ルパンの娘 ドラマ 評価。 「ルパンの娘(原作)」横関大の書評・あらすじ・感想

『ルパンの娘』大ブームで社会現象化…「面白過ぎる」「ここ数年で一番」と激賞の嵐

ルパンの娘 ドラマ 評価

4%(関東地区)だったことが明らかになりました。 フジテレビ系の木曜劇場枠(木曜22時)で、 1月期に放送された竹内結子さん主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、第1話平均視聴率が9. 3%、全10話の期間平均視聴率が6. 8%、4月期放送の二階堂ふみさん&KAT-TUN・亀梨和也さん主演『ストロベリーナイト・サーガ』は第1話が7. 8%、全話平均が6. 6%となっており、この枠ではまずまずの数字です。 ちなみに、深田恭子さんが昨年1月期に同枠で主演した『隣の家族は青く見える』は、第1話が7. 0%、全話平均が6. 2%でした。 深田恭子さん主演で11日からスタートした『ルパンの娘』は、「代々泥棒一家の娘」と「代々警察一家の息子」の許されない恋を描いており、原作は「江戸川乱歩賞」などを授賞の作家・横関大さんが2015年に発表した同名小説で、現在累計発行部数は10万部を超え、今年春に各書店の文庫本売上で1位を獲得するなどロングセラー作品となっています。 深田恭子さん演じる主人公・三雲華(みくも・はな)は、「L(ルパン)の一族」と呼ばれる泥棒一族のもとに生まれ、幼少期から家族にスリの技を叩き込まれており、家族の誰よりも泥棒としての才能を持っているのですが、一家の泥棒行為にはうんざりしており、普通の生活を望んで図書館に勤務しています。 そんな華と交際している瀬戸康史さん演じる桜庭和馬(さくらば・かずま)は、警察官の家系に生まれ、家族全員が警察に勤務しており、自身も空き巣やひったくりなど窃盗事件を専門に扱う警視庁捜査3課に所属している警察官です。 こうした相反する境遇の2人が恋に落ち、様々な困難を乗り越えながら許されない恋をするというラブコメディです。 許されない恋に悩んだ華は和馬との別れを考える一方、華が泥棒一家の娘だと知らない和馬は、一家の悲願である警視庁捜査1課への異動を条件に、華との結婚を父親に認めさせます。 その後、和馬は宝石盗難事件を担当することになり、1人で事件を追っている中で、窃盗団のバックに付いている暴力団に捕らわれたことを知った華は、禁断の泥棒スーツを着用し、両親とともに敵のアジトへ侵入。 そして、華は盗まれた宝石を回収した上で、捕らわれた和馬の拘束を解いて立ち去ろうとします。 しかし、和馬が暴力団とつるんでいる宝石店社長に銃を向けられたのを見て、和馬の元へ再び戻ると、「私の愛しい人に手を出すんじゃないよ」と言って見事な身のこなしで銃弾やパンチを避け、「ここで会ったが運の尽き。 あんたが犯した罪、悔い改めな!」という決めゼリフと共に、宝石店社長に手刀をお見舞いして撃退しました。 そんな第1話終了直後にはツイッター上で、「ルパンの娘」がトレンド1位、世界のトレンドランキング3位に急浮上するほどの反響を呼んでいます。 第1話終了時点での感想を見てみると、• 今クール観た中で一番おもしろかった。 どの世代でも楽しんで観られるいいドラマだった• 深キョン可愛かった。 真珠の臭い演技、まさかのマルシア。 これからも楽しみです。 まだこんな面白いドラマが作れるんだって感動すらしたw丁寧に全力でバカなことやってて本当に楽しかった。 久々の振り切れたドラマで楽しかったです。 その衣装じゃ目立つよね?!とか急にミュージカル!とか、色々ツッコミどころあるけど、それも含めて面白かった。 期待していなかったけど面白かった。 来週も見る。 これから視聴率が上がる事に期待。 ほんとに面白くて笑えました。 出演皆さんが 魅力的ですし みんながハマり役です。 これから視聴率上がりますね、• 深キョンも瀬戸くんも良かったけど、小沢真珠さんとミュージカルの大貫勇輔さんが気になってしょうがなかったです。 来週も楽しみにしています。 くだらなすぎて楽しかった。 小ネタを無理に詰め込まず、キャラやアイテムだけでなく、脚本でも笑わせるので、ある意味正統なエンターテイメント。 久々ワクワクした。 瀬戸康史さんの久々のキラキラ感に(笑)なんか楽しく観てしまった。 深キョンも年齢不詳だけど、小沢真珠さんの年齢不詳さも凄い。 姉妹設定にしか見えなかったら、まさかのお母さんだったから驚いた。 おばあちゃんが首長族の人みたいで、ちょっと怖かったけど… などのコメントが寄せられています。 深田恭子さんの泥棒スーツ姿は放送開始前から注目を集めており、様々なメディアも取り上げるなどして話題になっていたことから、第1話の平均視聴率10%に達しなかったのは残念でしたが、視聴者からは面白かったという声が殺到していますね。 そのため、第2話が楽しみという声が目立ち、SNS上でもかなり話題になっていることから、今後数字が伸びていく可能性は十分あり、第2話、第3話と回を重ねるごとに視聴率も上がって早々に10%超えするかもしれませんね。

