咳 が 出 そう に なる。 咳が夜中に止まらず嘔吐する人は咳喘息か百日咳?症状原因対策まとめ

咳を止める方法は簡単!?即効性があり今すぐ一瞬でできる方法とは?

咳 が 出 そう に なる

呼吸時に咳が出る原因 慢性咳嗽(まんせいがいそう) 慢性咳嗽とは直接の病名ではなく、8週間以上に渡り咳が長く続く状態のことを言います。 乾燥することにより咳が出やすくなったり、就寝前に咳が出やすくなったりして、他の病気が特に見当たらなかった場合、この慢性咳嗽と診断されることが多いようです。 起こりがちなのが、風邪が治った後に咳だけが残るパターンですね。 これは、風邪により咳を発生させる部分が敏感になってしまい、タキキニンという物質が放出されることが原因となります。 喉頭アレルギー この咽頭アレルギーとは、さまざまなアレルゲンが原因によって起こる、喉のかゆみやイガイガ感などの諸症状のことです。 これは咳止めの薬では効果はなく、咽頭炎で見られる喉が赤く腫れる症状も見られません。 花粉やカビ、ハウスダストや大気汚染など、いわゆるアレルゲンと呼ばれる物質が、この症状の引き金となります。 風邪 急性扁桃炎や急性咽頭炎、そして急性鼻炎など、100種類以上の細菌やウイルスが原因で起こるこれらの症状の総称を指すのが、風邪(かぜ症候群)です。 インフルエンザウイルスなど強力なものでなければ、大人の場合は一晩安静にしていれば、大抵は回復するでしょう。 風邪自体は回復に向かっても、治りかけに咳だけ残るケースも見受けれます。 喘息(気管支喘息) 気道が慢性的に炎症することで狭くなり、喘鳴(ヒューヒュー、ゼーゼー)という症状や呼吸困難を起こしやすくなります。 また、少しの刺激でも咳や痰が出やすくなったりすることも特徴です。 咳喘息 こちらは喘息とは違い、喘鳴や呼吸困難は起こりません。 ただし慢性的に乾いた咳が続き、喘息の初期症状とも言われていますので注意が必要です。 COPD(慢性閉塞性肺疾患) COPDとは気管支が炎症により狭まったり、酸素を取り込む肺胞の弾性力や収縮力が低下して、十分な呼吸ができなくなる状態です。 COPDになる直接的な原因は、主にタバコや大気汚染、そして遺伝的な要素も関係しているようです。 温かい飲み物を飲む 温かい飲み物で体全体の体温を上げ、内側から喉を温めることで咳の症状は和らぎます。 同じ飲み物でも、体を冷やしてしまうコーヒーなどではなく、発汗作用や喉の鎮痛作用が期待できる生姜湯などがお勧めです。 市販薬を飲む まずは手軽なところから、市販薬を試してみるのもよいでしょう。 トラネキサム酸という成分が入っているものが、のどの痛みや炎症にも効果があるそうです。 また、直接喉に成分を届けるという意味では、トローチを併用するのもよいでしょう。 病院へ行く それでも回復が見込めない場合は、やはり病院で診察を受けることをお勧めします。 症状がそれほど重症でない場合は、まずは内科か耳鼻咽喉科で受診するのが良いでしょう。 症状が酷い場合には、より専門性の高い呼吸器科での診療が必要になると思われますが、基本は診療時の医師の指示を仰いで下さい。 咳を和らげる予防法 湿度を最適にする 冬場は特に乾燥に注意が必要です。 就寝時の夜間でも加湿器などで、湿度を50%から60%に調整して下さい。 部屋の中に、洗濯物や濡れたタオルを干しておくのも効果的な方法です。 ゆっくり入浴する ゆったりしたバスタイムはリラックス効果を生み、自律神経の安定につながります。 自律神経の乱れは咳の元となります。 床に就く数時間前に湯船に浸かると効果的です。 また、浴室内で深呼吸を繰り返すことで、喉や気道が温まりながら潤い、直接的な効果も望めます。 普段からマスクを着用する 咳が出やすい人は、普段からマスクを着用されることをお勧めします。 単に有害物質やアレルゲンをシャットアウトするだけでなく、自分の吐き出した息の水蒸気により、鼻の粘膜や喉の粘膜を潤わせる効果もあります。 禁煙をする やはりタバコは、咳の症状にとって良いことはひとつもありません。 タバコを吸いながら咳の治療をすることは、車の運転に例えるなら、ブレーキを踏みながらアクセルを開けているようなものです。 ここは強い意志をもって、決断に臨みたいところです。 定期的に検査を受ける 先述のとおり、肺がんなどはしっかり検査してみないと判断できない場合が多いです。 よって普段から定期的に健康診断はもちろん、状況が許せば人間ドックなどで網羅的に検査を受けることが望ましいですね。 まとめ 咳というのは病気の症状としては珍しいものではありません。 ゆえに軽視されがちになってしまいますが、それを放置してしまうと喘息へ発展してしまったり、肺がんなどの重度の病気が隠れている場合もあります。 数週間たっても症状が改善されない場合は、なるべく早く病院での診断を受けて下さいね。

