リウマチ 性 多発 筋 痛 症 診断。 リウマチ性多発筋痛症

リウマチ性多発筋痛症の検査、診断、治療は?―主な治療はステロイドを用いる

リウマチ 性 多発 筋 痛 症 診断

リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica, PMR 疾患概念・病態 リウマチ性多発筋痛症(PMR)は、通常50歳以上の中高年者に発症し、発熱や頸部、肩、腰、大腿など四肢近位部(近位筋)の疼痛を主訴とする原因不明の炎症性疾患である。 発症年齢は、50歳代から散見するが、平均70歳前後で高齢者に多く、80歳代もまれではない。 男女比は1:2で女性に多いとされる。 臨床症状• 筋肉痛• 頸部から肩、肩甲部、上腕にかけて、また、大腿部から膝など、近位部に筋肉痛が生じる。 痛みは軽微なものから、ときに耐えがたい筋肉痛を生じることもある。 特に肩甲部の疼痛は頻度が高く、上腕圧痛は特異度が高い。 関節痛• 多くは両側性で、手関節、膝関節などに多い。 手指関節が侵されることは稀であり、関節リウマチ rheumatoid arthritis, RA との鑑別点になりうる。 発症当初は感冒薬や抗菌薬にて治療を受けるも改善なく、原因不明の発熱として紹介を受けることが多い。 その他• 易疲労感や、食欲不振、抑うつ症状、体重減少を認めることがある。 検査所見• 筋肉痛を訴えるが筋破壊所見はなく、血清クレアチンキナーゼ(creatine kinase, CK)、アルドラーゼなどの筋原性酵素の上昇は通常みられない。 赤沈値の亢進、CRP値などの炎症反応の上昇を認める。 抗核抗体やリウマトイド因子(rheumatoid factor, RF)のような自己抗体は原則出現しない。 超音波やMRI(magnetic resonance imaging)検査では、両側の肩峰下や三角筋下、大腿骨大転子下に滑液包炎を高頻度に認める。 診断・鑑別診断• 高齢者において発熱、筋肉痛、炎症反応上昇を認めた場合PMRを疑う必要がある。 Birdによる診断基準が汎用されている(表1) 臨床症状 もっとも頻度が高いのが血栓症であり、血栓症が起こる血管の太さや部位はさまざまである(表1)。 そのほかに血小板減少、溶血性貧血、心臓弁膜病変、頭痛・痙攣発作、精神症状なども認められることがある。 リウマチ性多発筋痛症の診断基準(Birdによる)• 初発から症状完成まで2週間以内• 朝のこわばり 頚、肩甲骨、腰帯 1時間以上• 年齢65歳以上• ・PMRの診断をさらに確実にするために、プレドニゾロンによる診断的治療が有用である。 その完成度には賛否あるが、これらの項目について評価することは診断の一助となる。 両方の肩で、三角筋下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘滑膜炎、肩甲上腕関節滑膜炎のいずれかがある。 感染症 症状により適切に画像検査や培養検査を行う。 悪性腫瘍 できる限り治療前に全身的な悪性疾患の検索を行う。 ただし症状が強い場合、PMRとしての治療を先行させる場合がある。 関節リウマチ 特にRFや抗CCP抗体が陰性である血清反応陰性関節リウマチとの鑑別に苦慮する場合がある。 PMRとして治療開始後にRAが顕在化する場合があり注意が必要である。 多発性筋炎 近位筋の疼痛を主訴とする疾患として鑑別が必要である。 多発性筋炎では筋原性酵素の上昇がみられPMRと異なる点である。 血管炎症候群(顕微鏡的多発血管炎や結節性多発動脈炎など) 好発年齢が高齢であり、発熱や炎症反応上昇がみられ鑑別が必要である。 ANCA関連血管炎ではMPO-ANCAやPR3-ANCA値が陽性であり、血管炎の場合肺障害や腎障害など臓器障害を呈するが、PMRは筋痛以外臓器障害を認めない。 線維筋痛症(fibromyalgia, FM) 線維筋痛症では全身の筋痛を訴えるが、特有の圧痛点が存在する。 炎症反応は正常でありPMRとの鑑別点である。 早ければ投与開始翌日、遅くとも3日程度で症状の改善をみる例が多い。 まれに反応が悪く、ステロイドを増量する場合がある。 5mg程度、10mgからは4週毎に1mgずつ慎重に漸減する。 ステロイド減量中に再燃することがあり、再燃時はステロイド投与量を1. 5~2倍へ増量する。 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)合併例では、失明の危険もあるためステロイド大量投与が必要となることがある。 多くは治療に反応し予後良好である。 高齢者に多い疾患のため、特にステロイドの維持投与が必要な場合は、感染症や骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折合併などが予後に影響を与える。 こちらも併せてご覧ください.