次の

ルパンの娘・初回1話ネタバレ感想・華(深田恭子)は何歳の役なの?キャラが立っていて面白い!あらすじも

ルパンの娘 ドラマ 評価

4%(関東地区)だったことが明らかになりました。 フジテレビ系の木曜劇場枠(木曜22時)で、 1月期に放送された竹内結子さん主演『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、第1話平均視聴率が9. 3%、全10話の期間平均視聴率が6. 8%、4月期放送の二階堂ふみさん&KAT-TUN・亀梨和也さん主演『ストロベリーナイト・サーガ』は第1話が7. 8%、全話平均が6. 6%となっており、この枠ではまずまずの数字です。 ちなみに、深田恭子さんが昨年1月期に同枠で主演した『隣の家族は青く見える』は、第1話が7. 0%、全話平均が6. 2%でした。 深田恭子さん主演で11日からスタートした『ルパンの娘』は、「代々泥棒一家の娘」と「代々警察一家の息子」の許されない恋を描いており、原作は「江戸川乱歩賞」などを授賞の作家・横関大さんが2015年に発表した同名小説で、現在累計発行部数は10万部を超え、今年春に各書店の文庫本売上で1位を獲得するなどロングセラー作品となっています。 深田恭子さん演じる主人公・三雲華(みくも・はな)は、「L(ルパン)の一族」と呼ばれる泥棒一族のもとに生まれ、幼少期から家族にスリの技を叩き込まれており、家族の誰よりも泥棒としての才能を持っているのですが、一家の泥棒行為にはうんざりしており、普通の生活を望んで図書館に勤務しています。 そんな華と交際している瀬戸康史さん演じる桜庭和馬(さくらば・かずま)は、警察官の家系に生まれ、家族全員が警察に勤務しており、自身も空き巣やひったくりなど窃盗事件を専門に扱う警視庁捜査3課に所属している警察官です。 こうした相反する境遇の2人が恋に落ち、様々な困難を乗り越えながら許されない恋をするというラブコメディです。 許されない恋に悩んだ華は和馬との別れを考える一方、華が泥棒一家の娘だと知らない和馬は、一家の悲願である警視庁捜査1課への異動を条件に、華との結婚を父親に認めさせます。 その後、和馬は宝石盗難事件を担当することになり、1人で事件を追っている中で、窃盗団のバックに付いている暴力団に捕らわれたことを知った華は、禁断の泥棒スーツを着用し、両親とともに敵のアジトへ侵入。 そして、華は盗まれた宝石を回収した上で、捕らわれた和馬の拘束を解いて立ち去ろうとします。 しかし、和馬が暴力団とつるんでいる宝石店社長に銃を向けられたのを見て、和馬の元へ再び戻ると、「私の愛しい人に手を出すんじゃないよ」と言って見事な身のこなしで銃弾やパンチを避け、「ここで会ったが運の尽き。 あんたが犯した罪、悔い改めな!」という決めゼリフと共に、宝石店社長に手刀をお見舞いして撃退しました。 そんな第1話終了直後にはツイッター上で、「ルパンの娘」がトレンド1位、世界のトレンドランキング3位に急浮上するほどの反響を呼んでいます。 第1話終了時点での感想を見てみると、• 今クール観た中で一番おもしろかった。 どの世代でも楽しんで観られるいいドラマだった• 深キョン可愛かった。 真珠の臭い演技、まさかのマルシア。 これからも楽しみです。 まだこんな面白いドラマが作れるんだって感動すらしたw丁寧に全力でバカなことやってて本当に楽しかった。 久々の振り切れたドラマで楽しかったです。 その衣装じゃ目立つよね?!とか急にミュージカル!とか、色々ツッコミどころあるけど、それも含めて面白かった。 期待していなかったけど面白かった。 来週も見る。 これから視聴率が上がる事に期待。 ほんとに面白くて笑えました。 出演皆さんが 魅力的ですし みんながハマり役です。 これから視聴率上がりますね、• 深キョンも瀬戸くんも良かったけど、小沢真珠さんとミュージカルの大貫勇輔さんが気になってしょうがなかったです。 来週も楽しみにしています。 くだらなすぎて楽しかった。 小ネタを無理に詰め込まず、キャラやアイテムだけでなく、脚本でも笑わせるので、ある意味正統なエンターテイメント。 久々ワクワクした。 瀬戸康史さんの久々のキラキラ感に(笑)なんか楽しく観てしまった。 深キョンも年齢不詳だけど、小沢真珠さんの年齢不詳さも凄い。 姉妹設定にしか見えなかったら、まさかのお母さんだったから驚いた。 おばあちゃんが首長族の人みたいで、ちょっと怖かったけど… などのコメントが寄せられています。 深田恭子さんの泥棒スーツ姿は放送開始前から注目を集めており、様々なメディアも取り上げるなどして話題になっていたことから、第1話の平均視聴率10%に達しなかったのは残念でしたが、視聴者からは面白かったという声が殺到していますね。 そのため、第2話が楽しみという声が目立ち、SNS上でもかなり話題になっていることから、今後数字が伸びていく可能性は十分あり、第2話、第3話と回を重ねるごとに視聴率も上がって早々に10%超えするかもしれませんね。

