コロナ 黒幕。 コロナウィルス「仏との蜜月、黒幕の存在」

【メルマガるい902】 新型コロナウイルスの黒幕はアメリカ!? [2020.02.11]

コロナ 黒幕

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 新型コロナウイルスが世界に広がると同時に、ウイルスをめぐる根拠のない情報も蔓延(まんえん)している。 ウイルスの発生源をめぐっても様々な言説が取りざたされ、米国の世論調査では国民の約3割が「ウイルスは人造」と考えていた。 米政府はうわさを検証するためのサイトも立ち上げた。 日本の厚生労働省のホームページでも、コウモリ由来のSARS(重症急性呼吸器症候群)に似ていることを挙げ、「コウモリが新型ウイルスの起源となった可能性が考えられている」としている。 ただ、ウイルスがどうやってヒトに感染したのかなど、不明な点は多い。 最初に感染が確認された中国・武漢では当初、市内の海鮮市場を中心に多くの感染者が出た。 一方、周辺には「中国科学院武漢ウイルス研究所」があり、コウモリのコロナウイルスについての研究が行われていたことから、ウイルスがここから流出したのでは、という説も出た。 米国で保守派に人気のFOXニュースのキャスターらは「研究所から流出」の説を後押ししており、米メディアによるとトランプ政権の中でも注目されているという。 ただ、研究者の間では新型コロナウイルスは自然発生したというのが定説になっており、人為的に作られたという証拠は見つかっていない。 より根拠のない、「陰謀論」も….