次の

辛い咳を何とか止めたい!自分で咳を止める14の方法 | 女性の美学

咳 が 出 そう に なる

寒くなるにつれ空気が乾き、のどがイガイガ、咳き込みやすい季節になりました。 咳(せき)そのものは、鼻や口から呼吸とともに入ってくる異物(埃や病原体)などを体外に排出するための大事な生理的な働きですが、咳が続くと苦しく、体力も消耗します。 このシリーズでは、特に高齢者の咳への対処法などを考えます。 <監修:上條内科クリニック 院長・医学博士 上條武雄 / 文・椎崎亮子> 咳はなぜ出るのか 咳は、気道(鼻や喉、気管、肺)の内部にある咳受容体と呼ばれる器官が、なんらかの刺激を感じてその刺激を排除しようとして、筋肉を震わせ、肺の中の空気を急激に排出する反射運動のことです。 咳受容体を刺激するのは、呼吸時に空気とともに入ってくる異物(埃など)や、気道におきた炎症から過剰に分泌される浸出液(痰のこと)などです。 咳受容体で感じた刺激は、延髄にある「咳中枢」に伝えられ、そこから迷走神経を伝って胸や腹など気道周辺の筋肉などに指令がいき、筋肉が急激に収縮して肺の中の空気を一気に押し出します。 これが咳(咳反射)です。 咳として急激に押し出される空気は、時速数百キロメートルという高速になるといわれています。 このとてつもない高速の空気が気道の粘膜を摩擦し、その力で異物や不要な分泌液などを外に吹き飛ばすのです。 異物や、それに混じった病原菌などを排除する大事な機能でもあるので、咳が出るからといって、やみくもに咳止めなどを服用して、無理やり咳を押さえ込むのは良いことではないといえます。 咳にも種類がある 咳は、大きく分けると、乾性(乾いた)の咳と、湿性(湿った)咳に分類できます。 乾性の咳とは、いわゆる「から咳」で、痰がほとんど出ません。 湿性の咳は、痰がからんだ咳のことです。 痰とは、気道の粘膜から分泌される液体です。 また、急性の咳と慢性の咳に分類することができます。 急性とは、おおむね2週間前後でおさまるもので、2~3週間以上続くと慢性の咳になっていると認められます。 下の表は、日本気管食道科学会で出している、咳の分類と、その原因になる疾患の表です。 ただし、この表に当てはまるからこの病気、と決め付けることはできません。 咳の原因は本当にさまざまですので、厳密には医師が診察が必要になります。 <表・咳の分類とその基礎疾患 日本気管食道科学会ホームページより> 急性 慢性 乾性 かぜ症候群 感染後咳嗽 自然気胸 後鼻漏症候群 肺塞栓血栓症 喘息(咳喘息) 非定型肺炎 アトピー咳嗽 ウイルス、マイコプラズマ、クラミジア、レジオネラ 慢性気管支炎(たばこ気管支炎) 過敏性肺炎 マイコプラズマ、クラミジア感染症 薬剤性肺炎 間質性肺炎 胸膜炎 肺癌 心内膜炎 放射線肺炎 気道異物 気管支結核 百日咳 胃食道逆流症 心不全 アンギオテンシン変換酵素阻害薬服用 心因性咳嗽 百日咳 湿性 かぜ症候群 感染後咳嗽 急性気管支炎 後鼻漏症候群 細菌性肺炎 喘息 誤嚥性肺炎 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 肺化膿症 気管支拡張症 肺損傷 非定型抗酸菌症 急性呼吸促迫症候群 ARDS びまん性汎細気管支炎 肺水腫 肺癌 心不全 肺胞上皮癌 肺結核 胃食道逆流症 心不全 肺真菌症 誤嚥性肺炎 高齢者の咳で気をつけたいこと 咳の原因となる疾患の治療がまず大切なことですが、高齢者では、咳が続くことによる呼吸の苦しさ、それにともなう体力の低下なども問題になります。 また、骨粗しょう症が進行している方では、咳のしすぎで肋骨や脊椎を骨折することがあります。 また逆に、筋力の衰えのために、必要な状況なのに咳をすることが難しく、異物を排出することができずに誤嚥性肺炎の原因になるといったこともあります。 つまり、咳は、必要最小限のところで収めることが必要なのです。 咳があっても、生活に大きな支障が出ていなければ、家庭でおおよそ対処が可能です。 もし、咳のために眠れない、食欲が出ない、咳をすると苦しい、咳ができなくて苦しいなどが見られたり、風邪のあとの咳がおおむね2週間を超えて長引くときには、医師に対処をお願いするのが良いと考えられます。 について考えます。

