メスティン。 【アウトドア】価格高騰中の本物メスティンを定価で手に入れた!レビュー

メスティンで誰でも簡単燻製!使ってみてわかった致命的な注意点とは?

メスティン

で 1合炊きがいちばん有名な炊き方。 1合なら、メスティンの蓋で計れるし、水の量もリベットの中心目安で目盛りいらず。 つくづくよく考えられていると思います! しかし、アラサーの私には、1合は微妙に多すぎる・・・・。 カレーとかならいけますが、他におかずがあると苦しくなる量。 ということで、 本家よりちょっと小さいダイソーメスティンなら、 めちゃくちゃ丁度いいんじゃないか? ということで検証してみます! ダイソーメスティンで0. 8合 お米1合はだいたい150g。 8合だと120gということになります。 ダイソーメスティンの蓋ですりきり一杯。 いやぁ、もうこれは、ダイソーさん狙ってるでしょ!っていうぐらい ぴったりな0. これは、リベット中央で水の量も合わせてきたか!? と期待が膨らみます!!! 水の量は米の1. 2倍 水の量はお米の1. つまり、120gの1. 2倍なので、 144g (私は124gのお米だったので148gにしてみました) さて、 リベット中央に来るのか!? ・・・・・ ちーーーーーーん。 リベットちょい上。 さすがにそんなにうまくは行きません。 www 0. 5合ならリベット中央ぐらいかな? そして 30分間の吸水タイムです。 いざ炊飯開始。 の前にポイント! 吸水完了!!! ここで、 燃料の問題があります。 1合炊くときは25gの固形燃料がジャスト! でも0. 8合だと、焦げるんでないか!? 以前、100シェラカップで0. 5合炊飯実験をしているときに気がついたポイントがありました。 ー固形燃料の火加減方法ー ・火の当たる高さでコントロール。 これを最大限火を離すために、 通常底部を引っ掛けますが、そのまま直置きに。 これで若干火が弱くなるはず!!! 着火後ほったらかし。 着火後、 10分。 汁が吹きこぼれてきました! そのまま放置。 25分後。 あとは蒸らし。 お風呂入っていたら17分も経っていました・・・・・。 炊きあがりは完璧!? ほほぉ~!! 完璧やないか!!! やっぱ、アルミは炊きやすいなぁ!!!! と一人喜ぶ筆者。 www まさか、これで底が焦げているとかいうオチ・・・・・。 いや、大丈夫だ! もう完璧すぎる!!!!! やっぱりメスティンで炊くとご飯が美味しくなる気がするなぁ! ビーパル焚き火台は200スキにもピッタリサイズ おまけですが一緒に買った200スキ。 こちらも、 ピーパルの焚き火台サイズはベスト。 ダイソー200スキとセリアスキレットカバーのコラボ そしてスキレットのハンドカバーをセリアで入手!! ほい!! んーーー。 ちょっと大きいけど、、、、、まあいいか!!!www それにしても、このカバー・・・・。 なんか臭う・・・・・。 シリコンカバーのほうが良かったかな!? セリアの名作「超コンパクトな五徳」 ビーパルのミニ焚き火台もいいけど、 もう売ってないし、手に入らない。 そんなときに便利なのが、 『セリアのクッカースタンド』 これまた人気で、なかなか手に入らなかったのですが、先日セリアで見つけて即買い!!! アルコールストーブにも使える優れもの!! ビーパル焚き火台とセリアの五徳の高さを比較 セリアの五徳がビーパルの高さと同じなら、 100コラボで、自動炊飯が可能になるのでは!? ということで早速比較。 ちょっと低いかと思いましたが、 ビーパルは底上げしている分、固形燃料が上にあがります。 つまり、こういうこと。 ほぼ一緒です。 ダイソーとセリアで調理器具は完成するのでは!?.

次の

【メスティン】キャンプギア最強クッカーの使い方とおすすめの理由!