次の

安倍総理大臣を操っている黒幕を教えてください

コロナ 黒幕

関連記事 上記関連記事で、掘り下げていくうちに最終的に仏の地名を看板とするに辿り着いてしまい、個人的にも少々困惑をしていた時であった。 とあるツイートを目にしたのである。 【🇨🇳パニック】 やはり『🇨🇳とフランス🇫🇷』の関係はマズいみたいね〜 フランス🇫🇷 ウイルス・細菌兵器のトップクラス 大学やP4ラボにはフランス🇫🇷の技術がてんこ盛り🦠 2004年の🇫🇷大統領と🇨🇳の合意にて開始! — Tora🇯🇵虎の巻📜 tooranomaki6910 をあまり見ていなかったので、やはり繋がっていたのかと驚いたと同時に、掘り下げる必要性を感じた。 今回は PE である、ローヌグループからコロナウィルスと接点について考察していきたい。 ちなみに の関与に関しては別記事にて既に結論が出ているので、知りたい方はこちらを参照されたい。 結論から言うと関与している。 PE とは何か 端的に説明をするなら、未公開株を運用するという事になる。 一応、説明記事を添付させて頂いたが、対象読者層を金融に精通している人とは想定していない。 よって金融に詳しくない方でも理解が容易に出来るよう、簡単に説明をさせて頂く。 PE とは、を金融マフィアのだと例えるならば、より金融マフィアだけが儲かるためだけに特化しただと捉えて頂くのが一番理解が早いかと思う。 図で見ると更にその立ち位置が理解しやすいかと思う。 以下にその図を示す。 の更に上に位置している。 ここでの出資比率とは、上にいくほどより強力な影響力を持てる、というように理解していただけるとありがたい。 投資は限られた機関や企業、個人のみが行える。 つまり 実質的なオーナーになれる、という事である。 仕組みは以下の図の通りである。 それが前回出てきた ローヌグループであり、巨大テック・バイオ子会社やアッヴィー社、そしてを全て包括していた。 ある材料で考察をしてゆくしかない。 ローヌグループについて説明をしながら接点を模索してゆきたいと思う。 ローヌグループと まずローヌグループの公式HPに、お時間のある方はアクセスしてみて頂きたい。 完全会員制、ログインしない限り一切の情報を見ることが出来ない仕様となっている。 なので、ここではWikを頼りに考察を進めてゆく事とする。 企業概要 本社はNYのに置かれる。 ロンドンとパリに支社を持ち、主に欧州企業への投資を行っている。 前章で述べた 以下、PEと表記 の他に• ドバイアウトによる資本増強• 戦略的提携 とおおよそ、多岐に渡る。 ドバイアウトに関しては少ない資本で大きな企業が買収出来るという理解で良いかと思う。 同社はエネルギー、材料、工業、小売、消費者向けステープル、 ヘルスケアに投資する傾向が高い。 主なクライアント 公式HPにアクセス出来ないので情報は限られて来るが、ここでの関与も明らかとなってくるので、いくつかの企業を箇条書きで紹介したい。 MAXAM:1872年にアッドノーベルが設立した企業。 のあの、ノーベルである。 主な事業内容は、・化学薬品・爆薬・ニトロ化学産業など。 同じPE企業であるより、同社の株式を取得。 の財政顧問はである• ハドソン・ベパニー:カナダ最古の小売業者。 ここだけ見ている限りは問題ないが、 1927年に自社の汽船を用い、スレイブ川等にインフルエンザウィルスを撒布。 目的は北部原住民の殲滅にあった。 ワールドコーポレーション:カナダ・に本社を置く、世界最大の民間セキュリ企業。 今回、コロナウィルスがカナダのラボから盗まれたという話も耳にしたので記載する事にした。 Neovia Logistics:ローヌグループとゴールドマンサックスにより買収。 取締役の氏は「」のCEOである。 主に、との名前が上がってくる事が多いが、本サイトを閲覧出来ないのでここではこの程度までに留めて置くことにする。 ちなみに当たり前の話であるが、ローヌの名の通りワイナリーを始めとするワインに関する企業を同じPEであるKKR社と提携し株式の買付等行っている。 本社はNYにあるものの、やはり事業はカナダから欧州にかけての企業を主に手掛けているという印象は強い。 会長:ロバート・スティネッリとその人脈について イタリア系カ人であり、信託銀行から金融屋としてのキャリアをスタートさせた。 に5年従事した後、世界最大の独立系であるに移り、欧州における歴史的なを手掛けてきている。 の支持者であり、等に多額のをしている他、ブッシュ家とは家族ぐるみの付き合いがある。 ローヌグループの上級顧問はが務めている。 海軍を支援しているような側面をかなり強く感じ取ることが出来る。 また、スペインの元首相とも親しい友人である。 全体として、言葉は悪いが戦争屋との交流を好むようである。 特に親しい友人としてこれから考察をしてゆく 仏大統領も含まれる。 黒幕はなのか、それともか 「が黒幕ではないか」という情報を頂いた。 実際にである可能性も否定は出来ないのだが、私はあくまでが黒幕であるという前提で考察をしたい。 以下に理由を示す。 とは最終的に事実上の敵対関係に陥った• はにより政界を引退しており、それ自体が意図的なものであった可能性がある• 政権時、はを経験している• 弟のフランソワ・は小児科医を経てとなっている• がであった当時の外務省大臣ミシェニエは、の支持者であった こちらの記事は仏ローヌにジャック・大学を開設するというニュースである。 何とも意味深であることは確かだ。 しかも、彼の首相を含む大統領としての歴任期間はの失脚時から始まっている。 まさに時代の終焉と時代の幕開けに彼は居合わせているのである。 その後、派に完全に飲まれた時代まで彼の政治家としての栄華は続いた。 また、との会談時には 両国の長期にわたって安定した全面的経済貿易協力パートナーシップを樹立し、農業、、中小企業、 病気の予防・治療といった新しい協力分野を開拓する。 中国は仏側が競争力を強化し、 技術移転を進めて、中国市場での競争に積極的に参入することを期待する。 といった直接的な言及もしている。 よって、彼が原点であることに間違いはない。 しかし彼の動きは全世界的であり、そして構想の円熟が目的としてあったため、実働はが行っていたのではないかと思われる。 という立ち位置を上手に利用したという訳だ。 政界引退後の2011年6月には後継者のを 「いらいら、発疹、衝動的、不誠実、恩知らず、非フランス人」と批判している事などからも、政局における覇権争い敗北したものと捉えた方が妥当である。 2008年、彼はを設立した。 副会長を務めるのはである。 2002-2004年に在中フランス大使であった他、2004-2006年には外務省事務局長を務めている。 先述の通り、外務省大臣ミシェニエはの息がかかった人間だ。 その下で働いていた人物という事になる。 つまり、ある時期まではもを信頼をしており、対中政策における多くを丸投げしてきたのではないか。 というのが私の見解である。 先述のがに向けた批判をもう一度、見て頂きたい。 私の見解が正しいとするなら、彼の発言は非常に納得がいくものとは思わないか。 こちらは2007年大統領就任後の記事である。 と同様、技術移転に関して非常に積極的でありどんどん推し進めている。 一見、同調路線に見えるが心の中でガッツポーズをしているような気がするのは私だけであろうか。 は現在、裁判中である。 おそらくと同様、何とも感じていないだろう。 ローヌグループがある限り、彼の今後の生活は保証されているのだから。 ウィルスは終焉する.... Great discipline is taking place in China, as President Xi strongly leads what will be a very successful operation. We are working closely with China to help! — Donald J. Trump realDonaldTrump これはのツイートである。 翻訳は以下の通り。 特に天気が暖かくなり、うまくいけばウイルスが弱まり、そして消えていくので、彼は成功します。 が非常に成功する事業を強力にリードしているため、中国では大きな規律が行われています。 私たちは中国と密接に協力して支援しています! これまで巨大テックとバイオ企業、そしてやそのもの、またローヌグループという観点から考察をしてきた。 今回の考察から言えるのは、 と仏 の関与もかなり濃厚だという事である。 つまり、あらゆる勢力が結託をして今回のは起きた。 言い換えるならば、それだけ向こうも必死なのである。 しかし、必ず我々は勝つ。 それには日米中の連携は必要不可欠なのである。 確かに怖いという気持ちは分かる。 しかし、その恐怖心こそが相手の真の狙いなのだ。 最後に「日本計画」における対日戦略を再びここに示す。 日本人に政府や国内の公式情報への不信を増大させる事• 日本と米国の間に戦争行動の文明的基準を保持する事• 日本の民衆に政府は彼らの利益にならないと確信させ、政府の敗北=日本人の敗北とはみなさないようする事• 日本の指導者及び民衆に永続的勝利は達成出来ない事、また日本は他のの必要な援助を得ることが出来ないと確信させる事• 日本の諸階級、諸集団の亀裂を促す事• 内部の反逆、国内のマイノリティ集団による暴力事件等への不安を掻き立て、それによって日本人のスパイ活動対策への負担を増大させる事• 日本とその枢軸国とを分裂させ、日本と中立諸国の間の困難を促進する事• 日本の経済的困難を利用し、戦争続行による日本経済の悪化を強調すること どうか、この分断の罠に嵌まらないでほしい。 は終焉するのだとも言っているのだから。

