資生堂 ジャパン。 資生堂ジャパン、IoTスキンケアサービス「Optune」の本格展開を開始|ソリューション|IT製品の事例・解説記事

資生堂ジャパン株式会社の企業情報・インターンシップ

資生堂 ジャパン

資生堂ジャパンは5月7日、本社を移転する。 これまで都内6カ所に点在していた拠点を浜松町のオフィス(東京都港区浜松町2-3-1)に集約し、日本事業のさらなる成長を期する。 なお、汐留ビルはグローバルの本社機能として存続する。 本社機能の集約は「お客さまがあらゆる生活場面で好きな時に、好きなように、ブランドを通じた化粧体験を楽しめることを実現する」という同社のビジョンの実現に向けての一環だ。 移転対象オフィスは、汐留オフィス(スタッフ機能・営業機能〈関係会社〉など)、汐留シティセンター(マーケティング・営業機能など)、代々木(営業機能)、北東京(スタッフ・営業機能)、田町(営業機能)、南青山スリービル(営業機能〈関係会社〉)。 学生時代からファッション関連の記者を目指し、社内報担当を希望して大手アパレルメーカーに入社。 その後、世界各国の一流品を紹介するムックを手掛ける編集プロダクションや繊維の専門紙である「日本繊維新聞」などを経て、2011年にINFASパブリケーションズに入社。 それまでファッション業界に従事してきて、知識のないビューティ業界へ足を踏み入れ早8年。 今ではすっかりビューティの世界に魅了されている。 入社以来、国内メーカー、オーガニック・ナチュラル分野、美容機器、小売りなどを経験。 現在は国内メーカーとオーガニック・ナチュラル分野を中心に担当する。 最も好きな特集は、毎年恒例で新年発行の「社長特集」。 大手企業から個性際立つ企業まで数多くの社長と直接お会いし、話を聞ける機会はこの仕事ならではの特権。 社長の方々から放たれる言葉はいつも学びや発見の連続で、自分自身の成長にもつなげようと心掛けている。 そのほか、毎年5月末に発行する「オーガニック・ナチュラルコスメ特集」も恒例企画として力を入れている.

次の

資生堂ジャパンが浜松町に本社移転 都内6カ所の拠点を集約

資生堂 ジャパン

回答者 3. 5 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 350万円 20万円 -- 90万円 -- 給与制度: 基本給は10万円でした。 そのため、同期の中でも給与の差が多くあります。 手取りは低く、勤続年数が長くなってもほぼ変わらないようです。 ただ、ボーナスは一年目から多くもらうことができ、年次ごとに増えていきます。 ボーナス切り崩し生活でも気にならないのであれば、同年代と比べて年収が多かったので良いのかなと思います。 評価制度: 店舗マネージャーと面談を行い、1年間の評価シートを提出していました。 月に一度面談を行う店舗もあれば、1年に一度の店舗もあります。 マネージャー次第です。 私の勤務していたときは紙ベースだったので枠内にびっしり書き込むことがアピールに繋がると教えられました。 回答者 3. 6 働きがい: 化粧品が好きなので新製品にふれられること、試せること、スキンケアやメイクの基礎知識を習得しながら、それに基づき人の「きれいになりたい」のサポートができることはやりがいに繋がっています。 お客様にお名前を覚えていただき、顧客が増えていくことで大変な部分もありますが、つらいことがあったときもお客様のお声が支えになって頑張れると思います。 成長・キャリア開発: 社会人としての在り方、基本的な考え方や厳しさなど若いうちに教えてもらえたことは非常にありがたいと思います。 厳しくされることもありますが、大手でありながらここまで細やかな研修をして、丁寧に教えてくれることは素晴らしいと思います。 回答者 3. 6 今は昔と変わって女性の管理職が増えてます。 育児をしながら働いている人も非常に多く、育児者もキャリアアップを目指していこうという風潮に変わってきています。 育児者は時短勤務はできますが育児者も遅番をしますし、フルタイムの日数を増やすよう言われます。 BCはシフト制なので土日出勤もあります。 小学3年生の終わりまで時短勤務は取得できますが、その後は子供の時間に合わせて働くことが困難なように感じます。 家族の協力がないと働き続けるのは厳しく、 遅番の翌日早番などは当たり前なので、立ち仕事の接客業務は体力も自身の心のケアも必要でした。 半年先の休みまで勝手に決められ、予定があるたびに休みを代わってもらうために頭を下げる事が多くて、そこに大きなストレスを感じ、頼れる家族もおらずこの先まだまだ子供に関わらなくてはならないことを考えたら、子供の時間に合わせた生活はできないと判断し私は退職を選びました。 ですが、両立されて頑張っていらっしゃるBCはたくさんおられます。 育児と両立させるには子供にも理解と協力をしてもらう必要はあるかと思います。 会社から実際にファミリーサポートなどの利用で続けてほしいと言われましたが、費用もかかる話しですし、私にはそこまでして仕事を選ぶ理由はありませんでした。