メスティン

海外の飯盒である「メスキット」の一種であり、皿と調理器具を兼用する軍隊式の装備が元となっています。 一応「メスキット」は調理器具としての性能はおまけであり、主に携行食料を食べるための皿としての機能がメインだったのですが、「アルミに取っ手をつけただけ」というシンプルな構造ゆえに、逆にキャンパーたちが様々な活用法を編み出し、 今では煮る・蒸す・焼く・揚げる・炊く・燻すをこなす万能調理器具として支持されるようになりました。 「メスキット」を元に生まれた「メスティン」も例外ではありません。 インスタグラムやTwitter、YouTubeなどでもメスティンで様々なものを調理する様子がうかがえます。 遂には、なんとメスティンだけに特化したレシピ本まで登場しました。 キャンプのステージが一つ上がります。 いまやメスティンは「キャンプクッカーの中で一番アツイ存在」と言っても過言ではないほどに認知され、いろいろな活用法が編み出されています。 バイクキャンパーの私が感動したメスティンの3つのメリット 一見なんていうことのないアルミ製の調理器具であるメスティン。 そんなメスティンに、キャンプツーリング好きの私が感銘を受けたのは以下の3つの点です。 四角であることには大きなメリットがいくつかあります。 まず、インスタント食品の調理がしやすいという点です。 私は旅でこのような「棒ラーメン」を愛用しています。 棒ラーメンは荷物を小さくまとめたい時に非常に重宝します。 カップラーメンと違い、棒ラーメンはパッケージが小さくかさばりにくいため、荷物の隙間という隙間にホイホイ放り込んでおけるからです。 そんな便利な棒ラーメンを調理するのに便利なのがメスティンです。 というのも、 一般的なソロクッカーだと3つに折らなければ茹でられない棒ラーメンも、メスティンなら半分に折れば茹でることができるからです。 基本的に、棒ラーメンを食べる時は、少しの面倒も惜しみたい気分の場合が多いと思います。 そのため、メスティンのこの長方形の形状が非常に都合がいいのです。 もう一つ、四角いことによるメリットは、 パッキングがしやすいことです。 私は基本、調理にはOD缶(アウトドア缶)ではなくCB缶(カセットボンベ缶)を使用しています。 (下の写真で言うと左の缶が私の使っているCB缶です。 もし、OD缶使用を持って行くなら、メスティンのような四角いものより、丸型クッカーの方がパッキングしやすいです。 OD缶は丸底のため、クッカーに入れてしまえばそのままマトリョーシカのように収納できますからね。 しかしCB缶はそう言ったパッキング術が使えません。 が、その代わりに「丸型クッカーにこだわる必要が特になくなる」というメリットが生まれます。 となると、「クッカーの中に何かを入れてパッキングをする」という視点ではなく、「箱・カバンの中にクッカーをどうパッキングするか」という視点のほうが重要になってきます。 そもそも丸型と角型のクッカー、どちらがパッキングしやすいかと言えば、それは角型なんです。 圧倒的に後者ですよね!? つまりパッキングは、荷物は四角形であるほうがより効率よく詰め込むことができます。 CB缶との兼ね合いから、特に丸型クッカーに固執する理由はなくなり、同じ機能を持つのであれば、四角いメスティンを選ぶ意義が高くなります。 ちなみに角型のクッカーでいうと、メスティンの他にユニフレームの「山クッカー角型」もなかなかいい線をいっています。 「山クッカー角型」はチャルメラなんかの四角い袋麺を割らずに調理したい時に非常に重宝します。 ただ、私は個人的に四角い袋麺があまり好きではありません。 いや、四角い袋麺も味は大好きです。 ただ特に荷物を小さくパッキングしなければいけないツーリングキャンプでは細長く隙間に収納しやすい棒ラーメンのほうが何かと都合が良いのです。 結果、私的にはやはりメスティンが一番ということになります。 ただ、基本的にコンロで使う調理器具なんてそんなものです。 結局、金属に取っ手をつけて、加工の種類や金属の材質、加工の仕方によって「スキレット」だの「ダッジオーブン」だのと種類があるだけです。 極端な話、「適当に深さがある金属に取っ手をつければ、フライパンにも鍋にもなる万能調理器具が誕生する」ということになります。 それがまさしくメスティンなのです。 メスティンの適当な深さは、炒めることも、焼くことも、煮ることも、揚げることもできます。 網などで少しかさ上げしてやれば、シュウマイを蒸したり、かまぼこを燻製にすることだってお手の物です。 さらにメスティンは 1700円前後で買えます。 多少燻製の汚れがこびりついたり、パエリア作って焦げ付いたりしようが、「また買いなおせば良いか!」と思える金額です。 失敗を恐れなくていいというのは、旅をするキャンプでは本当に心強いです。 旅先では何に出会えるか分かりません。 美味しそうな冷凍ジンギスカンに出会うかもしれませんし、名物のご当地缶詰めを手に入れて「炊きこみご飯作ったら上手そうだな……」と思いつくこともあるかもしれません。 そういった一瞬の出会いを無駄にしないためには、失敗を恐れず、どんな料理もチャレンジできてしまうメスティンのような調理器具は非常に重宝します。 一つは 軽いこと。 そして、もう一つは 熱伝導率が良いことです。 「荷物の軽量化」を考慮するとクッカーの素材はアルミかチタンに落ち着くと思います。 軽さだけ考えればアルミよりチタンのほうが軽いのですが、チタンはすごく焦げます。 下の図をみてください。 チタンは熱伝導率が悪いため、炎の当たる場所だけ局所的に熱くなり、そこだけ焦げてしまうのです。 また、焦げ付きを取るにはクッカーの表面を削り取ることになりますが、そうすると当然クッカーには傷がつきます。 チタンクッカーはそれなりに値段を出して買うものなので、焦げ付かせ、傷つけることになるとかなり凹みます。 ですが、メスティンのような安いアルミ製クッカーなら、ガシガシこすって傷が付こうが、酸化して黒ずみが付こうが大したダメージはありません。 キャンプを充実させるにあたり「高価なキャンプギアの所有感」も大切な要素の一つだとは思いますが、「使い倒しても惜しくない値段帯のもので揃える」というのもまたキャンプを充実させる要素の一つでもあると思います。 メスティンは「安くて使える」旅のキャンプギア メスティンは• シンプル• 扱いやすいアルミ素材 の三要素が揃った、「使ってナンボ」な超実用的なキャンプギアです。 グランピングのような場でも使えなくはないのですが、どちらかと言えば荷物を極力コンパクトにしたい日本一周などの長期間のキャンプや、最低限の装備でやりくりするブッシュクラフトに打ってつけキャンプギアです。 もし、あなたがそんなキャンプを望み、さらにまだメスティンを持っていないなら、是非次のキャンプまでにメスティン手に入れ、このシンプルかつ、超実用的な使用感を体験してみてください!.

