出品者として機能しなくなっていることをお知らせいたします。 お届け予定日から 3 日以内に注文が届かない場合、または注文に問題がある場合は、サードパーティの出品者が販売および出荷する商品を購入する場合の Amazon マーケットプレイス保証が適用されることに注意してください。 配送のタイミングおよび商品のコンディションの両方が保証の対象となります。 いずれかに満足できない場合、Amazon にその問題をご報告いただければ、Amazon のチームが返金対象であるかどうかを判断いたします。 Amazon マーケットプレイス保証の申請は、お届け予定日から 90 日以内に行うことができます。 ここがすごく大事です。 保証申請には有効期限がある Amazon マーケットプレイス保証の申請は、お届け予定日から 90 日以内に行うことができます。 逆に言えば、保証 申請は90日を超えると申請できなくなりますよということです。 うっかり忘れて3ヶ月ほど経っていたら申請ができなくなってしまうので注意しましょう。 これが相手の思うつぼです。 申請したところ、返金がリクエストされAmazonから無事返金処理が行われました。 しかし、出品者と連絡がとれないため商品がきちんと出荷されていることもありえるため、こんな表示になります。 返金処理には、通常3~5営業日かかります。 気が変わって商品に満足した場合は、以下の返金の取り消しを依頼してください。 Amazonが商品代金を再請求します。 そう、ただ遅れていただけで商品が届き、それが正しい商品なのであれば「返品の取り消し」を行うこともできるわけです。 そのときはAmazonが再度商品代の請求を行うことになるようです。 amazonのマーケットプレイスのマスクがすべて詐欺ではないが注意が必要 マスク不足で困ってる人を狙ったマーケットプレイスのマスク詐欺、見事にひっかかりそうになってしまいました。 幸いお金は取られずに済みましたが注意が必要です。 引っかからないためにもこんなチェックをすると良いのではないでしょうか。 商品のレビュー、評価のスターがついているか いわゆる疑わしい商品の場合、商品が購入者の手元に届かないので商品のレビューを書かれることがありません。 また、5つ星で評価することもまずありません。 たまに「カタコトの日本語」でレビューを書いてよけい怪しさを出している商品もありますね。 レビューや評価がついていない商品の場合は購入をやめておいたほうが良いと思います(もちろん新品だから評価がなにもないこともありますが)。 マーケットプレイスの出品業者をチェックしてみる 商品の下の部分に業者名が入っているのでクリックしてみるとその業者の情報をチェックすることができます。 ちょっとこのあやしいマスクを出している業者の名前をクリックしてみました。 すると・・・ マスクばかり、無評価無レビューの商品が大量に出品されていました。 詐欺業者なのかもしれません。 こういう出品の仕方をしているものは要注意です。 画像の差し替え、高額な配送料などにも注意 私も出会った画像の差し替えはもちろん、商品には一見問題がなさそうでも配送料が法外な金額になっているものもあるので注意が必要です。 商品は500円になっていても配送料が50万円で50万500円請求されることになります。 カードで引き落とされたら請求月にびっくりすることになるかも。 安心なのは「きちんと評価されている業者から適正な価格で購入すること」だと思います。 けっして今の世の中「みんなが欲しがっているものが大特価ですんなり買える」なんてちょっと怪しすぎるのですから。 怪しい出品者には注意しましょう マスク詐欺の出品業者の手口は「返品処理忘れ」を狙ったものかもしれません。 マーケットプレイス保証が申請できなくなる90日間が過ぎれば返金する必要がなくなるのですから。 怪しい商品には手を出さないこと、引っかかりそうになったら早めにAmazonに連絡し返品処理をすすめることが大事です。 安く購入することができたり早く手に入れることができたりと便利なAmazonですがこういう部分があるのには注意が必要ですね。 洗えて再利用できるピッタマスクをオススメします。 国内製であること、洗うことで再利用できることからピッタマスクをおすすめしています。 理由はこちらの記事にまとめてあります。 要チェック! 購入にはいくつかの制限が入りますが要チェックです。 ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

次の

マスク売り切れはいつまで?アマゾン、楽天で買えるおすすめのマスクを徹底調査しました!

アマゾン マスク

さまざまなN95呼吸マスク。 いまだ横行する偽造品と便乗値上げ 3Mによると、飛沫などの微粒子を95%遮るというN95規格のマスクは、米疾病対策センター(CDC)が医療現場の感染症対策に有効だとして、着用を推奨している。 同規格マスクの大手メーカーである3Mでは、一般小売価格を約1. 25ドル(約135円)として出荷している。 ところが、このアマゾンの出品業者は、3M製品と称して1個平均23. 21ドル(約2500円)で販売。 これまでに35万ドル(約3800万円)を売り上げたという。 この業者はアマゾンで複数のアカウントを使い分け、3Mの商標をつけたマスクを販売していた。 しかし、ザ・バージによると、製品には欠陥と見られるものが混ざっており、購入者は偽物と疑っていたという。 アマゾンのカスタマートラスト部門担当バイスプレジデントのダーメッシュ・メータ氏は、「3Mと協力し偽造品や価格つり上げの排除に取り組んでいる」と述べたという。 3Mはこうした訴訟について、低品質製品のまん延を食い止め、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた価格つり上げを阻止し、自社のブランドを守るための戦略と説明している。 同社はこの数カ月間、十数のマスク販売業者を相手取り訴訟を提起したという。 ソーシャルメディアの詐欺行為4000件削除 また、3Mはアマゾンなどのテクノロジー企業と協力し、これまで約3000件に上る偽造品と疑われるマスクの出品をオンラインマーケットプレイスから削除した。 ソーシャルメディアでは約4000件のマスク関連の詐欺行為と思われる投稿を削除したという。 一部のマスク販売業者は「3M」の文字や関連会社を連想させる文字を入れたドメイン名を使用している。 こうしたドメイン名もテクノロジー企業と連携し、これまでに100件以上を削除したと、3Mは述べている。 米議員や米司法当局も問題視 新型コロナウイルスに乗じて偽造品を販売したり、価格をつり上げたりする行為は、感染症の拡大が始まった当初から指摘されていた。 英フィナンシャル・タイムズは、米国で通常価格が14. 99ドル(約1600円)の3Mの20個入りマスクが387ドル(約4万1500円)と、約26倍で販売されていると報じた。 また、米ゴージョー(GOJO)の「ピュレル」ブランドのハンドサニタイザー(手指用消毒ジェル)は24個入りが10ドル(約1100円)以下だったが、400ドル(約4万3000円)と40倍以上に跳ね上がったとも伝えられた。 こうした状況を米民主党のエドワード・マーキー上院議員が問題視。 アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、同社を厳しく批判するとともに、より強力な対策を講じるよう要請した。 アマゾンは3月6日までに上院議員の質問に回答し、規約違反の商品53万点を削除したことを明らかにしている。 今回のウォールストリート・ジャーナルの記事によると、同社は6000以上の出品者アカウントを一時停止したという。 また、米ニュース専門局のCNBCは、ペンシルベニア州など全米33の州・地域の司法長官がアマゾンや米フェイスブック、米イーベイなどのオンラインマーケットプレイス運営企業に対し、対症療法ではなく、先を見越した対策をとるよう強く求めたとも伝えている。 (参考・関連記事)「米当局がアマゾンやFBなどに便乗値上げ対策要請」 筆者:小久保 重信 外部サイト.

次の