コロナ ウィルス コウモリ。 新型コロナもコウモリから? なぜ感染症をもたらすのか:朝日新聞デジタル

コロナウイルスの原因がコウモリでそれを食べた人から感染が広がっ...

コロナ ウィルス コウモリ

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染症(COVID-19、以下、新型コロナ感染症)が世界中で猛威をふるっているが、このウイルスはSARS(SARSr-CoV、重症急性呼吸器症候群)と同じ人獣共通感染症(Zoonosis)だ。 こうしたウイルスの自然宿主(最初にウイルスにかかった生物)はコウモリとされているが、なぜコウモリ起源のウイルスがこんなに多いのだろうか。 コウモリが感染させるウイルス 人獣共通感染症はヒトの感染症の60%以上を占める。 世界で毎年約10億人が病気になり、数百万人が死ぬ病気だ。 人獣共通感染症では、野生生物を自然宿主にしていた病原体(ウイルス)が、家畜などの脊椎動物や昆虫などの無脊椎動物を経由し、あるいは直接にヒトへ感染して広がっていく。 自然宿主にはコウモリが多く、コウモリの次は霊長類、齧歯類の順になるようだ。 このウイルスが注目されたのはSARSが流行した時で、SARSの自然宿主は当初、ジャコウネコと考えられていた。 コウモリはウイルスの貯水池 コウモリという生物の特徴は、その種類の多さだ。 哺乳類の種類の約20%がコウモリとされ、その種類は900種を超えるが、環境破壊のせいで絶滅危惧種も多い。 分布域も広く、哺乳類ではヒトとネズミなどの齧歯類、クジラ類と同様、地球上の広い範囲に棲息している。 また、哺乳類の進化の中では比較的プリミティブな生物で、多くの哺乳類が持つ遺伝的特質の原型を持っている。 つまり、コウモリの古い形質の遺伝子で保存されてきたウイルスは、変異すると他の哺乳類へ感染する能力を持ちやすいことになる。 種類によってはかなりの長距離を飛翔するのもコウモリの特徴だ。 つまり、ウイルスを広い範囲に感染させる能力を持っている。 広範囲に多種多様なコウモリが分布し、広大な空間を移動するわけだ。 また、多くの種類のコウモリは冬眠することが知られている。 ウイルスもコウモリとともに越冬し、長い期間、生きながらえることができる。 また、コウモリ自体の寿命も長く、30年以上も生きる種もいる。 こうした意味でもコウモリはウイルスの貯水池になるのだろう。 ヒトのトコジラミがコウモリ由来だったように、コウモリは哺乳類の血液を吸うダニやシラミなどを媒介しやすい。 こうした寄生虫からウイルスが感染することも多い。 さらにコウモリは、あまり清潔ではない湿った洞窟や木の洞などに集団で棲息する種が多い。 そもそもコウモリの個体数は多く、こうした集団が密集することでウイルス感染のパンデミックを起こしやすい。 また、容易に捕まえることができるので食用にする地域もある。 コウモリの認知やセンシング、コミュニケーション手段はエコーロケーション(反響定位)だ。 口から発する超音波が跳ね返ってくることで、飛行したり位置を認知したりする。 その際に飛び散る唾液などを介してウイルスが感染しやすくなる。 以上をまとめると、コウモリはウイルスが好みやすい環境に棲息して大集団を形成し、広く分布して長距離を移動し、哺乳類の多くに共通する遺伝的な特徴を持ち、ウイルス感染によるパンデミックや他の哺乳類にウイルスを感染させやすい特徴を持っているということになる。 こうした生物は他にもいる。 我々ヒトだ。 集団が密集して暮らし、長距離を移動し、口から唾を飛ばしながらコミュニケーションする。 コウモリからヒトへ、ヒトから他の生物へ、ウイルスの連鎖が広がっているのかもしれない。 一方、コウモリの生息域は自然破壊で狭められ、劣悪な環境で暮らさざるを得なくなっている。 また、地球温暖化で分布も変化し、これまでヒトとあまり接触しなかった種類のコウモリが身近に現れるようになってきた。 コウモリという貯水池のウイルスが変異しやすく、ヒトに感染しやすい状況になっているというわけだ。 新型コロナウイルスもコウモリからヒトに感染するようになったが、これからも新たなウイルスが出現し、人類の脅威になるかもしれない。 Marx, et al. "Isolation of a simian immunodeficiency virus related to human immunodeficiency virus type 2 from a west African pet sooty mangabey. " Journal of Virology, Vol. Olival, et al. , "Host and viral traits predict zoonotic spillover from mammals. " nature, Vol. Kahn, Kenneth Mcintosh, "History and Recent Advances in Coronavirus Discovery. " The Pediatric Infections Disease Journal, Vol. Lau, et al. , "Severe acute respiratory syndrome coronavirus-like virus in Chinese horseshoe bats. " PNAS, Vol. , "Phylogenetic analyses of bat-associated bugs Hemiptera: Cimicidae: Cimicidae and Cacodminae indicate two new species close to Cimex lectularius. Calisher, et al. , "Bats: Important Reservoir Hosts of Emerging Viruses. " Clinical Microbiology Review, DOI: 10. " Protein Cell, Vol. , "Origin and evolution of pathogenic coronaviruses. " nature reviews microbiology, Vol. , "A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin. " nature, doi.