次の

10年前にはコロナウイルスのワクチンと治療薬は開発済み。治療薬の開発者は日本人。コロナウイルス大感染は、ビル・ゲイツによるマッチポンプ。

コロナ 黒幕

コロナルを利用した様々な陰謀が蠢いている昨今、皆様どのようにお過ごしでしょうか? さて、前回の という記事に引き続き、今回のこの騒ぎの裏側を探ってみたいと思います。 謎の1 2020年3月25日での統計によると、 日本国内での死者数は計43名になるそうです。 しかし、 日本では2018年、2019年共に インフルエンザでの死者が3,000人を超えています。 さらに、 2019年1月に至っては、 インフルエンザによる1日の死者数が平均50名を超えていました。 ですが、 当然、ロックダウン(都市封鎖)は行われていませんし、(全てのイベントについて知っているわけではありませんが)イベントの自粛などもありませんでした。 また、罹患者の約8割が中軽症者であるとも言われていますし、 亡くなった方は高齢であったり、病気を既に持たれていた方が多いようです 総合すると、 なぜここまで恐れ、 なぜここまでマスコミが煽るのか、 という疑問が湧いてきます 謎の2 中国のおかしな行動が目につきます。 1つ目は、発生国でありながらWHOに褒められた(褒めさせた、が正確ですが)点 2つ目は、いつもなら都合の悪いことを隠す中国が積極的にデータを公開している点 3つ目は、日本製の「アビガン」という薬の効果を認め(本当に効果があるかは不明)ている点。 これまで日本はバッシングの対象だったのに・・・・ このように、 普段の中国からはちょっとありえないような状況があります。 これらそれぞれに「まったく意図が無い」と考える方に無理があるのではないでしょうか・・・? 謎の3 米国の動きもアヤシイ 米国では例年、インフルエンザで1万人以上が亡くなっています。 しかし、その割にコロナ感染対策の鈍感さに驚きます。 米国内では既に10万人以上の感染者がいるとされ、これは世界最多 さらに、タイミングがまるで中国が治まるのを待ってから広がり始めるなど、 あまりにも流れが綺麗すぎます。 本当に、ウイルスの発生から拡大まですべてが自然の中の出来事なのでしょうか? アビガンや カレトラ、 レムデシビルなどの承認間近の薬は、本当に効果があるのでしょうか? アビガンは商品名 の黒幕 これらのことを総合して考えると、 あることが頭に浮かんできます。 もちろん、中国だけでこのようなことが出来るとは思えません 中国の背後にいるが全ての絵を描いていると考えられます それこそが、などを始めとする国際資本家たちであり、それと手を組む王族や貴族層なのではないか 最終目的は カの完璧な支配 もしかしたら NWOまで考えているのかもしれません 世界の構造 世界は2極化している・・・とよく言われます つまり、1%の金持ちと99%の一般人、みたいな感じです これは決して嘘でも都市伝説でもありません ヨーロッパでは未だに上流階級、、そしてそれ以下と分かれており、 上流階級は 王族や貴族、国際資本家のトップなどの「働く必要のない人達」 は 王族や貴族たちに可愛がられるごく一部の地位の人々 そしてそれ以外 労働者階級は全て「」なのです よく考えてみてください これはヨーロッパに限りません 実は世界中に、この階級、は未だにあります(もちろん日本にも) 私を含め、多くの人が洗脳され、それに気が付いていないだけです この騒動も、 一握りの特権階級同士の争いに巻き込まれているだけかもしれません コロナの薬として承認されそうなも裏があります アビガンやカレトラも畸形の問題など、副作用はまだまだありそうです 製薬会社の、在庫一掃セールに騙されないよう、よくよくお調べの上、行動なさってください lifegame.

次の