次の

意外に多い、リウマチ性多発筋痛症(PMR)のはなし|とうきょうスカイツリー駅前内科

リウマチ 性 多発 筋 痛 症 診断

> > > 高齢者に多い病気!関節リウマチ・リウマチ性多発筋痛症の症状や原因 高齢者に多い病気!関節リウマチ・リウマチ性多発筋痛症の症状や原因 高齢者の方がかかる疾患の中で今回は【関節リウマチ】【リウマチ性多発筋痛症】【糖尿病】の3つを原因、症状、治療法、予防・ケア に分けて詳しくご紹介します。 高齢者に多い疾患その1~間接リウマチ~ 【関節リウマチとは】 体のあちこちの関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気です。 進行すると、 関節の変形や 機能障害が起こります。 【原因】 残念ながら 病気の原因が完全にわかっているわけではありません。 ただ、患者さんの 免疫系に異常があることはよく知られています。 遺伝子の何らかの異常や感染した微生物の影響、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと考えられています。 この免疫系が異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増加し血管内から関節滑膜組織に リンパ球、 マクロファージなどの白血球が出てくることがわかっています。 このリンパ球やマクロファージが産生するサイトカインと呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応がひきおこされ、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こり、痛みや腫れ、関節液の増加、軟骨・骨の破壊が進行していきます。 【症状】 関節リウマチの症状には、 関節の症状と 関節以外の症状があります。 手指、足趾、手首の関節の痛みと腫れが数週間から数か月の間に徐々に起こります。 触れると熱感があることもあり、肘や膝の関節にも痛みと腫れがみられます。 関節の痛みは最初、一つあるいは少数の関節から始まりますが、長い間には左右の同じ部位の関節に起こることになります。 さらに病気が進行すると、関節の骨や軟骨が破壊されて関節の変形が起こり、関節を動かせる範囲が狭くなってしまうのです。 他にも全身症状として、疲れやすさ、脱力感、体重減少、食欲低下がみられます。 【治療法】 関節リウマチの原因が不明なので、関節リウマチの原因をとりのぞく根治療法は今のところ期待できません。 しかし、メトトレキサートなどの抗リウマチ薬や生物学的製剤を積極的に使うことによって患者さんのQOLを維持し、寛解を導くことが治療の目標となっています。 薬物治療や手術治療、リハビリテーションを行って症状の緩和させます。 他にも関節の破壊変形の予防、すでに破壊されてしまった関節の働きの再建、身体機能の保持を目的に治療を行っていきます。 薬物治療の場合、メソトレキサートが重要な薬剤となっています。 21世紀になり、生物学的製剤が開発されました。 手術治療の場合、人工関節置換術、関節固定術、滑膜切除術、関節形成術などが代表的です。 リハビリテーションの場合、理学療法、作業療法、 装具療法などが行われます。 【予防・ケア】 発症原因が遺伝子によるものの方もいますが、半数ほどはウィルス感染や細菌感染、肉体的・精神的疲労やストレスなどによる免疫システムの微妙なバランスの崩れ が原因になっていると言われています。 およそ半数を占める遺伝子による発症の予防は難しいとされてきました。 しかし、とある研究ではタバコや受動喫煙をやめることが同じ遺伝子を持った患者さんのなかでの関節リウマチ発病率をある程度低下させることがわかっています。 つまりはリウマチの発症を予防する第一歩はタバコを吸わないことなのです。 喫煙者は口腔内細菌や腸内細菌のバランスが崩れることが原因ではないかと考えられています。 喫煙者の場合は禁煙を行い、非喫煙者の方もなるべく受動喫煙が発生しない場所に身をおくようにすると良いでしょう。 他にも生活習慣の乱れや食生活の乱れ、ストレスの溜め込みなどはなるべく避けるようにしましょう。 高齢者に多い疾患その2~リウマチ性多発筋痛症~ 【リウマチ性多発筋痛症とは】• リウマチ性多発筋痛症は、他に原因のない肩、腰周囲の筋肉痛を起こす病気で、血液でCRP高値、血沈亢進などの炎症反応を認めるのが特徴です。 これといった決め手になる検査がないため、診断は関節リウマチなどの他の膠原病や感染症などを否定しながら総合的に行われます。 検査を繰り返して発見される場合が多いということですね。 【原因】 関節リウマチ同様、はっきりした病因はわかっていません。 症状が似ていることや免疫の異常があることがわかっているので、関節リウマチや膠原病の病気のひとつとされています。 【症状】 リウマチ性多発筋痛症は、全身の症状、筋肉の症状、関節の症状3つが主な症状です。 それぞれ表にしてみましたので確認してみてください。 全身症状 あまり高くならない発熱、食欲不振、体重減少、全身倦怠感、抑うつ症状などがみられます。 筋肉の症状 両側の肩、くび、腰、臀部、大腿などに痛みやこわばりがでます。 半数以上の人ではこの肩周囲の症状が最初に現れます。 