次の

パンデミックするコロナウイルスはなぜコウモリが多いのか?

コロナ ウィルス コウモリ

中国国家衛生健康委員会は30日、新型コロナウイルスの感染による死者が170人に増えたと発表した。 新型感染源は食用として市場で売られていた野生動物とみられているが、いまだ特定には至っていない。 そんななか、感染源と疑われている野生動物の一種が、中国で食用にされている写真や動画が続々とネット上に投稿され、世界を震撼させている。 ツイッターに投稿された一片の動画の冒頭では、飲食店と思われる場所で、大きな器で供されたスープの中に、黒い大きな布状の塊が確認できる。 しかし、その後カメラが近づくと、その黒い塊はコウモリであることが分かる。 布のように見えたのはコウモリの翼だったのだ。 一方、TikTokに投稿された別の動画には、やはり飲食店と思われる場所で若い女性がコウモリを箸でつまみ、前足の部分に食らいつく様子が映し出されている。 どちらの動画からも広東語が聞こえてくることから、武漢のある湖北省ではなく、お隣の広東省で撮影されたものである可能性もある。 しかし、中国に根付くコウモリ食の文化を証明する動画と言えよう。 コウモリは、新型コロナウィルスの宿主である可能性が指摘されている野生動物のひとつとされてきた。 しかし、これまではコウモリを捕食したヘビを人が食べたことで感染拡大につながったという説が有力で、コウモリを人が食べて直接感染したという感染経路は想定外だった。 今回の感染拡大は、飛ぶものは飛行機以外、歩くものは人間以外なんでも食べるという中国の食習慣がアダになった可能性が高い。 这东西长得像不像死神躺在你碗里?之前看纪录片,蝙蝠生活在山洞里,就地排泄,山洞里积了厚厚一层粪便,粪便里生活着各种恶心的虫子…经历这次事件能让中国人彻底放弃吃野味吗? — 陈秋实(陳秋實) chenqiushi404 参考: 編集部.

次の

新型コロナ感染源はやっぱりコウモリ WHOがほぼ認定 (1/2ページ)