次の

咳をガマンするのは良くないの? 医師が回答

咳 が 出 そう に なる

咳は、 「痰(たん)が絡んでいるか否か」「どのくらいの期間、続いているか」によって、その種類が分類されます。 湿性咳嗽は痰(たん)が絡む咳を、乾性咳嗽は痰(たん)が絡まない咳を指します。 湿性咳嗽(しっせいがいそう)・・・痰が絡む咳• 粘膜の塊(半透明でベトベトとした物質)ではありません。 咳が続く期間が3週間未満を「急性咳嗽」、3週間以上8週間未満を「遷延性慢性咳嗽」、8週間以上を「慢性咳嗽」と呼びます。 この分類は、咳の原因を判断するための大切な指標のひとつです。 急性咳嗽(きゅうせいがいそう)・・・3週間未満• 慢性咳嗽(まんせいがいそう)・・・8週間以上 咳の原因になる、代表的な疾患を見ていきましょう。 感染症の中でも、咳が起こりやすい疾患は以下です。 ・風邪 風邪ウイルスに感染して気管が炎症を起こすと、咳が出ます。 風邪による咳は、発症から3週間以内に治まることが多く、急性咳嗽に該当します。 また、痰が絡みやすいのも特徴です。 ・感染後咳嗽(かんせんごがいそう) 風邪をひいた後、咳だけが治まらない状態を「感染後咳嗽」と呼びます。 炎症が治まった後に気管が敏感になることが原因で、咳が止まらなくなります。 感染後咳嗽にかかると咳がしばらく続きますが、ほとんどの場合8週間以内には治まります。 ・百日咳(ひゃくにちぜき) 百日咳は、百日咳菌に感染することで発症する感染症です。 代表的な症状は、 感染から2~3週間後に生じる吐くほどの強い咳こみ・息を吸うときに出る「ヒューという呼吸音」の2つ。 2~3週間を過ぎると強い咳こみはなくなりますが、軽い咳は感染してから8~12週間続きます。 8週間以上咳が続くのであれば、以下のような疾患が疑われます。 ・胃食道逆流症 胃食道逆流症とは、胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つける病気です。 胸ヤケや胃のむかつきのほか、咳が長引くのが特徴です。 ・咳ぜん息 咳ぜん息にかかると、特定の条件下で咳が止まらなくなります。 「明け方や夜に咳が出る」「冷たい空気を吸い込むと咳が出る」「運動後に咳が出る」などの症状が特徴です。 「体調不良ではないが、咳だけがいつまでも止まらない」という方は、咳ぜん息が疑われます。 ・アレルギー性咳嗽 「ある季節になると咳が止まらなくなる」「喉のあたりがくすぐったい感じがする」といった症状がある方は、アレルギー性咳嗽にかかっている可能性があります。 花粉などの季節性アレルギーならば時期が過ぎれば咳は治まりますが、ハウスダストなどの住環境が原因の場合は一年を通して続きます。 ・結核、心不全 結核や心不全が原因で咳が出るケースもあります。 発熱と咳だけが続くときは「結核」、長引く咳に合わせて顔や足にむくみがあるときは「心不全」の可能性が疑われます。 ・喫煙による慢性気管支炎 喫煙によって気管支が炎症を起こすと、気管支が刺激を受けるたびに咳が出ます。 禁煙をしない限り、継続的に咳が出続けます。 つまり、症状が出る順番が違ったり、風邪とは異なる症状があったりする場合には、風邪以外の疾患が疑われます。 そのような咳に悩んでいる場合は、早めに医師に相談しましょう。 また、 感染後咳嗽の期間(8週間)が過ぎても咳が続くのであれば、咳ぜん息など治療が必要な疾患にかかっている可能性が高いと言えます。 あまりに咳が長引くのであれば、医師に相談した方が良いかもしれません。 (例)• 百日咳:抗菌薬の処方• 咳ぜん息:気管支拡張薬の処方• アレルギー性の咳:抗ヒスタミン薬の処方• 感染後咳嗽:咳止め、気管支の敏感さを和らげる薬の処方 このように、原因ごとに治療方法はさまざまです。 原因を特定することが何より大切なため、長引く咳や違和感を持つ咳は、早めに医師に相談しましょう。 咳が止まらない場合は、使用しても良いでしょう。 ただし、 市販の咳止めが効くのは、風邪などの感染症が原因の咳に限ります。 他の疾患が原因の咳の場合、症状が改善される可能性が低いということを覚えておきましょう。 完全に咳を抑えるのは難しいのですが、気管の敏感さや炎症が抑えられるので、症状が和らぎやすくなります。 水分補給をする・部屋に加湿器を置く・マスクをつけるなど、ご自身がやりやすい方法で保湿対策をしてください。

次の