関節の症状 朝、手のこわばりや関節痛がみられます。 とくに夜の痛みが多く、睡眠時の体動で痛みが起こり、目が覚めてしまうことがよく起こります。 手関節などが関節リウマチのように腫れることはあまりありませんが、全くないわけでもありません。 元気がないことから初老期うつ病と間違えられたり、肩の痛みから五十肩と誤診されることもあります。 【治療法】 薬物治療がメインになります。 リウマチ性多発筋痛症には、ステロイド薬が大変よく効きくことがわかっていて、比較的少量で劇的な効果が期待されています。 注意しなければならないのは、簡単に減量したり中止してしまうと、再び病気が悪くなりますので、必ず医師の指示通りの服用をすることが大切です。 【予防・ケア】 リウマチ性多発筋痛症は非常に分かりにくい(他の病気と症状が似ている)病気ではありますが、早期発見により症状の悪化を食い止めることができるので、自分自身での診断が予防への第一歩となります。 ほかにも血液検査で白血球の増加、血小板の増加、C反応性蛋白上昇などを調べることで発見される場合もあります。 こうした診断の結果からリウマチ性多発筋痛症の可能性を図ることはできますが、診断を確定できるような決定的な特徴や検査法はありませんので、定期的に検査を受けるなどして早期発見に努めましょう。 高齢者に多い疾患その3~糖尿病~ 【糖尿病とは】 糖尿病とは血糖値が高くなる病気。 糖尿病になると、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなり、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれず、血液の中にあふれてしまいます。 インスリンは、体の中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節する働きがあります。 他にも血液中のブドウ糖を体の細胞に送り込んで、エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンに変えて、エネルギーとして蓄えておくようにする働きがあります。 ブドウ糖をコントロールしているインスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまいます。 その結果、血糖値が上がってしまい、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれず、全身のエネルギーが足りなくなってしまうのです。 この重要なインスリンがすい臓から分泌されない、その量が不足している、分泌されているのに十分に作用しないなどの原因で慢性的に高血糖になるのが糖尿病です。 【原因】 糖尿病の大半を占める2型糖尿病の発症原因は、大きく分けて遺伝因子と環境因子になります。 遺伝因子 両親や兄弟が糖尿病であるという遺伝体質のこと 環境因子 肥満 過食 高脂肪食 運動不足 ストレス 喫煙など これらの因子が重なって、糖尿病は発症すると考えられています。 【症状】 糖尿病発症早期の場合は、あまり自覚症状が見られませんが進行が進んでいくと次のような症状が見られます。 トイレが近く量が多い• 異常に喉が渇く• 空腹感が強い• たくさん食べているのに痩せてしまう• 異常に疲れやすい、だるさを感じる• 手足のしびれ、足がつる そして糖尿病の怖いところは様々な合併症を引き起こしてしまうところにあります。 白内障や緑内障、脳梗塞に心筋梗塞、肺炎や感染症などなど・・・実に多くの合併症にかかってしまう恐ろしい病です。 【治療法】 糖尿病の基本的な治療法で代表的なのは食事療法、運動療法、薬物療法の3つです。 食事療法 カロリー制限をするように医師から指導されます。 場合によっては、入院して徹底的に体重を落とすように指示される場合もありますが、「1日の摂取カロリーを1,600Kal以内にするように」というのが通常の指導です。 日本糖尿病協会が出している、食品交換表を利用するように勧められます。 運動療法 運動によってインスリンが活性化して、本来の働きをしやすくなります。 特にインスリンが元気がないというパターンの方は、取り組むことで効果が得られます。 注意しなければならないのは「急激な運動は逆に身体にとって悪影響を及ぼす 」ということです。 無理のない程度に運動を行います。 薬物療法 薬によって血糖値を下げる必要がある方の場合、医師から次のような薬を処方されます。 厚生労働省によると今までに一番重かったときの体重が重い人ほど糖尿病にかかりやすく、予防のためには肥満を防ぐことが最大のポイントだと言われています。 暴飲暴食を避け、適度に運動をしましょう。 心的ストレスも溜め込みすぎると良くないそうです。 その他の疾患同様に喫煙、受動喫煙を避けることも重要です。 規則正しい生活を送り、健康な身体を維持することが予防につながります。 早期発見もとても重要なので、定期的に病院で検査を受けたり、BMI値を計算してくれるサイト等もありますので一度自分で調べてみるのも良いでしょう。 <まとめ> 以上3つの高齢者のかかる疾患をご紹介しました。 介護業界では多くの知識や経験が必要になりますので、一度詳しく調べてしっかり頭に入れておくと良いでしょう。