コロナ ウィルス コウモリ

映画・感染列島のあらすじ 2009年に公開された映画「 感染列島」をご覧になったことがありますか? 妻夫木聡と檀れい主演で公開されたのですが、まずは簡単に 「感染列島」の あらすじをご紹介しましょう。 「時は2011年。 いずみ野市立病院に勤務する救命救急士:松岡剛の元に急患が運ばれる。 あらゆる薬などを投与するも症状は改善せず、急患は死亡してしまう。 この患者の死亡した理由はなんだったのか結局見抜けなかった松岡。 実はこの患者、フィリピンで発生した新型インフルエンザに感染しておりこの病院に勤めるスタッフたちにも感染が判明する。 病院内はパニックになり、新型インフルエンザの感染は一気に日本全国へと広がっていく。 危機感を募らせたWHOから松岡の大学時代の教授助手だった医師の栄子が病院に派遣され、病院を隔離病棟とするなど強引なやり方にスタッフたちの間で反発が起こるも、病院スタッフたちは未知のウィルスと闘っていく」 というあらすじになっています。 映画・感染列島のウィルスの正体もコウモリ! この映画「感染列島」で、 新型インフルエンザと思われた患者にタミフルを投与しても、なんの効果も出なかった事からパニックになっていく。 という展開なのですが、実は結果的に感染列島で爆発的に感染したウィルスは新型インフルエンザではなく、まさに未知のウィルスだったのです。 映画の終盤で、なぜ未知のウィルスが日本で蔓延する事になったのかは判明します。 実は未知のウィルスの正体は、 東南アジアに生息している コウモリだったのです。 映画・感染列島はコロナウィルスを予見してた? ここまで映画「感染列島」のあらうじやウィルスの正体などをご紹介しまいたが、皆さんこの映画の展開がなんだか身近に感じませんか? そうです。 日本のみならず、まさに世界規模で猛威を振るっている 新型肺炎コロナウィルス。 映画「感染列島」が公開されたのは、2009年ですのでまさか11年後の世界で同じような未知のウィルスが蔓延している。 なんて想像もしていなかったはずです。 けれど、まさに映画 「感染列島」はコロナウィルスを予見いていたかのような類似ぶりです。 新型コロナウィルスも未だ世界的に効果が実証されているワクチンが作られていなかったり、世界中が感染列島と同じパニック状態になり日本政府が緊急事態宣言を発令するところまで同じ道のりをたどっています。 映画・感染列島とコロナウィルスの他の類似点は? 映画「感染列島」での未知のウィルスの正体がコウモリだった。 という設定ですが、実は世界で猛威を振るう コロナウィルスも発祥地: 中国武漢市のコウモリが原因。 と言われています。 ここまでの似ていて驚きますが、実は感染列島とコロナウィルスは他にも類似点があります。 ・世界的に人工呼吸器が足りていない医療現場の現状 ・重篤な患者から命が助かりそうな患者に人工呼吸器を回している。 ・軍隊(映画では自衛隊)が都市を封鎖 ・パニックになる住民による買い占め これら全てはコロナウィルスの世界的な現状だけでなく、今から11年前の感染列島で描かれているのです。 映画・感染列島の結末はどうなる? まさにコロナウィルスを予見していたとしか思えない、映画「感染列島」ですが 結末はどうなるのでしょうか。 ネタバレになってしまいますが、結末の展開をご紹介します。 未知のウィルスの正体が新型インフルエンザではない。 とWHOが断言するもならばこのウィルスの正体は何?それが分からなければ患者の処置のしようがない。 と考えた松岡は、自身の元に運ばれた第一感染者だった急患の家族の元を訪れた。 彼の妻は 「自分の父親は東南アジアで医師をしているのだが、正月に一時帰国した際にとても咳き込んでいた。 もしかしたら父が感染源だったのかもしれない」と話す。 松岡はウィルスの正体を突き止めるために、彼女の父親が滞在していたという東南アジアのマングローブ島を訪れる。 しかしそこで松岡が目にしたのは、隔離された多くの患者と多くの死体だった。 村の住民から 「養殖場の男がジャングルから帰っきた途端に血を吐き死んでしまった。 その事実を隠すために、政府は村を焼き払い感染者をあの島に隔離している」 という話を聞き、その島から検体を持ち帰り違法と知りながらもワクチン研究チームに検体を渡す。 そして研究チームは検体からウィルスを発見し、ワクチンの製作に取り掛かるとテレビで発表する。 しかしそんな時、栄子が新型ウィルスに感染していることが判明し 「私は感染しています。 治療はせずに重篤患者の面倒を見ます」と宣言。 しかし栄子の容態は悪化し、 「ウィルスから回復したした人の血清を打つ人体実験に自分を使ってほしい」と松岡に頼み込みます。 栄子はそのまま松岡の蘇生虚しく、息を引き取りますが栄子の治療法がウィルスに功を奏し感染は沈静化したのです。 今回の映画「感染列島」では、栄子という女性の命を使った人体実験によってウィルスは沈静化しました。 何かを救うためには、何かを捨てなければいけない。 コロナウィルスでもすでに世界規模で何万人もの人の命がなくなっています。 映画同様、早く沈静化する事を世界中の人々が祈っています。 映画・感染列島を見れる動画配信サービスまとめ ここまで説明すると映画「感染列島」を見たことがない人や、見たことあるけどもう一回見てみたい。 という気持ちになる人もいるかもしれません。 そこで 「感染列島」を見れる 動画配信サービスをまとめてみました。 1.U-NEXT 月額1,990円で多くの作品を見放題のU-NEXTで感染列島は視聴できます。 登録から1か月は無料お試し期間ですので、その期間内に解約してしまえば無料で感染列島や他の作品を見ることも可能です。 2.Amazon Prime もはや私たちの家庭に普及いているAmazonプライムでも感染列島は視聴できます。 月額455円で邦画だけでなく洋画やテレビアニメにドラマなども配信しているAmazonプライム。 こちらも無料お試し期間が1か月ありますので、その期間内に解約すれば無料となります。 他にもTSUTAYA TVやd-TVなどで、感染列島をレンタルして視聴する事は可能です。 しかし見放題で無いので、個人的にお勧めなのはやはりAmazonプライムですね! 今回は、映画・感染列島とコロナウイルスの類似点をまとめました。 映画・感染列島は、コロナウイルスを予見してるかのようですね。 ウイルスの原因もコウモリ説ですし…。 ここまで似てるとなんか怖いですね。

次の