次の

ルパンの娘視聴率と評判評価!最終回まで随時更新

ルパンの娘 ドラマ 評価

スポンサーリンク ルパンの娘・1話あらすじ 図書館で働く華(深田恭子)は公務員の恋人・和馬(瀬戸康史)が代々警察一家と知りがくぜん。 家業を拒んできた華だが和馬からの求婚を喜べない。 そんな中、華と和馬が悦子と会った宝石店で、強盗犯が殺された。 さらに華は和馬のピンチを知り…。 YAHOO! TVから引用 ルパンの娘・1話・ネタバレ・ストーリー・全体の流れ・考察・感想含む 泥棒一家の娘と警察一家の息子の恋 桜庭和馬(瀬戸康史)は、警察一家。 三雲華(深田恭子)の家は、泥棒一家。 2人は、恋に落ちて、1年結婚の話が出ている。 お互いに素性は知らなかったが、一番結婚できない相手だった。 警察一家の桜庭家では、挨拶に来た華は、警察官じゃないからと、NG。 そこで、和馬(瀬戸康史)は、警察官の花形である、「 捜査一課の刑事にもなる」から結婚させて欲しいと言い出す。 超絶大反対! 宝石が盗まれる・窃盗団! 和馬(瀬戸康史)に指輪が送りたいから、どういうのがいいか?と見に行った宝石店で、別の日強盗が入った。 華(深田恭子)の母親と偶然ばったり出会った場所だ。 宝石店に押し入った2人組は、撃たれてしまった。 さらには、その宝石は強奪されてしまった。 出会いは図書館 巻(加藤諒)に彼女との仲を聞かれる。 出会いは、図書館。 一方、華は、円城寺(大貫勇輔 )に相談すると、また、ミュージカル調。 落ち込んでいるので、ミュージカル調をする気持ちになれない華(深田恭子)。 今まで、結婚は出来ないと思っていたので、嬉しかったのだが、まさか警察官だったとは・・・。 出会いは、華(深田恭子)の職場で、図書館の読み聞かせ会で、七夕の物語を読んでいた。 華は、本を読んでいると、泣いてしまった。 それを見て、心の美しい人だと思った和馬(瀬戸康史)は、華に駆け寄り、キスをしたのが始まりだった。 一瞬にして、燃え上がってしまった2人。 「取り柄のない自分なんかに」とこぼす、華だったが、円城寺(大貫勇輔 )にそれは違うと言われる。 華は、泥棒のセンスは、ピカ一だったのだ。 亡き祖父の教えからだ。 「 いけないことをしている人から、物を取り上げるんだ」と、祖父に言われていた。 盗むことで何かを変えられることができると言われていたが・・・ おじいちゃんは、悪のために泥棒をするのではなく、正義のためにも泥棒をしろという教えだったのですね。 うーん。 和馬ピンチ! 宝石の窃盗団は、高いディスプレイの棚しか狙っていなかった。 下見をしていたはずなので、防犯カメラの映像をチェックするように、和馬(瀬戸康史)は、上司の巻に言われた。 和馬が、宝石店に、防犯映像を取り寄せに行くと、華の両親と食事をした、寿司屋さんにいた人物がいた。 その人物こそ、主犯の男だった。 下っ端に盗ませて、口封じのために、射殺。 盗んだ宝石はネコババ。 それで、保険金までゲットしようとしていた。 自作自演の犯行だった。 和馬は、後ろから殴られて、捕らえられてしまった。 和馬を助ける?助けない? 父の尊(渡部篤郎)と母の悦子(小沢真珠)は、善良な泥棒だ。 