次の

資生堂

資生堂 ジャパン

ソリューション Yahoo! ディスプレイアドネットワークで第三者計測 アドネットワークによる配信では、さまざまなサイトへ幅広く広告が配信できる一方で、配信先に違法・不当なサイトが含まれる可能性があるという課題があります。 資生堂ジャパンでは2018年以降、ブランドセーフティへの取り組みを強化、すべてのデジタルキャンペーンにおいてアドベリフィケーション(Ad Verification)ツールによる計測を導入するようになりました。 これまで、Yahoo! JAPANから提供される配信データは、自社計測と呼ばれる1st Partyのデータのみでした。 しかし2019年10月に、Yahoo! 第三者計測を利用することで、資生堂ジャパンが目指していた共通指標での計測ができるようになり、共通の媒体数値をもって信頼性の高い広告効果の分析を実現することができました。 今回、資生堂ジャパンはヘアケアブランド「TSUBAKI」のキャンペーンに際し、計測を実施。 「アドフラウド(不正広告)」「ビューアブル(広告の視認性)」「ブランドセーフティ(適切な配信面)」を主な指標として分析しました。 結果 想定を上回る好結果 それぞれの指標ごとに結果を分析したところ、アドフラウドとブランドセーフティの指標において、いずれも想定よりも良い結果が得られました。 6%とあり、それと比較して低い数値となっています。 また、ブランドセーフティにおいては、「低リスク」94. 9%、「中レベル」5. 02%という結果が得られました。 1%となっており、それと比較して低い数値です。 一方で、「中レベル」はメディアクオリティレポートでは2. 7%とあり、それより高い数値になっていました。 近年、広告価値についての議論がさまざまになされている中、ブランドセーフティをはじめとする広告の健全化に向けての取り組みが、アドバタイザー、媒体社問わず、積極的に行われています。 Yahoo! JAPANの第三者計測対応によって、広告の健全化がさらに加速するのではないでしょうか。 「TSUBAKI」のプロモーションに際し、ツールによる広告効果の第三者計測を行いました。 これまでの媒体社による計測だけでは実態把握がしづらい点が課題でしたが、Yahoo! JAPANが第三者計測を開始したことを受け、いち早く実施を決めました。 今回の測定を通し、広告が確実にターゲットに届いているかを測ることができたと思います。 IASを採用した理由としては、メディアカバレッジが広く、多くの媒体に対応していることが挙げられます。 私たちとして重要視している「ブランドセーフティ」に関して、横串で分析できるということが魅力的でした。 また、リスクワードとされる単語のみでフィルタリングするのではなく、そのサイトの文脈で判断する計測ツールである点も導入の理由のひとつです。 結果については概ね良かったと捉えています。 さまざまなデジタル指標を組み合わせつつ、適切な配信面への掲載、さらに、きちんと広告が見られているかどうか、どのように生活者の態度変容に繋げていくかを総合してメディアプランニングしていきたいと考えています。 企業・団体名 関連リンク 所在地 東京都 従業員数 14,402名(2019年1月時点) 事業内容 株式会社資生堂の日本地域本社。 日本国内のマーケティングおよび販売、国内子会社・ブランドの統括などを行っている。 DSPなどを使って配信した広告が、広告主のイメージ低下を招くようなサイトに配信されていないか、ユーザーが認識できる場所にしっかり掲載されているかなどを確認して配信をコントロールするため、ツールなどを使用して広告の配信をコントロールすること、また配信状況を検証すること。 広告 ディスプレイ広告(YDN)」に名称を変更しました。 掲載内容、所属団体、部署名、役職名等は、取材時のものです。

次の