次の

線維筋痛症の症状・診断・治療法 [膠原病・リウマチ] All About

リウマチ 性 多発 筋 痛 症 診断

リウマチ性多発筋痛症 polymyalgia rheumatica, PMR 疾患概念・病態 リウマチ性多発筋痛症(PMR)は、通常50歳以上の中高年者に発症し、発熱や頸部、肩、腰、大腿など四肢近位部(近位筋)の疼痛を主訴とする原因不明の炎症性疾患である。 発症年齢は、50歳代から散見するが、平均70歳前後で高齢者に多く、80歳代もまれではない。 男女比は1:2で女性に多いとされる。 臨床症状• 筋肉痛• 頸部から肩、肩甲部、上腕にかけて、また、大腿部から膝など、近位部に筋肉痛が生じる。 痛みは軽微なものから、ときに耐えがたい筋肉痛を生じることもある。 特に肩甲部の疼痛は頻度が高く、上腕圧痛は特異度が高い。 関節痛• 多くは両側性で、手関節、膝関節などに多い。 手指関節が侵されることは稀であり、関節リウマチ rheumatoid arthritis, RA との鑑別点になりうる。 発症当初は感冒薬や抗菌薬にて治療を受けるも改善なく、原因不明の発熱として紹介を受けることが多い。 その他• 易疲労感や、食欲不振、抑うつ症状、体重減少を認めることがある。 検査所見• 筋肉痛を訴えるが筋破壊所見はなく、血清クレアチンキナーゼ(creatine kinase, CK)、アルドラーゼなどの筋原性酵素の上昇は通常みられない。 赤沈値の亢進、CRP値などの炎症反応の上昇を認める。 抗核抗体やリウマトイド因子(rheumatoid factor, RF)のような自己抗体は原則出現しない。 超音波やMRI(magnetic resonance imaging)検査では、両側の肩峰下や三角筋下、大腿骨大転子下に滑液包炎を高頻度に認める。 診断・鑑別診断• 高齢者において発熱、筋肉痛、炎症反応上昇を認めた場合PMRを疑う必要がある。 Birdによる診断基準が汎用されている(表1) 臨床症状 もっとも頻度が高いのが血栓症であり、血栓症が起こる血管の太さや部位はさまざまである(表1)。 そのほかに血小板減少、溶血性貧血、心臓弁膜病変、頭痛・痙攣発作、精神症状なども認められることがある。 リウマチ性多発筋痛症の診断基準(Birdによる)• 初発から症状完成まで2週間以内• 朝のこわばり 頚、肩甲骨、腰帯 1時間以上• 年齢65歳以上• ・PMRの診断をさらに確実にするために、プレドニゾロンによる診断的治療が有用である。 その完成度には賛否あるが、これらの項目について評価することは診断の一助となる。 両方の肩で、三角筋下滑液包炎、上腕二頭筋腱鞘滑膜炎、肩甲上腕関節滑膜炎のいずれかがある。 感染症 症状により適切に画像検査や培養検査を行う。 悪性腫瘍 できる限り治療前に全身的な悪性疾患の検索を行う。 ただし症状が強い場合、PMRとしての治療を先行させる場合がある。 関節リウマチ 特にRFや抗CCP抗体が陰性である血清反応陰性関節リウマチとの鑑別に苦慮する場合がある。 PMRとして治療開始後にRAが顕在化する場合があり注意が必要である。 多発性筋炎 近位筋の疼痛を主訴とする疾患として鑑別が必要である。 多発性筋炎では筋原性酵素の上昇がみられPMRと異なる点である。 血管炎症候群(顕微鏡的多発血管炎や結節性多発動脈炎など) 好発年齢が高齢であり、発熱や炎症反応上昇がみられ鑑別が必要である。 ANCA関連血管炎ではMPO-ANCAやPR3-ANCA値が陽性であり、血管炎の場合肺障害や腎障害など臓器障害を呈するが、PMRは筋痛以外臓器障害を認めない。 線維筋痛症(fibromyalgia, FM) 線維筋痛症では全身の筋痛を訴えるが、特有の圧痛点が存在する。 炎症反応は正常でありPMRとの鑑別点である。 早ければ投与開始翌日、遅くとも3日程度で症状の改善をみる例が多い。 まれに反応が悪く、ステロイドを増量する場合がある。 5mg程度、10mgからは4週毎に1mgずつ慎重に漸減する。 ステロイド減量中に再燃することがあり、再燃時はステロイド投与量を1. 5~2倍へ増量する。 巨細胞性動脈炎(側頭動脈炎)合併例では、失明の危険もあるためステロイド大量投与が必要となることがある。 多くは治療に反応し予後良好である。 高齢者に多い疾患のため、特にステロイドの維持投与が必要な場合は、感染症や骨粗鬆症による脊椎圧迫骨折合併などが予後に影響を与える。 こちらも併せてご覧ください.

次の