強奪のために、殺人までする行動が、許せなかった。 向こうのアジトのハッキングしている防犯カメラの映像に、和馬(瀬戸康史)が捕まっているのを見た、華。 助けに行くにも、2人じゃ無理だ。 3人必要だと言われ、華(深田恭子)は、しぶしぶ、泥棒のコスチュームに着替えようとする。 祖父の言葉を思い出す。 華の両親は、出張マッサージ店を装い大騒ぎ、その間に潜入する作戦だ。 伝説の鍵師の、祖母であるマツ(どんぐり)にドアのカギを開けてもらい入る。 引きこもりの渉(栗原類)が、防犯カメラのデーターを改ざんする。 チームプレイだ。 和馬(瀬戸康史)は、椅子に縛られている。 華(深田恭子)は、天井から吊られて助けようとすると、和馬(瀬戸康史)は、何やら、華に対する思いなどを、話し出す。 一通り聞いてから、華は、和馬(瀬戸康史)を失神させて、宝石を袋に詰めて、和馬(瀬戸康史)を助ける。 敵とももみ合う、めちゃくちゃ強い、華(深田恭子)。 宝石はゲットして、宝石店主の悪事は暴かれた。 実は、宝石だけでなく、武器を密輸していた。 華(深田恭子)は、そのことを、両親は、公にしたかった?と勘繰るも、そんなことない、泥棒は悪だと、思い直す。 華が、警察官の妻にふさわしいかの調査結果が出た。 三雲家の調査結果、父親は、ハイパーソーシャルクリエーターだと登録されていた。 また、海外に行く前に会いたいと、和馬(瀬戸康史)の親がやってきた。 華にピンチが襲い掛かる。 スポンサーリンク ルパンの娘・初回・1話・感想・評価 三雲家の家族のメンバー全員キャラ立ちが半端なかったなー。 遺伝子的に、どんぐりさんは、渡部か、真珠か、どっちを産んだの? 笑 やっぱり、渡部さんかな? 栗原類のおばあちゃんが、どんぐりさんのおばあちゃんって、おかしいだろう!って突っ込みたくなる家族だったよね。 栗原類の、引きこもりハッカー役も、適任だしな。 それにしても、悦子(小沢真珠)の中国語風のカタコト日本語、酷かったわ 笑 実際は、中国人じゃないのに、カタコトにしているから、下手だっていうそういう演技だとは思いますけどね。 所で、深キョンは、何歳の役やってるの?っていうのも気になるところですよね。 55歳の親が・・・ 真珠が、20歳の時に産んでたとしたら、35歳だ。 真珠が、25歳の時に産んでいたら、25歳。 真珠が、30歳の時に産んだとしたら、25歳だよ。 華のことを密かに想っている円城寺(大貫勇輔 )のミュージカル調の登場も面白いですね。 で、華(深田恭子)は、なんだかんだ悩んでも、最後は、泥棒してしまうし 笑 なんだよって思ってしまいましたね。 よりによって、警察官の彼氏を助けに行くために、泥棒に行く。 で、見ていたら、彼氏を助けるよりも先に、宝石を袋に入れていたし 笑 そうしないと、上の換気口で見ていた、パパとママに叱られてしまうからかな。 三雲華(深田恭子)と、和馬(瀬戸康史)は運命的な出会いでしたね。 瀬戸康史は、この前まで、パーフェクトワールドで、何年も片思いしている、モテない男の役をしていたのが目に新しい。 最近特に、よく使われていますね。 ルパンの娘・1話評価 4.

次の