次の

【簡単メスティン折りを解説】料理の幅が広がる!こびりつき&洗い物も最小限に!|blogs.redeyechicago.comポジラボ

メスティン

MiliCamp( ミリキャンプ)かぁ・・・トランギアそっくり(笑) こりゃあニセモノとか言われても仕方ないな・・・ ま、本物だろうがニセモノだろうが、作りがしっかりしていてちゃんと使えたらそれで良いんだけどね! お値段だって 1,690円(執筆時点の最安値)と、トランギアメスティンのもともとの金額とほぼ一緒。 ただし、トランギアメスティンのように 既に値上げしているところもチラホラあるみたいだから、色々見てみて安いのを 早めに入手しておいた方が良いかもしれませんね。 MiliCampのメスティン・ラージメスティンのサイズ感 というわけで、早速MiliCamp(ミリキャンプ)の メスティンと ラージメスティンを入手してみました! このパッケージ、すごくいい感じのデザインで好きです。 それでは早速スペックから見てみましょう! レギュラーメスティンのスペック• 重量:280g• 素材:アルミ製(無垢)• 容量:1,580ml• 炊飯の目安:約4合まで 1人〜2人で鍋をするのにちょうど良い大きさ。 インスタントラーメンの麺を割らないで入れることができるのも嬉しいところ。 レギュラーサイズのメスティンがすっぽり収まるから、2つのメスティンさえあれば、レギュラーメスティンは炊飯用、ラージメスティンは鍋用、なんて使い方もできそう。 ラージの中にスタッキング可能 ラージメスティンの中にレギュラーサイズのメスティン(取っ手をつけたまま)を収納することが可能です。 こんな感じ。 が、これもトランギアのメスティンに限った話で、MiliCampのメスティンは 「バリ取り」不要です。 購入する前は筆者も「メスティンはバリ取りするもの」って思ってたんですが、届いたモノを手に取ってみたら、流石はドイツ製、バリもなく丁寧な仕事をしていらっしゃいました。 筆者にとっては嬉しい誤算でしたが、新しいメスティンのバリ取り儀式を心待ちにしている人は気を付けてください(笑) メスティンで炊くご飯は本当に旨い 今までキャンプでの炊飯は か を使っていましたが、メスティンで炊くお米が一番美味しい気がします。 もちろん は、美味しいご飯を炊くために作られたライスクッカーなので文句なしにうまい飯が炊けるんですが・・・メスティンはこれ超えてきちゃいましたね。 (Newアイテムの高揚感も混じってることは認めます。。 ) なんてったって、固形燃料で行う 半自動炊飯は本当に楽チンです! 本当はエスビットのポケットストーブそっくりな (執筆時点でなんと! 送料込みで159円!!)を同時に購入したんですが、発送までに随分と時間がかかりそうだったので、代わりにチーズフォンデュの五徳を使って炊飯してみました。 米を研ぐ(無洗米なら不要)• 水を入れる• 固形燃料に火をつける• ) そして出来上がったお米はこんな感じ(レギュラーメスティンで2合) 旨い!まいう〜! 外で食べるご飯が美味しいのはもちろんですが、メスティンまいう〜!! 生まれて初めて炊飯にハマってます(笑) あとはラージメスティンで鍋やらパスタやら、とびきり旨いサムシングを作るだけですな。 まとめ メスティンといえばやっぱりトランギアなのは確かですが、品薄状態でプレミア価格がついている今、トランギアと見た目も質感もほぼ同じMiliCampのメスティンが注目されはじめています。 トランギアだけが"本物"だと思い込んでプレミア価格のメスティンを入手するよりも、バリ取り不要で購入後すぐに使うことができる MiliCampメスティンという選択は、むしろ現時点では大正解な気がします。

次の